猫のアイテム・グッズ

猫向けハーネスのおすすめ6選!安全で脱走対策ができるのは?

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
猫向けハーネスのおすすめ!安全で脱走対策ができるのは?

猫と言えば室内飼い。なので「室内飼いの愛猫にハーネスが必要なの?」と首を傾げる方もいるかもしれません。

ハーネス=犬の散歩に使うアイテム、というイメージが強いですよね。

しかし、実はいま、愛猫家の間では「準備しておきたいグッズ」として広まっています。

愛猫と外出する機会は動物病院の受診時や、実家への帰省時など、意外に少なくないものです。

また、災害時の避難にも活躍してくれるアイテムがハーネスなのです。

そこで今回は猫向けのハーネスをまとめました!ハーネスの選び方はもちろん、愛猫が着けるのを嫌がってしまう場合の対処法なども詳しく解説しています。

安全な外出のためにぜひひとつは用意しておきたいハーネスについて、一緒に知っていきましょう。

この記事の結論

  • 普段遣いとしては必要ないものの、外出時に装着しておくと脱走防止に繋がる
  • 被災時には猫も外出を余儀なくされるため、ハーネスが必要不可欠になるシーンも
  • 首輪よりもハーネスを選ぶことで、体への負担を少なくすることができる
  • ハーネスを装着する際には服を着せるように、足から順番に着せていく

