キャットフード

猫の低脂肪・低カロリーキャットフードのおすすめ14選!

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
猫の低脂肪・低カロリーキャットフードのおすすめ!

猫を飼っているとついついご飯をあげすぎてしまったり、おやつを頻繁に与えてしまったりしますよね。

愛猫がご飯をおねだりする姿はとても可愛いものですが、肥満になってしまうと病気のリスクが高まります。

適正な体重に維持してあげるのも飼い主としての大事な勤め。

少し肥満気味の猫や、室内飼いで運動不足になっている猫は低脂肪・低カロリーキャットフードを上手に利用することが肥満解消に繋がります。

こちらの記事では猫の低脂肪・低カロリーキャットフードのおすすめをご紹介。

猫の肥満のチェックの仕方や、フードの選び方も解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事の結論

  • 低脂肪・低カロリーキャットフードを利用することで、満足感を減らすことなくダイエットできる
  • 良質な動物性タンパク質が主原料のものを選ぶことが大切
  • 低脂肪といっても、脂質は最低9%以上は必要
  • 低脂肪・低カロリーキャットフードでも、適切な給与量・回数を守って与えることが重要

桐谷肇

担当執筆者

桐谷 肇

編集部

2021年の12月に保護猫シェルターからキジトラの男の子をお迎えしました。
猫を飼うのが初めてで戸惑うこともありましたが、今では日常に欠かせない大切な存在になっています。
現在はnademo編集部でペットと過ごす上で大切な知識や情報をご紹介しています。

