犬のこと

臭いが強い犬種ランキング14選!臭いの原因や犬種の特徴を解説

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。

犬をお迎えするにあたって気になるのが、犬の体臭問題。

臭いに関する問題はご近所トラブルにつながる可能性もあり、心配になってしまう人も多いでしょう。

そこで今回は、臭いの気になりやすい犬種・気になりにくい犬種をご紹介します。臭いを軽減する方法なども、合わせて解説。

「犬を飼いたいけど、臭いが心配」

「すでに犬と暮らしているけれど、臭いが気になっている」

このような人は、ぜひ本記事を最後まで読んでみてくださいね。

この記事の結論

  • 全身を被毛で覆われている犬は、蒸れたり汚れが溜まりやすく、体臭が強くなりがち
  • 被毛が分厚い、垂れ耳、顔にたるみがある、涙やけを起こしやすい犬種は注意が必要
  • 愛犬の体をこまめにケアすることで、強い臭いを抑えることができる
  • 日頃からこまめなケアによって、病気を予防することもできるようになる

監修者

若林 奈津紀

若林 奈津紀

編集部/WEBデザイナー/ペットケアアドバイザー/動物介護士/ペットセーバー

子供の頃から種を問わず大の動物好き。
動物福祉関心があり、現在は2匹の保護犬と暮らしている。

担当執筆者

nademo編集部

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

ドッグフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

もくじ

犬の発する臭いの仕組み

愛犬の体臭が気になる理由は、汗腺の割合が人間とは異なる点にあります。

まず、汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。エクリン腺はサラッとした汗を分泌し、基本的には無色で無臭。対してアポクリン腺が分泌する汗は、臭いのもととなる脂質やタンパク質が含まれています。

