ペットコラム

AAFCOとは?日本で採用される栄養基準とFEDIAFとの違い

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。

愛犬・愛猫の体を作るペットフードには、その商品パッケージに「AAFCO基準」などと記載されているものを見たことがあるのではないでしょうか。

このAAFCOとはそもそもどういったものなのか、安心できるものなのか。

何もわからないままそのペットフードを選び続けることは、飼い主さんとしても心配のタネになってしまいます。

そこで今回は、AAFCOという団体の特徴と、並んで知られるFEDIAFとの違いについてもご紹介しています。

この記事の結論

  • AAFCOとは、ペットフードの栄養基準や表示基準を制定している米国飼料検査官協会のこと
  • AAFCO自体が検査機関であるわけではなく、あくまで基準を制定しているだけ
  • 日本のペットフード公正取引協議会は、AAFCOが制定した栄養基準を採用している
  • AAFCOと同じく語られるFEDIAFは、ヨーロッパ欧州ペットフード工業会連合のこと

担当執筆者

nademo編集部

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

AAFCOとは米国飼料検査官協会のこと

AFFCO
出典:https://www.aafco.org/

AAFCO(アフコ)というのは、米国飼料検査官協会のことを指します。

AAFCOは「The Association of American Feed Control Officials」の頭文字を取ったものです。

アメリカにおけるペットフードの栄養基準や、商品パッケージ・ラベルなどの表示に関する基準などを制定しています。

アメリカのほとんどの州においてAAFCO基準が採用されており、年に2回ほど制定した基準の定義変更が必要かどうかを評価します。

AAFCOの会員は各州や連邦機関において、執行権限を持つほどでもあり、徹底された基準になっていることがわかります。

参考:AAFCO公式サイト

AAFCOの栄養基準は必要最低限である

ただ、ここで定められているAAFCOの基準については、あくまで必要最低限の基準であることを最初に知っておきましょう。

「この基準値をクリアしていれば良い」というだけであって、愛犬・愛猫にとって100%正確で間違いのないものである、ということでもありません。

その子の体調や体格、年齢や生活環境においては、基準以上に必要な栄養素があるというケースも考えられます。

食材の品質に関する基準はない

栄養成分や記載表示についての制定はありますが、使われている食材の品質に関する基準はありません。

極論を言えば、制定された基準値を満たしてさえいればどんな食材でも良い、と捉えることもできます。

あくまでAAFCOが定めているものは栄養基準。摂取できる栄養が適切であるかどうか、という判断になるのです。

日本のペットフード公正取引協議会はAAFCO基準を採用

ペットフード公正取引協議会
出典:https://pffta.org/

AAFCOはアメリカの団体であるとお伝えしましたが、日本ではペットフードの栄養基準をどのように定めているのか。

日本では、ペットフード公正取引協議会という団体が、基準を制定しています。そしてこのペットフード公正取引協議会は、AAFCOの栄養基準を採用しています。

つまり、日本で流通しているペットフードは、AAFCOが定める栄養基準に沿って管理されているものが大多数を占めているのです。

AAFCOの栄養基準と分析試験をクリアすると総合栄養食に

よく、「総合栄養食」と記載されているペットフードを見かけることがあるでしょう。この総合栄養食は、主食に該当するものです。

「総合栄養食と水を与えていれば、基本的な栄養バランスの整った食生活を送ることができる」と言われています。

そしてこの総合栄養食と名乗ることができる(記載することができる)ものは、ペットフード公正取引協議会の定める分析試験をクリアしたもののみ。

もちろん、この分析試験に使われている栄養基準は、先ほどご紹介したようにAAFCOの定める栄養基準が採用されています。

AAFCOは検査機関ではない

間違いやすいポイントですが、総合栄養食と記載できるかどうか=AAFCOの定める栄養基準に沿っているかどうか、を判断する際の分析試験は、AAFCOが行っているわけではありません。