nademo編集部

担当執筆者

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

キャットフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

目次

猫の低脂肪・低カロリーキャットフードとは

猫の低脂肪・低カロリーキャットフードとは、猫が肥満にならないように脂肪やカロリーをカットしてつくられたキャットフードのこと。

猫は肥満になると関節炎になったり、糖尿病になりやすくなるなど、病気のリスクがあがります。

長く健康な生活を続けるためには、食事や運動量を調節して適正な体重を保ってあげることが大切。

猫は犬のように毎日散歩に行くわけでもありませんので、室内での運動量では少なすぎることもあり、肥満気味になりやすいのです。

低脂肪・低カロリーのフードを上手に取り入れることで、食事量を減らさずに摂取カロリーを抑え、愛猫に負担をかけずにダイエットを進められます。

猫の肥満はボディコンディションスコア(BCS)でチェック

猫のボディコンディションスコア

愛猫の肥満はボディコンディションスコア(BCS)でチェックしましょう。

ボディコンディションスコアとはペットの見た目や触った感触から、肥満の度合いをチェックする指標のこと。

上から見たときに、腰にややくびれがあり、肋骨を触れるくらいが理想的です。

猫は性別や種類によって体格が異なるため、猫ごとに適正な体重が違います。

そのため、実際に見た目と触った感触で判断するのが、愛猫の体形をチェックするのに適した方法と言えるでしょう。

愛猫が太り気味だったり、痩せてしまっていないか、上記の図を参考にボディコンディションスコアを確認してみましょう。

BCS3を理想的な体型として、理想体型を目指す

環境省が公表しているボディコンディションスコア(BCS)については、5段階中のBCS3が理想的とされています。

被毛の量や体つきによっては見ただけだと判断しづらいと思いますので、肋骨に触れられるかどうか、確認してみてください。

BCS3の状態なら、横からお腹の下に手を入れて触れてみると、お尻にかけて少し上がっていることがわかると思います。

ボディコンディションスコアについては、上記のような5段階のものもあれば、9段階に分けられているものもあります。

参考:環境省「ボディコンディションスコア(BCS)」

肥満はさまざまな病気の原因になる

人間同様に肥満はさまざまな病気を引き起こす原因となるため、次のような病気に注意しましょう。

肥満の猫は適正体重の猫と比べて糖尿病の発症率が高いため、注意が必要です。

また、体重の増加に伴って関節への負担は増えてしまうため、椎間板ヘルニアや関節炎などにも罹りやすくなるでしょう。

上記の病気はダイエットによってリスクを軽減することが可能です。

猫の低脂肪・低カロリーキャットフードの選び方

キャットフードはたくさん種類があるので、どれを選べば良いのか判断しにくいですよね。

ここではダイエットを行いながらも、しっかりと愛猫の健康を維持できる低脂肪・低カロリーキャットフードの選び方を解説します。

肉や魚を主原料としたもの

原材料

キャットフードは良質な動物性タンパク質が使用されているものを選びましょう。

原材料名に鶏肉や豚肉、サーモンなど、どのような材料を使っているか明確なフードを選ぶのがおすすめです。

ミールミートや肉副産物のように材料が不明確なものは、食用に適していない粗悪な肉を使っている場合があるので避けたほうが良いでしょう。

近年は、原材料に人間でも食べられる品質の、ヒューマングレードの材料を使用しているキャットフードも多くあります。

愛猫が丈夫な筋肉を維持できるように、できるだけ良質な材料が使われているものを選んであげましょう。

脂質は最低9%以上は必要

猫の必要な脂質量
出典:https://www.aafco.org/

ダイエットというと脂肪分を抑えるのが重要と考えるかもしれませんが、脂質をゼロにすればいいわけではありません。

猫にとって、脂肪は生きる上で欠かせない栄養素。不足すると毛艶が悪くなったり、エネルギー不足でより運動しなくなります。

上記の表のように、どの年代でも9%~18%程度の脂肪が含まれているキャットフードが推奨されています。

猫は年齢に関わらず一定量の脂質が必要です。

もし手作りフードでダイエットを検討しているならば、こうした管理も非常に重要なポイントです。

穀物が未使用、極力含有していない

猫は穀物の消化が苦手な動物なのでグレインフリー、あるいはグルテンフリーのキャットフードを選ぶのがおすすめです。

上記の図のようにグレインは穀物全般を指すのに対して、グルテンは麦類に含まれるタンパク質のみを意味します。

グレインやグルテンが全くダメというわけではありませんが、消化吸収に負担をかけないためにも、穀物未使用のものや、極力含有していないものを選んだ方が良いでしょう。

また、穀物は炭水化物が多く含まれており、食べると血糖値が上昇し、脂肪がつきやすくなる可能性があります。

太りにくい食生活を送るためにも、穀物が控えめのフードを選んであげるのがおすすめです。

不必要な添加物が少ない

添加物の主な種類

不要な添加物が使われていないキャットフードを選びましょう。

添加物は栄養を維持するために必要な場合もありますが、キャットフードの中には着色料など、本来必要のない添加物が含まれているものもあります。

余計な添加物は内臓に負担をかけてしまうため、必要以上に添加物を使用していないフードを選ぶのがおすすめです。

上図のように注意が必要なものは避け、体に負担の少ない天然添加物が使用されているものや、猫に必要不可欠な栄養が配合されているものを選択しましょう。

体重ケア・減量用などの記載がある

出典:Amazon

ダイエット用のキャットフードを選ぶときは、体重ケア・減量用などの記載があるものを選ぶと良いでしょう。

いつも与えているキャットフードと同じメーカーのものがあれば、味も似ているため切り替えに便利です。

体重ケアに配慮されたフードは、カロリーが低いだけでなく、空腹を感じにくいように設計されているので、愛猫のストレスを抑えながら減量に取り組むことができます。

総合栄養食と記載されているものであれば、必要な栄養をしっかりと摂取しつつ、ウェイトコントロールしやすいでしょう。

ライフステージに合わせる

猫のライフステージ

猫はライフステージによって必要な栄養やカロリーが変化します。

成猫期や高齢期など、それぞれの年齢に合わせてフードを選んであげましょう。

子猫のうちはまだまだ体を作る時期なので、適切な量を確保してあげるようにしてください。

成猫用

出典:Amazon

猫は生後3ヶ月~1歳6ヶ月ほどの幼猫期を過ぎると体の成長が落ち着いてくるため、必要とするカロリーが安定してきます。

愛猫の様子を見ながら子猫用のフードから成猫用のフードへと切り替えを行いましょう。

また、避妊・去勢手術をした後はホルモンバランスが変わり、太りやすくなる傾向があります。

低カロリーで栄養バランスに優れた避妊・去勢手術後の猫向けのフードを選ぶと良いでしょう。

シニア用

出典:Amazon

シニア期に入ると基礎代謝が落ち、運動量も減ってきます。

歳をとってからもそのままの食生活を続けていると肥満に繋がってしまうでしょう。

特にシニア期の始めは、運動量は減っても食欲はある場合が多いので、カロリーが低めのフードに切り替えを行うのがおすすめです。

シニア期の猫は咀嚼力や消化吸収力が弱まってきていることもあるので、愛猫が食べやすいようにドライフードをふやかしたり、小粒のものを選んであげるのも重要です。

猫の低脂肪・低カロリーキャットフードのおすすめ選定基準

ペットフードの評価基準

猫用の低脂肪・低カロリーキャットフードを選定するにあたっては、全97種のキャットフードを比較。

その中から「原材料、添加物、安全性、コスト、食いつき」などを基準として、編集部で厳選しました。

猫の低脂肪・低カロリーキャットフードのおすすめ一覧表

No商品商品名参考価格購入先対象年齢内容量原産国主原料その他原材料注意したい原材料安全性の高い添加物注意したい添加物100gあたりのカロリー1日あたりの価格(体重5kgの場合)定期販売フード目的フードの種類
1ヒルズ
サイエンス・ダイエット 室内猫の毛玉・体重ケア アダルト チキン

1,968円

1歳~6歳1.8kgチェコ鶏肉(チキン、ターキー)トウモロコシ、米、コーングルテン、チキンエキス、植物性油脂、動物性油脂、小麦なしセルロース、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、L-カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)なし315kcal82円/75g-総合栄養食ドライ
2サクラペットフード
サクラキャットドライフード カリカリタイプ

1,852円

生後6ヶ月以上800g(200g×4パック)日本国産乾燥チキンミールとうもろこし、グルテンミール、小麦粉、動物性油脂、フィッシュエキス、ローストアマニ、チキンレバーパウダー、おからパウダー、酵母、中鎖脂肪酸油、乳酸菌、植物性油脂、アガリクス、クランベリーなしミネラル類(Na、Cl、Ca、P、K、Zn、Fe、Cu、Co、Mn、I)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、K3、コリン、ニコチン酸、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブ抽出物)なし340kcal127円/55gAmazon定期便あり総合栄養食ドライ
3ロイヤルカナン
ライトウェイトケア(減量したい猫専用フード 成猫用)

7,394円

1歳以上3kgフランス肉類(鶏、七面鳥)植物性繊維、超高消化性小麦タンパク、コーン、コーングルテン、米、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、コーンフラワー、小麦、動物性油脂、酵母および酵母エキス、魚油、大豆油なしビートパルプ、サイリウム、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(Cl、K、Ca、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)なし335kcal180円/73g400g:1,280円(税込)/2kg:5,254円(税込)/3.5kg:8,369円(税込)/8kg:18,600円(税込)総合栄養食ドライ
4ピュリナ
ピュリナ ワン メタボリック エネルギーコントロール