人間の場合、皮膚の表面にはエクリン腺があり、脇汗など臭いが強くなりやすい部分にアポクリン腺があります。

しかし、犬の場合はエクリン腺は足の裏くらいにしかなく、汗腺のほとんどがアポクリン腺です。

さらに、全身を被毛で覆われている犬は皮膚が蒸れたり汚れが溜まりやすく、人間よりも体臭が強くなりがち。

人間は汗をかいたら服を着替えればよいですが、犬の場合そうはいきません。

犬の臭いが気になるときは、皮膚・被毛の汚れが原因であったり健康状態に問題がある可能性が高いです。

こまめに愛犬の身体のケアを行うことで、体臭や病気を予防することができます。

臭いが強い犬種の特徴

ポメラニアン

体臭が強くなりやすい犬には、以下のような共通点があります。

  • 被毛がダブルコート
  • 顔や体にシワ、たるみがある
  • 涙やけを起こしやすい
  • 垂れ耳

身体の構造的に汚れや皮脂が溜まりやすい犬は、そうではない犬に比べて体臭が強くなりがちです。

また、汚れを放置してしまうと臭いが気になるだけでなく、皮膚が炎症を起こし痒み・痛みを伴う場合も。

飼い主さんがこまめにお手入れをしてあげることで体臭を軽減でき、病気の予防にも繋がります。

犬の臭いが強くなる原因

犬がもともと臭いが強い動物ということではなく、体臭が気になるのには原因があります。

臭いの原因を理解しておけば対策をとれるので、体臭を軽減できるでしょう。

ここではよくある体臭の原因を解説するので、当てはまる部分がないか確認してみてくださいね。

被毛量が多く、通気性が悪い

ダブルコートやロングコートの犬種など、毛量の多い犬は通気性が悪く体臭が強くなりがちです。

分厚い被毛は保温性が高いのがメリットですが、蒸れやすく皮脂の混ざった汗が酸化し、放置すると雑菌が湧いてしまいます。

体臭がきつくなるだけでなく皮膚病のリスクも高まるため、毛量の多い犬種はこまめなお手入れが必要です。

シワやたるみに汚れが溜まっている

顔にシワやたるみが多い犬は、ドッグフードの食べかすや皮脂などの汚れが溜まりがち。

シワと間に溜まった汚れをそのままにしてしまうと、蒸れて菌が繁殖し臭いの原因となります。

基本的な飼い方のひとつでもありますが、顔周りもこまめなお手入れが必要です。

涙やけで濡れた毛に雑菌が繁殖する

鼻の低い短頭種や目が大きな犬は涙が出やすく、そのままにしてしまうと涙で皮膚が炎症を起こす「涙やけ」を引き起こします。

常に目元が湿っている状態になるため雑菌が繁殖しやすく、濡れた雑巾のような異臭を放つことも。

こまめに顔を拭いたり、涙やけを軽減するための対策が必要です。

耳の中が汚れている

たれ耳の犬や耳周りを長い毛に覆われている犬は通気性が悪く、耳のトラブルが起こりやすいです。

人間の場合は耳掃除に関して両方の意見があるものの、犬の場合はお手入れが必要です。

とはいっても耳の中まで掃除が必要なわけではなく、入り口付近だけでOKです。

毎日耳の状態をよく確認し、定期的なお手入れで清潔に保ちましょう

耳の臭いは外耳炎などの病気が原因のことも

耳に炎症が起こると強い臭いを放ったり、外耳炎にかかってしまうことも。

臭いが酷い場合は炎症が進んでいる可能性が高く、自宅でのケアだけでは対処しきれない場合もあります。

早めに動物病院を受診し、治療をしてもらうようにしましょう。

歯周病や歯石の付着による口臭

歯垢・歯石の付着や、それによる歯周病が原因で口臭が強くなっている可能性が考えられます。

犬は歯周病にかかりやすい動物であり、口腔内のトラブルを抱えていると口の中に雑菌が湧いたり、膿が溜まってしまうことも。

歯磨きを嫌がる子は多く、子犬期から歯磨きを行って慣れてもらわないと、なかなかさせてくれません。

かといって歯磨きを怠ってしまうと、歯周病の原因になるため、注意が必要です。

口臭は内臓疾患が原因のことも

口臭は口腔内のトラブルだけでなく、内臓疾患が原因の場合もあります。

歯周病や歯石が見当たらず、きちんとデンタルケアをしているにもかかわらず口臭が酷い場合は、動物病院に相談してみましょう。

ブラッシングやシャンプー不足による被毛汚れ

一見目立つ汚れはないように見えても、実は犬被毛には細かい汚れやホコリなどが絡みついています。

定期的なブラッシングやシャンプーを怠ると、汚れや皮脂が溜まって臭いの原因に。

特に長毛種の場合は毛玉ができやすく、放置すると毛玉内で雑菌が繁殖する場合もあるので注意しましょう。

トイレの掃除や排泄物の片付けをしていない

排泄物が臭うのは、犬も人間も同じです。人間の場合はそのまま水に流すので残りませんが、犬の場合はそうではありませんよね。

犬が排泄したあと速やかに片付け・トイレの掃除をしていないと、放置した排泄物を踏んでしまいます。

身体に排泄物がつくことで臭いの原因になるので、トイレはこまめに掃除しましょう。

被毛に排泄物が絡まったままになっている

被毛に排泄物が絡まっているのに気がつかず、そのままになってしまっている可能性も。

特に長毛の犬種や足が短い犬種は、被毛やお腹などに排泄物が付着しやすいです。

愛犬自身が気がついていなかったり、気がついていても自分では取れないことが多いので、飼い主さんがこまめにチェックしてあげる必要があります。

肛門腺に分泌液が溜まりすぎている

犬の肛門には肛門腺という、悪臭を放つ分泌液が出る場所があります。

分泌液が肛門に溜まりすぎていると、強い臭いを放ちます。

愛犬がお尻を気にしていたり、地面にお尻を擦り付けるような仕草をしていれば、分泌液が溜まっている可能性があるため肛門絞り行いましょう

室内環境が不衛生

部屋の掃除が行き届いておらず、臭いの原因になっている可能性も。

愛犬の身体のお手入れを行っていても、部屋の中に落ちたり布団やソファなどに付着している被毛を掃除していないと、臭いが残ってしまいます。

また、部屋の温度管理が不適切であると、愛犬の被毛にイヤな臭いが移ってしまうことも。特に梅雨の時期や夏場は注意しましょう。

愛犬に合わせた室温・湿度管理が大切

温度25℃前後
湿度50%~60%

冬場の乾燥や、梅雨~夏にかけての湿度が高くなる時期には皮膚のバリア機能が低下しやすくなります。

皮膚のバリア機能が低下すると、細菌などに感染しやすくなり、外耳炎の原因にもなるほか、皮膚トラブルが起こりやすくなり、臭いの原因に繋がります。

そのため、愛犬の様子を見ながら上記を目安に快適に過ごせるように室温・湿度管理を行いましょう。

臭いが強い犬種ランキング一覧表

No1234567891011121314
画像
犬種パグフレンチ・ブルドッグポメラニアンウェルシュ・コーギー・ペンブロークアメリカン・コッカー・スパニエルヨークシャー・テリアゴールデン・レトリーバーイングリッシュ・ブルドッグラブラドール・レトリーバーミニチュア・ダックスフンドシー・ズーセント・バーナードバセット・ハウンド柴犬
原産国中国フランスドイツウェールズアメリカ合衆国イギリス,イングランドスコットランドイギリスカナダドイツ中国スイスイギリス,フランス日本
抜け毛多い多い多い多い多い少ない多い多い多い多い少ない多い少ない多い
毛質ダブルコートダブルコートダブルコートダブルコートダブルコートシングルコートダブルコートダブルコートダブルコートダブルコートダブルコートダブルコートスムースコートダブルコート
毛色シルバー,アプリコット,フォーン,ブラックフォーン,パイド,ブリンドル,クリーム,フォーン&ホワイト,ホワイト&ブリンドルホワイト、ブラック、ブラウン、レッド、オレンジ、クリーム、セーブル、ブラック&タン、ブラウン&タン、スポット、ブリンドルレッド,フォーン,セーブル,ブラック&タンジェット・ブラック,クリーム,ダークレッド,ブラウン,ブラック&ホワイト,レッド&ホワイト,ブラウン&ホワイト&ローンブラック&タン,スチールブルー,ゴールド,シルバー,ブラック&ゴールド,ブルー&タン,ブルー&ゴールド,ダークスチールブルー&タンゴールド,クリームスマット,ブリンドル,レッド,フォーン,ファロー,ホワイト,パイドブラック,イエロー,チョコレートレッド,イエロー,シルバー,ゴールド,ブラック&タン,チョコレート&タン,ブラック&イエロー,チョコレート&イエローゴールド,ブラック,ホワイト,ブルー,シャンパン,ホワイト&ゴールド,ホワイト&ブラックレッドブラウン,ブラウンイエローブラック&ホワイト&タン,レモン&ホワイト胡麻,赤,赤胡麻,黒褐色,黒胡麻,白
サイズ体高:男の子25cm~28cm27cm~35cm18cm~24cm25cm~30cm36.85cm~39.35cm15~23cm56cm~61cm30cm~41cm56cm~57cm32cm超~37cm以下20cm~27cm70cm~90cm33cm~38cm38cm~41cm
体高:女の子25cm~28cm24cm~32cm18cm~24cm25cm~30cm34.35cm~36.85cm15~23cm51cm~56cm30cm~41cm54cm~56cm30cm超~35cm以下20cm~27cm65cm~80cm33cm~38cm35cm~38cm
体重:男の子6.3〜8.1kg9kg~14kg1.5kg~3kg10kg~12kg11kg~13kg2~3kg29kg~34kg25kg29kg~36kg3.5kg~4.8kg4.5kg~8kg64kg~82kg25kg~34kg10kg
体重:女の子6.3〜8.1kg8kg~13kg1.5kg~3kg9kg~11kg11kg~13kg2~3kg24kg~29kg23kg25kg~32kg3.5kg~4.8kg4.5kg~8kg54kg~64kg20kg~29kg8kg
平均寿命12歳~15歳10歳~14歳12歳~15歳12歳~15歳10歳~12歳13歳~16歳10歳〜12歳8歳~10歳10歳~13歳12歳~16歳14歳〜15歳8歳~10歳10歳~12歳12歳~15歳
なりやすい病気水頭症,壊死性髄膜脳炎,短頭種気道症候群,洞不全症候群,間擦疹,レッグ・カルベ・ペルテス病,乾性角結膜炎軟口蓋過長症,眼疾患,膝蓋骨脱臼,涙流症,外耳炎難聴,高眼圧症,皮膚病,外耳炎,骨折・脱臼変性性脊髄症,白内障,椎間板ヘルニア,外耳炎,フォン・ヴィレブランド病白内障,緑内障,拡張型心筋症,外耳炎門脈シャント,膝蓋骨脱臼,大腿骨頭無菌性壊死,気管虚脱,尿路結石症股関節形成不全,耳血腫,甲状腺機能低下症,悪性リンパ腫皮膚炎,チェリーアイ,突顎,閉塞性気道,短頭種気道症候群,尿路結石症外耳炎,股関節形成不全,白内障,緑内障,胃拡張捻転症候群皮膚病,外耳炎,椎間板ヘルニア,腫瘍,眼疾患,副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群),進行性網膜萎縮症(PRA)椎間板ヘルニア,尿路結石症,幽門狭窄,乾性角結膜炎,結膜炎,緑内障拡張型心筋症,胃拡張胃捻転症候群,股関節形成不全,外耳炎,皮膚炎,白内障椎間板ヘルニア,チェリーアイ,緑内障,外耳炎,気管虚脱,真菌症,バセットハウンド血小板障害食物アレルギー性皮膚炎,アトピー性皮膚炎,膿皮症
参考価格30万円~40万円30万円~50万円30万円~100万円30万円前後30万円前後30万円~40万円10万円~30万円30万円~50万円20万円前後30万円前後15万円〜30万円15万円〜30万円前後20万円~50万円10万円~40万円
詳細へ

