犬の飼育費・値段

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの値段相場とお迎え場所

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。

真っ白な毛並みが美しく、どこか気品を感じさせるような姿のホワイト・スイス・シェパード・ドッグ。優雅な姿がSNSなどでじわじわと人気を集めています。

そんなホワイト・スイス・シェパード・ドッグをお迎えしたいと思ったときに気になるのが、個体価格です。

いくらぐらいの価格帯なのか、お迎え場所によって値段が違う点や、値段を決定する基準についても詳しく解説します。

お迎えしたいと考えている方はぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

この記事の結論

  • ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの値段相場は30万円~40万円
  • シェパード・ドッグの中でも新種で、生息頭数が多くないため、やや値段は高い
  • 特徴的な価格変動要因があるわけではなく、全体的な個体価格が高めの設定
  • お迎えはペットショップよりもブリーダーが有力候補になる

担当執筆者

nademo編集部

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

ドッグフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

もくじ

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの値段相場は30万円~40万円

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグはペットショップなどで販売されることが少ないため、相場は他の犬種と比較してやや高めの場合があります。

極端に高額ということは少ないですが、30万円前後が一般的で、高いと50万円近くになることもあります。

流通量そのものが少ないことや、まだあまり認知度が高くないことも関係しますが、これから値段相場が変化する可能性のある犬種とも言えますね。

穏やかで愛情深い性格をしているので、今後どんどん人気が高まりそうな犬種でもあります。

現在はペットショップでお迎えするというよりは、ブリーダーからお迎えする経路が主流となっています。

希少な犬種なのでジャーマン・シェパード・ドッグより高い

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは「シェパード」としてよく知られるジャーマン・シェパード・ドッグとは区別された犬種です。

新しい犬種であるため知名度はもちろん、飼育頭数もジャーマン・シェパード・ドッグの方が上回っています。

ジャーマン・シェパード・ドッグは警察犬などでもお馴染みですね。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは歴史がまだ浅く、かつ流通量が少ないため希少な犬種です。

そのため、値段もジャーマン・シェパード・ドッグより高く設定されていることがほとんどです。

ブリーダーサイトでの値段を比較

みんなのブリーダー390,000円(税込)
ブリーダーナビ230,000円(税込)~380,000円(税込)
2024年2月時点

ペットショップでの掲載は基本的になく、ブリーダーサイトでの掲載のみが確認できました。

最新情報では、20万円から40万円という値幅になっており、その多くは約40万円が必要になるようです。

その他のお迎えとなると、海外からの輸入になってしまうため、手数料なども加算されてさらに費用がかかってしまいます。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの値段が決まる基準

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの値段を決める要素はいくつか存在します。

それぞれどんな点が値段に影響しているのか詳しくみていきましょう。

性別

男の子に比べて女の子の方が性格が穏やかであると考えられ、人気がある傾向にあります。

子どもを産ませたい、という理由からも女の子の需要が高くなっています。

そのため性別も値段に多少影響をすることがあります。

年齢

一般的にペットショップやブリーダーで販売されるのは生後3ヶ月~6ヶ月ほどの子犬です。

小さな頃から飼育したいという多くのニーズに応えるためですが、やはり月齢が上がるにつれ、値段が下がる傾向にあります。

小さなうちは値段が高く設定され、成長するにつれて下がってしまうということですね。

顔立ちや容姿

「ホワイト・スイス・シェパード・ドッグらしい」容姿や顔立ちであるか、ということも値段に影響します。

その犬種らしい特徴をしっかり備えているか、どれだけたくさん持っているかということがポイントになるのですね。

顔立ちが良い、容姿が優れている子は高値に設定されます。

毛色や毛質

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは白い被毛が特徴的ですが、毛ヅヤや毛質の良さも値段を決める要素のひとつになります。

毛色が美しい白色をしており、かつ毛ヅヤや毛質が優れている子は値段が相場より少し高めになることもあります。

血統

値段を決めるポイントとしてよく知られるのが血統です。

親がドッグコンテストのチャンピオン犬であるなどの場合、値段は数万円もしくはそれ以上プラスされることがあります。

場合によっては一般的な価格の2~3倍以上にもなるため、血統は値段を決定する上で大きな要素のひとつとなっています。

健康面

先天的、遺伝的な病気がある場合は、相場より低価格で販売されることがほとんどです。

その他にも健康面に心配な点がある子は値段が下げられることがあります。

健康であるかどうかも値段に少なからず影響してくる、と言うことですね。

お迎え場所(ペットショップ・ブリーダー・保護等)