2,180円

1歳以上2kg(500g×4袋)オーストラリアチキン、コーングルテン、チキンミールコーングルテン、チキンミール、小麦、食物繊維(ビートパルプ、ライスファイバー、可溶性繊維、セルロース)、米、小麦たんぱく、脱脂大豆、大麦、フィッシュミール(オメガ3脂肪酸源)、鶏脂(オメガ6脂肪酸源)、たんぱく加水分解物、酵母(βグルカン源)なしミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、マグネシウム、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、C)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン、L-カルニチン)なし340kcal93円/85g-総合栄養食ドライ
5ロイヤルカナン
ユリナリーケア ウェット

283円

1歳~12歳85gフランス豚肉、鶏肉小麦粉、コーンスターチ、加水分解鶏レバー、豚タンパク、マリーゴールド(ルテイン源)、酵母エキスなしセルロース、調味料(アミノ酸等)、糖類、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(グリシン、タウリン、メチオニン)、増粘安定剤(増粘多糖類)、ミネラル類(Ca、Cl、K、Na、P、Zn、Fe、Cu、I、Mn、キレートミネラル(Zn、Cu、Mn))、ビタミン類(D3、コリン、E、B1、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B6、葉酸、ビオチン、B12)なし75kcal918円/276g85g×12袋入り:3,392円(税込)総合栄養食ウェット
6ロイヤルカナン
インスティンクティブ グレービー

2,930円

1歳~7歳1.02kg(85g×12袋)オーストラリア肉類(豚、鶏)、サーモン小麦グルテン、小麦粉、加水分解鶏レバー、コーンスターチなしセルロース、調味料(アミノ酸等)、糖類、アミノ酸類(グリシン、メチオニン、タウリン)、増粘安定剤(増粘多糖類)、ミネラル類(Ca、P、Na、K、Zn、Fe、Cu、I、Mg、Mn、キレートミネラル(Zn、Cu、Mn))、ビタミン類(D3、E、B1、ナイアシン、葉酸、ビオチン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B12)なし85kcal733円/255g85g×12袋入り:2,930円(税込)総合栄養食ウェット
7ニュートロ
ナチュラルチョイス 減量用 アダルト チキン

4,793円

1歳以上2kgアメリカチキン(肉)、チキンミールエンドウタンパク、玄米、粗挽き米、エンドウマメ、アルファルファミール、ビートパルプ、ポテトタンパク、オーツ麦繊維、鶏脂、米糠、タンパク加水分解物、サーモンミールなしビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)なし325kcal144円/60g2kg:4,793円(税込)総合栄養食ドライ
8ヒルズ
サイエンス・ダイエット アダルト ライト 1~6歳 肥満傾向の成猫用 チキン

2,830円

1歳~6歳2.8kgチェコ鶏肉(チキン、ターキー)トウモロコシ、米、コーングルテン、動物性油脂、セルロース、ビートパルプ、エンドウマメ、チキンエキス、小麦、乳酸なしミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)なし344kcal71円/70gAmazon定期便あり総合栄養食ドライ
9ヒルズ
サイエンス・ダイエット 減量サポート 1歳以上の成猫・高齢猫用 チキン

3,051円

1歳以上2.5kgオランダ鶏肉(チキン、ターキー)米、コーングルテン、セルロース、トマト、ビートパルプ、亜麻仁、動物性油脂、ココナッツ油、ポークエキス、ニンジン、小麦、乳酸なしミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、リジン)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)なし343kcal85円/70gAmazon定期便あり総合栄養食ドライ
10ロイヤルカナン
アペタイト コントロール(おねだりの多い猫専用フード 成猫用)

1,280円

1歳以上400gフランス肉類(鶏、七面鳥)植物性繊維、コーン、超高消化性小麦タンパク、小麦、コーングルテン、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、動物性油脂、米、ビートパルプ、酵母および酵母エキス、大豆油、魚油、フラクトオリゴ糖なしサイリウム、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、K、Na、Ca、Zn、P、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)なし341kcal227円/71g-総合栄養食ドライ
11ナチュラルバランス
リデュースカロリー キャットフード

1,912円

全年齢500g(50g×10袋)アメリカチキンミール(乾燥肉)玄米、鶏肉、ダック肉、ポテト、ニンジン、サーモンミール、ラムミール、オートミール、鶏脂肪、ドライエッグ、ビールイースト、亜麻仁、ほうれん草、パセリフレーク、クランベリーなし塩化カリウム、塩化コリン、タウリン、天然混合トコフェロール、リジン、L-カルニチン、ユッカ、ケルプ、亜鉛蛋白、ビタミンE、ナイアシン、マンガン蛋白、銅蛋白、硫酸亜鉛、硫酸マンガン、硫酸銅、一硝酸チアミン(ビタミンB1)、ビタミンA、ビオチン、ヨウ化カリウム、パントテン酸カルシウム、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ビタミンB12、酸化マンガン、ビタミンD3、葉酸(ビタミンB)なし329kcal241円/63g-総合栄養食ドライ
12セレクトバランス
グレインフリー スリム チキン

1,210円

成猫500g日本チキンエンドウ豆、おから、サツマイモ、乾燥チキン、タピオカ澱粉、エンドウ豆プロテイン、ポテトプロテイン、セルロース、鶏脂、酵母エキス、ビール酵母、オリゴ糖、サーモンオイル、クランベリーパウダー、ローズマリー、乳酸菌(EC-12)なしグルコサミン、L-カルニチン、コンドロイチン、コエンザイムQ10、ビタミン類(A、D3、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、C、葉酸、ビオチン、コリン)、ミネラル類(リン、カルシウム、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、コバルト)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-リジン)なし330kcal172円/71g-総合栄養食ドライ
13ウェルネス
コア(高たんぱく質・穀物不使用)室内猫用(1歳以上)サーモン

