キャットフード

【新登場】PEROLIDA(ペロリダ)キャットフードを愛猫が食べてみた

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
PEROLIDA(ペロリダ)

日々、さまざまなペットフードが新しく発売される中で、愛犬・愛猫にとってどんな食事が最適か、悩んでしまうことも多いですよね。

そんなペットオーナーさんたちにとって、適切なペットフード選びができるよう、今回はPEROLIDA(ペロリダ)というペットフードをご紹介します!

この記事では筆者の愛猫クロアと共にキャットフードをご紹介し、こちらの記事ではドッグフードをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

担当執筆者

HIROKI SHIRAKAMI

HIROKI SHIRAKAMI

編集部

nademo編集部のライターであり運営者。
小学生の頃から愛犬と育ち、15年近くをともに生きてくれた経験を経て、ペットメディアのnademoをスタート。

キャットフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

もくじ

PEROLIDA(ペロリダ)キャットフードとは?

まずはPEROLIDA(ペロリダ)というキャットフードについてご紹介します。

PEROLIDAは、株式会社ゼフィールが新たに作り上げたペットフードブランドで、さまざまなペットグッズを販売する「IDOG & ICAT」の運営会社でもあります。

そしてこのPEROLIDAについては、「健康寿命20年を叶えるためのペットフード」という目的の下、新たに製造・販売開始されました。

ペットフード以外にもサプリメントなどの販売も行われていますが、今回はキャットフードに注目してご紹介していきます。

いずれも香料や着色料などを使用していないため、自然素材の魅力をたっぷりと感じられますよ。

PEROLIDA(ペロリダ)キャットフードのCHICKEN

PR

出典 :https://perolida.com/

参考価格 5,445円(税込)

PEROLIDAの1種類目となるキャットフードが、主原料に鶏(むね肉・肝臓)を40%以上配合したというCHICKEN。

スタンダードな主原料ですが、鶏むね肉は低脂質でありながら高タンパクでもあるため、動物性タンパク源としてとても優秀です。

ここに肝臓(レバー)を加えることで、ビタミンAや鉄分といった必須栄養素も摂取することができます。

その他にもエネルギー源となる米粉や胃腸の負担を減らす寒天、ビタミン・ミネラル・酵素・カルシウムなどをたっぷりと含んだ野菜類が使われています。

対象年齢全年齢
内容量1kg
原産国日本
主原料鶏肉(肝臓)、鶏肉(ムネ肉)
その他原材料脱脂大豆、鰹節粉、さつまいも、タピオカでん粉、ビール酵母、米粉、野菜類(大麦若葉、ケール、紫さつまいも、ほうれん草、南瓜、人参、桑の葉、大葉)、ひじき、オリーブオイル、オリゴ糖、バナナ、りんご、ヒマワリの種、寒天、乳酸菌
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物タウリン、塩化ナトリウム、ミネラル類(鉄、亜鉛、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、B2、B5、B12、D、E、葉酸、コリン)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー350kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)479円/88g
定期販売初回:3,980円(税込)/2回目以降:4,620円(税込)
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

※定期販売の初回3,980円(税込)は、2024年2月末までの期間限定キャンペーンとなっています。

PEROLIDA(ペロリダ)キャットフードのOCEAN FISH

PR

出典 :https://perolida.com/

参考価格 5,445円(税込)

こちらはお魚を主原料としたOCEAN FISHというキャットフード。主原料には「サーモン、マグロ」を使用しています。

抗酸化作用やアスタキサンチンを含むトラウトサーモンに加えて、アレルギー症状や炎症などを抑える働きがあるとされているオメガ3脂肪酸や、ビタミン・ミネラルを多く含んだマグロを使用。