臭いが強い犬種ランキング14選

これから犬をお迎えしようと考えている人にとっては、犬の体臭も判断要素のひとつに入ることでしょう。

ここでは、臭いが気になりやすいとされる犬種を、ランキング形式でご紹介します。

臭いの原因についても、合わせて解説しています。

原因が分かれば対策も取りやすくなるので、ぜひ参考にしてみてください。

No.1パグ

パグは、ぺちゃんこの鼻と深くシワの入った顔が特徴。

シワはパグのチャームポイントでもありますが、汚れや皮脂が溜まりやすく臭いの原因でもあります。

また、パグは皮脂の分泌量が多いダブルコートの犬種であり、大きな目が突出しているため涙やけも起こりやすいです。

こまめなケアは体臭を防ぐだけでなく、パグの健康を維持するうえでもとても重要。

身体や顔まわりは、丁寧にお手入れをしてあげてくださいね。

明るく陽気だが、とても落ち着いた性格

人との時間は大切だが、マイペースな面も

警戒心が少なく、ほとんど吠えない

太りやすいため、十分な運動が必要

 その他情報

原産国中国
大きさ小型
平均寿命12歳~15歳
なりやすい病気水頭症,壊死性髄膜脳炎,短頭種気道症候群,洞不全症候群,間擦疹,レッグ・カルベ・ペルテス病,乾性角結膜炎
参考価格30万円~40万円

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色シルバー,アプリコット,フォーン,ブラック

体高

男の子25cm~28cm
女の子25cm~28cm

体重

男の子6.3〜8.1kg
女の子6.3〜8.1kg

No.2フレンチ・ブルドッグ

パグと同様に、顔に深いシワがあることから皮脂や汚れが溜まりやすい犬種です。

さらに、フレンチ・ブルドッグも皮脂の分泌量が多く、体臭が強くなりやすいといわれています。

涙やけも起こりやすいので、目の周りのお手入れが必要です。

フレンチ・ブルドッグはよだれも多く、被毛によだれが付着し雑菌が繁殖することで臭いの原因となります。

穏やかで思慮深い、安定した性格

主人との時間を大切にするほど懐く

気にしない性格なので無駄吠えは少ない

多すぎない、適度な運動量が適している

 その他情報

原産国フランス
大きさ中型
平均寿命10歳~14歳
なりやすい病気軟口蓋過長症,眼疾患,膝蓋骨脱臼,涙流症,外耳炎
参考価格30万円~50万円

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色フォーン,パイド,ブリンドル,クリーム,フォーン&ホワイト,ホワイト&ブリンドル

体高

男の子27cm~35cm
女の子24cm~32cm

体重

男の子9kg~14kg
女の子8kg~13kg

No.3ポメラニアン

ふわふわの被毛が可愛らしいポメラニアンですが、ダブルコートのため蒸れやすく臭いがこもりがち。

さらに、被毛が長いため排泄物が付着しやすく臭いの原因になります。

排泄後は身体が汚れていないか確認し、こまめにふいてあげましょう。

人間好きで活発な性格

甘えん坊でとても懐きやすい

警戒心から吠えやすい

遊ぶのが好きなので運動量も多い

 その他情報

原産国ドイツ
大きさ超小型
平均寿命12歳~15歳
なりやすい病気難聴,高眼圧症,皮膚病,外耳炎,骨折・脱臼
参考価格30万円~100万円

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色ホワイト、ブラック、ブラウン、レッド、オレンジ、クリーム、セーブル、ブラック&タン、ブラウン&タン、スポット、ブリンドル

体高

男の子18cm~24cm
女の子18cm~24cm

体重

男の子1.5kg~3kg
女の子1.5kg~3kg

No.4ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

被毛は長くはありませんが、ダブルコートのため皮膚が蒸れやすく臭いがこもりやすいです。

また、足が短い犬種なので排泄後や散歩の際にお腹が汚れてしまうことがあります。

排泄後やお散歩のあとは、お腹を中心に汚れをしっかり落としてあげてくださいね。

頭が良いので物覚えも早い

初めて会う人でも仲良くできる

警戒心がとても強く吠えやすい

筋肉質なので運動神経が良い

 その他情報

原産国ウェールズ
大きさ中型
平均寿命12歳~15歳
なりやすい病気変性性脊髄症,白内障,椎間板ヘルニア,外耳炎,フォン・ヴィレブランド病
参考価格30万円前後

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色レッド,フォーン,セーブル,ブラック&タン

体高

男の子25cm~30cm
女の子25cm~30cm

体重

男の子10kg~12kg
女の子9kg~11kg

No.5アメリカン・コッカー・スパニエル

ダブルコートのため毛量が多く皮脂分泌も多いため、臭いが気になりやすいといわれています。

長い被毛には汚れやホコリが絡まりやすいので、こまめに取り除いてあげましょう。

また、垂れ耳のため耳の中が蒸れやすいため、臭いが気になるだけでなく外耳炎など耳のトラブルを引き起こすことがあります。

耳の中もこまめにお手入れをしてあげてくださいね。

明朗で活発な性格

非常に懐きやすい

しつけ次第では吠えづらくなる

とても遊びを好む

 その他情報

原産国アメリカ合衆国
大きさ中型
平均寿命10歳~12歳
なりやすい病気白内障,緑内障,拡張型心筋症,外耳炎
参考価格30万円前後

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色ジェット・ブラック,クリーム,ダークレッド,ブラウン,ブラック&ホワイト,レッド&ホワイト,ブラウン&ホワイト&ローン