4,402円

成猫2.26kgアメリカサーモン、メンハーデン(魚)ミールえんどう、ニシンミール、乾燥粗挽きじゃがいも、えんどう蛋白質、粗挽き亜麻仁、えんどう繊維、トマトポマス、キャノーラ油、フィッシュエキス、クランベリー、チコリ根抽出物、乾燥ケルプ、ラクトバチルス・プランタルム、エンテロコッカス・フェシウム、ラクトバチルス・カゼイ、ラクトバチルス・アシドフィラスなしユッカ抽出物、L-カルニチン、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、A、B1、パントテン酸、B6、B2、K、D3、ビオチン、B12、葉酸、アスコルビン酸)、ミネラル類(亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、鉄タンパク化合物、硫酸第一鉄、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)なし327kcal160円/82gAmazon定期便あり総合栄養食ドライ
14ナチュラルバランス
サーモン&チックピー キャットフード

2,310円

全年齢1kgアメリカサーモンチックピー、エンドウマメ、マメプロテイン、乾燥ビートパルプ、サーモンミール、ポテト、ビール酵母、キャノーラオイル、ナチュラルフレーバー、脱水アルファルファミール、イヌリンなしタウリン、塩化コリン、塩、ビタミンE、ナイアシン、硝酸チアミン、D-カルシウムパントテン酸塩、ビタミンA、ピリドキシン塩酸塩、リボフラビン、ビタミンD3、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、亜鉛蛋白、硫酸亜鉛、硫酸鉄、鉄蛋白、銅蛋白、硫酸銅、硫酸マンガン、マンガン蛋白、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム、塩化カリウム、クエン酸(保存料)、ローズマリーエキスなし337kcal141円/61g-総合栄養食ドライ

猫の低脂肪・低カロリーキャットフードのおすすめ14選

猫の低脂肪・低カロリーのキャットフードは、脂肪やカロリーを抑えながらもしっかりと栄養が取れるものを選ぶことが大切です。

室内猫や中高年期の猫、少し太り気味の猫でも美味しくバランス良く食べられるキャットフードを厳選してご紹介します。

No.1ヒルズサイエンス・ダイエット 室内猫の毛玉・体重ケア アダルト チキン

出典 :https://www.amazon.co.jp/

室内猫の毛玉ケアと体重管理をサポート

従来品より24%カロリーがカットされたダイエット用キャットフードです。1~6歳の全ての猫種に対応しています。

ヒルズ独自の食物繊維ブレンドで毛玉をケアしてくれるので、毛玉の吐き戻しが気になる方にもおすすめ。

自然派成分でフードの酸化を防止しており、着色料や合成香料は使用していません。

運動が不足しがちな室内猫におすすめのキャットフードです。

対象年齢1歳~6歳
内容量1.8kg
原産国チェコ
主原料鶏肉(チキン、ターキー)
その他原材料トウモロコシ、米、コーングルテン、チキンエキス、植物性油脂、動物性油脂、小麦
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物セルロース、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、L-カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー315kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)82円/75g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

No.2サクラペットフードサクラキャットドライフード カリカリタイプ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

参考価格 1,852円(税込)

国産鶏をたっぷり使用した国内製造フード

主原料に消化吸収性に優れた国産鶏を使った、国内製造のキャットフードです。

合成添加物は一切不使用の体にやさしい仕上がり。

国内の工場で製造しているため、できたての美味しいフードを楽しめます。

200gずつの小分けになっていて使いやすいのも良いですね。

対象年齢生後6ヶ月以上
内容量800g(200g×4パック)
原産国日本
主原料国産乾燥チキンミール
その他原材料とうもろこし、グルテンミール、小麦粉、動物性油脂、フィッシュエキス、ローストアマニ、チキンレバーパウダー、おからパウダー、酵母、中鎖脂肪酸油、乳酸菌、植物性油脂、アガリクス、クランベリー
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ミネラル類(Na、Cl、Ca、P、K、Zn、Fe、Cu、Co、Mn、I)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、K3、コリン、ニコチン酸、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブ抽出物)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー340kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)127円/55g
定期販売Amazon定期便あり
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

No.3ロイヤルカナンFCN ライトウェイトケア

出典 :https://www.amazon.co.jp/

美味しく食べてしっかりダイエット

低脂肪で高タンパク質、食物繊維をたくさん含んだキャットフードです。

体重の増加を抑えたいときにおすすめです。

食物繊維がお腹の中で膨らむため、満腹感が持続するのが特徴。

満足するまで食べてもウェイトコントロールしやすいのが良いですね。

こちらのフードに食物繊維として配合されているサイリウムは、水分を吸収することでゼリー状に膨らみ、便秘や下痢などの症状を緩和する効果も期待できます。

対象年齢1歳以上
内容量3kg
原産国フランス
主原料肉類(鶏、七面鳥)
その他原材料植物性繊維、超高消化性小麦タンパク、コーン、コーングルテン、米、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、コーンフラワー、小麦、動物性油脂、酵母および酵母エキス、魚油、大豆油
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ビートパルプ、サイリウム、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(Cl、K、Ca、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー335kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)180円/73g
定期販売400g:1,280円(税込)/2kg:5,254円(税込)/3.5kg:8,369円(税込)/8kg:18,600円(税込)
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

