犬のアイテム・グッズ

犬用シャンプーのおすすめ24選!お風呂の頻度や入れ方も解説

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
犬用シャンプーのおすすめ!お風呂の頻度や入れ方も解説

愛犬のシャンプーは月に1回~2回程度が目安。過剰にシャンプーしすぎると被毛や皮膚を傷めますし、長い間シャンプーしないと体臭が強くなります。

お散歩や外出の際に付着したホコリや汚れ、虫や雑菌などを取り除かないと、皮膚病や感染症の原因にもなってしまいます。

なぜブラッシングだけではダメ?愛犬に適したシャンプーは?上手なシャンプーのやり方って?…など、愛犬と飼い主さんにすぐ役立つ情報をお届けします。 

この記事の結論

  • 犬のシャンプー頻度は月1回~2回が目安で、少なすぎても多すぎても良くない
  • 人間の皮膚と犬の皮膚は薄さもpHも異なるので、人間用のシャンプーを愛犬に使うのはNG
  • 犬には体臭を放つアポクリン腺が全身にあり、雑菌なども繁殖しやすいため、シャンプーが必要
  • 皮膚疾患は犬がなりやすい病気のトップランクで、愛犬の体質に合ったシャンプー選びが大切
  • 犬のシャンプー方法は、シャンプー前のブラッシングや二度洗いが基本

nademo編集部

担当執筆者

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

ドッグフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

目次

人間用とは異なる犬用シャンプー

dogshampo_002

スキンケアの広告などで、よく「肌のpH(ペーハー)を守ることが大切」というフレーズを見聞きしたことがあるでしょう。

pHの数値が低いものは酸性、高いものはアルカリ性で、人間の皮膚はpH5.0~pH6.5の弱酸性です。

これに対して、犬の皮膚はpH6.2~pH8.6の中性~弱アルカリ性ですので、人間と同じシャンプーやボディシャンプーは犬の肌に合わないということになります。

そして、意外なことですが、犬の皮膚は被毛に覆われているため薄く、人間の皮膚の約1/3ほどの厚さしかないとされ、とてもデリケート。

また、人間の皮膚が新しく生まれ変わるサイクルは約28日とされていますが、犬は約20日周期と言われています。

つまり、人間とは異なる肌を持つため、犬には犬のシャンプー選びが必要ということになります。

犬のシャンプーの必要性

ドッグランやお散歩に出かけて、芝生を転がったり泥や砂の中を駆け回ったり…。楽しそうで可愛いと目を細めつつも、「帰ったらシャンプーしなきゃ!」なんてこともあるでしょう。

中にはシャンプーやお風呂が大好きな愛犬もいますが、飼い主さんが準備を始めただけで逃げ出す子もいます。特に大型犬の場合はひと苦労ですね。

覚悟してはいたものの、「なぜこんなにしょっちゅうシャンプーしなきゃいけないの?」と、ぼやきたくなることも。

では、まずは愛犬たちにシャンプーが必要な理由からご説明いたしましょう。

皮膚や被毛の健康維持

なぜ愛犬にはブラッシングだけでなく、シャンプーも必要なのでしょう?その理由は、肌表面に汗を分泌する汗腺にあります。

汗腺には2種類あり、ひとつは体温調節のため水分を多く含む「エクリン腺」で、人間は全身にありますが、犬は肉球にあるのみです。

逆にもうひとつの汗腺、フェロモンに似た役割をする「アポクリン腺」は、人間は脇の下や陰部に存在しますが、犬は全身に分布しています。

アポクリン腺からの汗は脂質、糖質、タンパク質を多く含み、時間が経つと酸化し雑菌が繁殖して、ワキガのような強い体臭を犬の全身から発します。

酸化した汗は皮膚を傷め、細菌やウイルスが繁殖すれば皮膚病の原因となり、またそれを舐めることで愛犬が感染症や内臓疾患を起こさないとも限りません。

皮膚のコンディションが悪化すれば、美しく健康的な毛艶や毛並みも失われてしまいます。

愛犬の健康を守るためにも、定期的なシャンプーが必要なのです。

シャンプーをしないと皮膚トラブルを引き起こす

長い間シャンプーしないと余分な皮脂や古い角質が皮膚表面に蓄積し、痒みの原因となり、愛犬が掻きむしって皮膚疾患を招くことにもなりかねません。

ペット保険のアニコム損保株式会社を傘下に抱えるアニコムグループ「家庭どうぶつ白書 2022」によると、犬の保険請求割合は皮膚疾患(25.6%)がトップ。

愛犬に特に多いのが、以下のような皮膚病です。

膿皮症(のうひしょう)黄色ブドウ球菌などが異常に増殖することで発症
ノミアレルギー性皮膚炎ノミが寄生することで発症
アトピー性皮膚炎花粉、ハウスダスト、ダニなどが原因となって発症
マラセチア皮膚炎真菌(カビ)の一種であるマラセチアが異常に増殖することで発症
皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)真菌(カビ)の一種である糸状菌が皮膚の中に侵入して増殖し炎症を起こすことで発症

最近、特に問題となっているマダニは犬から人へ移ることも多く、最悪の場合、死に至ることもある恐ろしい害虫です。

愛犬の体にマダニが付いているのを発見したら、引っ張って取ろうとすると皮膚にダニの口が残り、かえって悪化する可能性があるので、すぐ動物病院へ!

