nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。

まんせいじんぞうびょう

慢性腎臓病

概要

何らかの原因によって腎臓の機能が低下し、食欲不振や嘔吐などを引き起こす病気。

長期化しやすく、進行すると腎不全となる。

症状

重症度によって異なるが、「多飲多尿、食欲不振、脱水、嘔吐、痩せる」などの症状が見られる。

検査・診断

「尿検査、血液検査、超音波検査」などの検査を行う。

治療法

基本的な治療としては、腎臓病用療法食へ変更すること。サプリメントなどで老廃物の排泄を促すこと。

その他、点滴や水分補給によって脱水の予防・老廃物の排泄を促す。

この情報の監修者

西岡 優子

監修者情報

西岡 優子

ライター、獣医師

北里大学獣医学科を卒業後、出身の高知県近県である香川県の動物病院にて、小動物の診療に携わる。
結婚を機に、都内の獣医師専門書籍の出版社で編集者として数年勤務し、現在は動物病院で時短で獣医師として働く傍ら、犬・猫・小動物系のライターとして活動している。

-