No.4ピュリナピュリナ ワン メタボリック エネルギーコントロール

出典 :https://www.amazon.co.jp/

L‐カルチニン配合で健康な代謝をサポート

低脂肪・低カロリーに加えて、代謝を促進してくれるL‐カルチニンが配合されています。

L‐カルチニンは運動により脂肪の燃焼を促してくれるので、フードを与えつつ、遊ぶ時間を確保してあげると効果が出やすいでしょう。

従来品と比べて約35%の脂肪分、約8%のカロリーがカットされている、太りやすい体質の猫におすすめのフードです。

対象年齢1歳以上
内容量2kg(500g×4袋)
原産国オーストラリア
主原料チキン、コーングルテン、チキンミール
その他原材料コーングルテン、チキンミール、小麦、食物繊維(ビートパルプ、ライスファイバー、可溶性繊維、セルロース)、米、小麦たんぱく、脱脂大豆、大麦、フィッシュミール(オメガ3脂肪酸源)、鶏脂(オメガ6脂肪酸源)、たんぱく加水分解物、酵母(βグルカン源)
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、マグネシウム、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、C)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン、L-カルニチン)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー340kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)93円/85g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

No.5ロイヤルカナンユリナリーケア ウェット

出典 :https://www.amazon.co.jp/

健康な尿の維持に配慮したウェットフード

ユリナリーケア ウェットはミネラルバランスを調整し、尿路結石症の予防など、下部尿路の健康に配慮したウェットフードです。

肥満気味の猫は泌尿器系の病気に罹りやすいので、ミネラルバランスを調整しつつ、バランスの良い食事を摂ることが大切。

ウェットフードなので水分も同時に摂取できるので、あまり水を飲みたがらない子にもおすすめです。

対象年齢1歳~12歳
内容量85g
原産国フランス
主原料豚肉、鶏肉
その他原材料小麦粉、コーンスターチ、加水分解鶏レバー、豚タンパク、マリーゴールド(ルテイン源)、酵母エキス
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物セルロース、調味料(アミノ酸等)、糖類、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(グリシン、タウリン、メチオニン)、増粘安定剤(増粘多糖類)、ミネラル類(Ca、Cl、K、Na、P、Zn、Fe、Cu、I、Mn、キレートミネラル(Zn、Cu、Mn))、ビタミン類(D3、コリン、E、B1、C、ナイアシン、B2、パントテン酸カルシウム、B6、葉酸、ビオチン、B12)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー75kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)918円/276g
定期販売85g×12袋入り:3,392円(税込)
フード目的総合栄養食
フードの種類ウェット

No.6ロイヤルカナンインスティンクティブ グレービー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

嗜好性と栄養バランスに優れたウェットフード

主原料に豚や鶏、サーモンなどが使用されており、猫が本能的に求めるお肉の味わいを実現しています。

嗜好性が高いので、ダイエット用フードのトッピングとして利用するのも良いでしょう。

生後12ヶ月~7歳までの成猫が対象のフードです。

下部尿路や体重ケアのことも考えてつくられた太り気味の猫におすすめのウェットフードです。

対象年齢1歳~7歳
内容量1.02kg(85g×12袋)
原産国オーストラリア
主原料肉類(豚、鶏)、サーモン
その他原材料小麦グルテン、小麦粉、加水分解鶏レバー、コーンスターチ
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物セルロース、調味料(アミノ酸等)、糖類、アミノ酸類(グリシン、メチオニン、タウリン)、増粘安定剤(増粘多糖類)、ミネラル類(Ca、P、Na、K、Zn、Fe、Cu、I、Mg、Mn、キレートミネラル(Zn、Cu、Mn))、ビタミン類(D3、E、B1、ナイアシン、葉酸、ビオチン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B12)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー85kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)733円/255g
定期販売85g×12袋入り:2,930円(税込)
フード目的総合栄養食
フードの種類ウェット

No.7ニュートロナチュラルチョイス 減量用 アダルト チキン

消化性にも優れた減量用フード

従来の成猫向けチキン味よりも脂質約35%オフ、カロリー約10%オフの低脂肪フード・低カロリーです。

高品質なチキンを第一主原料に使用しているため、減量用でも美味しく食べられます。

消化しやすくお腹にやさしい原材料を使っていて、腸内環境を良好に保ってくれるのも良いですね。

対象年齢1歳以上
内容量2kg
原産国アメリカ
主原料チキン(肉)、チキンミール
その他原材料エンドウタンパク、玄米、粗挽き米、エンドウマメ、アルファルファミール、ビートパルプ、ポテトタンパク、オーツ麦繊維、鶏脂、米糠、タンパク加水分解物、サーモンミール
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、酸化防止剤(クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー325kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)144円/60g
定期販売2kg:4,793円(税込)
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

No.8ヒルズサイエンス・ダイエット アダルト ライト 1~6歳 肥満傾向の成猫用 チキン

出典 :https://www.amazon.co.jp/

活動量が少ない肥満傾向の猫におすすめ

活動量が少なく、体重が増えやすい1~6歳の成猫向けフードです。

タンパク質がしっかりと含まれているので、ダイエットしながらも筋肉を維持したい猫に向いています。

従来品よりも脂肪分約47%オフ、カロリー約17%オフで、理想的な体重管理をサポート。

自然派成分で酸化を防止していて、着色料や合成香料が不使用なのも安心して使用できるポイントです。

対象年齢1歳~6歳
内容量2.8kg
原産国チェコ
主原料鶏肉(チキン、ターキー)
その他原材料トウモロコシ、米、コーングルテン、動物性油脂、セルロース、ビートパルプ、エンドウマメ、チキンエキス、小麦、乳酸
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー344kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)71円/70g
定期販売Amazon定期便あり
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

