nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。

はくないしょう

白内障

概要

目の水晶体が白く濁ることで、視力の低下や失明を引き起こす可能性のある病気。

症状

症状としては「目が白く見える、目が白く瞳孔(どうこう)が常に開いている、物にぶつかったりつまずく」など。

検査・診断

検査方法は「スリットランプ検査、眼底検査、眼内超音波検査、網膜電位図検査、眼圧検査、シルマー涙試験」など。

治療法

完全な治療法は存在せず、手術で濁った水晶体を摘出することによって症状が軽減する場合がある。

手術を行わない場合は、点眼薬やサプリメント等を使用して進行を遅らせる。

この情報の監修者

西岡 優子

監修者情報

西岡 優子

ライター、獣医師

北里大学獣医学科を卒業後、出身の高知県近県である香川県の動物病院にて、小動物の診療に携わる。
結婚を機に、都内の獣医師専門書籍の出版社で編集者として数年勤務し、現在は動物病院で時短で獣医師として働く傍ら、犬・猫・小動物系のライターとして活動している。

-