その他にも海藻カルシウムやひじきといった魚メインの食材になっており、ビタミンAやマグネシウムによる下部尿路疾患の健康サポートにもこだわっています。

対象年齢全年齢
内容量1kg
原産国日本
主原料トラウトサーモン、マグロ
その他原材料米粉、鰹節粉、ビール酵母、馬鈴薯でん粉、海藻カルシウム、魚油、黒糖蜜、生姜、ひじき、寒天、植物抽出物、クランベリー、西洋タンポポエキス、乳酸菌
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物リン酸三カルシウム、タウリン、コリン
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー420kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)397円/73g
定期販売初回:3,980円(税込)/2回目以降:4,620円(税込)
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

※定期販売の初回3,980円(税込)は、2024年2月末までの期間限定キャンペーンとなっています。

PEROLIDA(ペロリダ)キャットフードの原材料・安全性

実際に使われている原材料や、気になる成分値などもチェックしましたので確認してみてください。

CHICKENの原材料・安全性

PEROLIDA(ペロリダ)

まずはCHICKENから。原材料は先ほどご紹介した通り、鶏肉をベースに、野菜類をたっぷりと配合しています。

添加物なども気になるようなものはなく、乳酸菌にタウリン、ミネラルやビタミンといった栄養素もしっかりと含まれているのがわかるでしょう。

粗タンパク質は35%以上なので、多すぎず少なすぎず、といった成分値です。

鶏肉の中でもむね肉を使用することで低カロリーを実現しており、たっぷりと食べたい子にも向いているでしょう。

OCEAN FISHの原材料・安全性

PEROLIDA(ペロリダ)

続いてOCEAN FISH。原材料はトラウトサーモンとマグロを主原料として、ひじきや寒天、クランベリーなどが使われています。

食物アレルギーの対策として、使われている原材料がCHICKENよりも少ない、というのがポイントのひとつ。

粗タンパク質は32%とCHICKENよりやや少ないものの、全体的なカロリーは多めであることもわかります。

少食の子や、魚類以外の食物アレルギーを持っている子に適していると言えるでしょう。

愛猫と共にPEROLIDA(ペロリダ)キャットフードをレビュー

ここからは愛猫のクロアと共に、PEROLIDAキャットフードをレビューしていきます!

PEROLIDA(ペロリダ)
PEROLIDA(ペロリダ)

今回レビューしていくPEROLIDAキャットフードは、以下の2つです。

PEROLIDAキャットフード

  • CHICKEN 猫用総合栄養食 鶏グルテンフリー(1kg・100g)
  • OCEAN FISH 猫用総合栄養食 海のお魚グルテンフリー(1kg・100g)

最初の1回にお試しができる100g分のものと、継続して購入するときに選ぶ1kgタイプです。

新しいキャットフードを試すときって、本当にそれを食べてくれるかわからないものですよね。

気に入らないと本当に食いつきが悪いものなので、お試しがあるのは嬉しいポイントです。

何がいいって、パッケージが他のものよりも可愛らしく、オシャレなのが地味に嬉しくないですか?

CHICKENを愛猫と共にレビュー

PEROLIDA(ペロリダ)

まずはこちらのCHICKENから!

今では多くなってきましたが、ちゃんとチャックになっているので保存もしやすい。

PEROLIDA(ペロリダ)

チャックを開けた瞬間に寄ってきましたねぇ。

猫なので鼻が利くというのはもちろんですが、このあと実際に嗅いでみたらわかる、香りの魅力がありました。

PEROLIDA(ペロリダ)

まだ袋の段階なのに、とにかく勢いがすごい!!

撮影の邪魔でしかないのですが、可愛いのでこのまま撮影(笑)

PEROLIDA(ペロリダ)

袋の口を開けると、当然のように頭を突っ込んできましたよ

PEROLIDA(ペロリダ)

中はこんな感じ。

ただ、覗き込まなくても感じるのが、とても香ばしい鰹節!