No.9ヒルズサイエンス・ダイエット 減量サポート 1歳以上の成猫・高齢猫用 チキン

出典 :https://www.amazon.co.jp/

亜麻仁油やココナッツ油など高品質食材で代謝をサポート

健康な代謝のために亜麻仁油やココナッツ油など高品質な食材が使用されています。

カロリーも従来品より約17%控えめ。

1歳以上の全ての猫種に対応しているので、体重が気になる成猫・高齢猫におすすめです。

腹持ちも良いため、満足感のある食生活を送りながら体重管理できるのが良いですね。

対象年齢1歳以上
内容量2.5kg
原産国オランダ
主原料鶏肉(チキン、ターキー)
その他原材料米、コーングルテン、セルロース、トマト、ビートパルプ、亜麻仁、動物性油脂、ココナッツ油、ポークエキス、ニンジン、小麦、乳酸
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン、リジン)、乳酸、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー343kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)85円/70g
定期販売Amazon定期便あり
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

No.10ロイヤルカナンアペタイト コントロール(おねだりの多い猫専用フード 成猫用)

出典 :https://www.amazon.co.jp/

長時間の空腹感を抑制するためのキャットフード

アペタイトコントロールは長時間の空腹感を抑制することを目的につくられた総合栄養食です。

食物繊維が空腹感を軽減してくれるので、愛猫のご飯のおねだりが多いときにおすすめです。

おねだりが多いとついつい、おやつなどを与えてしまいがちですが、頻繁な食べ物の摂取は肥満のもと。

成猫の場合は1日2回の食事が基本です。

空腹感を感じにくいキャットフードを利用して、正しい食生活を定着させましょう。

対象年齢1歳以上
内容量400g
原産国フランス
主原料肉類(鶏、七面鳥)
その他原材料植物性繊維、コーン、超高消化性小麦タンパク、小麦、コーングルテン、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、動物性油脂、米、ビートパルプ、酵母および酵母エキス、大豆油、魚油、フラクトオリゴ糖
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物サイリウム、アミノ酸類(タウリン、DL-メチオニン、L-カルニチン)、ゼオライト、ミネラル類(Cl、K、Na、Ca、Zn、P、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー341kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)227円/71g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

No.11ナチュラルバランスリデュースカロリー キャットフード

出典 :https://www.amazon.co.jp/

中高年猫やシニア猫にもおすすめ

鶏・ラム・ダックの3種類のお肉を使い、栄養価と消化性を高めています。

亜鉛やオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸を配合することで、皮膚・被毛の健康にも配慮。

運動量の少ない中高年猫・肥満猫が健康な体をつくるため、維持するために必要な栄養がバランス良く含まれています。

50gずつ小分けになっているので、いつも開封したての美味しさが味わえるのもポイントです。

対象年齢全年齢
内容量500g(50g×10袋)
原産国アメリカ
主原料チキンミール(乾燥肉)
その他原材料玄米、鶏肉、ダック肉、ポテト、ニンジン、サーモンミール、ラムミール、オートミール、鶏脂肪、ドライエッグ、ビールイースト、亜麻仁、ほうれん草、パセリフレーク、クランベリー
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物塩化カリウム、塩化コリン、タウリン、天然混合トコフェロール、リジン、L-カルニチン、ユッカ、ケルプ、亜鉛蛋白、ビタミンE、ナイアシン、マンガン蛋白、銅蛋白、硫酸亜鉛、硫酸マンガン、硫酸銅、一硝酸チアミン(ビタミンB1)、ビタミンA、ビオチン、ヨウ化カリウム、パントテン酸カルシウム、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ビタミンB12、酸化マンガン、ビタミンD3、葉酸(ビタミンB)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー329kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)241円/63g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

No.12セレクトバランスグレインフリー スリム チキン

出典 :https://www.amazon.co.jp/

体重管理を多角的にサポート

日本の猫が健康な一生を過ごせるように開発されたヘルシーフードです。

和食のようにあっさり目の味わいで、従来品よりも脂肪分37%オフ、カロリー10%オフで粗繊維は1.5倍になっています。

コエンザイムQ10が配合されており、低カロリーでありながら健康な皮膚と被毛、免疫力を維持できる栄養設計。

下部尿路に配慮してクランベリーが使われていたり、関節サポート成分であるグルコサミンやコンドロイチンが配合されているなど、多角的に健康をサポートしてくれるドライフードです。

対象年齢成猫
内容量500g
原産国日本
主原料チキン
その他原材料エンドウ豆、おから、サツマイモ、乾燥チキン、タピオカ澱粉、エンドウ豆プロテイン、ポテトプロテイン、セルロース、鶏脂、酵母エキス、ビール酵母、オリゴ糖、サーモンオイル、クランベリーパウダー、ローズマリー、乳酸菌(EC-12)
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物グルコサミン、L-カルニチン、コンドロイチン、コエンザイムQ10、ビタミン類(A、D3、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、C、葉酸、ビオチン、コリン)、ミネラル類(リン、カルシウム、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、コバルト)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン、L-リジン)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー330kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)172円/71g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

