ペットイベント

にくきゅうdeco #ぺたっち 体験会で、シヤチハタ「ぺたっち 犬猫用」体験シーンに密着

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
にくきゅうdeco #ぺたっち 体験会

かわいい我が子との思い出を、たくさん作りたい。

ハンコのプロ・シヤチハタではそんな気持ちに応える形で、愛犬・愛猫の足を汚さず、手軽・キレイに足形が取れるキット「ぺたっち 犬猫用」を開発・発売。

ぺたっち 犬猫用をわんちゃん、ねこちゃんが体験できる場があるとのこと、nademo編集部でさっそく取材してきました。

SATOKO KAWASAKI

担当執筆者

SATOKO KAWASAKI

ライター

一日のうちかなりの頻度で、動物の動画を見たり、近所で看板犬、看板猫のいるお店があるとすぐにマークして出かけています。
実家の近所にある大きめのドッグランで遊ぶたくさんの子を眺めるのも、至福のひとときです。

nademoの公式LINEアカウントでは、大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

ぺたっち 犬猫用って?

ぺたっち犬猫用

ぺたっち 犬猫用は、わんちゃん・ねこちゃん専用に開発された足形作成キット。足を汚さず、手軽に足形を取れる優れものです。

そらいろ、ももいろ、あか、はいいろの4色からインキを選べます。イラストで描いたようなかわいい足形が作れますよ。

クラウドファンディングで好評となり2023年6月、ぺたっち 犬猫用を発売

ぺたっち犬猫用

印章関連商品やスタンプ、文具の老舗として、ひろく知られているシヤチハタ株式会社。

「ペット市場の拡大に伴い、自社のノウハウを応用して製品開発をと考えたところ、ぺたっち 犬猫用の企画が立ち上がりました」と、シヤチハタ株式会社広報室長の向井博文さんはいいます。

同社では動物向けの商品開発は初めてだったとのこと、まずはクラウドファンディングで資金を募り、開発に着手したそうです。

当初予定を大幅に上回る資金が

ぺたっち犬猫用

資金が集まるのかどうかという当初の不安をよそに、クラウドファンディングがスタートすると、予想を大きく上回る反響が。

ぺたっち 犬猫用は、シヤチハタ株式会社が長い歴史のなかで培った技術を応用した商品。

わんちゃん、ねこちゃんの飼い主さんが大満足を得られる商品として、満を辞して発売しました。

現在はクラウドファンディングを終了し、公式サイトで一般販売されています。

ぺたっち 犬猫用は肉球を汚すことなく、愛犬・愛猫の足形が取れる優れもの

わんちゃん、ねこちゃんと暮らしている方の中には「肉球スタンプ」を試したことのある方も、いらっしゃると思います。

愛犬、愛猫の足をインキや墨汁などにつけた後は、洗うのがやっぱり大変。

驚いてバタバタして、周囲に飛び散ってしまった!というご経験をお持ちの飼い主さんも少なくないのでは。

ぺたっち 犬猫用のしくみ

ぺたっち犬猫用

ぺたっち 犬猫用には肉球に直接、インキをつけることなく足形が取れるという大きな特色があります。

使うときはまず、コースターや色紙など、スタンプの台紙となるものを用意します。

そしてぺたっち 犬猫用本体に専用インキを塗り、裏側から肉球を当てて、台紙にペタっと押し当てれば完成です。

とっても丈夫なうえ安全だから、飼い主さんも安心

ぺたっち 犬猫用は、インキを肉球に直接つける必要がありません。

肌荒れや汚れを心配することなく使えますし、本体は引っかきにも強い素材を使用しており安心。

愛犬、愛猫のストレスを最小限に足形が作れますよ。

にくきゅうdeco #ぺたっち 体験会で、実際にわんちゃん、ねこちゃんが体験

ぺたっち犬猫用

シヤチハタ株式会社では2023年11月9日から13日まで、東京・江東区のANEA CAFE MONNAKA Villageで「にくきゅうdeco #ぺたっち 体験会」を実施しました。

わんちゃん、ねこちゃん同伴で、ぺたっち 犬猫用を無料体験ができたほか、飲食代の割引サービスなどもあり初日から大盛況でした。

肉球をペタっ!として、オリジナルコースターづくり

ぺたっち犬猫用

この日の体験は、わんちゃん、ねこちゃんの足形をコースターにあしらうというもの。

ぺたっち 犬猫用を使って足形を取り、シヤチハタのいろいろな文具でデコレーションして、素敵なコースターを作る姿が店内のあちこちで見られました。

8ヶ月のトイプーちゃんも参加。少し緊張気味でした。

大人の余裕?を見せたチワワさん。堂々と押してくれました。

飼い主さんが購入するほか、プレゼントとしても好評

ぺたっち犬猫用

ぺたっち 犬猫用はコンパクトな形状とお求めやすい価格、使い勝手の良さなどから、飼い主さんご自身はもちろんわんちゃん、ねこちゃんがいるご家庭へのプレゼントとしても、よく選ばれています。

足形を残せることに加えて、愛犬・愛猫が足形を取る姿や、一緒に取り組む時間までを演出する商品です。

わんちゃん、ねこちゃんのいるご家庭にプレゼントしても、きっと喜ばれることでしょう。

使い捨てではありません。使用可能回数は約25回

ぺたっち犬猫用

ぺたっち 犬猫用は使用後、インキを拭き取ることができ、繰り返し使えるということも特徴のひとつ。

毎年お誕生日に肉球をペタっとすれば、25歳まで使える計算です。

愛犬・愛猫が赤ちゃんのときからおじいちゃん、おばあちゃんになるまで、毎年思い出を作るのも素敵。

2023年11月現在、ぺたっち 犬猫用とフォトフレーム、色紙がセットになった商品も企画中だそう。専用色紙があれば、保存もしやすそうですね。

広報担当の櫻間さん曰く「さまざまな思い出づくりの形があることに驚きました」と

櫻間海咲さん

「わんちゃん、ねこちゃんとの楽しい時間を共有してほしい」と開発を進め、商品化にこぎつけたぺたっち 犬猫用。

作り手の予想を大きく上回り、さまざまな場面で利用されているようです。

広報室の櫻間海咲さんは「大切なペットが亡くなる前に使いたいというお声も多くいただき、それほど大切な瞬間にぺたっちを使っていただけて嬉しく思います。」と言います。

愛犬・愛猫の足跡を永遠に。

ぺたっち 犬猫用は多くの飼い主さんの思いに、そっと寄り添うアイテムのように思いました。

主催社情報

主催社名シヤチハタ株式会社
本社所在地愛知県名古屋市西区天塚町4丁目69
Official Sitehttps://www.shachihata.co.jp/
販売ページhttps://www.shachihata.jp/products/detail.php?product_id=9083
X(旧Twitter)https://twitter.com/ShachihataBS

※本記事は2023年11月時点の情報です。掲載情報は現状と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。

この記事の執筆者

satokokawasaki

執筆者情報

SATOKO KAWASAKI

ライター

一日のうちかなりの頻度で、動物の動画を見たり、近所で看板犬、看板猫のいるお店があるとすぐにマークして出かけています。
実家の近所にある大きめのドッグランで遊ぶたくさんの子を眺めるのも、至福のひとときです。

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-ペットイベント
-