分析試験自体は日本各地の分析センターや、分析研究所などが行っています。

あくまでAAFCOやペットフード公正取引協議会が分析試験を実施しているわけではなく、定めているだけとも言えます。

総合栄養食=安心安全ではない

総括すると、日本国内で流通しているペットフードの「総合栄養食」は、信頼できる団体が定めた栄養基準をクリアしているため、主食として適切な食事です。

その一方で、栄養基準や表示基準をクリアしているだけに過ぎないものも中には存在し、総合栄養食というだけで安心していいわけでもありません。

例えば、栄養基準をクリアした上でコスパをよくするため、安価な原材料と人工添加物を使っているケースもあります。

また、前述の通り、AAFCOの栄養基準は必要最低限の基準であり、実際には各個体に応じた食生活を実現することが大切です。

AAFCOの栄養基準(AAFCO 2016)

前述の通り、AAFCOの栄養基準は定期的に見直しが行われています。

その中で、現時点で最新となっているものが、2016年のものです。

犬のAAFCOの栄養基準

栄養素単位子犬用基準成犬用基準
タンパク22.5以上18.0以上
アルギニン1.00以上0.51以上
ヒスチジン0.44以上0.19以上
イソロイシン0.71以上0.38以上
ロイシン1.29以上0.68以上
リジン0.90以上0.63以上
メチオニン0.35以上0.33以上
メチオニン+シスチン0.70以上0.65以上
フェニルアラニン0.83以上0.45以上
フェニルアラニン+チロシン1.30以上0.74以上
トレオニン1.04以上0.48以上
トリプトファン0.20以上0.16以上
バリン0.68以上0.49以上
脂肪8.5以上5.5以上
リノール酸1.3以上1.1以上
αリノレン酸0.08以上-
EPA+DHA0.05以上-
リノール酸+アラキドン酸:αリノレン酸+EPA+DHA-30:130:1
ミネラル類---
カルシウム1.2~1.80.5~1.8
リン1.0~1.60.4~1.6
カルシウム:リン-1:1~2:11:1~2:1
カリウム0.6以上0.6以上
ナトリウム0.3以上0.08以上
塩素0.45以上0.12以上
マグネシウム0.06以上0.06以上
mg/kg88以上40以上
mg/kg12.4以上7.3以上
マンガンmg/kg7.2以上5.0以上
亜鉛mg/kg100以上80以上
ヨウ素mg/kg1.0~111.0~11
セレンmg/kg0.35~20.35~2
ビタミン類・その他---
ビタミンAIU/kg5000~2500005000~250000
ビタミンDIU/kg500~3000500~3000
ビタミンEIU/kg50以上50以上
ビタミンB1(チアミン)mg/kg2.25以上2.25以上
ビタミンB2(リボフラビン)mg/kg5.2以上5.2以上
ビタミンB5(パントテン酸)mg/kg12以上12以上
ビタミンB3(ナイアシン)mg/kg13.6以上13.6以上
ビタミンB6mg/kg1.5以上1.5以上
葉酸mg/kg0.216以上0.216以上
ビタミンB12mg/kg0.028以上0.028以上
コリンmg/kg1360以上1360以上

