猫のアイテム・グッズ

猫用ブラシ&コームのおすすめ24選!7種類のブラシをそれぞれ比較

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。

愛猫のためのお手入れとして欠かせないブラッシング。そのために必要なブラシですが、現在さまざまなタイプが市販されています。

種類が多いのはうれしいことですが、「愛猫にとってどんなブラシだったら良いのだろう」と迷っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。

ブラシは種類ごとに用途が違い、適したブラシを使ってあげることが、ブラッシングを嫌がらず受けて入れてくれる大事なポイントになります。

そこで今回は、おすすめしたいブラシ&コームはもちろん、7種類のブラシそれぞれの特徴などをわかりやすく解説します。

「猫にブラッシングは必要ないのでは?」という方もいますが、実はそれは間違い。

愛猫にとって必要なお手入れであるブラッシングとブラシについて、ぜひ一緒に詳しく知ってみませんか?

この記事の結論

  • 猫には猫用のブラシを使用することで、美しい毛並みや艶を維持できる
  • ブラッシングにはマッサージ効果や、抜け毛対策効果がある
  • ブラッシングを習慣化することで、皮膚や被毛の変化に気付きやすくなる
  • 短毛種なら週2~3回、長毛種や換毛期は毎日のペースがおすすめ

nademo編集部

担当執筆者

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

キャットフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

目次

猫用ブラシの必要性

「猫は自分でグルーミングをするから、ブラッシングは不要なのでは?」という考えもあるでしょう。すでにご存知の飼い主さんも多いと思いますが、これは実は間違い。

ブラッシングには毛並みを整えるというだけでなく、皮膚や被毛の健康を維持し、愛猫の変化に気付ける数少ない時間です。

また、ブラッシングと言っても方法や役割がブラシごとに異なるので、目的ごとに用意して目的別に使い分けるのがおすすめですよ。

もちろん機能性は重視したいところですが、愛猫のための欠かせないお手入れこそ楽しんで行ってみませんか?

いつも使うブラシだからこそ、愛猫はもちろん飼い主さんも気に入るもの・使いやすいものを選びましょう。

猫用ブラシを使うことで得られる効果・メリット

ブラシは毛並みを整えるだけ…と思っていませんか?