ペットショップやブリーダーは、上記でみられたようなポイントに沿って値段を決定しています。

さらにそのショップ・ブリーダーごとに、オリジナルの基準を設けているところもあります。

これらが値段に反映されるため、購入先によっては値段にばらつきがみられるケースも存在します。

保護犬の費用については、ワクチン接種代などの実費のみや、譲渡費用が数万円というケースが一般的です。

お迎え前に知りたいホワイト・スイス・シェパード・ドッグの基本情報

真っ白な毛並みがエレガントなホワイト・スイス・シェパード・ドッグ。近年特に注目されることが増えてきています。

見た目は非常に凛々しいホワイト・スイス・シェパード・ドッグですが、臆病さや高い攻撃性を持ち合わせているわけではありません。

警戒心が高いので見知らぬ人に対してはよそよそしい態度をとることもあるでしょうが、小さい子どもに対しても友好的な性格です。

お迎えを考えている方は特に、以下の基本的な情報をチェックしてみてくださいね。

穏やかで優しい性格

忠誠心が強く懐きやすい

吠えづらい

活発で運動量も多い

 その他情報

原産国スイス
大きさ大型
平均寿命10歳~14歳
なりやすい病気股関節形成不全,関節炎,胃拡張胃捻転症候群,膵外分泌不全
参考価格25万円〜35万円

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色ホワイト

体高

男の子60cm~66cm
女の子55cm~61cm

体重

男の子30kg~40kg
女の子25kg~35kg

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの歴史

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは2011年に登録されたとても新しい犬種です。

その名前からもわかるようにスイスで生まれ、その美しい容姿で特にヨーロッパで人気となっています。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは、警察犬などで知られるジャーマン・シェパード・ドッグから生まれた犬種。

ジャーマン・シェパード・ドッグの中でたまにみられるホワイトカラーの子は、勇敢な性格で知られるジャーマン・シェパード・ドッグらしい容姿では無いとして正式に認められていませんでした。

そのため排除されていき、絶滅寸前にまでなってしまいます。

しかしその流れに反対するブリーダーの働きによって保護され、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグとして犬種登録されるまでになりました。

日本での知名度はこれからといったところですが、有名アニメ映画のキャラクターを彷彿とさせる優雅な容姿で注目を集め始めています。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグのサイズ

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの体のサイズや体重は以下の表を参考にしてください。

体高男の子:60cm~66cm
女の子:55cm~61cm
体重男の子:30kg~40kg
女の子:25kg~35kg

大型犬でもあるため、体は大きめ。基本的には上記の体高・体重が許容範囲内とされています。

女の子の方が男の子と比較して、やや小柄になる傾向があります。

しかし40kg近くになることを考えると、男女ともにしっかりとした体格であることがわかります。

筋肉質で立派な体つき・太い尻尾・ピンと立った耳を持っています。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの被毛・毛色

「ホワイト」の名前の通り他のカラーバリエーションは無く、ホワイトカラーのみです。

純白の被毛はふさふさとして柔らかさが感じられるダブルコート。

抜け毛があるため、毎日のブラッシングのお手入れは欠かせません。

特に換毛期は抜け毛が多くなるので、しっかりと行う必要があります。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの性格や習性

勇敢で賢いジャーマン・シェパード・ドッグと同じように考えられることがありますが、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは穏やかな性格の子が多いです。

またフレンドリーで優しく、飼い主さんにとても従順です。

家庭犬としてピッタリな性格と言われ、またジャーマン・シェパード・ドッグと同様に賢いため、トレーニングがしやすいという特徴もあります。

飼い主さんのことが大好きなあまり、他所の人に対して警戒心が出てしまうこともあるので、子犬の頃からのしつけをしっかりと行いましょう。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの平均寿命

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの平均寿命は約10歳~14歳です。大型犬として平均的な寿命であると言えます。

ただしホワイト・スイス・シェパード・ドッグに限ったことではありませんが、生活する環境やフードなどでペットの寿命は変化します。

健康的に、そして快適に過ごせるような環境づくりをすることが、長生きに繋がります。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグがかかりやすい病気