体高

男の子36.85cm~39.35cm
女の子34.35cm~36.85cm

体重

男の子11kg~13kg
女の子11kg~13kg

No.6ヨークシャー・テリア

被毛が長いため汚れやすく、皮脂分泌が多いため臭いの原因になります。

顔の周りの毛も長いので目やにや涙が目の周りにつきやすく、涙やけを起こしやすい犬種です。

垂れ耳ではありませんが、耳には飾り毛が生えているため汚れが溜まりがち。

全身しっかりとお手入れをして臭いを予防しましょう。

用心深さと勇敢さを持つ

少しずつ懐いていくタイプ

警戒心から吠えやすい

活発だが運動量は多くない

 その他情報

原産国イギリス,イングランド
大きさ超小型
平均寿命13歳~16歳
なりやすい病気門脈シャント,膝蓋骨脱臼,大腿骨頭無菌性壊死,気管虚脱,尿路結石症
参考価格30万円~40万円

体毛

抜け毛少ない
毛質シングルコート
毛色ブラック&タン,スチールブルー,ゴールド,シルバー,ブラック&ゴールド,ブルー&タン,ブルー&ゴールド,ダークスチールブルー&タン

体高

男の子15~23cm
女の子15~23cm

体重

男の子2~3kg
女の子2~3kg

No.7ゴールデン・レトリーバー

豊かな被毛が魅力的なゴールデン・レトリーバーですが、ダブルコートの長毛種であることから蒸れやすく汚れやすいため、臭いの原因となります。

垂れ耳のため、耳の群れにも注意が必要です。

さらに、ゴールデン・レトリーバーをはじめとする大型犬はよだれが多いため、口周りや胸の毛に唾液がついてしまい、臭いを発することがあります。

よだれ・汚れはこまめに拭き取ってあげてくださいね。

温厚で知的、気配りもできる

主人に気に入られるよう努力するほど

大人しいためあまり吠えない

能力は高くなく、運動不足になりがち

 その他情報

原産国スコットランド
大きさ大型
平均寿命10歳〜12歳
なりやすい病気股関節形成不全,耳血腫,甲状腺機能低下症,悪性リンパ腫
参考価格10万円~30万円

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色ゴールド,クリーム

体高

男の子56cm~61cm
女の子51cm~56cm

体重

男の子29kg~34kg
女の子24kg~29kg

No.8イングリッシュ・ブルドッグ

皮脂分泌が多く、顔の深いシワに汚れが溜まりやすいことから臭いが気になりやすい犬種だといわれています。

よだれの量も多く、短頭種であることから涙やけも起こりやすい犬種です。

涙やシワに溜まった汚れを放置すると炎症を起こしてしまうので、皮膚トラブルを防止するためにもこまめに汚れを拭き取ってあげましょう。

優しく大人しい性格

知らない人にも懐くほど

吠えることはほぼない

適度なお散歩で十分

 その他情報

原産国イギリス
大きさ中型
平均寿命8歳~10歳
なりやすい病気皮膚炎,チェリーアイ,突顎,閉塞性気道,短頭種気道症候群,尿路結石症
参考価格30万円~50万円

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色スマット,ブリンドル,レッド,フォーン,ファロー,ホワイト,パイド

体高

男の子30cm~41cm
女の子30cm~41cm

体重

男の子25kg
女の子23kg

No.9ラブラドール・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーと比べてラブラドール・レトリーバーは短毛種なので、そこまで臭いが気にならないイメージがあります。しかし、実際にはダブルコートのため、実は皮脂が溜まりやすい犬種です。

垂れ耳なので、こまめにお手入れをしないと外耳炎などのトラブルを引き起こすことも。

大型犬はよだれが多いので、口周りもしっかりと拭き取ってあげましょう。

学習能力がとても高く、従順な性格

とても懐いてくれる

あまり多くはない

高くないが、十分なお散歩が必要

 その他情報

原産国カナダ
大きさ大型
平均寿命10歳~13歳
なりやすい病気外耳炎,股関節形成不全,白内障,緑内障,胃拡張捻転症候群
参考価格20万円前後

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色ブラック,イエロー,チョコレート

体高

男の子56cm~57cm
女の子54cm~56cm

体重

男の子29kg~36kg
女の子25kg~32kg

No.10ミニチュア・ダックスフンド

ミニチュア・ダックスフンドは毛量の多いダブルコートのため皮膚が蒸れやすく、ロングコートの場合は毛に汚れが絡みやすいです。

さらに、足が短いため排泄物がお腹についてしまうことも。

垂れ耳のため、耳の中も蒸れて臭いを発する場合があります。

ブラッシングをしたり身体を拭いたりと、こまめなお手入れが欠かせません。

好奇心旺盛でいたずら好き

人懐っこく甘えたがり

頑固で警戒心が強く、吠えることも多い

頭と体の両方を動かすことが好き

 その他情報

原産国ドイツ
大きさ小型
平均寿命12歳~16歳
なりやすい病気皮膚病,外耳炎,椎間板ヘルニア,腫瘍,眼疾患,副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群),進行性網膜萎縮症(PRA)
参考価格30万円前後

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色レッド,イエロー,シルバー,ゴールド,ブラック&タン,チョコレート&タン,ブラック&イエロー,チョコレート&イエロー

体高

男の子32cm超~37cm以下
女の子30cm超~35cm以下

体重

男の子3.5kg~4.8kg
女の子3.5kg~4.8kg

No.11シー・ズー

シー・ズーも皮脂分泌が多く、垂れ耳・顔周りの毛が長いこともあり、体臭が気になりやすい犬種といわれています。

目元の毛が目に入ることによって涙が出やすくなり、涙やけの原因になることも。

口周りの毛も長いので、よだれや食べかすなどが付着してしまうこともあります。

放置すると、臭いだけでなく皮膚炎の原因にもなるので注意してください。

活発なときと、大人しいときの両面がある

人懐っこいが、マイペースでもある

比較的、吠えることは少ない

一般的な運動量と能力

 その他情報

原産国中国
大きさ小型
平均寿命14歳〜15歳
なりやすい病気椎間板ヘルニア,尿路結石症,幽門狭窄,乾性角結膜炎,結膜炎,緑内障
参考価格15万円〜30万円

体毛

抜け毛少ない
毛質ダブルコート
毛色ゴールド,ブラック,ホワイト,ブルー,シャンパン,ホワイト&ゴールド,ホワイト&ブラック

体高

男の子20cm~27cm
女の子20cm~27cm

体重

男の子4.5kg~8kg
女の子4.5kg~8kg

No.12セント・バーナード

よだれが多く、口周りや胸の被毛によだれが付着し雑菌が繁殖することで、臭いや炎症を引き起こします。

特に食事の際には食べかすが付着することもよくあるので、よだれかけを使用するのもおすすめです。

ダブルコートの長毛種のため、皮膚が蒸れたり被毛が汚れたりしやすい犬種です。

こまめなブラッシングや定期的なシャンプーを怠らないようにしましょう。

優しく穏やかな性格

飼い主に懐きやすい

攻撃性が低いので吠えにくい

運動量が多いので十分な散歩が必要

 その他情報

原産国スイス
大きさ大型
平均寿命8歳~10歳
なりやすい病気拡張型心筋症,胃拡張胃捻転症候群,股関節形成不全,外耳炎,皮膚炎,白内障
参考価格15万円〜30万円前後

