nademo編集部の日常

【第3回】ちょび髭猫が好きな色は何色?

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
【第3回】ちょび髭猫が好きな色は何色?

見る物触れる物全てに興味をもった幼猫時代から、成長したギア君。

自分の世界を広げながら、一生懸命生きている中で、個性もでてきました。

ギア君の個性は、こだわり。

ニヒルな雄を目指すギア君は、独自のこだわりを探して、今日も走り回っています。

探究心が人一倍ならぬ猫一倍強いギア君は、飼い主も驚かせてくれます。

そんなギア君が次に見せてくれた個性は色。

新しいこだわりは色の選択でした。

執筆・監修

行灯

行灯

ライター、愛玩動物飼養管理士、トリマー、グルーマー、 ベテリナリーテクニシャンズ

原生生物から哺乳類まで全てが先生であり、その魅力に魅了されて幾星霜。
地元の動物園や水族館に観察しに行ったり、遠方の生物イベントまで足を運んだりしています。

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

ちょび髭猫の好きな色は……

ニヒルな雄を目指している(かもしれない)ギア君は、どうやら色にこだわりがあるようでした。

そんな彼が好きな色は「白と緑」です。

とくに白がお好みのようで、玄関マット(白)の上が定番の場所に。

また滑り止め防止も兼ねて、緑のマットも敷いたところ、とてもご満悦に自分のテリトリー認定しました。

おかげで近くを通る時は、ギア君に挨拶が必要です。

一撫でしてからでないと、トイレにもいけません。普通に行かせてください(切実)

先住猫はブラウン系が好みだった傾向があるので、猫によって好みがありそうなのが興味深いです。

しかし、そろそろ玄関マットがボロくなってきました。

買い替えたいのですが、どうしましょうね。

ちょび髭猫にはどう見える?

白と緑が好きなギア君ですが、猫用品はブラウン系統やグレー系統の方が多いです。

わが家にも、ブラウン系の猫用品や青系のクッションがいくつかありますが、ギア君が選んだのは白または緑。

ギア君の目にはどの様に見えているのでしょうか。

人間が3色型色覚に対して、猫は2色型色覚。

赤色は緑のような色に見えており、人間の赤色色盲に近いと言われています。

白や緑が好きなのは、猫の目から見える定番色であり、外猫だったことも考えると、ギア君が落ち着く色なのかもしれません。

真意は不明ですが、一つはっきり言えることは、猫用品の色が選びやすくなった、ということです。

ちょび髭猫の優先順位

幼猫時から思ってもいなかったこだわりを見せるギア君ですが、やはり狭い場所が好きなのでしょう。

猫トンネルや猫テントはブラウン系統でも利用します。

色々見ていると、ギア君の中で優先順位付けがされているようです。

狭い場所&だだっ広い場所>色>質感

最初の段階で矛盾を感じなくもないですが、何かしらのこだわりがあるのでしょう。

猫トンネルはお気に入りのようで、中でお昼寝するのにも丁度良さそうでした。

ただし、人間にはよくわからない寝相で寝ているらしく、足だけ穴から出ていたりもします。

液体であり固体である猫の本領を発揮しているギア君ですが、そろそろ試練の時です。

次回は「さようなら にゃん玉」です。

この記事の執筆者

執筆・監修者の情報

行灯

行灯

ライター、愛玩動物飼養管理士、トリマー、グルーマー、 ベテリナリーテクニシャンズ

原生生物から哺乳類まで全てが先生であり、その魅力に魅了されて幾星霜。
地元の動物園や水族館に観察しに行ったり、遠方の生物イベントまで足を運んだりしています。
現在は、保護猫と拾い猫の下僕。毎日布団の奪い合いをしています。


nademo編集部の日常

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-nademo編集部の日常
-