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)骨と筋肉のバランスが崩れ、股関節が変形してしまう遺伝性の病気。
関節炎(かんせつえん)骨と骨をつなぐ関節に炎症が生じて痛みや腫れをもたらす病気。
胃拡張捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん)胃の中にガスがたまることで胃がねじれてしまう病気。
膵外分泌不全(すいがいぶんぴふぜん)すい臓の機能が傷害を受けて消化不全の症状を起こす病気。

大型犬に多く見られる胃拡張捻転症候群などは命に関わることがある病気です。様子見はせずに異変を感じたらすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

また「普段の様子と違う」と感じられる場合も、早めに対応することが大切です。

普段から関節や骨の健康についても気を配りましょう。生活環境やフードなどを見直すことも良いですよ。

定期的な健康診断を受けるなどして、病気の早期発見・早期治療ができるようにしましょう。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグと暮らすための飼い方ポイント

では実際にホワイト・スイス・シェパード・ドッグを飼育する際のポイントをチェックしていきましょう。

快適にそして安全に過ごしてもらえるような環境づくりや、フードについてなど知っておきたいことをまとめています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

広い飼育スペースを確保しておく

大型犬であるホワイト・スイス・シェパード・ドッグ。やはりある程度、広いスペースは不可欠です。

しっかり体を休められる場所はもちろん、遊びに使えるようなスペースが確保できるかを確認しなければいけません。

遊びはコミュニケーションやストレス解消にも大切なことです。

体を動かすことが好きなホワイト・スイス・シェパード・ドッグのために、しっかりとスペースを用意してあげましょう。

室内でケガをしないように床にマットを敷く

出典:Amazon

フローリングなどの滑りやすい床材の場合は、ケガをする前に事前の対策が必要になります。

滑りやすい床は関節や骨に負担をかけてしまったり、転倒してケガを招いてしまうことも。

滑りにくいマットを、愛犬が生活する場所に敷いてあげましょう。

汚れた箇所だけを外して洗えたり、抗菌加工がされたものなどペット対策にぴったりなものを選ぶと良いですよ。

しつけは子犬期からしっかり行う

ジャーマン・シェパード・ドッグは警察犬として有名ですが、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグも同様の賢さを持っています。

性格は温和で家庭犬にとても向いていますが、頭がよくまた体も大きいため小さな頃からのしつけは欠かせません。

また、マテや呼び戻しなどのトレーニングがしっかりできていると、不要なトラブルを避けることができます。

大声を出したり叩いたりするような間違ったしつけではなく、楽しく学習できるようにしていきましょう。

ブラッシングは毎日、換毛期は入念に行う

出典:Amazon

オールホワイトの美しい被毛はホワイト・スイス・シェパード・ドッグの魅力のひとつです。

ダブルコートで抜け毛もあるため、毎日のブラッシングは欠かせません。

毛玉やもつれなどができないようにしっかりと行いましょう。

換毛期もあるので、その時期は特に念入りにブラッシングしてあげる必要があります。

ブラッシングは全身のチェックの時間でもあるので、様子を含めてきちんと観察してあげましょう。

シャンプーは月1回程度が目安

出典:Amazon

シャンプーは月1回程度を目安にし、シャンプーは必ず犬用のものを使います。

人間とは皮膚表面の状態が異なるので、人間用を使うと肌荒れを起こすことがあるためです。

自宅でどうしてもシャンプーをすることが難しい場合は、トリミングサロンなどを利用してプロにお願いすることも考えましょう。

ただし、体調不良時やワクチン接種後などの際は、体に負担もかかってしまうため避けておく必要があります。

暑い日は室内温度に気をつける

室内温度の目安は以下を参考にしてみましょう。

快適な室温23℃~26℃
快適な湿度50%前後

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグが多くの時間を過ごす室内の温度には、常に注意を払う必要があります。