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色レッドブラウン,ブラウンイエロー

体高

男の子70cm~90cm
女の子65cm~80cm

体重

男の子64kg~82kg
女の子54kg~64kg

No.13バセット・ハウンド

身体や顔にしわが多く汚れが溜まりやすいこと、皮脂の分泌量が多いことから臭いが気になりやすい犬種です。

皮脂が空気に触れて酸化することで臭いを発するため、こまめに身体を拭いてあげるとよいでしょう。

大きな垂れ耳の持ち主であり、耳の通気性が悪くよく蒸れます。

耳をめくって状態を確認し、汚れを拭き取ってあげましょう。

忍耐強く、勇敢な性格

懐きやすいが相性の悪い子もいる

吠え声が大きいため、しつけが重要

平均的な運動量

 その他情報

原産国イギリス,フランス
大きさ中型
平均寿命10歳~12歳
なりやすい病気椎間板ヘルニア,チェリーアイ,緑内障,外耳炎,気管虚脱,真菌症,バセットハウンド血小板障害
参考価格20万円~50万円

体毛

抜け毛少ない
毛質スムースコート
毛色ブラック&ホワイト&タン,レモン&ホワイト

体高

男の子33cm~38cm
女の子33cm~38cm

体重

男の子25kg~34kg
女の子20kg~29kg

No.14柴犬

柴犬は短毛種で立ち耳のため体臭が気になるイメージはありませんが、ダブルコートのため皮膚が蒸れてしまう場合があります。

また、換毛期には大量に毛が抜けるため、抜け毛の処理を怠ると布団やソファに付着し、臭いの原因に。

愛犬の身体のお手入れはもちろん、部屋の掃除もこまめに行いましょう。

主人に忠実で警戒心が強い

飼い主には忠実だが、独立心もある

警戒心から多くなることもある

元々猟犬であったため、運動能力は高い

 その他情報

原産国日本
大きさ小型
平均寿命12歳~15歳
なりやすい病気食物アレルギー性皮膚炎,アトピー性皮膚炎,膿皮症
参考価格10万円~40万円

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色胡麻,赤,赤胡麻,黒褐色,黒胡麻,白

体高

男の子38cm~41cm
女の子35cm~38cm

体重

男の子10kg
女の子8kg

臭いが少ない犬種ランキング一覧表

No12345678910
画像
犬種イタリアン・グレーハウンドチワワプードルマルチーズパピヨンミニチュア・ピンシャーウィペットバセンジーサモエドシベリアン・ハスキー
原産国イタリアメキシコドイツ,フランスマルタフランスドイツイングランドコンゴ共和国ロシアアメリカ合衆国
抜け毛少ない多い少ない少ない少ない少ない少ない平均的多い多い
毛質シングルコートダブルコートシングルコートシングルコートシングルコートシングルコートスムースコートスムースコートダブルコートダブルコート
毛色レッド,ブルー,ブラック,フォーン,イザベラ,シールホワイト,ブラック,レッド,ブルー,チョコレート,クリーム,ブラック&タンブラック,ホワイト,シルバー,グレー,アプリコット,ブラウン,ブルー,カフェ・オ・レ,クリームホワイト,レモンホワイト&ブラック,ホワイト&ブラウン,ホワイト&セーブル,セーブル,トライカラーディアー・レッド,レディッシュ・ブラウン,ダーク・レッド・ブラウン,ブラック&タン,チョコレート&タンブラック,レッド,グレー,ブリンドル,ホワイト,フォーンブラック,タン&ホワイト,ブリンドル,ピュア・ブラック&ホワイト,レッド&ホワイト,ブラック&タン&ホワイトピュア・ホワイト,クリーム,ビスケットブラック,ホワイト,カッパーレッド,シルバー,ブラック&ホワイト,チョコレート&ホワイト,シルバー&ホワイト,レッド&ホワイト
サイズ体高:男の子32cm~38cm15cm~25cm24cm~28cm21cm~25cm28cm以下25cm~30cm47cm~51cm43cm54cm~60cm53.5cm~60cm
体高:女の子32cm~38cm15cm~25cm24cm~28cm20cm~23cm28cm以下25cm~30cm44cm~47cm40cm50cm~56cm50.5cm~56cm
体重:男の子5kg以下1.5kg~3kg3kg~4kg2kg〜3kg1.5kg〜4.5kg4kg~6kg13kg前後11kg16kg~30kg20.5kg~28kg
体重:女の子5kg以下1.5kg~3kg3kg~4kg2kg〜3kg1.5kg〜5kg4kg~6kg9kg前後9.5kg16kg~30kg15.5kg~23kg
平均寿命12歳~15歳12歳~20歳12歳~15歳12歳~15歳13歳~16歳12歳~16歳12歳~15歳12歳前後12歳~14歳12歳~15歳
なりやすい病気膝蓋骨脱臼,緑内障,歯周病,皮膚炎,てんかん膝蓋骨脱臼,水頭症,尿路結石症,気管虚脱,僧帽弁閉鎖不全症膝蓋骨脱臼,流涙症,白内障,副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群),外耳炎膝蓋骨脱臼,心臓病,流涙症,外耳炎皮膚病,胃腸炎,外耳炎,眼疾患,腫瘍淡色被毛脱毛症,レッグ・カルベ・ペルテス病,パターン脱毛症白内障,緑内障,水晶体脱臼,アレルギー性皮膚炎,耳介脱毛症ファンコーニ症候群,鼠径ヘルニア,臍ヘルニア,股関節形成不全白内障,緑内障,股関節形成不全,関節炎,糖尿病白内障,緑内障,進行性網膜委縮症(PRA),膝蓋骨脱臼
参考価格30万円前後30万円前後30万円前後20万円~40万円10万円~30万円30万円前後10万円~25万円20万円前後50万円~130万円18万円~60万円
詳細へ