実は毛並みを整えるだけではなく、さまざまなメリットや効果が期待できます。

ちょっとした健康チェックタイムとしても重要な役割を果たしてくれるブラッシングの時間。

まずはそのメリットや効果についてチェックしていきましょう。

抜け毛を除去して毛玉吐きを予防できる

ブラッシングをしっかりとしてあげることで、ある程度の抜け毛を除去することができます。

特に季節の変わり目に換毛期となる猫種の子がほとんどのため、抜け毛対策はしっかりと行いたいところ。

猫はセルフグルーミングをするため、毛玉を吐くことがあります。これはごくたまにであれば心配はいりません。

しかし、グルーミングで毛を余分に飲み込んでしまうことによって起こる、毛球症という病気もあります。

なるべく毛玉を吐くことがないよう、また毛球症などの病気を避けるためにも、抜け毛はブラッシングで取り除いてあげましょう。

血行促進効果が期待できる

ブラッシングは被毛だけではなく、皮膚への刺激にもなります。

皮膚へのほどよい刺激は血行を促進してくれる効果が期待できますよ。

健康な皮膚であること・血行が良くなっているという状態は、ツヤツヤとした健康な被毛にも繋がってきます。

血行が促進されることで新陳代謝が良くなる、というわけです。

ブラッシングというと愛猫の被毛の状態だけが気になりがちですが、「血行促進効果が期待できる」という効果もあるのです。

寄生虫の早期発見に繋がる

ブラッシングをしながら愛猫の被毛や皮膚の状態を観察することによって、寄生虫などの早期発見に繋がることがあります。

ノミ・ダニといった寄生虫は、私たち人間にも感染することがあるので、注意が必要です。

ブラッシングだけではなく予防薬・駆除薬などが必要になるため、発見したら動物病院を受診するようにしましょう。

早めに発見することができれば、痒み・抜け毛などの症状がひどくなる前に対策することができます。

体や皮膚の異常に気付ける

寄生虫の早期発見だけではなく、その他の病気や異変に気付くことができるのもブラッシングのメリットです。

皮膚や毛の状態だけではなく、例えば腫れやしこりなどに気づくこともできます。

日常的にしっかりブラッシングしていると「いつもと違う」と感じる場所を見つけやすくなります。

どんな病気でもそうですが、早期発見はスムーズな治療に繋がるもの。

丁寧にブラッシングを行うことで、愛猫のちょっとした変化に気づきやすくなるのです。

愛猫とのコミュニケーションになる

ブラッシングは愛猫と触れ合う時間、と考えることもできます。つまり、コミュニケーションタイムです。

猫は「信頼する仲間同士で毛づくろいをする」という習性を持っています。

飼い主さんにブラッシングしてもらうのはまさに、その時間。

優しく声をかけつつ様子を見ながら、丁寧に行ってあげると良いですよ。

飼い主さんと過ごす時間は愛猫のストレスケアにもなります。

猫用ブラシの種類

ブラシの選び方

愛猫のためのブラシは、細かく分けると7種類ほどになります。中でもより頻繁に使われるのが、上記の6種類。

「そんなに種類があるの?」と驚かれる方もいるかもしれませんね。

さまざまなタイプのブラシがあるので目的別に使い分けるためにも、それぞれがどんなものかをチェックしましょう。

ピンブラシ

出典:Amazon

ブラシについているピンの先が丸くなっていて、ピンの間隔がやや広めなのが特徴です。

毛のもつれ・からまりなどをほぐす目的にも使えて、ブラシのイメージにもぴったりなブラシではないでしょうか。

長毛種の子や毛量の多いタイプの子に向いているのがピンブラシです。

ラバーブラシ

出典:Amazon

ソフトなゴムやシリコン素材で作られているのがラバーブラシです。

毛先が柔らかいので体全体をマッサージするのにも向いていますし、抜け毛の除毛効果も高いです。

水洗い等が可能でお手入れがしやすいのも特徴ですが、細かくブラッシングするのには不向きな場合があります。

獣毛ブラシ

出典:Amazon

豚毛や猪毛で作られている獣毛ブラシは、被毛のツヤ出しにピッタリです。

メインで使うというよりは、最後の仕上げなどに使用するのがおすすめ。

獣毛なので適度に水分などが含まれるため、静電気も起こりにくくなっています。

ツヤツヤの毛並みを作るために欠かせません。

スリッカーブラシ

出典:Amazon

毛玉をほぐしたりするのに最適なのがスリッカーブラシです。ピンが細く間隔は狭くなっています。

毛玉や絡まりができやすい長毛種の子に使用すると良いでしょう。

ピン先が丸くなっていないタイプやハードタイプは慣れている方向け。丸いピン先のものならビギナーの方でも安心です。

スクラッチャーブラシ

出典:Amazon

換毛期に役立つのがスクラッチャーブラシです。アンダーコートやすでに抜けていて絡まっている毛をしっかりと取り除きます。

ブラッシングすればするほど毛が取れるので、必要な毛まで取り除かないように注意しながら使用する必要があります。

やりすぎると肌を傷めてしまうこともあるので、やりすぎには注意しましょう。

コーム

出典:Amazon

毛並みを整えたりするのにピッタリなのがコームです。

目が細かいものは毛がほぐれていない状態では通りにくいので、仕上げなどに使うのも良いでしょう。

ただし使い方次第で毛をほぐすのにも適しています。

ステンレス製のものなどが多く、お手入れは簡単です。

ピン先が丸くなっているタイプを選ぶと皮膚を傷めにくいでしょう。

グルーミンググローブ

出典:Amazon

グローブ、という名前の通り手袋のようにして使用します。ブラッシングが苦手な愛猫でも受け入れてくれやすいですよ。

撫でるだけで抜け毛などを取り除くことができますが、毛玉やもつれをほぐすことには向いていません。

マッサージをしながらざっと抜け毛を取り除く、という使い方ができます。

猫用ブラシの選び方

実際に愛猫用のブラシを選ぶ場合のポイントを確認しましょう。

用途別に使い分けるなど、工夫をしてみるとよりブラッシングタイムが快適になります。

愛猫の被毛の長さに合うもの

長毛種や短毛種はもちろん、ミックスの子など愛猫たちの被毛の長さはそれぞれでしょう。

まずは被毛の長さに合ったブラシであるかどうか、という点をチェックしましょう。

例えば絡まりやすい長毛種の子の毛のもつれを取りたいとき、目の細かすぎるコームはマッチしません。

愛猫の被毛の長さとブラシの種類の相性をよく確認して、適切なものを選ぶと良いですよ。

目的・使用用途に合わせる

「どんな目的で使いたいブラシなのか」をはっきりさせると選びやすくなります。

特にスリッカーブラシやスクラッチャーブラシは用途の向き不向きがはっきりしているので、特徴をしっかり把握しておきましょう。

ブラシごとの特徴にあった使い方をしなければ、皮膚や被毛を傷めてしまう可能性もあります。

毛玉をほぐしたり抜け毛を取るもの・マッサージもできるもの・仕上げに使えるものなど、分けて考えると良いですよ。

飼い主さんの使いやすさ

かわいいデザインのブラシもたくさん販売されていますが、飼い主さんが使いにくさを感じる場合はちょっと考えものですね。

握りやすさや使い心地など、飼い主さんの使い勝手もしっかり考えましょう。

ブラッシングは多い子では毎日のお手入れになる場合も。飼い主さんの使いやすさもとても重要です。

ピンの素材や硬さ

愛猫がブラッシングに「心地よさ」や「快適さ」を感じるために必要な要素のひとつが、ピンの素材や硬さです。

特にブラッシングに不慣れな子は硬い素材を嫌がってしまうことがあります。

また素材はお手入れのしやすさにも繋がります。愛猫の心地よさを考慮しつつお手入れがしやすいものなど、素材にもこだわって選びましょう。

ブラシ本体のお手入れのしやすさ

ブラッシングは日常的に行うため、ブラシ本体のお手入れのしやすさも大切です。

抜け毛が取れにくい・溜まった汚れ等が落ちにくいような構造では、いつでも清潔に使うことができません。

定期的に使うものだからこそ、そこから雑菌が増えてしまうのは避けたいですよね。

すっきりと水洗いができるものや、抜け毛がパッと捨てやすいものなどお手入れ面にもしっかり目を向けましょう。

猫用ピンブラシのおすすめ一覧表

No商品商品名参考価格購入先本体サイズ本体重量種類毛・ピンの長さ毛先のやわらかさ対象年齢素材適合種
1猫壱
ブラシを嫌がる猫もとろける魔法のブラシ

2,297円

22.8cm×5.8cm100gピンブラシ~4cmやわらかめ-ナイロン、ステンレス、NBR、ABS樹脂各種猫
2ペティオ(Petio)
プレシャンテ ピンブラシ

403円

S:3.6cm×8cm×23cm500gピンブラシ---天然木、天然ゴム、スチール長毛犬、長毛猫
3SHOW TECH
MAXIPIN エクストラロング ピンブラシ