担当執筆者

nademo編集部

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

キャットフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

猫向けハーネスの必要性

「散歩の必要がない猫だから、ハーネスは必要ない」と思われるかもしれませんが、散歩以外で外出を余儀なくされるケースもあるのが現実。

基本的にはキャリーバッグを使うと思いますが、災害時・被災時には家を離れ、常に外出状態にあります。

外出中ともなれば、四六時中キャリーバッグの中だけ…というのはいくらなんでも辛いものです。

そんなときハーネスは、愛猫との外出をサポートしてくれる心強いアイテムになってくれます。

普段から頻繁に使う機会がなかったとしても、ひとつだけでも持っておきたいアイテムと言えるでしょう。

愛猫との外出シーンにハーネスが便利

動物病院へ連れて行く・一緒に帰省する・引っ越しなど、愛猫と一緒に外出する機会は意外と多いものです。

そんなときにキャリーバッグ等のお出かけアイテムにプラスして、あるととても便利なのがハーネスです。

例えばキャリーバッグに付属するリードに繋げて、より安全に配慮して使うことができます。

思わぬ事故や迷子などを防いでくれるので、ハーネスは愛猫の外出グッズとして揃えておくのがおすすめです。

外出時の脱走や迷子防止に役立つ

ハーネスがあると外出時の脱走対策になります。

臆病なタイプの愛猫だと、ちょっとしたことに驚いてキャリーバッグなどの中から飛び出したりすることがあります。

ハーネスがあれば、脱走防止リードを着けておくなどの対策ができます。

迷子札が付属しているタイプのハーネスも多いので、万が一の迷子の際にも役立ってくれます。

ハーネスは災害など緊急時にも有効

災害のときには愛猫と一緒に避難することになりますが、そんなときにもハーネスは活躍してくれます。

ハーネスを着けてキャリーバッグ等に入ってもらえれば、思いがけない脱走などを防ぐことができます。

緊急時でいつもと違った環境だと、愛猫もパニックになりやすいもの。

愛する家族と離れてしまわないように普段からしっかり想定しておきましょう。

いざというときに避難・防災グッズとしても使えるよう、日頃から慣れてもらえるようにしておきましょう。

猫向けハーネスのメリット・デメリット

猫向けハーネスを使用することには、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

必要性がわかったところで、次はメリット・デメリットを確認してみましょう。

ハーネスはぜひ愛猫のために用意したいアイテムですが、デメリットも知ることでより上手な選び方ができることにつながります。

猫向けハーネスのメリット

まずは猫向けハーネスのメリットを見てみましょう。以下のような点があります。

  • 首や呼吸器官への負担が少ない
  • 胴にぴったり装着されるので、抜けにくい など

首輪と違って、体を包むような構造のハーネスは首やのど、呼吸器官への締め付けや負担がとても少なくなっています。

胴体に装着する物なので、万が一高いところへ引っ掛かってしまった場合などでも首が絞まる心配がかなり低いでしょう。

しっかりサイズを確認すれば、胴にぴったりとフィットするので抜けにくくなります。

首輪とハーネスは似ているアイテムですが、より愛猫の体に負担をかけない場合が多いのがハーネスとも言えるのではないでしょうか。

猫向けハーネスのデメリット

次に猫向けハーネスのデメリットも確認しておきましょう。以下のようなデメリットが考えられます。

  • 着脱が首輪よりも面倒
  • 慣らすのに時間がかかる など

「何かを身につける」ということが苦手な愛猫も多いはずです。

ハーネスは胴体に密着させる構造のため、前足を通したりして装着します。その分着脱は首輪よりやや手間がかかってしまう子がほとんどです。

ハーネスを警戒したり、嫌がってしまう子は慣れてもらうまで時間がかかる場合があります。

「スムーズに着けられない子は慣れてもらう期間が必要」というデメリットもあるのでその点は覚えておきましょう。

猫向けハーネスの選び方

では実際にはどんなハーネスを選ぶのが良いでのしょうか。

ハーネスにもいくつかのタイプがあるので、その点を考慮しながら体のサイズに合ったものを選びたいですね。

耐久性や通気性の高さは安全面にも関わる部分なのでしっかり確認したいところです。

さまざまな角度からの選び方をチェックして、愛猫に最適なハーネスを探していきましょう。

ハーネスのタイプ

猫向けハーネスは大きく分けて3タイプ。

しっかりと固定できるダブルロックタイプや体を包んでくれるベストタイプなど、それぞれの特徴があります。

愛猫の性格によっては向き・不向きがあるので、どんなタイプがあるのかをチェックしつつ選んでいきましょう。

ダブルロックタイプ

出典:Amazon

ダブルロックタイプはその名の通り、2箇所でロックすることができるハーネスです。

1つ目は肩周り、2つ目は胴回りにロックがついている構造です。

それぞれ別でサイズ調節が可能なタイプも多くなっています。

メリットはどちらか一方が万が一外れてしまうことがあっても、もう一方はロックされているという点です。

脱走防止などに効果的なのでよく動く子・活発な子におすすめのタイプと言えます。

ベストタイプ

出典:Amazon

愛猫の体を包み込むような形状をしているのがベストタイプです。

面積が広く服のような感覚で着けることができるため、おしゃれ・かわいいデザインのものも多くなっています。

体をしっかりと覆ってくれるベストタイプなのですが、それがかえって愛猫に嫌がられることもあるようです。

食い込みが少なくしっかり胴回りをホールドしてくれるので、嫌がらないタイプの子にはぜひ検討してみましょう。

紐タイプ

出典:Amazon

「着けている感」が最も低いのが紐タイプです。

愛猫にとっては体を覆う部分が少ないので、比較的ストレスが少なく装着することができるでしょう。

コンパクトなのも持ち歩き・収納の面から魅力です。