他のキャットフードはちゃんとキャットフードって感じの香りなんですが、これは全然別物。

料亭の和食なのかと思うほど、しっかりとした香りが伝わってきます。

鶏肉ベースではあるのですが、それ以上に私としては鰹節の香りが凄かったという印象です。

文章だとこの香ばしさが全く伝わらないのが悔しい…。

PEROLIDA(ペロリダ)

粒はやや小さめで、円柱状の粒になっていました。

どちらかといえば小粒なので、体の小さな子でも食べやすいですね。

手に出して撮影できたのはこの一枚のみ。なぜなら…

秒でこうなってしまったからです…(笑)

公式サイトには以下のような説明もありました。

香りづけや嗜好性向上の為の添加物は使用していないため、初めの一口までに時間がかかる場合があります。

他のキャットフードだと最初に少し躊躇することもありましたが、我が家のクロアに関してはこの説明とは真逆で、非常に食いつきが良かったというのもポイント!

これだけ香りがしっかりとしていれば、当然この食いつきだよなぁ…と思った次第です。

ただ、個体差はあると思うので、その点には注意してください。

PEROLIDA(ペロリダ)

食器に入れてもこの食いつきよう。飼い主として見ていて嬉しくなりますよね!

PEROLIDA(ペロリダ)

ペロリと完食!!

OCEAN FISHを愛猫と共にレビュー

PEROLIDA(ペロリダ)OCEAN FISH

続いてお魚編。OCEAN FISHを開封していきます。

PEROLIDA(ペロリダ)

つい数分前にCHICKENを食べたのに、開封と共にまた寄ってきました。

CHICKENに続き、こちらも猫の鼻からすると非常に良い香りが漂ってきたのでしょう!

PEROLIDA(ペロリダ)
PEROLIDA(ペロリダ)

案の定、CHICKENと同じく顔を突っ込んでクンクンと嗅いでいます。

PEROLIDA(ペロリダ)

袋に顔を突っ込んで食べるには、少し口が短いのでしょう。頑張っても食べられません。

PEROLIDA(ペロリダ)
OCEAN FISH

こちらが中身です。見た目は先ほどのCHICKENとあまり変わりません。

ただ、香りはやはり抜群!お魚の香りが鼻を直撃します!!

この香りには覚えがあり、まさに私の大好きな干物の香りでした。

「本当に香り付けされてないの…?」と思ってしまうような、自然で香ばしい印象です。

PEROLIDA(ペロリダ)
PEROLIDA(ペロリダ)
OCEAN FISH

こちらも粒はやや小さめで、円柱形になっています。

PEROLIDA(ペロリダ) OCEAN FISH
PEROLIDA(ペロリダ) OCEAN FISH

こちらも食器でパクリ!

切り替えなので少量しかあげられないのも影響してか、食いつきが良すぎるのです。

PEROLIDA(ペロリダ)
PEROLIDA(ペロリダ)
PEROLIDA(ペロリダ) OCEAN FISH

一気に全部は与えられないので少量だけでしたが、いつまでも袋から離れてくれません(笑)