5,500円

23cm98gピンブラシ3.3cmやわらかめ-木材、ステンレス、シリコンゴム長毛種

猫用ピンブラシのおすすめ3選

No.1猫壱ブラシを嫌がる猫もとろける魔法のブラシ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

愛猫にも飼い主さんにもしっかり優しい、心地よさ満点のブラシ

ソフトタッチなピンでブラッシングが苦手な子にも優しい設計です。

飼い主さんもしっかり握りやすいラバー素材で使い心地も良し。

ブラッシングが楽しくなるようなかわいいデザインにも注目です。

細くて絡みやすい被毛の子にも使いやすいですよ。

本体サイズ22.8cm×5.8cm
本体重量100g
種類ピンブラシ
毛・ピンの長さ~4cm
毛先のやわらかさやわらかめ
対象年齢-
素材ナイロン、ステンレス、NBR、ABS樹脂
適合種各種猫

No.2ペティオ(Petio)プレシャンテ ピンブラシ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

絡まった毛もしっかりほぐして、フワフワの美しい毛並みに

細めのピン先でしっかりと毛の絡まりやもつれをほぐします。

皮膚を傷つけないようにピン先が丸くなっているのもポイント。

本体部分は木製で、ナチュラル感が手に心地よいブラシ。

絡まりやすい子や毛玉のできやすい子にもおすすめです。

本体サイズS:3.6cm×8cm×23cm
本体重量500g
種類ピンブラシ
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさ-
対象年齢-
素材天然木、天然ゴム、スチール
適合種長毛犬、長毛猫

No.3SHOW TECHMAXIPIN エクストラロング ピンブラシ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

ロングピンで長毛種の子にピッタリ!高級感のあるデザインも魅力的

ロングピンが長毛種の子のお手入れにも活躍してくれます。

ピン先は丸くなっているので皮膚を傷つけにくい優しいブラッシングを叶えます。

ドイツ製の木製柄が高級感たっぷりです。

スムーズなお手入れを助ける使い勝手も抜群なブラシです。

本体サイズ23cm
本体重量98g
種類ピンブラシ
毛・ピンの長さ3.3cm
毛先のやわらかさやわらかめ
対象年齢-
素材木材、ステンレス、シリコンゴム
適合種長毛種

猫用ラバーブラシのおすすめ一覧表

No商品商品名参考価格購入先本体サイズ本体重量種類毛・ピンの長さ毛先のやわらかさ対象年齢素材適合種
1ペットアンドミー(pet+me)
ラバーブラシ ソフト短毛用 ソフト長毛用

2,430円

6.0×2.5×10.5cm96gラバーブラシ-やわらかめ-シリコーン短毛の猫種
2ペティオ(Petio)
プレシャンテ ラバーブラシ

609円

3.8×10×20cm490gラバーブラシ-やわらかめ-エラストマー樹脂全犬種、各猫種
3ハリオ
ペットのブラシ グルッテ ハード

1,650円

幅7.3cm×奥行14.8cm×高さ3cm40gラバーブラシ-かため全年齢ブラシ部:シリコーンゴム/スポンジ部:ポリエチレン-
4BEBON
ラバースリッカーブラシ ゆめごこち

1,380円

-40gラバースリッカーブラシ-やわらかめ-ポリプロピレン、シリコンゴム短毛~長毛種

猫用ラバーブラシのおすすめ4選

No.1ペットアンドミー(pet+me)ラバーブラシ ソフト短毛用 ソフト長毛用

出典 :https://www.amazon.co.jp/

ソフトなシリコン素材で愛猫の体にしっかりフィット

短毛種の子に適したタイプの優しいラバーブラシです。

しっかりと抜け毛や汚れをキャッチして、使い心地もしっかりとしています。

ラバー素材なので愛猫の体にフィットしてしっかりブラッシング。

汚れなどのお手入れもしやすくストレスなく使うことができます。

本体サイズ6.0×2.5×10.5cm
本体重量96g
種類ラバーブラシ
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさやわらかめ
対象年齢-
素材シリコーン
適合種短毛の猫種

No.2ペティオ(Petio)プレシャンテ ラバーブラシ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

マッサージしながらブラッシングケアできるのがうれしい

ほどよく弾力がありながらも優しい使い心地がうれしいラバーブラシです。

シャンプーブラシとしても使うことができるのもポイント。

汚れたら丸洗いできるのでいつでも清潔さをキープできます。

手に馴染むソフトラバー素材がおすすめな、マルチに使えるアイテムです。

本体サイズ3.8×10×20cm
本体重量490g
種類ラバーブラシ
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさやわらかめ
対象年齢-
素材エラストマー樹脂
適合種全犬種、各猫種

No.3ハリオペットのブラシ グルッテ ハード

キュートな肉球デザインでブラッシングタイムをもっと楽しく

かわいらしいデザインに思わず笑顔になってしまうようなラバーブラシ。

機能性もしっかりとしているので、使い勝手もバッチリです。

静電気防止コーティングで抜け毛がブラシに残りにくくなっています。

水洗いもできるので衛生面も安心ですね。

本体サイズ幅7.3cm×奥行14.8cm×高さ3cm
本体重量40g
種類ラバーブラシ
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさかため
対象年齢全年齢
素材ブラシ部:シリコーンゴム/スポンジ部:ポリエチレン
適合種-

No.4BEBONラバースリッカーブラシ ゆめごこち

出典 :https://www.amazon.co.jp/

スリッカーブラシなのにラバー素材!ソフトな使い心地で愛猫も喜ぶブラシ

ちょっと珍しいスリッカータイプのラバーブラシです。

愛猫の皮膚を傷つけないラバー素材は弾力があり耐久性もしっかり。

被毛を整えながらマッサージ効果もあるのがうれしいブラシです。

水洗いができるので、シャンプー時にも使うことができます。

本体サイズ-
本体重量40g
種類ラバースリッカーブラシ
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさやわらかめ
対象年齢-
素材ポリプロピレン、シリコンゴム
適合種短毛~長毛種