臭いが少ない犬種ランキング10選

数ある犬種の中でも、特に臭いの気になりにくい犬種をご紹介します。

比較的体臭が気にならない傾向はあるものの、身体のお手入れを怠ると臭いの原因になります。

愛犬の健康を守るためにも「臭いにくい犬種だから大丈夫!」と過信することなく、こまめにお手入れをしてあげてくださいね。

No.1イタリアン・グレーハウンド

シングルコートの短毛種であるイタリアン・グレーハウンドは、臭いが気になりにくい犬種といわれています。

抜け毛も少ないので、被毛のお手入れが簡単であり部屋の中に毛が散らばる心配もありません。

立ち耳ではないものの、付け根が立ち上がっているため耳の通気性もよいといえます。

散歩のあとなどに軽く足や身体を拭いてあげれば、より清潔を保てるでしょう。

内気でとても温厚な性格

知らない人への警戒心は強い

無駄吠えは少ない

とても高い運動能力を持つ

 その他情報

原産国イタリア
大きさ小型
平均寿命12歳~15歳
なりやすい病気膝蓋骨脱臼,緑内障,歯周病,皮膚炎,てんかん
参考価格30万円前後

体毛

抜け毛少ない
毛質シングルコート
毛色レッド,ブルー,ブラック,フォーン,イザベラ,シール

体高

男の子32cm~38cm
女の子32cm~38cm

体重

男の子5kg以下
女の子5kg以下

No.2チワワ

世界最小の小型犬といわれるチワワは、身体が小さい分アポクリン腺も少ないため、臭いがあまり気になりません。

ロングコートとスムースタイプがおりますが、短毛のスムースコートは特に臭いが少ないです。

目が大きいため涙が出やすく涙やけの原因になってしまうので、目周りのケアはこまめに行いましょう。

知性と独立心の両方を持つ

飼い主に対しては懐きやすい

見知らぬ人に吠えやすい

一般的な運動量と能力

 その他情報

原産国メキシコ
大きさ超小型
平均寿命12歳~20歳
なりやすい病気膝蓋骨脱臼,水頭症,尿路結石症,気管虚脱,僧帽弁閉鎖不全症
参考価格30万円前後

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色ホワイト,ブラック,レッド,ブルー,チョコレート,クリーム,ブラック&タン

体高

男の子15cm~25cm
女の子15cm~25cm

体重

男の子1.5kg~3kg
女の子1.5kg~3kg

No.3トイ・プードル

ぬいぐるみのような容姿から、人気の高いトイ・プードルはシングルコートで抜け毛が少なく、臭いが気になりにくい犬種です。

トイ・プードルに限らず、「ミニチュア・プードル、ミディアム・プードル、スタンダード・プードル」も臭いは少なめです。

くるくるとした巻き毛にゴミや汚れが絡みついてしまうことがあるので、被毛のお手入れは丁寧に行いましょう。

好奇心が強く、非常に賢い

他人や犬に対しても懐く

臆病な面もあるため吠えやすい

とにかく体を動かすのが大好き

 その他情報

原産国ドイツ,フランス
大きさ超小型
平均寿命12歳~15歳
なりやすい病気膝蓋骨脱臼,流涙症,白内障,副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群),外耳炎
参考価格30万円前後

体毛

抜け毛少ない
毛質シングルコート
毛色ブラック,ホワイト,シルバー,グレー,アプリコット,ブラウン,ブルー,カフェ・オ・レ,クリーム

体高

男の子24cm~28cm
女の子24cm~28cm

体重

男の子3kg~4kg
女の子3kg~4kg

No.4マルチーズ

マルチーズはふわふわの被毛の持ち主ですが、シングルコートで抜け毛が少なく臭いは気になりづらいといわれています。

しかし、毛が長く伸び続けてしまうことや顔周りの毛が汚れやすいこともあり、こまめなトリミングカットが必要です。

目の付近の毛が伸びてくると涙やけを起こすことがあり、放置すると臭いの原因にもなるのでこまめに拭き取りましょう。

明るい性格だが、大人しい

とても人に懐きやすい

警戒心から吠えることもある

室内だけでも十分な運動量

 その他情報

原産国マルタ
大きさ超小型
平均寿命12歳~15歳
なりやすい病気膝蓋骨脱臼,心臓病,流涙症,外耳炎
参考価格20万円~40万円

体毛

抜け毛少ない
毛質シングルコート
毛色ホワイト,レモン

体高

男の子21cm~25cm
女の子20cm~23cm

体重

男の子2kg〜3kg
女の子2kg〜3kg

No.5パピヨン

パピヨンは、血統によってダブルコートの子もいますが、アンダーコートが少ないため抜け毛が出にくい犬種です。

そのため、臭いも比較的気にならないといえるでしょう。

耳の飾り毛にホコリや汚れが引っかかってしまわないよう、こまめにブラッシングをしてあげてくださいね。

明るく活発、遊ぶことが大好き

主人や家族に対して愛情深い

多いが知能指数は高く、しつけで軽減可能

お散歩や運動をすることが好き

 その他情報

原産国フランス
大きさ小型
平均寿命13歳~16歳
なりやすい病気皮膚病,胃腸炎,外耳炎,眼疾患,腫瘍
参考価格10万円~30万円

体毛

抜け毛少ない
毛質シングルコート
毛色ホワイト&ブラック,ホワイト&ブラウン,ホワイト&セーブル,セーブル,トライカラー

体高

男の子28cm以下
女の子28cm以下

体重

男の子1.5kg〜4.5kg
女の子1.5kg〜5kg

No.6ミニチュア・ピンシャー

シングルコートの短毛種で、身体も小さいため臭いが少ない犬種です。

一部垂れ耳の子もいますが基本的には立ち耳の子が多く、耳の中が蒸れてしまう心配もないでしょう。

皮膚がデリケートなので、炎症を起こさないようこまめにお手入れをしてあげてください。

自尊心が強く、気性も荒い

飼い主以外にはあまり懐かない

見知らぬ人や犬に吠えやすい

大型犬に近い運動能力と運動量

 その他情報

原産国ドイツ
大きさ小型
平均寿命12歳~16歳
なりやすい病気淡色被毛脱毛症,レッグ・カルベ・ペルテス病,パターン脱毛症
参考価格30万円前後

体毛

抜け毛少ない
毛質シングルコート
毛色ディアー・レッド,レディッシュ・ブラウン,ダーク・レッド・ブラウン,ブラック&タン,チョコレート&タン

体高

男の子25cm~30cm
女の子25cm~30cm

体重

男の子4kg~6kg
女の子4kg~6kg

No.7ウィペット(ホイペット)