子犬と成犬別のシャンプー目安頻度

犬の皮膚は人間の約1/3ほどの薄さで、とてもデリケートです。毎日シャンプーすると、皮膚表面の皮脂なども除去し、バリア機能が低下してしまいます。

外遊びなどでよほど汚れた場合はすぐシャンプーしたほうが良いですが、定期的なシャンプーは子犬も成犬も月1回~2回が目安です。

ただし、子犬の場合は10分程度で終わらせましょう。シャンプーデビューは3回の混合ワクチンを接種し、最後の接種日から2週間経過後が目安です。

子犬生後3~4ヶ月以降、月1~2回
成犬月1~2回

老犬はシャンプーで体力を消耗しない程度に、2ヶ月に1回ぐらいを目安にすると良いでしょう。

体調が優れない日は無理強いしてはいけません。下半身の弱ってきた高齢犬が足を滑らせないよう、バスルームにはマットを敷くなどの配慮も必要です。

犬用シャンプーの選び方

今や多種多様の犬用シャンプー剤が市場に溢れていて、どれをチョイスしたらいいか迷ってしまいますよね。

長毛用・短毛用、犬種別、皮膚や被毛の悩みに対応したもの、ニオイが気にならないもの…愛犬の種類や体質、目的に合わせて選べるようになっています。

愛犬が喜んでシャンプーしてくれることはもちろん、飼い主さんが使いやすいものを選択しましょう。

よくあるシャンプーの特徴やこだわり別に、選ぶ基準をピックアップしてみました。

低刺激・オーガニックのもの

肌が刺激に敏感ですぐ痒みが出る子や、被毛がパサつきやすい子には、低刺激性やオーガニックのシャンプー剤を選んであげると良いでしょう。

低刺激性と謳っているドッグシャンプーのほとんどが、アミノ酸系の洗浄成分を用いています。

なぜなら、犬の皮膚や被毛はケラチンというタンパク質からできていて、ケラチンの主成分はアミノ酸だからです。

オーガニックシャンプーは肌を刺激する石油系洗浄剤などは使用せず、化学肥料や農薬を用いない有機農法による植物成分を多く含むものとなっています。

香料や着色料が少ない、もしくは未使用

自然界には存在せず、化学反応により合成された配合物質のことを合成添加物と言います。中には、発がん性が指摘されているものもあります。

シャンプーに用いられる合成添加物としては、合成界面活性剤、合成香料、合成着色料、防腐剤などが挙げられます。

シャンプー後の体を愛犬が舐める可能性を考えると、合成添加物の使用は極力控えたもの、できれば無添加のものを選びたいですね。

犬用シャンプー剤にペットフード安全法のような規制はありませんが、一般社団法人日本ペット用品工業会がガイドラインを定めています。

愛犬の体質や悩みに合わせる

ペット保険専門のアニコム損害保険株式会社などを傘下に抱えるアニコムグループ「家庭どうぶつ白書 2023」によると、皮膚疾患は犬に多い病気の第2位。

第1位の消化器疾患が25.1%、皮膚疾患が24.9%と僅差で、「家庭どうぶつ白書 2022」では皮膚疾患が第1位でした。

それだけ愛犬と飼い主さんにとって、皮膚・被毛のトラブルや悩みは多いということです。

そうしたトラブル予防や悩みを解決する目的に対応して、シャンプーは以下のような3つのカテゴリーに分けられます。

美容シャンプー毛並みや被毛に艶を出す
薬用シャンプー皮膚トラブルに対応
ドライシャンプー水を使わずに体を洗える

愛犬の体調や皮膚・被毛のコンディションに合わせて、悩みに応えてくれるシャンプー剤を選びましょう。

美容シャンプー

出典:Amazon

デリケートな愛犬の皮膚の乾燥を防ぐ保湿成分や、フワフワ、サラサラの毛並みに仕上げるトリートメント成分などが配合されています。

愛犬の皮膚や被毛の汚れを落として清潔に保つだけでなく、毛艶を出し、きれいな毛並みに整える効果が期待できます。

トリマーさんが使うプロ仕様シャンプーをサロンで販売している場合もあるので、愛犬がお気に入りのようなら行きつけのサロンで購入してみては。

薬用シャンプー

出典:Amazon

動物用医薬品と同様に農林水産省の審査を受けて承認を得て、 効果・効能が認められた成分を配合したものは「動物用医薬部外品」と言います。

動物用医薬品は治療のために用いられますが、動物用医薬部外品は主に予防に用いられ、動物用医薬部外品のシャンプーは薬用シャンプーとも呼ばれます。

肌が敏感でよくかゆがる、アトピー性皮膚炎があるといった子に適していますが、使用に際しては必ずかかりつけの獣医師に相談してからにしましょう。

ドライシャンプー

出典:Amazon

老犬で体力が衰えていたり、療養中で寝たきりだったりすると、浴室や庭先でシャンプーしてあげることができません。

そんなときは、ドライシャンプーがあると便利。水を使わずに洗えるので、水を嫌ったり怖がったりする子にも向いています。