とても気に入ったようで、グルグルと言いながら次の食事の時間を待っていましたよ。

よっぽど気に入ったのか、足で抑えつけて離してくれない…

人間同様に無添加は年々人気を得てきていると思いますが、どうしても食いつきが悪くなってしまったり、すぐに飽きられてしまうこともあるでしょう。

そんな不安を払拭してくれるのが、今回入手したPEROLIDAのキャットフードです。

素材にはもちろんのこと、無添加でありながら味にもしっかりとこだわってくれている、そんなキャットフードです。

食いつきには当然個体差があるでしょうから、まずはお試ししてみるのがいいかもしれませんね。

PEROLIDA(ペロリダ)
PEROLIDA(ペロリダ)
美味しくて満足!のポーズ

PEROLIDA(ペロリダ)キャットフードのメリット

自然素材で作られた安全のレシピ

「餌ではなく食事へ」というのが当たり前になってきたペットフード業界において、自然な食材をどれだけ使えているか、というのは大きなポイントです。

健康を第一に考えるならば、自然素材を使って作られることは、犬や猫にとってとても重要だと言えるでしょう。

しかし必要な栄養素はしっかりと摂取しなければ、病気がちになってしまったり、ケガをしがちになってしまうことも。

だからこそPEROLIDAでは、栄養成分を製薬会社で分析することによって、総合栄養食の規定を満たす成分調整も行われています。

ヒューマングレード食材で丁寧に製造

PEROLIDAのペットフードを製造しているのは、富山県の提携工場とされています。

使用している食材は私たち人間の食べるものと同等で、全ての原材料がヒューマングレードと言われる食材です。

製薬工場と同等レベルの品質管理・衛生管理が徹底されており、丁寧に製造されているのです。

効率的に食べることよりも食べやすさを重視した作りになっている点も、愛猫にとって嬉しいポイントです。

豊富な動物性タンパク質で自然な食生活へ

愛猫たちにPEROLIDAを美味しいと思ってもらえるように、使われている動物性タンパク質は新鮮なものを使用しています。

特に肉食動物である猫にとって、どれだけの動物性タンパク質を摂取できるのか、含まれているのかは、食いつきにも関わる重要なポイント。

食欲をそそるような香りに加えて、食べやすく喉に詰まる心配も軽減される、小粒設計になっています。

こうした細やかな気遣いが、PEROLIDAの魅力でありメリットだと言えるでしょう。

PEROLIDA(ペロリダ)キャットフードのデメリット

価格帯としてはやや高価なライン

これだけの徹底された食材、品質管理、細やかな設計によって、どうしても価格帯は安くなりづらいものです。

PEROLIDAキャットフードは、体重5kgの子で1日あたり400円~500円という価格帯です。一般的なキャットフードは200円前後であることも多く、やや高価なラインだと言えるでしょう。

「それでもきちんとしたものを食事として出したい」という人にとっては、うってつけのキャットフードだと言えます。

1袋の最大内容量が現在のところ1kgまで

現在のところ、販売されている最大の内容量は1kgとなっており、体重5kg程度の子であれば2週間で食べきることができる内容量です。

2週間ごとに、食べきる前に新しいものを購入する必要があり、これがやや手間にもなってしまうでしょう。

ただ、1kgまでしか入っていないということは、キャットフードが劣化する前に食べきることができる、というメリットにもなり得ます。

今後、最大の内容量がさらに多くなることは十分想定されますので、期待してみましょう。

現在のところ公式サイトでしか購入できない

PEROLIDAキャットフードは、現在のところ公式サイトでしか購入できないようで、Amazonや楽天といったECサイトにはありませんでした。

今後は導入される可能性があるものの、現時点では公式サイトを利用する他ありません。

他のグッズやアイテムと一緒に購入したい人やポイントが欲しいという人にとってはデメリットと言えるでしょう。

PEROLIDA(ペロリダ)キャットフードの口コミ・評判

PEROLIDAのキャットフードは2024年1月に販売を開始したばかりで、現在のところ口コミや評判はまだ集まっていません。

SNSなどで口コミが確認できたら、こちらの記事でも更新していきますので、今後もチェックしてみてくださいね!

PEROLIDA(ペロリダ)キャットフードの給与量

PEROLIDAキャットフードの給与量をそれぞれ確認してみましょう。

どちらのキャットフードも体重と避妊・去勢手術の有無から目安が記載されており、年齢による違いはありません。

PEROLIDAキャットフードのCHICKEN

PEROLIDA(ペロリダ)

体重1kg~10kgの子を目安に、避妊・去勢手術をしているかどうかで給与量の目安が記載されています。

CHICKENの場合は、1kg+避妊・去勢手術をしている子で40g、1kg+避妊・去勢手術をしていない子で45gとされています。

全年齢対応のキャットフードでもあるので、体重と避妊・去勢手術の状況によって、目安が変わるような形です。

PEROLIDAキャットフードのOCEAN FISH

PEROLIDA(ペロリダ)

OCEAN FISHの場合もCHICKEN同様、1kg~10kgで避妊・去勢手術をしているかどうかを目安にしています。

1kg+避妊・去勢手術をしている子で33g、1kg+避妊・去勢手術をしていない子で38gとされています。

CHICKENよりは必要となる給与量目安がやや少ない、というのがわかるでしょう。

PEROLIDA(ペロリダ)キャットフードの1日あたりの価格

PEROLIDA(ペロリダ)

それぞれのキャットフードは1日あたりいくらぐらいの価格になるのか、詳しく計算してみました!