ウィペットもシングルコートの短毛種であり、比較的臭いが気にならない犬種です。

獣毛ブラシでブラッシングしてあげると、艶のある美しい被毛をキープできます。

抜け毛は多い方ではありませんが、布地に刺さりやすい毛質のため布団やソファに付着すると除去するのに多少時間がかかります。

家具についた抜け毛も臭いの原因になるので、しっかりと掃除を行いましょう。

忠実で優しい性格

家族には懐くが、警戒心もある

無駄に吠えることはない

運動能力が高い

 その他情報

原産国イングランド
大きさ中型
平均寿命12歳~15歳
なりやすい病気白内障,緑内障,水晶体脱臼,アレルギー性皮膚炎,耳介脱毛症
参考価格10万円~25万円

体毛

抜け毛少ない
毛質スムースコート
毛色ブラック,レッド,グレー,ブリンドル,ホワイト,フォーン

体高

男の子47cm~51cm
女の子44cm~47cm

体重

男の子13kg前後
女の子9kg前後

No.8バセンジー

バセンジーは短毛のシングルコート・立ち耳なことから臭いが少ない犬種といえます。

抜け毛も少ないので、被毛のお手入れも簡単です。

猫のように自分で毛づくろいを行う子が多い点も、臭いが気になりにくい理由のひとつといえます。

とても賢く、独立心が強い

用心深く、他人には懐きづらい

ほとんど吠えることはない

身体能力が高く、運動を好む

 その他情報

原産国コンゴ共和国
大きさ中型
平均寿命12歳前後
なりやすい病気ファンコーニ症候群,鼠径ヘルニア,臍ヘルニア,股関節形成不全
参考価格20万円前後

体毛

抜け毛平均的
毛質スムースコート
毛色ブラック,タン&ホワイト,ブリンドル,ピュア・ブラック&ホワイト,レッド&ホワイト,ブラック&タン&ホワイト

体高

男の子43cm
女の子40cm

体重

男の子11kg
女の子9.5kg

No.9サモエド

サモエドはダブルコートの長毛種ですが、北方犬種ということもあり臭いが気になりづらいといわれています。

定期的にシャンプーをしたり、こまめなブラッシングで毛玉を取り除くとより臭いを軽減できます。

真っ白な被毛は特に汚れが目立つので、しっかりとお手入れをしてあげましょう。

賢く知的で、穏やかな性格

警戒心はあまりなく、懐きやすい

あまり吠えない

活発なため、やや多めの運動が必要

 その他情報

原産国ロシア
大きさ大型
平均寿命12歳~14歳
なりやすい病気白内障,緑内障,股関節形成不全,関節炎,糖尿病
参考価格50万円~130万円

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色ピュア・ホワイト,クリーム,ビスケット

体高

男の子54cm~60cm
女の子50cm~56cm

体重

男の子16kg~30kg
女の子16kg~30kg

No.10シベリアン・ハスキー

シベリアン・ハスキーは短毛種ということもあり、臭いの少ない犬種として知られています。

しかし、ダブルコートで抜け毛が多いため、熱がこもり蒸れやすく、毛が絡んだままの状態を放っておくと細菌が繁殖しやすくなるため、こまめなブラッシングをして臭い対策を行いましょう。

大型犬はよだれが多く出るので、口周りもよく拭いてあげてくださいね。

陽気で穏やか

友好的で人懐っこい

吠えやすいのでしつけが大事

運動好きでスタミナがある

 その他情報

原産国アメリカ合衆国
大きさ大型
平均寿命12歳~15歳
なりやすい病気白内障,緑内障,進行性網膜委縮症(PRA),膝蓋骨脱臼
参考価格18万円~60万円

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色ブラック,ホワイト,カッパーレッド,シルバー,ブラック&ホワイト,チョコレート&ホワイト,シルバー&ホワイト,レッド&ホワイト