猫用獣毛ブラシのおすすめ一覧表

No商品商品名参考価格購入先本体サイズ本体重量種類毛・ピンの長さ毛先のやわらかさ対象年齢素材適合種
1岡野製作所
ONS 高級豚毛ブラシ

1,407円

小:幅8cm×奥行14cm×高さ9cm/中:幅9cm×奥行16cm×高さ9cm小:100g/中:130g獣毛ブラシ---豚毛、天然木-
2ケイプロペット
GROOMERブラシ No100

2,500円

幅9cm×奥行25cm×高さ5cm120g獣毛ブラシ-やわらかめ子犬、老犬、子猫、老猫天然木、豚毛-
3ペティオ(Petio)
プレシャンテ つや出しブラシ かため 長毛犬・長毛猫用

642円

-460g獣毛ブラシ-かため-天然木、豚毛長毛種
4BIOGANCE
獣毛ブラシ

13,200円

-140g獣毛ブラシ---ナッツの木、猪毛-

猫用獣毛ブラシのおすすめ4選

No.1岡野製作所ONS 高級豚毛ブラシ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

ホコリや汚れ落としにも最適な、高級豚毛でツヤツヤに美しく

高級豚毛を使用しているので、細かなホコリや汚れもしっかり落としてくれます。

手にしっかりフィットするサイズで使いやすさも考えられた設計。

天然木でできた優しい手触りで飼い主さんも納得のブラシです。

仕上げ用にぜひ使いたい、おすすめの豚毛ブラシです。

本体サイズ小:幅8cm×奥行14cm×高さ9cm/中:幅9cm×奥行16cm×高さ9cm
本体重量小:100g/中:130g
種類獣毛ブラシ
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさ-
対象年齢-
素材豚毛、天然木
適合種-

No.2ケイプロペットGROOMERブラシ No100

出典 :https://www.amazon.co.jp/

スリムなボディで使いやすさもバッチリ!ブラッシングが苦手な子にも

スリムなタイプなので握りやすく、使い勝手も考えられています。

ソフトな獣毛を使っているので子猫やシニアにも優しく安心です。

もちろんブラッシングが苦手な子の練習用にもおすすめ。

柔らかな当たりと使い心地がうれしい、チェックしておきたいブラシです。

本体サイズ幅9cm×奥行25cm×高さ5cm
本体重量120g
種類獣毛ブラシ
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさやわらかめ
対象年齢子犬、老犬、子猫、老猫
素材天然木、豚毛
適合種-

No.3ペティオ(Petio)プレシャンテ つや出しブラシ かため 長毛犬・長毛猫用

出典 :https://www.amazon.co.jp/

しっかりとした使い心地で長毛種の子にも最適な獣毛ブラシ

やや硬めの使い心地なので長毛種の子のツヤ出しにもピッタリです。

しっかりとした獣毛ブラシを探している方にぜひおすすめ。

握りやすい木製ハンドルはナチュラルな手触りです。

つややかな被毛を作るために取り入れたい、注目したいブラシです。

本体サイズ-
本体重量460g
種類獣毛ブラシ
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさかため
対象年齢-
素材天然木、豚毛
適合種長毛種

No.4BIOGANCE獣毛ブラシ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

ちょっとユニークな形は飼い主さんのため!スタイリッシュなルックスも魅力的

高級なナッツの木から作られたハンドルは、人間工学に基づいたデザイン。

飼い主さんの「使いやすい」をしっかり重視しています。

ペット先進国でもあるフランス製の獣毛ブラシです。

デザイン性も機能性も兼ね備えた優秀なアイテムは、使うのも楽しくなります。

本体サイズ-
本体重量140g
種類獣毛ブラシ
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさ-
対象年齢-
素材ナッツの木、猪毛
適合種-

猫用スリッカーブラシのおすすめ一覧表

No商品商品名参考価格購入先本体サイズ本体重量種類毛・ピンの長さ毛先のやわらかさ対象年齢素材適合種
1岡野製作所
スリッカーブラシ武蔵PRO ソフトS

1,730円

S:横9cm×縦4.5cm90gスリッカーブラシ1cm--18-8ステンレス、木、天然ゴム全犬種、全猫種
2ペティオ(Petio)
ネココ 短毛種用 スリッカーブラシ 猫用

755円

幅3.8cm×奥行9cm×高さ14.4cm110gスリッカーブラシ1cm--ABS樹脂、EVA樹脂、天然ゴム、ステンレス短毛の猫種
3ペティオ(Petio)
プレシャンテ ソフトスリッカーブラシ 長毛犬・長毛猫用

559円

S:幅3.4cm×奥行8cm×高さ20.5cm/M:幅3.5cm×奥行10cm×高さ20.5cm/L:幅3.8cm×奥行15cm×高さ20.5cmS:370g/M:420g/L:630gスリッカーブラシ-やわらかめ-本体・ピン:ステンレス/柄:天然木長毛種
4SHOW TECH
SHOWTECHスリッカー レギュラー