ただし面積が小さい分、体にきつく食い込んだりしてしまうことがあります。

またやや外れやすいことがあるため、サイズや素材などに注意して選ぶことが大切です。

大人しい子には向いていますが、活発な子には不向きな場合が多いようです。

着脱しやすいもの

着脱の際に手間がかかりすぎてしまうと、愛猫はハーネスを着けること自体が苦手になってしまうことがあります。

愛猫が暴れたりしてしまうと、もちろん飼い主さんも大変になってしまいますよね。

時には手間取ってるうちに脱走してしまった、というケースもあるようです。

手足を通さずに装着できるものや、装着する手順が少ないタイプのハーネスを選ぶのもポイントです。

着脱がスムーズだと、ハーネスへの抵抗感も少なくなりますよ。

体のサイズに合ったもの

ハーネスが愛猫の体より大きければ、外れたり脱けてしまって脱走に繋がってしまいます。

反対に、体に食い込んでしまうようなきついものであれば、傷になったり愛猫のストレスにもなってしまいます。

ハーネスは愛猫の体に直接着けるものなので、サイズはしっかりと確認して選ぶようにしましょう。

ハーネスのタイプにもよりますが、指1~2本分のゆとりを目安にすると良いでしょう。事前に胴回りなどを計測しておくことも大切です。

猫は犬よりも体が小さいものの、動かない子は肥満になりやすいです。サイズ調整ができるとなお良いです。

耐久性や通気性の高さ

極端に耐久性が悪いというものもなかなかありませんが、壊れてしまって外れると脱走の危険性があります。

不意の事故やケガを避けるためにも、耐久性はしっかりとしたものを選びましょう。

同時に通気性の高さもしっかりチェックしたいところです。通気性が悪く、蒸れてしまうと皮膚や被毛に良くありません。

通気性についてはちょっと忘れがちなポイントでもあるので、耐久性と通気性はどちらも重要です。

お手入れのしやすさ

ハーネスは使用しているうちに汚れてきてしまうので、その際のお手入れについても考えておきましょう。

体に直接つけるものなので、いつも清潔にしてあげたいですよね。

水洗いが可能なものなど、なるべくお手入れの手間がかからないハーネスを選ぶとストレスなく使用ができます。

装飾が多いものなどはお手入れがしにくい場合があるので、きちんと見て選ぶようにすると良いでしょう。

反射板やハンドルなどの機能性

暗いところでも視認しやすくなる反射板がついたタイプも販売されています。

また万が一の際に便利な迷子用のプレートなどが付属しているものも。

ハンドルの必要性についても、確認しておきましょう。

便利な機能や安全性をアップしてくれる機能がついているハーネスが多数販売されています。

愛猫の性格やタイプはもちろん、使用するシーンなども想定しながらそれに合った機能性のハーネスを選ぶこともポイントです。

猫向けハーネスのおすすめ一覧表

No商品商品名参考価格購入先首周り胸周り胴回り素材適合種留め具反射板ハンドル洗濯成長段階長さ調整構造
1Angelpet
猫用 ハーネス

2,000円

XS:16cm~23cm/S:20cm~29cm/M:26cm~33cmXS:24cm~30cm/S:29cm~42cm/M:38cm~48cm-ナイロンメッシュXS:体重2kg~3.8kg/S:体重3.8kg~7kg/M:体重7kg~11kgバックル×手洗いのみ全年齢H型
2ラディカ
デニムクラシックハーネス&リード S

2,690円

S:21cm~24cm/M:24cm~27cm/L:27cm~31cm-S:30cm~36cm/M:36cm~42cm/L:42cm~48cmデニム、綿、ポリエステル、ポリウレタン全犬種、全猫種バックル××手洗いのみ全年齢×H型
3KUVEELA
ペット用ハーネス&リードセット

1,499円

XXS:23cm~29cm/XS:28cm~32cm/S:30cm~35cm/M:34cm~38cm/L:36cm~42cm/L:49cm~56cmXXS:31cm~37cm/XS:33cm~39cm/S:38cm~44cm/M:40cm~46cm/L:46cm~59cm/L:59cm~65cm--小型犬~大型犬、猫バックル×手洗いのみ全年齢H型
4Petiam
猫用ハーネス

1,480円

S:20cm~24cm/M:24cm~28cm/L:28cm~30cm-S:24cm~28cm/M:28cm~32cm/L:32cm~36cmメッシュS:体重1kg~3kg/M:体重3kg~5kg/L:体重5kg~9kgバックル×手洗いのみ全年齢H型
5PetSafe
イージーウォーク ネコ用ハーネス&バンジーリード

2,831円

--S:23cm~28cm/M:27cm~36cm/L:33cm~46cm-全猫種バックル××手洗いのみ全年齢H型
6ぽぽねこ
猫に優しいベスト型ハーネス・リード付き

5,500円

--S:36cm~40cm/M:41cm~45cm/L:46cm~50cm表地:コットン55%、ポリエステル45%/裏地:オーガニックコットン80%、ポリエステル20%全猫種面ファスナー××手洗いのみ全年齢ベスト型

猫向けハーネスのおすすめ6選

No.1Angelpet猫用 ハーネス

出典 :https://www.amazon.co.jp/

頭を通さずに着けられる、ソフトな素材感も快適なハーネス

ホールド力の高いマジックテープを採用し、頭を通さずに着けられる構造になっています。

ふんわりとした素材で愛猫への負担も減らしています。

カチッと止まるアジャスターで安全性もしっかり確認。

手早く着けられるハーネスを探している方は要チェックです。

首周りXS:16cm~23cm/S:20cm~29cm/M:26cm~33cm
胸周りXS:24cm~30cm/S:29cm~42cm/M:38cm~48cm
胴回り-
素材ナイロンメッシュ
適合種XS:体重2kg~3.8kg/S:体重3.8kg~7kg/M:体重7kg~11kg
留め具バックル
反射板
ハンドル×
洗濯手洗いのみ
成長段階全年齢
長さ調整
構造H型

No.2ラディカデニムクラシックハーネス&リード S

出典 :https://www.amazon.co.jp/

参考価格 2,690円(税込)

