愛猫と泊まれる施設

箱根の愛猫と泊まれるおすすめ温泉宿4選!選び方や注意点を解説

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
箱根の愛猫と泊まれるおすすめ温泉宿4選!選び方や注意点を解説

猫は慣れ親しんだ環境を好み、脱走の危険性などもあるため、犬のように一緒にいける場所は限られています。

そのため多くの飼い主さんは愛猫と一緒に自宅でゆっくり過ごす、というのが日常的ではないでしょうか。

ですが、たまには一緒に違う景色を見て、違った時間を過ごしてみたいという気持ちもありますよね。

今回は関東からも行きやすく、温泉地としても人気の箱根で愛猫と一緒に泊まれる、温泉宿をまとめました!

この記事の結論

  • 箱根は東京からでもアクセスが非常に良く、自然豊かで愛猫とのプチ旅行に良い
  • 小田急ロマンスカーにはペット同乗が可能で、クレートに入ってもらい、乗車する
  • 犬用施設は多いものの、猫対応の施設はあまり多くない
  • 猫は外出が苦手な動物なので、無理に連れて行かず、ストレスを溜めないようにする

担当執筆者

nademo編集部

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

キャットフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

箱根の温泉宿の魅力

人気の温泉地であり、週末のちょっとしたお出かけとしても人気の高い箱根。

東京からでも小田急ロマンスカーを使えばたった75分と、遊びに行くのにも気軽に行ける場所です。

愛犬・愛猫と一緒に遊べる場所も多くなってきており、自然豊かな場所だからこその魅力もいっぱいあります。

ですが、愛犬と一緒に過ごせる施設は多くても、愛猫と一緒に過ごせる施設は多くありません。

ペット同伴OKとされていたとしても、「犬限定」とされていることも多いため、愛猫家の方は限られた空間で楽しむ必要が出てきますよね。

まずは一緒に泊まれる場所があるかどうか、泊まれたとしてどんな施設を利用できるのか。温泉宿の選び方からまずは見ていきましょう。

箱根の愛猫と泊まれる温泉宿の選び方

猫だけが泊まれる温泉宿は基本的になく、犬と一緒に泊まれる温泉宿では猫もOK、とされている施設を選ぶことになります。

箱根に限定すると猫同伴OKの温泉宿は多くないので、よく比べて選ぶと良いですよ。

猫同伴OKとされている場合であっても、原則として"ペット同伴でも可”としている温泉宿は多いです。

この場合、あくまでペット同伴可能な温泉宿という認識であって、ペット専用の温泉宿というわけではありませんので、マナーを守って楽しみましょう。

対応するサイズや猫種

犬の場合には超小型犬から大型犬まで区切られていることも多く、どこまでがOKとされているか判断に迷います。

その点、猫の場合にはサイズで区切られていることもあまりなく、宿自体は選びやすいでしょう。大きくなっても犬の大型犬ほど大きくなることはないので、制限されることも基本的にないと考えられます。

ただし、猫だけ同伴OKとされている温泉宿は基本的にありません。

犬同伴OKとされている温泉宿で、猫も同伴OKかどうか、きっちり確認しておきましょう。

愛猫も楽しめる設備かどうか

こちらも犬の場合には、ドッグランやシャワースペース、水飲み場やお散歩コースなどが用意されていることも。

その点、室内で過ごすことの多い猫には、こうしたサービスが基本的にありません。

また、猫の場合には室内で必ずケージを利用する、というルールになっている施設もあります。

犬以上にとても窮屈な空間となってしまうことがあるため、事前に確認しておきましょう。

食事スペースや利用できるサービス

温泉宿の魅力のひとつでもあるのが食事。愛猫と一緒に食事できるのか、気になるポイントです。

レストランに連れていくことは一般的に難しく、利用できるスペースも限られてきます。

また、愛猫用に食事を用意してくれるサービスはあるのか、持ち物の判断にも関わるポイントです。

事前に確認しておくことはもちろんのこと、万が一に備えて愛猫用の食事も持っていくのがおすすめです。

脱走などの安全面も重要

猫と一緒にお出かけすることが少ない理由のひとつが、脱走の危険性です。

家にいてもふと油断した隙に脱走してしまうことも多いため、一緒にお出かけすること自体が怖いですよね。

温泉宿自体は多くの施設が犬連れを前提にしているため、猫連れ用の特別なサービスはあまり行っていません。

そのため脱走対策のひとつとして、基本的にはケージを利用することが施設ルールとされていたりします。

臨時休業の可能性も確認が必要

ペット同伴OKとされている温泉宿自体、あまり多くありません。

そしてここ数年の情勢もあり、色々なところで紹介されている宿が臨時休業となっていたり、閉業している可能性もあります。

元々の数が少ない中で休業・閉業の可能性もあるので、予約が埋まりやすい宿もたくさん存在します。

犬以上に愛猫とのお出かけはハードルが高いということを理解した上で、宿選びをすると良いでしょう。

箱根の愛猫と泊まれるおすすめ温泉宿一覧表

No外観店名平均予算予約住所アクセス送迎駐車場部屋数対応犬種対応猫種朝食・夕食チェックインチェックアウト
1箱根強羅グアムドッグ本店

36,000円~

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1322-20早雲山駅より徒歩にて15分-4室全犬種OK全猫種OK15:00~~10:00
2箱根宮城野温泉 ドッグパレスリゾート箱根