3,630円

17cm×10.5cm-スリッカーブラシ2cm標準的-ハンドル:プラスチック、ピン:スチール、パッド部分:ゴム短毛~長毛種

猫用スリッカーブラシのおすすめ4選

No.1岡野製作所スリッカーブラシ武蔵PRO ソフトS

出典 :https://www.amazon.co.jp/

シンプルなデザインと機能でプロのトリマーさんにも使われる

木製ハンドルが握りやすく、しっかりとケアしたい時にピッタリです。

ピン先が細かく密集しているので毛玉などをスムーズにケアします。

ピンの根本は弾力のあるラバー素材。

使い勝手や機能性を重視した、プロにも愛用されるスリッカーブラシです。

本体サイズS:横9cm×縦4.5cm
本体重量90g
種類スリッカーブラシ
毛・ピンの長さ1cm
毛先のやわらかさ-
対象年齢-
素材18-8ステンレス、木、天然ゴム
適合種全犬種、全猫種

No.2ペティオ(Petio)ネココ 短毛種用 スリッカーブラシ 猫用

出典 :https://www.amazon.co.jp/

短毛種の子のために作られた、技ありの2段構造が優れもの

極細の2段構造になったピンでしっかりと毛をキャッチします。

ラバークッションと先が丸いピンで皮膚へのダメージを無くします。

短毛種の子の抜け毛も効率的に取り除きます。

換毛期対策にもおすすめの、魅力的なポイントたっぷりのブラシです。

本体サイズ幅3.8cm×奥行9cm×高さ14.4cm
本体重量110g
種類スリッカーブラシ
毛・ピンの長さ1cm
毛先のやわらかさ-
対象年齢-
素材ABS樹脂、EVA樹脂、天然ゴム、ステンレス
適合種短毛の猫種

No.3ペティオ(Petio)プレシャンテ ソフトスリッカーブラシ 長毛犬・長毛猫用

出典 :https://www.amazon.co.jp/

しっかりもつれ・毛玉対策をしたい長毛種の子にうれしいブラシ

長毛種の子にストレスなく使えるように考えられたスリッカーブラシです。

長めのピンが長毛種の子の毛をスムーズにときほぐしてくれます。

ラバークッションで弾力性があり優しい使い心地。

抜け毛もきちんと取ってくれるので、ぜひお手入れに使ってみてくださいね。

本体サイズS:幅3.4cm×奥行8cm×高さ20.5cm/M:幅3.5cm×奥行10cm×高さ20.5cm/L:幅3.8cm×奥行15cm×高さ20.5cm
本体重量S:370g/M:420g/L:630g
種類スリッカーブラシ
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさやわらかめ
対象年齢-
素材本体・ピン:ステンレス/柄:天然木
適合種長毛種

No.4SHOW TECHSHOWTECHスリッカー レギュラー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

カーブ構造で愛猫の体のラインにしっかりフィットしてくれる

ブラシ部分がカーブしているので、愛猫の体にきちんとフィットします。

細く密集したピンでもつれや毛玉を除去します。

ピン先のガードがないタイプなので、使い慣れている方におすすめ。

しっかりケアしたい方にもピッタリなスリッカーブラシです。

本体サイズ17cm×10.5cm
本体重量-
種類スリッカーブラシ
毛・ピンの長さ2cm
毛先のやわらかさ標準的
対象年齢-
素材ハンドル:プラスチック、ピン:スチール、パッド部分:ゴム
適合種短毛~長毛種

猫用スクラッチャーブラシのおすすめ一覧表

No商品商品名参考価格購入先本体サイズ本体重量種類毛・ピンの長さ毛先のやわらかさ対象年齢素材適合種
1スペクトラム・ブランズ
ファーミネーター 小型猫 S 短毛種用

3,509円

Sサイズ130gスクラッチャーブラシ5cm未満-全年齢ステンレス、ポリプロピレン、合成ゴム短毛の小型猫(体重4.5kg未満)
2スペクトラム・ブランズ
ファーミネーター 小型猫 S 長毛種用

3,361円

Sサイズ(幅55×高さ150×奥行65mm)130gスクラッチャーブラシ5cm以上-全年齢ステンレス、ポリプロピレン、合成ゴム長毛の小型猫(体重4.5kg未満)
3ドギーマン
イージープロ アンダーコート2WAYトリマー

1,500円

S:幅5.6cm×奥行14.8cm×高さ6cm/M:幅6cm×奥行14.8cm×高さ7.8cmS:83g/M:100gスクラッチャーブラシ--6ヶ月以上‎本体:ABS、合成ゴム/刃:ステンレス/刃カバー:PVC-

猫用スクラッチャーブラシのおすすめ3選

No.1スペクトラム・ブランズファーミネーター 小型猫 S 短毛種用

出典 :https://www.amazon.co.jp/

抜け毛がごっそり取れる、換毛期対策にピッタリな機能性抜群のブラシ

特殊なステンレス歯がしっかりと抜け毛等を取り除いてくれます。

取った毛はワンプッシュで捨てられるのがポイント。

人間工学に基づいたグリップで握りやすく疲れにくい点も魅力です。

皮膚も傷めにくいので安心して使うことのできるスクラッチャーブラシです。

本体サイズSサイズ
本体重量130g
種類スクラッチャーブラシ
毛・ピンの長さ5cm未満
毛先のやわらかさ-
対象年齢全年齢
素材ステンレス、ポリプロピレン、合成ゴム
適合種短毛の小型猫(体重4.5kg未満)

No.2スペクトラム・ブランズファーミネーター 小型猫 S 長毛種用

出典 :https://www.amazon.co.jp/

抜け毛対策をしたい長毛種の子のために作られた、ごっそり系ブラシ

抜け毛が多いことでなりやすくなる毛球症の対策にもピッタリです。

ステンレスの特殊な歯で抜け毛をキャッチして逃がしません。

肌も傷めにくいので安全面にもしっかり配慮されたブラシです。

機能面をとことん考えて作った、長毛種の子におすすめのスクラッチャーブラシです。

本体サイズSサイズ(幅55×高さ150×奥行65mm)
本体重量130g
種類スクラッチャーブラシ
毛・ピンの長さ5cm以上
毛先のやわらかさ-
対象年齢全年齢
素材ステンレス、ポリプロピレン、合成ゴム
適合種長毛の小型猫(体重4.5kg未満)