おしゃれなデニム素材で楽しいお出かけに。装着しやすいのも良し

丈夫でおしゃれなデニム素材で作られたハーネスです。

胸に当たる部分にはソフトな素材をプラスして、負担を少なくしました。

サッと調節できる金具で、装着時のイライラも軽減することできます。

マジックテープがついていないので、ビリッとした音が苦手な子にもおすすめです。

首周りS:21cm~24cm/M:24cm~27cm/L:27cm~31cm
胸周り-
胴回りS:30cm~36cm/M:36cm~42cm/L:42cm~48cm
素材デニム、綿、ポリエステル、ポリウレタン
適合種全犬種、全猫種
留め具バックル
反射板×
ハンドル×
洗濯手洗いのみ
成長段階全年齢
長さ調整×
構造H型

No.3KUVEELAペット用ハーネス&リードセット

出典 :https://www.amazon.co.jp/

立体的な構造と調節可能ベルトで、愛猫をしっかりホールド

立体的なデザインで、愛猫の体によりフィットしやすい設計になっています。

サイズ調節も可能なのできちんとフィットさせて使うことができますね。

反射テープ・反射材がついているので、万が一の場合も見つけやすくなります。

リードもセットになった、ベーシックに使えるハーネスセットです。

首周りXXS:23cm~29cm/XS:28cm~32cm/S:30cm~35cm/M:34cm~38cm/L:36cm~42cm/L:49cm~56cm
胸周りXXS:31cm~37cm/XS:33cm~39cm/S:38cm~44cm/M:40cm~46cm/L:46cm~59cm/L:59cm~65cm
胴回り-
素材-
適合種小型犬~大型犬、猫
留め具バックル
反射板
ハンドル×
洗濯手洗いのみ
成長段階全年齢
長さ調整
構造H型

No.4Petiam猫用ハーネス

出典 :https://www.amazon.co.jp/

迷子札付きで万一の場合にも安心。装着しやすいハーネス

迷子札が付属しているので、迷子になった場合の対策をしておくことができます。

マジックテープとバックルの両方でしっかりとホールド。

首への負担も考えられた設計のハーネスです。

リード・専用袋も付いてるのでセットで使うことができますね。

首周りS:20cm~24cm/M:24cm~28cm/L:28cm~30cm
胸周り-
胴回りS:24cm~28cm/M:28cm~32cm/L:32cm~36cm
素材メッシュ
適合種S:体重1kg~3kg/M:体重3kg~5kg/L:体重5kg~9kg
留め具バックル
反射板
ハンドル×
洗濯手洗いのみ
成長段階全年齢
長さ調整
構造H型

No.5PetSafeイージーウォーク ネコ用ハーネス&バンジーリード

出典 :https://www.amazon.co.jp/

獣医師と共同開発。愛猫のためを考えた、シンプルな紐タイプ

腹部についたストラップと留め具で簡単に取り外しが可能です。

ショルダー部分と腹部でカラー分けされているので、スムーズな装着が叶います。

愛猫の体に負担をかけない優しい設計なのも良し。伸縮するリードが付属しています。

首周り-
胸周り-
胴回りS:23cm~28cm/M:27cm~36cm/L:33cm~46cm
素材-
適合種全猫種
留め具バックル
反射板×
ハンドル×
洗濯手洗いのみ
成長段階全年齢
長さ調整
構造H型

No.6ぽぽねこ猫に優しいベスト型ハーネス・リード付き

出典 :https://www.amazon.co.jp/

立体構造のベストタイプで愛猫の体を優しく包む

しっかりとホールドしつつ優しい立体構造デザインが魅力です。

面ファスナーを採用してより外れにくいように考えられたハーネス。

ダンガリー地は国内産の肌触りにもとことんこだわったものを使っています。

リード付き。手洗いが可能です。

首周り-
胸周り-
胴回りS:36cm~40cm/M:41cm~45cm/L:46cm~50cm
素材表地:コットン55%、ポリエステル45%/裏地:オーガニックコットン80%、ポリエステル20%
適合種全猫種
留め具面ファスナー
反射板×
ハンドル×
洗濯手洗いのみ
成長段階全年齢
長さ調整
構造ベスト型

猫向けハーネスの売れ筋ランキングはこちら

ご参考として、猫向けハーネスの売れ筋ランキングをこちらからご確認いただけます。

Amazonの売れ筋ランキング

楽天市場の売れ筋ランキング

Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

愛猫にハーネスをつける際の装着方法

用意したハーネスのタイプにもよりますが、優しくかつ手早く行うのが基本です。

時間をかけているとじっとしていることが我慢できず嫌がって逃げてしまうので、素早く着けてあげましょう。

まず穴に前足を通し引き上げ、肩周りや胴周りを付属の金具などで調節します。ほどよくゆとりがありながらも、しっかりフィットしているか確かめましょう。

愛猫が比較的リラックスしているときに着けてあげる、というのもコツです。飼い主さんが慌ててしまうと、愛猫にもそれが伝わるもの。

落ち着いて、かつ素早くを心がけて装着するのがポイントです。

愛猫がハーネスを嫌がる際の慣らし方

せっかく購入したハーネスなので、早速愛猫に着けてあげたくなりますよね。

しかし、いきなりハーネスを着けようとすると、警戒して嫌がることがあります。その後もすっかり苦手になってしまった…などがないように、まずは愛猫にハーネスを確認してもらいましょう。

