nademo編集部の日常

【第4回】保護猫シェルターからルイをお迎えしたときに用意したもの

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
ルイ

愛猫のルイをお迎えしたときに準備したことや、感じたことについてお話します。

ルイの場合は保護猫シェルターの見学からお迎え当日まで1ヶ月ほど時間があったので、猫に必要な生活用品などを色々調べてからお迎えしました。

実際に準備するにあたって気をつけたことや、用意しておいて正解だったもの。

用意したけれど必要なかったものなどをご紹介します。

猫のお迎えを検討されている方、猫に興味のある方に参考にしていただければ幸いです。

担当執筆者

桐谷肇

桐谷 肇

編集部

2021年の12月に保護猫シェルターからキジトラの男の子をお迎えしました。
猫を飼うのが初めてで戸惑うこともありましたが、今では日常に欠かせない大切な存在になっています。
現在はnademo編集部でペットと過ごす上で大切な知識や情報をご紹介しています。

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

初めての猫のお迎えは、ネットや口コミを参考に

ルイ

お迎え当日は保護猫シェルターの方がルイを家まで運んできてくれる。とのことだったので、それまでにキャットタワーやケージ、猫用トイレなど、基本的な装備を整えておくことにしました。

初めて猫を飼うので、ペットグッズは何も持っておらず、ネットで口コミを参考にしながら商品を検索。

低いレビューなど隅々まで確認し、猫がケガをしないか、快適に過ごせそうかに注意して揃えました。

もともと2階の四畳半の部屋が物置になっていたので、そこを片付けて猫部屋にしようと計画。

お迎えの数日前には全てのアイテムが届くように手配して、前日に組み立てました。

また、猫をお迎えすると棚の上の物を落としたり、床に落ちているものを誤飲してしまう可能性があるので、リビングに飾ってある花瓶は落ちにくい場所に移動し、画びょうなどの危険なものは全てしまっておきました。

香水やアロマオイル、芳香剤などの香りも猫にとっては有毒なので、猫の手の届かないところに収納、あるいは処分し、猫が安全に過ごせる環境を整えました。

通年使えるものはもちろん、季節に応じたものも

ルイ

猫を飼う上では必須のものですが、キャットタワーやシステムトイレはお迎えした当日から使用しました。

ハンモック付きのキャットタワーにしたところ気に入ったようで、初日からハンモックの上で外の景色を眺めていたのが可愛かったですね。

冬にお迎えしたので、ハンモック以外にも猫用ベッドや小さめのキャットハウスなど、暖かくてくつろげる場所を用意してあげられたのは良かったかなと思います。

キャットハウスはプチプライスの安価なものですが、子猫が安心できる自分用のスペースとして最適でした。

お迎え後、数日はキャットハウスにこもってなかなか出てきてくれなかったので、ちゅ~るを使って交流を図ったりなど、ゆっくりと信頼関係を築いていきました。

お迎えしてみなければわからない!体のサイズとアイテムのサイズ

ケージはもう少し小さめのものでも良かったかも?

ルイ

猫がゆっくりできる場所を用意しようと思ったので高さが1m50cm位ある、しっかりめのケージを購入しましたが、ケージ自体はあまり利用しませんでした。

ケージの中には入らず、上の屋上部分を寝床にくつろいでいるくらい。

家具などで上下運動ができるご家庭や、猫がのびのびできるスペースがある場合はもう少し小さめのサイズでも良いかもしれません。

お迎え前に猫のおもちゃを購入したものの...。

お迎え前におもちゃをたくさん購入する方は少ないかもしれませんが(笑)。

前もって用意しておいたおもちゃにはあまり興味を示してくれませんでした。

子猫は好奇心が強いので、何にでも興味を示すかと思っていたのですが、猫にも好みのおもちゃがあるらしく、ルイの場合は虫がくっついているタイプのおもちゃには反応しませんでした。

5個セットで購入したのですが、4個はいまだに手つかずでしまってあります。

ルイはヒモや釣り竿タイプのおもちゃが好きなようで、新しいおもちゃを飼うと成猫になった今でもジャンプしたり、興奮して駆け回ったりして遊んでくれます。

猫によって好みが違うので、お迎えして様子を見ながら新しいものを買い足してあげると良いでしょう。

今でも使うものは多く、事前の準備が大事だと実感

ルイ

第1回目でお話したのですが、以前、猫カフェで譲渡を断られた経験があったので、ルイを引き取る際は準備を万全にしてお迎えしました。

保護猫シェルターの方も、ここまで準備してくれたなら心配いらないと言ってくださったので、しっかり準備しておいて良かったと思います。

お迎えの準備で特に大変だったのは、キャットタワーやケージの組み立てでした。

それぞれが一人で組み立てるようには設計されていなかったので、手前側をハメれば奥が抜けるといったように組み立てるのが難しく、なかなか作業が進みませんでした。

可能であれば、あらかじめ家族や友人に協力を仰いでおいた方が良いかもしれません。

初めて猫を飼うため不安はたくさんありましたが、準備が終わったお迎え前日にはワクワクした気持ちで一杯だったのを覚えています。

ルイを飼い始めて2年経った今でも同じキャットタワーとケージ、トイレを使用しているので、最初からしっかりと準備を整えておくと安心かもしれません。

この記事の執筆者

執筆者情報

桐谷肇

桐谷 肇

編集部

2021年の12月に保護猫シェルターからキジトラの男の子をお迎えしました。
猫を飼うのが初めてで戸惑うこともありましたが、今では日常に欠かせない大切な存在になっています。


nademo編集部の日常

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-nademo編集部の日常
-