15,400円~

神奈川県足柄下郡箱根町宮城野1355-1箱根登山鉄道強羅駅よりタクシーで20分-10室全犬種OK全猫種OK15:00~17:30~10:00
3Dog’s Rest Place(ドッグレストプレイス)

9,000円~

神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297-269小田原厚木道路 箱根口I.Cより車で約30分-8室全犬種OK全猫種OK15:00~~10:00
4CARO FORESTA 元箱根LUCIA

16,040円~

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根103-78箱根湯本駅から車で約30分--全犬種OK全猫種OK15:00~19:00~11:00

箱根の愛猫と泊まれるおすすめ温泉宿4選

No.1箱根強羅グアムドッグ本店

出典:https://www.jalan.net/

超豪華な箱根の温泉宿のひとつで、愛犬・愛猫のために様々なサービスを用意してくれている箱根強羅グアムドッグ。

とにかくサービスがハイクラスで、愛犬・愛猫も飼い主さんもストレスフリーな環境です。

箱根にペット同伴で遊びに行くならば、愛犬の場合でも愛猫の場合でも、まず候補にあがるでしょう。

出典:https://www.jalan.net/

ハイクラスな温泉宿ということもあって高級志向ですが、広さもサービスもばっちり。

箱根らしい温泉を満喫しつつ、愛猫とのゆったりとした時間を過ごすにはもってこいでしょう。

猫用としてはやや手持ち無沙汰かもしれませんが、一生に一度は利用してみたい施設です。

箱根強羅グアムドッグ本店

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1322-20 

平均予算
36,000円~
アクセス
早雲山駅より徒歩にて15分

おすすめポイント

屋内外ドッグラン

プロ仕様トリミングルーム

ドッグフォトスタジオ

犬用酸素カプセル

 その他店舗データ

送迎-
駐車場
部屋数4室
対応犬種全犬種OK
対応猫種全猫種OK
朝食・夕食
チェックイン15:00~
チェックアウト~10:00

No.2箱根宮城野温泉 ドッグパレスリゾート箱根

出典:https://dogpalace.sakura.ne.jp/

気軽にそれなりの温泉宿を、という人には箱根宮城野温泉 ドッグパレスリゾート箱根がおすすめ。

シンプルなサービスですが、必要なものはしっかり揃い、愛犬・愛猫も満足の温泉宿です。

落ち着いた空間でザ・温泉宿といったスタイルなので、アクティブに遊ぶよりも疲れを癒したい人におすすめです。

出典:https://dogpalace.sakura.ne.jp/

ラウンジにも遊ぶスペースがあり、フロントにはグッズ販売なども用意。

和洋どちらの部屋タイプも用意されており、落ち着いた空間でひとときを過ごすことができます。

近くにはお散歩コースもありますが、愛猫とのお出かけ時には十分注意してください。

箱根宮城野温泉 ドッグパレスリゾート箱根

神奈川県足柄下郡箱根町宮城野1355-1 

平均予算
15,400円~
アクセス
箱根登山鉄道強羅駅よりタクシーで20分

おすすめポイント

ドッグラン

お散歩コース

シャワーブース

 その他店舗データ

送迎-
駐車場
部屋数10室
対応犬種全犬種OK
対応猫種全猫種OK
朝食・夕食
チェックイン15:00~17:30
チェックアウト~10:00

No.3Dog’s Rest Place(ドッグレストプレイス)

出典:https://www.jalan.net/

3匹の看板犬が迎えてくれる、元保養所として運営されていたDog’s Rest Place。

オーナーこだわりの料理に天然温泉、閑静な別荘地で過ごすくつろぎのひとときです。

こぢんまりとした空間で愛猫との癒しのひとときを過ごしたい、という人におすすめです。

出典:https://www.jalan.net/

シャンプールームや室内ドッグランなど、愛犬も遊べるスペースをばっちり確保。

部屋数も多くないので、静かに過ごすことができる空間となっています。

部屋出し料理により、愛猫と同じタイミングで食事することができますよ。

Dog’s Rest Place(ドッグレストプレイス)