最初から装着せずにまずは確認してもらう

購入したばかりのハーネスをそのまま装着しようとして、素直に受け入れてくれる子は多くありません。

まずは愛猫の目の前に置いてみましょう。自然に近づいていき、「これはなんだ?」という時間を設けてあげるのです。

そうするとニオイを嗅いだり、触ってみたり、興味を持ってくれるもの。怖がる必要はないとわかってもらうことが大切です。

そうしておもちゃだと思う子もいますが、安全であることを猫自身が理解できるようにしましょう。

ハーネスの装着時間は短時間から徐々に

慣れてもらえたら次は、愛猫の背中などに優しく触れさせてみましょう。

どの段階でも嫌がる素振りがあったらすぐに、ハーネスは取り除きます。

平気なようであれば徐々に手足を通したりなど、本格的に装着できるようにしていきます。ハーネスを着けている時間も少しずつ伸ばしていくと良いですよ。

これを数日間かけてゆっくり行っていきましょう。愛猫によってはもっと時間がかかる場合があります。

ハーネスを「嫌なもの」と思ってしまわないよう、注意深く様子を観察しながら徐々に進めていくようにするのが良いのです。

また、サイズ感や素材など、他に嫌がる原因はないかも同時に確認しておきましょう。

猫向けハーネスは手作りできる?

愛猫のためのハーネスは、手作りすることが可能です。動画サイトなどでも手作りの方法が多数紹介されています。

好みの柄の布を使ったり、愛猫に似合いそうなデザインを考えることができるという、飼い主さんにはうれしいメリットがありますね。

ただし、サイズを細かく計測して体にきちんとフィットしたハーネスで、なおかつ危険の少ない素材を使わないと安全性に問題が出てきてしまいます。

チャームなどの装飾は可愛らしいですが、誤飲に繋がる可能性もあり、ハーネス自体の強度も市販品に比べて弱いことが考えられます。

ハンドメイドに慣れている方は別ですが、あまり自信のない方はまず市販品を用意するのがおすすめです。

シンプルな市販品でも、例えば愛猫が齧ったりできない場所にワンポイントのワッペンを着けてみるなどはどうでしょうか。これだけでも簡単にオリジナリティが出せますよ。

デザインだけでなく、機能性や強度・フィット感などさまざまな角度から考えて、愛猫が快適に着けられるハーネスを準備してあげましょう。

猫向けハーネスのよくある質問

猫向けハーネスについてのよくある質問をまとめています。

こちらもぜひ参考にして、愛猫のためのハーネス選びに役立ててください。

猫のハーネスと首輪の違いは?

首に装着する首輪と違って、ハーネスは胴回りや肩周りに着けます。

そのため首輪と比べて首や呼吸器官に負担をかけにくくなっているのが、ハーネスです。

普段遣いで首輪に慣れている子は多いかもしれませんが、安全性のために外れやすくなっている首輪もあります。

脱走防止や被災時に使えるものではありませんので、外れないものが必要になります。

猫にハーネスを使うメリットは?

外出時の飛び出しや脱走を防止できるというメリットがあります。

キャリーバッグだけではふとしたタイミングで逃げ出してしまうことがありますし、抱きかかえていても逃げ出すことがあります。

かといって洗濯ネットに入れたままでは可哀想、というときに使えるのがハーネスです。

また、完全室内飼いの猫であっても災害時には外出しなければいけなくなります。そんな避難の際にも役立ちます。

猫向けハーネスのサイズの測り方は?

愛猫が4本足で立っている状態で計測します。被毛をしっかりかき分けて測るのもコツです。

  • 首の付け根部分
  • 前肢側の胴回り
  • 後肢側の胴回り

これらを計測しておきましょう。

ハーネスによっては、他の部分も計測する必要があります。

購入予定のハーネスが適正サイズを公表しているはずなので、そのサイズに合うかどうかを計測してみてください。

この記事の執筆者

執筆者情報

nademo編集部

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

キャットフードのおすすめ


nademo編集部の日常

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-猫のアイテム・グッズ
-