計算するにあたっては、2回目以降の定期購入としての価格「4,620円(税込)」をもとにしました。

定期購入したときにどれくらいの価格帯で続けられるのか、経済状況と合わせて確認してみてください。

PEROLIDAキャットフードのCHICKEN

体重(kg)避妊・去勢している(円)避妊・去勢していない(円)
1185208
2240273
2.5268305
3296337
4.5379430
5407462
6462522
7517587
9628716
10684781

単品購入の5,445円(税込)の場合には、体重5kgの子で約480円となっています。

PEROLIDAキャットフードのOCEAN FISH

体重(kg)避妊・去勢している(円)避妊・去勢していない(円)
1152176
2199226
2.5222254
3245277
4.5314360
5337383
6383434
7430490
9522596
10568647

単品購入の5,445円(税込)の場合には、体重5kgの子で約400円となっています。

PEROLIDA(ペロリダ)キャットフードをお得に購入する方法

PEROLIDA(ペロリダ)
出典:https://shop.perolida.com/

PEROLIDAのキャットフードは、現在のところ公式サイトでしか確認できていません。購入する際には公式サイトをチェックしてみましょう。

公式サイトからは100gのお試し購入もできますし、もし愛猫が気に入ってくれれば定期購入もできます。

定期購入では単品購入時よりも割引されており、2回目以降の定期便では1回あたり1,000円近い割引が受けられるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>PEROLIDA(ペロリダ)公式サイト

PEROLIDA(ペロリダ)キャットフードのQ&A

PEROLIDAキャットフードの賞味期限は?

賞味期限は製造後、1年とされています。

PEROLIDAキャットフードの推奨されている保存方法は?

通常のドライフードと保存方法は同じで、高温多湿・直射日光を避けてチャックを密閉の上で、保存してください。

PEROLIDAキャットフードは子猫に与えても大丈夫?

全年齢対応のキャットフードであるため、子猫に与えても問題ありません。

生後6ヶ月頃まではふやかして与えることが多いため、固形のままで与えないように注意しましょう。

PEROLIDAキャットフードはシニア猫に与えても大丈夫?

子猫同様に全年齢対応のキャットフードであるため、シニア猫に与えても問題ありません。

PEROLIDAキャットフードの切り替え日数は?

現在与えているキャットフードにPEROLIDAキャットフードを1~3割程度混ぜるところから始めてみてください。

通常であれば7日程度の日数をかけて切り替えて問題ありませんが、不調や便がゆるくなるなどの様子が見られるときには、切り替え日数を長めにとってください。

PEROLIDAキャットフードの購入方法は?

現在のところは、PEROLIDAの公式サイトからの購入のみとなっております。

PEROLIDAキャットフードにお試しはある?

お試しとして100gのパックがありますので、不安な方はまずお試しを選んでみると良いでしょう。

初回限定330円(税込)で購入することができます。

※初回330円(税込)で購入することができるのは、2024年2月末までの期間限定キャンペーンとなっています。

この記事の執筆者

執筆者情報

HIROKI SHIRAKAMI

HIROKI SHIRAKAMI

編集部

nademo編集部のライターであり運営者。
犬との生活から始まり、「ハムスター、うさぎ、フクロモモンガ」とともに生活しています。 現在は新しい家族を迎えるため、日々奮闘中。

キャットフードのおすすめ


nademo編集部の日常

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-キャットフード
-