体高

男の子53.5cm~60cm
女の子50.5cm~56cm

体重

男の子20.5kg~28kg
女の子15.5kg~23kg

臭いが強い愛犬のケア方法

愛犬の臭いを軽減するには、飼い主さんによるこまめなお手入れが欠かせません。

身体のお手入れには臭い対策の意味もありますが、愛犬の健康を維持していくうえで非常に重要です。

愛犬の臭い対策につながるお手入れ方法をご紹介しているので、こちらを参考にしながら愛犬のお世話をしてあげましょう。

顔や体のシワは毎日拭く

出典:Amazon

顔や身体のシワには皮脂や汚れが溜まっています。そのままにすると皮膚が炎症を起こしたり悪臭につながるおそれがあるので、毎日拭き取りましょう。

蒸しタオルや濡れタオルでOKですが、毎回タオルを濡らして洗って……という工程が面倒な場合は、使い捨てのペット用ウェットシートがおすすめです。

ゴシゴシと擦るのではなく、皮膚を傷めないように優しく拭いてあげてくださいね。

目ヤニや溢れた涙はこまめに拭く

出典:Amazon

鼻の短い短頭種や目の大きい犬、顔周りの毛が長い犬は涙や目やにが出やすい特徴があります。

目の周りの毛に涙などが付着し、放置すると皮膚が変色し、涙やけを引き起こします。

涙やけを放置すると濡れた雑巾のような異臭を放つことがあるため、こまめに拭き取るようにしましょう。

消臭・殺菌効果のある涙やけ専用のシートも販売されているので、ぜひ活用してみてください。

目の周りはデリケートなので、優しく拭き取ってあげましょう。

ブラッシングを適度に行う

出典:Amazon

不要な抜け毛を取り除いてあげることによって、臭い対策につながります。

特にダブルコートの犬種は長毛・短毛に関わらず毛がたくさん抜けるため、目の細かいスリッカーブラシでこまめに毛を取り除いてあげましょう。

どのような犬種であっても、こまめなブラッシングは必要です。

毛質にあったブラシを探して、しっかりとお手入れをしてあげてくださいね。

定期的にシャンプーをする

出典:Amazon

皮脂が溜まってしまうとベタついたり臭いの原因になるため、月に1~2回程度を目安にシャンプーを行いましょう。

梅雨~夏にかけての高温多湿の時期には、菌が増殖し皮膚トラブルが起こりやすくなるため、被毛や皮膚の状態を見ながらシャンプーの回数を増やしてあげることも大切です。

特にダブルコートの犬種は換毛期に大量に毛が抜けるため、シャンプーをすると一気に余分な毛を落とすことができます。

シャンプー後、生乾きの状態にしてしまうと炎症を起こしたりイヤな臭いを発するおそれがあるので、ドライヤーで根本までしっかり乾かしてあげてください。

耳の中を掃除する

出典:Amazon

垂れ耳の犬は通気性が悪く蒸れやすいため、こまめな耳掃除が必要です。

耳用のペットシートや濡れたガーゼなどで、優しく汚れを拭いてあげましょう。

耳の奥の方は、無理に汚れを落とそうとすると皮膚を傷つけてしまうおそれがあるため注意が必要です。

また、耳毛が多い子の場合は、定期的に毛を抜いてあげるのもポイント。

耳の奥が汚れていそうなときや、痒がっている場合は、動物病院などで洗浄してもらいましょう。

デンタルケアを行う

出典:Amazon

歯垢・歯周病は口臭の原因となりますので、人間同様に日々の歯磨きでケアしてあげましょう。

犬は人間に比べて虫歯になりにくいですが歯周病にはなりやすいため、デンタルケアが欠かせません。

子犬の頃から歯磨きに慣れさせておきましょう。

歯ブラシを使ってのケアがうまくいかない場合には、デンタルケア効果のあるおやつやおもちゃを活用するのもおすすめです。

愛犬のベッドを定期的に洗う

出典:Amazon

愛犬のベッドは定期的に洗ったり干したりして、清潔な状態を保ちましょう。

抜けた毛がベッドなどに付着したままになると、雑菌が繁殖し臭いの原因となります。

コロコロクリーナーや掃除機などで抜け毛を取り除いたり、丸洗いしたりして清潔を保ちましょう。

肛門線のお手入れをする

犬の肛門の左右にある肛門腺には、悪臭を放つ分泌液が溜まります。

通常は排泄時に分泌液も排出されますが、溜まってしまうと悪臭を放つほかに、肛門腺がつまり肛門嚢炎や肛門線破裂といった肛門周りのトラブルにも繋がるため、月に1回程度を目安に肛門絞りを行いましょう。

自分でうまくできない場合は、無理せずにトリミングやサロンや動物病院にお願いしてやってもらうのがおすすめです。

トイレは常に綺麗に、排泄物はすぐ片付ける

排泄後は、速やかに排泄物を片付けトイレの掃除を行いましょう。

排泄物を踏んでしまったり毛に絡みついてしまうと、臭いが愛犬の身体についてしまいます。

ペット用消臭スプレーなどを使ってトイレを掃除したり、定期的にトイレトレーを丸洗いするのがおすすめです。

排泄物が被毛についてしまったら取り除いてあげる

おしり付近の被毛に排泄物が絡みつき、愛犬自身も気がつかなかったり、気がついていても自分では取れずにそのままになってしまうことがあります。

被毛が汚れているときは、飼い主さんが汚れや排泄物を取り除いてあげましょう。

長毛種は特に排泄物が絡まりやすいため、よく見てあげてくださいね。

室内についた愛犬の臭いを軽減する方法

washingmachine_001

愛犬の身体のお手入れを行っていても臭いが抜けない場合は、家全体に臭いが染み付いている可能性があります。

家全体の掃除や消臭も忘れずに行いましょう。

ペット用消臭スプレーを使う

出典:Amazon

長年犬と一緒に暮らしていると、家全体に臭いが充満して染み付いてしまっている可能性があります。

特にカーテンやソファ・布団などの布地のものには臭いがつきやすいので、消臭スプレーを使って対策しましょう。

市販されている消臭スプレーの中には犬には危険なものもあるので、必ずペット対応のものかどうか確認してから使用しましょう。

ソファやクッションはカバーを使用する

ソファやクッションのカバーは定期的に洗濯をしましょう。

犬の抜け毛も放置すると臭いの原因となるため、コロコロクリーナーで取り除いたり洗濯をして清潔な状態を保つことをおすすめします。

洗えないソファの場合は、カバーを掛けて定期的に洗濯しましょう。

粗相をしたらすぐに掃除する

粗相をした際には、気がついたらすぐに掃除をしましょう。

何時間も放置すると、排泄物の臭いが染み付いてしまいます。

そして臭いが残ると何度も同じ場所に排泄するようになってしまい、家全体に臭いが染み付いてしまうことも。

ペット用の消臭スプレーを使って、完全に臭いを取り除くことが重要です。

また、粗相をした場所に臭いが残っていると、そこをトイレだと認識してしまうこともあり、粗相が続くこともあります。

トイレトレーニングのためにも、臭い対策としてもすぐに掃除し、キレイに臭いから除去しておきましょう。

脱臭機能付き空気清浄機を設置する

出典:Amazon

家に臭いがこもらないようにするには、こまめな換気が必要です。

しかし、飼い主さんが留守の時間が長い場合には、窓を開けて換気を行うのが難しい場合もありますよね。

換気を行うのが難しい場合は、脱臭機能付きの空気清浄器を設置するのがよいでしょう。

抜け毛や花粉対策にもなるので、アレルギー症状が出やすい飼い主さんには特におすすめです。

愛犬の臭いが気になる場合は適切にお手入れしてあげよう

人間にも体臭があるように、犬も完全に臭いを消し去ることはできません。

しかし、日々適切にお手入れを行うことで、臭いを軽減するという対策を行えます。

強すぎる臭いは愛犬が悪いのではなく、飼い主さんのケアの問題だと認識し、日々のお手入れを忘れないようにしてください。

愛犬と快適に暮らすため、愛犬の健康を維持するためにも、日頃から丁寧なケアを行いましょう。

この記事の執筆者・監修者

監修者情報

若林 奈津紀

若林 奈津紀

編集部/WEBデザイナー/ペットケアアドバイザー/動物介護士/ペットセーバー

引っ越しが多かった幼少期に、多くの犬や猫がいる環境で育ったことで、種を問わず大の動物好きに。
テーマパークのふれあい施設や保護犬カフェに足を運ぶなど、動物福祉に関心があり、現在は2匹の保護犬と暮らしている。
nademo編集部では、大切な家族と一緒に過ごす時間を、少しでも長く楽しいものにできるようなお手伝いが出来たらと思っています。

執筆者情報

nademo編集部

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

ドッグフードのおすすめ


nademo編集部の日常

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-犬のこと
-,