No.3ドギーマンイージープロ アンダーコート2WAYトリマー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

2WAYで使える、細部に使いたいときにも重宝するスクラッチャーブラシ

なでるだけで優しく抜け毛を処理してくれるブラシです。

柄が外れるので、細かい部分に使いたい時にも便利な設計です。

ラバーグリップで持ちやすく飼い主さんの使いやすさにも配慮。

かゆい所に手が届くようなデザインがうれしいブラシです。

本体サイズS:幅5.6cm×奥行14.8cm×高さ6cm/M:幅6cm×奥行14.8cm×高さ7.8cm
本体重量S:83g/M:100g
種類スクラッチャーブラシ
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさ-
対象年齢6ヶ月以上
素材‎本体:ABS、合成ゴム/刃:ステンレス/刃カバー:PVC
適合種-

猫用コームのおすすめ一覧表

No商品商品名参考価格購入先本体サイズ本体重量種類毛・ピンの長さ毛先のやわらかさ対象年齢素材適合種
1ペティオ(Petio)
ネココ 極細整毛コーム

680円

1.1×3.4×15.1cm22gコーム---ABS樹脂、エラストマー樹脂、ステンレス各種猫
2ペティオ(Petio)
プレシャンテ 粗め&細めコーム

918円

幅1.2cm×奥行16.9cm×高さ3.5cm350gコーム---本体:ABS樹脂、エラストマー樹脂/ピン:ステンレス短毛~長毛種
3ペティオ(Petio)
フリッシュ のみ取りコーム

1,250円

幅4cm×奥行15cm×高さ1cm26gコーム--全年齢ステンレス鋼、アクリロニトリルブタジエンスチレン短毛~長毛種
4岡野製作所
高級両目金櫛 小

1,412円

2.8cm×15cm50gコーム---カーボンスチール、クロームメッキ、ブラススチーム全犬種、全猫種

猫用コームのおすすめ4選

No.1ペティオ(Petio)ネココ 極細整毛コーム

出典 :https://www.amazon.co.jp/

先丸の極細ピンでしっかり毛並みを整えてくれる優秀ブラシ

ステンレス製の極細ピンで細い抜け毛もしっかりとキャッチします。

握りやすいデザインでストレスなくブラッシングができるのもポイント。

毛のもつれをほぐすのにも適しているので、幅広く使えます。

仕上げに毛並みを整えてあげるのにもおすすめです。

本体サイズ1.1×3.4×15.1cm
本体重量22g
種類コーム
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさ-
対象年齢-
素材ABS樹脂、エラストマー樹脂、ステンレス
適合種各種猫

No.2ペティオ(Petio)プレシャンテ 粗め&細めコーム

出典 :https://www.amazon.co.jp/

粗めと細め、2つが1つになって機能性もバッチリ

粗めのピンと細めと両方が1つになった機能的なコームです。

さりげなく高級感のあるデザインも、使うのが楽しくなりますね。

抗菌仕様のステンレスピンで衛生的に使うことができます。

仕上げをより美しくしてくれる2種類のピン先で、愛猫がますます可愛くなりますよ。

本体サイズ幅1.2cm×奥行16.9cm×高さ3.5cm
本体重量350g
種類コーム
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさ-
対象年齢-
素材本体:ABS樹脂、エラストマー樹脂/ピン:ステンレス
適合種短毛~長毛種

No.3ペティオ(Petio)フリッシュ のみ取りコーム

出典 :https://www.amazon.co.jp/

ノミをしっかりと梳き取ってくれるコーム。寄生虫対策にも

極細のピンでノミ取りにも効果を発揮してくれるコームです。

寄生虫が心配な時やケアしたい時、極細コームを探している方におすすめ。

ステンレス製のピンで水洗いすることが可能です。

しっかりお手入れがしたいときに便利なブラシです。チェックしておきましょう。

本体サイズ幅4cm×奥行15cm×高さ1cm
本体重量26g
種類コーム
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさ-
対象年齢全年齢
素材ステンレス鋼、アクリロニトリルブタジエンスチレン
適合種短毛~長毛種

No.4岡野製作所高級両目金櫛 小

出典 :https://www.amazon.co.jp/

シンプルな構造で衛生的に使えるコーム

シンプルな金属製のコームで使い勝手もしっかりとしています。

汚れたら水洗いもできるのでいつでも清潔に使用が可能です。

粗めと細めで使い分けて、毛玉ほぐしや仕上げにも。

1つは持っておきたいベーシックなコームでバッチリお手入れができます。

本体サイズ2.8cm×15cm
本体重量50g
種類コーム
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさ-
対象年齢-
素材カーボンスチール、クロームメッキ、ブラススチーム
適合種全犬種、全猫種

猫用グルーミンググローブのおすすめ一覧表

No商品商品名参考価格購入先本体サイズ本体重量種類毛・ピンの長さ毛先のやわらかさ対象年齢素材適合種
1ビューティーワールド
森のトンネル グルーミンググローブ

890円

22cm×18cm125gグルーミンググローブ-やわらかめ成犬、成猫手のひら側(シリコン部分):TPE/手の甲側(メッシュ生地):ポリエステル/手首のゴム部分:ポリエステル、合成ゴム/マジックテープ:ナイロン全犬種、各猫種
2DELAMU
ペットブラシ グローブ