特に暑さには弱い犬種であるためエアコンなどを使用して、快適な室温を保てるようにしなければなりません。

留守番をさせる際は特に注意しておく必要があります。

熱中症や脱水など、体調不良を起こしてしまわないように気をつけましょう。

散歩は1日2回、各1時間程度が目安

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの散歩時間や距離などは以下の表を目安にしてください。

目安回数1日2回
目安時間1回あたり1時間程度
目安距離2km~4km

しっかりとした筋肉質の体をもつホワイト・スイス・シェパード・ドッグは運動量の確保についても考えなければいけません。

体を動かすことが大好きなので、散歩は毎日しっかりと1日2時間以上行えるよう時間をとりましょう。

散歩は単なる運動ではなく、愛犬のストレスケアの時間ともいわれます。

たくさんコミュニケーションをとりながら、愛犬ホワイト・スイス・シェパード・ドッグと心を通わせる時間として大切にしましょう。

夏場は散歩する時間帯に気をつける

暑くなる時期は散歩をする時間帯に注意が必要です。

大型犬ではありますが、人間よりも地面に近いため、反射熱の影響を受けやすくなっています。暑くなった地面で火傷することも。

暑さが苦手なホワイト・スイス・シェパード・ドッグが熱中症などを起こしてしまわないためにも、比較的涼しい早朝や日が落ちてからの時間にするなどの対策をしましょう。

フードは年齢と目的に合わせたものを選ぶ

ドッグフードの種類と目的

愛犬ホワイト・スイス・シェパード・ドッグの健康を維持する上で大切なもののひとつが、毎日食べるフードです。

たくさんのカロリーを必要とする子犬期・大人になった成犬期・筋肉量などが落ちてくるシニア、それぞれの時期に合ったものを与えるようにしましょう。

総合栄養食をベースとし、含まれる栄養素やバランスをライフステージごとに選んでいく必要が出てきます。

何かしらの問題がある際には、獣医師に相談し、必要に応じて療法食を選ぶことにもなるでしょう。

健康に過ごすために適正な体型・体重を維持する

犬のボディコンディションスコア

健康に過ごすためには、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグにとって理想的な体型を維持することが重要です。

痩せすぎ・太りすぎ、どちらも健康的とは言えません。愛犬に合った運動量や食事量・食事内容をきちんと考えて、良い体型をキープして行くことがとても大切です。

特に肥満は関節や骨に負担をかけたり、その他の病気の原因にもなります。

BCS3となる理想的な体型を基準にし、日々の健康管理・体型維持もしっかりと行ってあげましょう。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグを迎える前の注意点

愛犬をお迎えする時はとてもうれしく、ワクワクするものですね。

そんな時は少々のことに気づかなかったりする場合がありますが、しっかり事前にチェックしておきたいポイントがいくつかあります。

特に、ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは大型犬です。

飼育スペースの確保など、自身や家族のライフスタイルをきちんと考えてからお迎えするようにしましょう。

愛犬をお迎えすることは命の責任が発生するということです。

安易にお迎えをすることなく、じっくりと考えてから家族になるようにしましょう。

健康状態を確認しておく

健康チェックについてのポイントは以下を参考にしてみましょう。

  • 皮膚や被毛は綺麗か
  • 口内や歯は綺麗か
  • 鼻は適度に湿っているか
  • 耳や耳の中は綺麗でニオイがしないか
  • 元気に体を動かしているか

先天的・遺伝的な病気についても事前に確認しておきたい点です。

ペットショップ・ブリーダーの飼育環境が適切でない場合、健康状態があまり良くないこともあるので注意しましょう。

上記の他にもさらに、お尻の状態(寄生虫がいないか)なども細かくチェックして、きちんと体調を確かめておくと良いでしょう。

性格を確認しておく

男の子に比べて女の子の方が穏やかである等と考えられていますが、個体差があるので一概には言えません。

ホワイト・スイス・シェパード・ドッグは一般的に優しく友好的で、飼い主さんによく懐くかわいらしい性格の子が多いとされます。

しかしお迎えしたい子がどんな性格なのか、よく観察してあらかじめ把握しておくようにしましょう。

自宅でのしつけや接し方の参考になります。

短時間ではなかなかわからないことも多いので、ショップやブリーダーに聞いておくこともおすすめです。

お迎え後のアフターフォローの有無を確認

特にホワイト・スイス・シェパード・ドッグを飼育するのが初めて、という方は購入先のアフターフォローについて確認しておきましょう。

一部のペットショップでは心配事などを話せる相談ダイヤルを設けていたり、動物病院を紹介してくれるなどのサービスがあります。

ブリーダーでも、飼育についてのアドバイスなどを電話やメール等で対応してくれる場合があります。

言葉を話せない愛犬との生活は何かと不安な点が出てくることもあるもの。

事前にアフターケアについての問い合わせもしておくと安心ですよ。

この記事の執筆者

執筆者情報

nademo編集部

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

ドッグフードのおすすめ


nademo編集部の日常

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-犬の飼育費・値段
-