猫のAAFCOの栄養基準

栄養素単位子猫用基準成猫用基準
タンパク30以上26.0以上
アルギニン1.24以上1.04以上
ヒスチジン0.33以上0.31以上
イソロイシン0.56以上0.52以上
ロイシン1.28以上1.24以上
リジン1.20以上0.83以上
メチオニン0.62~1.500.20~1.50
メチオニン+シスチン1.10以上0.40以上
フェニルアラニン0.52以上0.42以上
フェニルアラニン+チロシン1.92以上1.53以上
トレオニン0.73以上0.73以上
トリプトファン0.25~1.700.16~1.70
バリン0.64以上0.62以上
脂肪9.0以上9.0以上
リノール酸0.6以上0.6以上
αリノレン酸0.02以上-
アラキドン酸0.02以上0.02以上
EPA+DHA0.012以上
ミネラル類---
カルシウム1.0以上0.6以上
リン0.8以上0.5以上
カリウム0.6以上0.6以上
ナトリウム0.2以上0.2以上
塩素0.3以上0.3以上
マグネシウム0.08以上0.04以上
mg/kg80以上80以上
銅(ドライ)mg/kg15.0以上5.0以上
銅(ウェット)mg/kg8.4以上-
マンガンmg/kg7.6以上7.6以上
亜鉛mg/kg75以上75以上
ヨウ素mg/kg1.8~9.00.6~9.0
セレンmg/kg0.3以上0.3以上
ビタミン類・その他---
ビタミンAIU/kg6668~3333003332~333300
ビタミンDIU/kg280~30080280~30080
ビタミンEIU/kg40以上40以上
ビタミンKmg/kg0.1以上0.1以上
ビタミンB1(チアミン)mg/kg5.6以上5.6以上
ビタミンB2(リボフラビン)mg/kg4.0以上4.0以上
ビタミンB5(パントテン酸)mg/kg5.75以上5.75以上
ビタミンB3(ナイアシン)mg/kg60以上60以上
ビタミンB6mg/kg4.0以上4.0以上
葉酸mg/kg0.8以上0.8以上
ビオチンmg/kg0.07以上0.07以上
ビタミンB12mg/kg0.02以上0.02以上
コリンmg/kg2400以上2400以上
タウリン(ドライ)0.1以上0.1以上
タウリン(ウェット)0.2以上0.2以上

AAFCOとFEDIAFの違い

FEDIAF
出典:https://europeanpetfood.org/

AAFCOの話が出るときには、一緒にFEDIAFの話が出ることも少なくありません。

これらは比較して出されることもありますし、ペットフードのパッケージに「FEDIAF基準で~」といった内容が見られることもあるでしょう。

この2つの違いは、大きく分けて3点あります。

AAFCOはアメリカ、FEDIAFはヨーロッパ

AAFCOはアメリカ(米国飼料検査官協会)の団体であり、FEDIAF(フェディアフ)はヨーロッパ(欧州ペットフード工業会連合)の団体です。

AAFCOThe Association of American Feed Control Officialsアメリカ
FEDIAFEuropean Pet Food Industry Federationヨーロッパ

いずれもペットフードの栄養基準や表示基準を制定しており、世界的にはこの2団体がもっとも知られています。

ヨーロッパではFEDIAFの基準を採用していることもあれば、AAFCOの基準を採用していることもあります。

参考:FEDIAF公式サイト

基準の一部が異なる

栄養基準などの公表時期がそれぞれ異なるため、単純比較はできませんが、AAFCOとFEDIAFでは基準が異なっています。

大きく異なるというわけではありませんが、必要最低限となる数値には違いが見られるのです。

また、表示基準についても違いがあります。

AAFCO「鶏肉=チキン」は「チキン」と表記、「チキンミール」は「チキンミール」と表記する
FEDIAF「チキンミール」を「乾燥チキン」と表記しても違反ではないが、「チキンミール」を「チキン」と表記することは認められていない

このようにAAFCOの方が表示基準についても非常に厳しく制定されていることがわかります。

HACCP(ハサップ)を義務化している

HACCPとは食品製造において、原材料の入荷から最終出荷に至るまでの全てを管理し、「危険分析・衛生管理・記録化」などに重点を置いた管理のことです。

FEDIAFに加盟しているペットフードの製造工場では、このHACCPシステムを義務付けており、ペットフードの安心安全に繋がっています。

現在、日本の人間を対象とした食品は、全ての事業がHACCPシステムを義務化されています。ただ、ペットフードに関しては義務化されていません。

この点においては、FEDIAFに加盟する製造工場の方が、安心感は高いと言えるでしょう。

参考:厚生労働省「HACCP(ハサップ)」

この記事の執筆者

執筆者情報

nademo編集部

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。


nademo編集部の日常

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-ペットコラム
-