1,119円

24cm×18cm-グルーミンググローブ-やわらかめ-‎シリコン、ポリエステル、メッシュ、マジックテープ全犬種、各猫種

猫用グルーミンググローブのおすすめ2選

No.1ビューティーワールド森のトンネル グルーミンググローブ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

優しく撫でてあげるだけで抜け毛をしっかりキャッチしてくれる

ブラシが苦手な愛猫にも気に入ってもらえるような、優しい使い心地です。

なでるだけでしっかりと抜け毛を取ることができるのもおすすめポイント。

取った毛はサッとはがすことができるのでお手入れも楽々です。

マッサージとブラッシングを一緒にしたい飼い主さんはぜひチェックしましょう。

本体サイズ22cm×18cm
本体重量125g
種類グルーミンググローブ
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさやわらかめ
対象年齢成犬、成猫
素材手のひら側(シリコン部分):TPE/手の甲側(メッシュ生地):ポリエステル/手首のゴム部分:ポリエステル、合成ゴム/マジックテープ:ナイロン
適合種全犬種、各猫種

No.2DELAMUペットブラシ グローブ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

弾力のあるシリコンブラシでマッサージも抜け毛とりも楽々

しっかりとした弾力のあるシリコンブラシで抜け毛をキャッチしてくれます。

マッサージをしながらブラッシングができるので一石二鳥ですね。

飼い主さんの使い心地も考えてメッシュ素材を採用し、通気性もしっかりと。

愛猫にも飼い主さんにも優しい構造がうれしい、使ってみたくなるグローブです。

本体サイズ24cm×18cm
本体重量-
種類グルーミンググローブ
毛・ピンの長さ-
毛先のやわらかさやわらかめ
対象年齢-
素材‎シリコン、ポリエステル、メッシュ、マジックテープ
適合種全犬種、各猫種