No.13ウェルネスコア(高たんぱく質・穀物不使用)室内猫用(1歳以上)サーモン

出典 :https://www.amazon.co.jp/

お腹の調子が気になる猫にもおすすめ

動物性のタンパク質にこだわったグレインフリーキャットフードです。

第一主原料にサーモンが贅沢に使用されており、肉食である猫が好む味わいに仕上がっています。

トウモロコシや麦などの穀物が使われていないので、穀物の消化が苦手な子におすすめ。

乳酸菌も配合されている、消化・吸収にやさしい室内猫用のキャットフードです。

対象年齢成猫
内容量2.26kg
原産国アメリカ
主原料サーモン、メンハーデン(魚)ミール
その他原材料えんどう、ニシンミール、乾燥粗挽きじゃがいも、えんどう蛋白質、粗挽き亜麻仁、えんどう繊維、トマトポマス、キャノーラ油、フィッシュエキス、クランベリー、チコリ根抽出物、乾燥ケルプ、ラクトバチルス・プランタルム、エンテロコッカス・フェシウム、ラクトバチルス・カゼイ、ラクトバチルス・アシドフィラス
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ユッカ抽出物、L-カルニチン、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ビタミン類(コリン、E、ナイアシン、A、B1、パントテン酸、B6、B2、K、D3、ビオチン、B12、葉酸、アスコルビン酸)、ミネラル類(亜鉛タンパク化合物、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、鉄タンパク化合物、硫酸第一鉄、硫酸銅、銅タンパク化合物、マンガンタンパク化合物、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、スペアミント抽出物)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー327kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)160円/82g
定期販売Amazon定期便あり
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

No.14ナチュラルバランスサーモン&チックピー キャットフード

出典 :https://www.amazon.co.jp/

動物性タンパク質にサーモンのみを使用した食物アレルギー成分対応限定食

動物性タンパク質としてサーモンのみを使用している総合栄養食です。

牛肉・鶏肉・ラム肉・鹿肉・白米・小麦粉・トウモロコシ・卵・乳製品などにアレルギーのある猫でも安心して食べられるように、1種類の動物性タンパク源にこだわってつくられています。

また、主な炭水化物にはチックピー(ひよこ豆)を採用。

チックピーは糖質をエネルギーに変えてくれるビタミンB1が豊富に含まれているため、運動量の少ない室内猫に適した食材です。

アレルギーとなる食材を避けながらしっかり栄養を摂りたいときに推奨できるキャットフードです。

対象年齢全年齢
内容量1kg
原産国アメリカ
主原料サーモン
その他原材料チックピー、エンドウマメ、マメプロテイン、乾燥ビートパルプ、サーモンミール、ポテト、ビール酵母、キャノーラオイル、ナチュラルフレーバー、脱水アルファルファミール、イヌリン
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物タウリン、塩化コリン、塩、ビタミンE、ナイアシン、硝酸チアミン、D-カルシウムパントテン酸塩、ビタミンA、ピリドキシン塩酸塩、リボフラビン、ビタミンD3、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、亜鉛蛋白、硫酸亜鉛、硫酸鉄、鉄蛋白、銅蛋白、硫酸銅、硫酸マンガン、マンガン蛋白、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム、塩化カリウム、クエン酸(保存料)、ローズマリーエキス
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー337kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)141円/61g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