神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297-269 

平均予算
9,000円~
アクセス
小田原厚木道路 箱根口I.Cより車で約30分

おすすめポイント

天然温泉100%

室内ドッグラン

シャンプールーム

 その他店舗データ

送迎-
駐車場
部屋数8室
対応犬種全犬種OK
対応猫種全猫種OK
朝食・夕食
チェックイン15:00~
チェックアウト~10:00

No.4CARO FORESTA 元箱根LUCIA

出典:https://caro-foresta.com/lucia/

ペット同伴OKでレストランを訪れることもできる、CARO FORESTA 元箱根LUCIA。

ところどころにドッグフックやリードフックなど、愛犬・愛猫と一緒だからこその嬉しいポイントも。

24時間いつでも利用することができるという、温泉付きの温泉宿です。

出典:https://caro-foresta.com/lucia/

愛犬用とはなりますが、温泉やトリミング設備、室内ドッグランも併設されています。

お部屋はキラキラとした空間作りになっており、どちらかと言えばアクティブに動きたい人にもおすすめです。

愛犬・愛猫だけでなく、小動物などとも一緒に泊まることができますよ。

CARO FORESTA 元箱根LUCIA

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根103-78 

平均予算
16,040円~
アクセス
箱根湯本駅から車で約30分

おすすめポイント

ドックラン

24時間いつでも温泉利用可能

ドッグスパ

セルフトリミングルーム

 その他店舗データ

送迎-
駐車場
部屋数-
対応犬種全犬種OK
対応猫種全猫種OK
朝食・夕食
チェックイン15:00~19:00
チェックアウト~11:00

愛猫と温泉宿に泊まる際の注意点

自宅で過ごすのとは違い、公共の場を利用する以上は注意しなければいけないことがあります。

ペット同伴OKとされていても、事前にルールを確認しておくのがおすすめですよ。

温泉宿ごとにペット同伴の場合のルールが設定されていますので、宿泊先が決まったら確認しておきましょう。

宿のルールを守って気持ちよく利用する

ペット同伴OKとされている温泉宿でも、利用できるスペースやサービスは制限されていることがあります。

例えばレストランなど、人の食事スペースには連れていけない、といった制限があることも。

犬の場合はOKとされていても、猫の場合はNGとされていることもあるため、事前に確認しておきましょう。

ペット同伴可とは言っても、人間も利用する施設です。最低限のマナーやルールを守り、誰もが気持ちよく利用できるようにしたいですね。

脱走対策を必ず施す

愛猫と一緒にお出かけする以上は、最善の脱走対策を施しておかなければいけません。

どんなタイミングで何があるかはわかりません。事前に移動用のケージに慣れてもらい、ストレスを減らした状態で旅行するということが大事。

万が一のために迷子札をつけること、ワクチン接種をすることなど、最善の対策を施してお出かけしましょう。

事前にできる準備はしっかりと施した上で、より注意して脱走対策を行うことが愛猫とのお出かけ時には大切です。

トイレや爪とぎなどは必需品

ペット同伴OKの温泉宿は、犬や猫だけが利用する施設ではありません。当然、人も利用する施設となるため、トイレに関するマナーや粗相の処理も重要になります。

トイレに備えたアイテムを持っていくことはもちろん、猫の場合には爪とぎなども必需品です。

温泉宿を傷つけないよう、アメニティに頼るのではなく、必要最低限のアイテムを持っていくことは重要ですよ。

愛猫の体調を最優先する

「犬は人に付き、猫は家に付く」という言い習わしがあるように、猫は環境の変化に弱いです。

外出すること、移動することでストレスを感じてしまうため、無理なお泊りは避けるのがベター。

とはいえ、環境をそこまで重視しない子も当然います。

日々、愛猫とのコミュニケーションを取りつつ、遠出をする前にちょっとした距離から始めてみるのがおすすめ。

犬とは違ったこうした習性もあるので、その子に合ったお出かけプランにしましょう!

愛猫と泊まれる温泉宿のよくある質問

どんな猫種でも温泉宿に泊まれる?

「猫同伴OK」と記されている宿であれば、多くの場合はどんな猫種でもOKとされています。

犬の場合は超小型犬~大型犬と細かく区別されていることも多く、自分の子を当てはめて考えなければいけません。

温泉宿の全てのサービスを愛猫と一緒に利用できる?

猫の場合は脱走の危険性が高いため、犬以上に利用できるサービスを制限されることがあります。

特にレストランなど、人が食事するスペースは利用できる施設が少ないでしょう。

愛猫と一緒に温泉宿に泊まる際の必需品は?

移動に利用するケージはもちろん、食事やトイレアイテムは必須です。

脱走の危険性もあるため、迷子札やリード・ハーネスなども必ず持っておきましょう。

愛猫との旅行で注意すべきポイントは?

一番に気を付けたいのは、基本的に外出することがなく、犬のように呼んだら戻ってきてくれるわけではないため、脱走の危険性です。

必要以上に脱走対策を行いつつ、愛猫にとってストレスのない環境を作ってあげる必要があります。

また、緊急時に備えて首輪の装着や、動物病院が近くにあるかどうか、事前に確認しておくと良いでしょう。

この記事の執筆者

執筆者情報

nademo編集部

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

キャットフードのおすすめ


※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-愛猫と泊まれる施設
-