猫用ブラシ&コームの売れ筋ランキングはこちら

ご参考として、猫用ブラシ&コームの売れ筋ランキングをこちらからご確認いただけます。

Amazonの売れ筋ランキング

Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

猫用ブラシでブラッシングをする目安頻度

ブラッシングは日常的なお手入れですが、ではどのくらいの頻度で行うことを目安にしたら良いのでしょうか。

愛猫の毛の状態にもよるので一概には言えませんが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

いつでもふわふわ・ツヤツヤの毛並みでいられるように、ブラッシングのケアはこまめにしてあげたいものです。

長毛種は可能なら毎日、短毛種は週2~3回

長毛種の子はやはり被毛が絡まりやすく、また毛玉もできやすくなります。

毛のもつれや毛玉をそのままにしておくことは、汚れが溜まったり雑菌が増えたりして皮膚にも良くないので、可能なら毎日ケアしてあげましょう。

短毛種の子も週2~3回を目安にするのがおすすめです。

毛量にもよるので、多い場合はブラッシングの回数をもう少し増やすのも良いでしょう。

換毛期は毎日行うのが理想

季節の変わり目の換毛期には、抜け毛が多くなる子がほとんどです。

室内飼いをしているとあまり目立たない場合もありますが、普段よりは多くなるものです。

頻繁に毛玉を吐いてしまうことや、毛球症を避けるためにもこまめにブラッシングをしてあげる必要があります。

日頃からブラッシングしてあげていれば気付きやすいので、換毛期は特に気を配ってケアをするように心がけたいましょう。

猫用ブラシを使った短毛種のブラッシング方法

短毛種の子のブラッシングに使いたいブラシは「ラバーブラシorピンブラシ、コーム」がおすすめです。

ラバーブラシで大まかな抜け毛を除毛しておき、仕上げとしてコームで毛並みを整えてあげる、という手順です。

細かな手順もあわせて確認し、スムーズにかつ快適にブラッシングができるようにしましょう。

ステップ1. ラバーブラシで後頭部からお尻にかけてブラッシング

ラバーブラシは柔らかなシリコンゴムなどでできているので、愛猫にも負担をかけにくくなっています。

後頭部からお尻にかけて優しくブラッシングをはじめていきましょう。

抜け毛や汚れをしっかり取りたいからと言ってゴシゴシと強くするのではなく、優しく力を加えることもポイントです。

ステップ2. しっぽの付け根から先端に向かってブラッシング

次は尻尾の付け根から先端へ向かってブラシをかけていきましょう。

尻尾の短い子は当然ですが、無理に行う必要はありません。

愛猫の様子をよく観察しながら素早く丁寧にブラッシングすると良いですよ。

ステップ3. あごを持ち上げて首周りをブラッシング

あごを持ち上げて、首周りをブラッシングしていきます。

この部分は汚れていることも多いので見落としがないようによく確認しましょう。

ステップ4. 片足を持ち上げて脇の後ろから後ろ足をブラッシング

首周りが終わったら足をブラッシングします。

片足を持ち上げて脇の後ろ、そして後ろ足へと順にブラシをかけていきます。

あまり時間をかけていると嫌がってしまう子も多いので、手早く行うのもコツです。

ステップ5. 被毛全体をコームで優しくとかす

最後はコームで全身を優しく整えてあげましょう。

もし毛玉などが残っていたら強く引っ張ったりせずに優しく取り除きます。

仕上げにコームを使ってふわふわでツヤツヤの毛並みにしてあげましょう。

猫用ブラシを使った長毛種のブラッシング方法

長毛種の子のブラッシングに必要なブラシ類は「コーム、ピンブラシ、スリッカーブラシ」を参考にしましょう。

毛玉ができやすいので、コームやスリッカーブラシがあると良いですよ。

コームは最後に被毛を整えるのにも使えます。

ステップ1. 長毛種は絡まった毛や毛玉をコームでほどくのが先

長毛種の子は短毛種に比べて、毛が絡まったり毛玉ができることが多くなっています。

毛玉がある場合はコームで優しく梳かしてほどくことが先です。

まずは毛玉などを取り除いてからではないと、スムーズにブラッシングができません。

ステップ2. スリッカーブラシで後頭部からお尻にかけてブラッシング

毛のもつれなどを取り除くのに適しているスリッカーブラシを使って、後頭部からお尻にかけてブラッシングしていきます。

スリッカーブラシはピンが細いものが多いので、愛猫の皮膚を傷つけないように注意しましょう。

ステップ3. しっぽの付け根から先端に向かってブラッシング

次にしっぽの付け根から先端に向かってブラシをかけていきます。

長毛種の子はしっぽもふわふわした子が多く、他と同様に絡まりやすいので念入りに行いましょう。

ブラッシング中に大人しくできていても、尻尾だけは動いてしまうこともありますので、手で持ってあげるとやりやすくなります。

ステップ4. あごを持ち上げて首周りをブラッシング

次は首周りです。あごを持ち上げて首周りをブラッシングします。

あごは撫でられて嫌がる部分ではないので、ブラッシング自体もやりやすいはず。

食事などで汚れやすい部分でもあるので、しっかりチェックしてあげると良いですよ。

ステップ5. 片足を持ち上げて脇の後ろから後ろ足をブラッシング

首まわりの後は、足にブラシをかけていきます。

片足を持ち上げて脇の後ろからブラッシングすると良いですよ。

足回りもよく毛玉ができたりもつれができるので、注意を払いましょう。

ステップ6. 被毛全体をコームでとかす

最後はコームで全体を梳かします。優しく梳かしながら、仕上げていきましょう。

長毛種ならではのふわふわとした美しい毛並みを、ブラッシングでも作ってあげましょう。

コームでも除毛しきれなかった毛がとれるので、しっかり梳かしてあげてください

愛猫がブラッシングを嫌がる場合の対処法

ブラッシングが大好きな子もいる反面、苦手な子もいます。

なかなかブラッシングに慣れてくれない愛猫には、どんな対策をしたら良いでしょうか。

ただし、どうしても嫌がるときは無理強いをせずに、少しずつ慣れてもらうことを心がけておきましょう。

数秒~数分の短いブラッシングから慣らす

最初から長めに時間を取ってしまうと、ブラッシングが苦手な愛猫にとってますます嫌な時間になってしまいます。

最初はブラシに対する警戒心もありますので、ほんの数秒でもOKとしましょう。

徐々に時間を伸ばしていければ良いので、愛猫のペースに合わせることも大切です。

ラバーブラシやグルーミンググローブなど、ブラッシングが苦手な子に向いたブラシを使いつつ、ゆっくり慣れてもらいましょう。

触られて気持ちいいと感じる部分から始める

例えば背中や後頭部など、愛猫が触られて気持ちいいと感じるポイントからはじめるのもコツです。

撫でられると喜ぶ部分は、飼い主さんなら知っているのではないでしょうか。

まずはそこからブラシをあてていき、ブラッシングの時間を楽しく気持ち良い時間に変えてあげてください。

ブラッシングは嫌なことではなく、気持ちいいものと覚えてもらうために愛猫の「お気に入りポイント」からスタートするのが良いですよ。

ブラッシング後におやつを与える

良いイメージとブラッシングを結びつけることは、スムーズなブラッシングに繋がります。

「ブラッシングしたら良いことがある」と認識してもらうために、終了後におやつを与えるのもひとつの方法です。

ご褒美があると理解してくれるようになれば、スムーズにブラッシングさせてくれるようにもなるでしょう。

ブラッシングができたらしっかり褒めてあげておやつをあげる、という使い方が効果的です。

嫌がったら無理せず切り上げる

どうしても嫌がる場合には、無理強いをするのはやめましょう。「嫌なこと・怖いこと」と認識してしまう恐れがあります。

まずはブラシを見せて「安心なもの」と認識させるなど焦らず対応していきましょう。

また、極端に触られるのを嫌がる場合は、病気やケガの可能性も考えられます。

他に症状が出ていないか・普段の様子と違うところはないかなど確認して、早めに動物病院を受診するようにしましょう。

猫用ブラシのよくある質問

猫にブラシは必要不可欠なアイテム?

お迎え後、すぐに必要というわけではありませんが、一緒に暮らしていく上では用意してあげたいアイテムです。

長毛種の子であれば特に毎日のブラッシングが理想です。

短毛種であっても、ブラッシングを定期的に行っているといないとでは、全く違います。

また、猫には猫用のブラシを用意してあげる必要があります。人間用のものをそのまま使わないようにしましょう。

皮膚や被毛を傷めてしまう可能性もあるため、注意しましょう。

猫は毎日ブラッシングしたほうがいい?

長毛種の子や換毛期はブラッシングを毎日行うのが良いでしょう。

長毛種は毛玉やもつれができやすく、放置すると皮膚に悪影響を与えることがあります。

また抜け毛が多い時期は、グルーミングの際に飲み込むことで毛球症の危険性も高まります。

スリッカーブラシのソフトとハードの違いは何?

ブラシについているピンの硬さの違いです。

ハードタイプの方が毛のもつれや毛玉が取りやすいですが、ピン先が硬いので皮膚を痛める恐れも。

プロのトリマーさんなどはハードタイプをよく使いますが、不慣れな方はソフトタイプを使用するのがおすすめです。

この記事の執筆者

nademo編集部

執筆者情報

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

キャットフードのおすすめ


※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-猫のアイテム・グッズ
-