キャットフードの売れ筋ランキングはこちら

ご参考として、キャットフードの売れ筋ランキングをこちらからご確認いただけます。

Amazonの売れ筋ランキング

楽天市場の売れ筋ランキング

Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

キャットフードの切り替えは10日を目安に行う

キャットフードの切り替えを行う際には、現在のものと新しいものを少しずつ混ぜながら、数日以上かけて行うのがおすすめです。

以下のような流れで切り替えを行ってみてください。

経過日数現在のフードの割合新しいフードの割合
1日目90%10%
2日目80%20%
9日目10%90%
10日目0100%

猫は人間に比べて繊細な動物なので、一度にフードを切り替えると体がビックリして吐き戻してしまうことがあります。

体調を崩してしまうこともあるので、愛猫の様子を見ながらゆっくり進めてください。

上の表を参考に、少しずつ現在のフードに新しいフードを混ぜて切り替えていきましょう。

愛猫が低脂肪・低カロリーキャットフードを食べないときの対処法

猫はもともと食べたいときに食べるという習性があるので、多少の食べムラはあるもの。

ですが、あまりにも食べてくれないと飼い主さんとしても心配になってしまいますよね。

ここでは愛猫が低脂肪・低カロリーキャットフードを食べないときの対処法についてご説明します。

ぬるま湯で人肌程度に温める

ぬるま湯でキャットフードを温めると香りが立って、猫の食欲を刺激してくれます。

熱湯をかけるとキャットフードの栄養を壊してしまったり、愛猫が火傷をしてしまうことにも繋がるので、人肌程度の温かさにしましょう。

ふやかしたフードは柔らかいため、口の小さめの子猫や咀嚼の苦手なシニア猫にも向いています。

フードの粒の大きさによって、早くふやけるものや、時間のかかるものなどがあるので、愛猫の好みのものを選んであげましょう。

缶詰やウェットフードをトッピングする

ドライフードに缶詰やウェットフードなどをトッピングするのも良い方法です。

香りが強くて食感が生のフードに近い缶詰やウェットフードは、嗜好性が強いため猫の食欲をそそります。

少量をドライフードにふりかけてあげると良いでしょう。

缶詰やウェットフードにも好みのものがあるので、チキンや魚など、好きな味の傾向を日頃から観察しておくと、食欲のないときに便利です。

フードを見直す

フードを食べない原因はキャットフードが好みではないからかもしれません。フードを他のものへ切り替えてみましょう。

猫は好き嫌いのある動物なので、魚が好きな子もいれば鶏肉を好む子もいます。愛猫の好みのフードを探してあげましょう。

また、猫が食べない原因は味だけでなく、フードの粒の大きさや固さが原因かもしれません。

食べるときに食べづらそうにしていないかなど、よく観察して愛猫に合ったものを選んであげましょう。

食べない状況が続く場合は動物病院へ

猫は食べムラがあるため、健康な成猫であれば1日程度様子を見ていてもかまいません。

しかし、それ以上食べない状況が続く場合は、どこかに不調があるのかもしれません。

体の不調が悪化しないうちに動物病院へ相談に行きましょう。

動物病院に相談に行くときには、いつから食べていないのか、便の様子は正常かなど、全体的な体の様子を確認しておくと、正確な診断の助けになります。

愛猫の肥満を予防する方法

猫の肥満を防止するためには、運動不足にならないための工夫や、適切な食事量に調節してあげることが大切です。

ここでは愛猫が肥満にならないための予防法について解説していきます。

運動不足にならない環境を整える

猫も人間と同じで体を動かさないと太りやすくなってしまいます。

運動不足にならないように、体を動かせる環境を整えましょう。

ストレスを貯めさせないためにも、自由に走り回れるスペースや遊び回れる空間は大切です。

猫は上下運動を好むので、キャットタワーを設置するのも良いでしょう。

一緒に遊ぶ時間を増やす

猫と一緒に遊ぶ時間を1日10分~15分程度もうけましょう。

一緒に遊ぶことで楽しみながら運動量を増やすと同時に、飼い主さんとの絆を強めることもできます。

猫のおもちゃは様々な種類があるので、虫やネズミなどお気に入りのおもちゃで狩猟本能を満たしてあげましょう。

短時間で良いので集中して遊ぶのがおすすめです。猫が好きな遊び方で、しっかり遊んであげましょう。

おやつは与えすぎない

愛猫が可愛く鳴きながらおやつを催促してくる様子はとても可愛らしいものですが、おやつの与えすぎによる肥満は病気のリスクを高めます。

おやつによる摂取カロリーは総カロリーの1~2割にとどめましょう。

食前におやつをあげると、肝心のご飯を食べなくなってしまいます。

なるべく食後や食間に与えるなど、タイミングを見計らって与えましょう。

フードを食べる場所を工夫・変更する

一度にフードを食べすぎないように、食べる場所を工夫・変更するのもひとつの方法です。

食欲の旺盛な子はガッついて食べてしまうことがあるため、満足感を得にくくなっている場合があります。

キャットフードを少量ずつに分けて、家の複数箇所に設置しておくなど、工夫すると良いでしょう。

分けて食べることで満足感を得やすくなるため、総合的な摂取カロリーを少なくできるかもしれません。

また、早食いが気になる子はフードボールが食べにくい形状になっている、早食い防止の食器を使ってみるのもおすすめです。

給与量・回数は適切に

愛猫の肥満を防止するためには食事を与えすぎないことが最も重要です。適切な給与量と回数を守って与えましょう。

給与量の目安はパッケージに記載がありますが、適切なフードの量は年齢や体重によって変わってきます。

より正確な量と回数を知りたい場合は、下記の計算機を活用するのもおすすめです。

   

活動係数

   
計算

愛犬の1日あたりのフードの量

g

       

2回に分けて与える場合 g/1回

3回に分けて与える場合 g/1回

4回に分けて与える場合 g/1回

   

愛犬の1日あたりに必要なカロリー

kcal

キャットフードのよくある質問

キャットフードに関してよくある質問をまとめました。ペットにキャットフードを与える際の参考にしてくださいね。

子猫に与えるのはドライフードだけでいい?

子猫用のドライフードは子猫に適切なタンパク質やミネラル、ビタミンなどがバランス良く配合されているため、基本的には水とドライフードのみ与えていれば大丈夫です。

子猫は生後4ヶ月を目安に、離乳食(ふやかしたドライフードなど)から固形食(ドライフード)への切り替えを行います。

食欲がなかったり、病気の場合を除いて、基本的にはドライフードを与えましょう。

猫の食事は何時間おきに与えるのが適切?

成猫は朝と夜の1日2回の食事で大丈夫です。置き餌はせずに12時間ほど間隔をあけて与えましょう。

子猫やシニア猫は一度に消化できる量が少ないため、一定の間隔で1日3~4回に分けてフードを与えると良いでしょう。

また、肥満猫の場合も1日3~4回に分けるのがおすすめです。

食事回数を増やすことで満足感が得やすくなるため、ダイエットするときのストレス軽減に繋がります。

くれぐれも、食事を与えすぎないように適切な食事量を守って与えましょう。

犬にキャットフードを食べさせても大丈夫?

犬がキャットフードを食べたからといって、ただちに体調を崩すことはありませんが、日常的に食べ続けるのは栄養バランスが偏るためおすすめできません。

猫は肉食性であるのに対し、犬は雑食性なため、必要な栄養が違います。

キャットフードはドッグフードに比べて味が濃いめだったり、うまみ成分で粒がコーティングされているなど、嗜好性が強めに設計されています。

そのため、犬と猫を一緒に飼っている家庭では、猫のご飯まで食べたがってしまうことも。

食事でトラブルが起きがちな場合は、食事の時間をズラしたり、犬と猫で食事の部屋を変えてあげると良いでしょう。

この記事の執筆者

桐谷肇

執筆者情報

桐谷 肇

編集部

2021年の12月に保護猫シェルターからキジトラの男の子をお迎えしました。
猫を飼うのが初めてで戸惑うこともありましたが、今では日常に欠かせない大切な存在になっています。

nademo編集部

執筆者情報

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

キャットフードのおすすめ


※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-キャットフード
-,