泡タイプ、ミストタイプ、シートタイプ、パウダータイプなどがあり、洗い流さずタオルなどで拭き取って仕上げます。

被毛の長さに合わせる

短毛種と長毛種では毛の生え方、毛並み、毛質・毛量、毛の生え変わりのサイクルなどが異なります。

また、短毛種か長毛種かによって、起こしやすい皮膚や被毛のトラブルも違ってきます。

被毛の長さによって選べるシャンプー剤もいろいろ市販されていますので、愛犬に合ったものを選んであげましょう。

短毛用

長い毛に守られている長毛種に比べて、短毛種のほうが皮膚トラブルを起こしやすい傾向があります。

皮膚への刺激が少なく、保湿成分や肌を保護する成分が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

市販されているシャンプー剤には、「短毛用」「ショート用」などと表示されています。

また、シングルコートの子は風邪を引きやすいので、手早くヘアドライを。ダブルコートの子は抜け毛が多いので、シャンプー前のブラッシングを丁寧に。

長毛用

長毛種は毛がからみやすいため毛玉ができやすく、抜け毛も多いので、できれば月に2回、換毛期は週に1回のシャンプーを目安にしたいところです。

長い毛をなめらかに整え、絡みにくくするトリートメント成分配合のシャンプーがおすすめ。シリーズでリンスをラインナップしているブランドもあります。

特にダブルコートの長毛犬はシャンプー後の毛が乾きにくく、皮膚が蒸れやすいので、丁寧にタオルドライやドライヤーを当ててあげましょう。

香りがきつすぎないもの

犬の嗅覚は人間の3,000倍~1万倍と言われ、香りには敏感です。シャンプー剤はできれば無香料か微香性のものを選びましょう。

また、犬が好む香りと苦手な香りも人間とは異なります。好きな香りは生肉、生魚、チーズやバター、そして、何と言ってもNo.1は飼い主さんのニオイ!

逆に、私たち人間にとって良い香りのオレンジやレモンなどの柑橘類、香水や香辛料は、愛犬たちは大の苦手です。

精油(エッセンシャルオイル)も、以下についてはアロマセラピストの間で犬への使用は禁忌や要配慮とされています。

  • アニス
  • ウィンターグリーン
  • オレガノ
  • カッシア
  • カラムス
  • カンファー
  • クローブ
  • サンタりナ
  • シトロネラ
  • ジュニパー
  • タンジー
  • バーチ
  • ヒソップ
  • ビターアーモンド
  • ペニーロイヤル
  • ボルドー
  • ホワイトタイム
  • マグワート
  • マスタード
  • ヤロー
  • ルー

使用頻度に合わせた内容量

シャンプーの使用量は使用頻度、汚れの程度、被毛の長さ、体の大きさによって異なります。ボトルやパッケージの目安を参考にしましょう。

シャンプー剤もペットフードと同様に、口を切って空気に触れることで酸化し、次第に品質が劣化します。

メーカーによっては1年や3年という使用期限を示しているところもありますが、できれば開封後は半年以内を目安に使い切れる量を選びましょう。

泡立ち・泡切れの良さ

少量でよく泡立つシャンプーはコスパが良いだけでなく、空気を含んだ泡がクッションになって、愛犬の皮膚や被毛を傷めにくいというメリットもあります。

また、流し切れなかったシャンプー剤が愛犬の皮膚や被毛に残っていると、皮膚トラブルの原因になる可能性が。

泡切れの良さは素早く洗い流せて愛犬の肌に負担をかけず、ストレスにもなりにくく、時短で洗い流しできるので水道代の節約にもなるというものです。

全成分が表示されているもの

人間のシャンプーは化粧品に含まれ、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)で成分表示が義務づけられています。

ところが、犬用シャンプーには、配合成分やその使用目的などの表示義務を定める法的な規制がありません。

愛犬は我が子も同然ですから、どのような成分がどの程度使われていて、安全性がどうなのか知りたいですよね。

そこで、そんな飼い主さんの思いに応えるべく、自主的に全成分表示を実施するペット用シャンプーのメーカーが増えています。

パッケージや公式HPで全成分表示を行うメーカーは、それだけ自社製品の配合成分に自信を持っている表れと見て良いでしょう。

人間用のシャンプーは使わない

人間の皮膚はpH5.0~pH6.5の弱酸性なのに対して、犬の皮膚はpH6.2~pH8.6の中性~弱アルカリ性。

しかも、被毛に覆われている犬の皮膚は人間の約1/3の厚さしかなく、とてもデリケートです。

日頃、飼い主さんが使っているシャンプーやボディシャンプーは犬には洗浄力が強すぎて、愛犬の皮膚を傷めてしまうことにもなりかねません。

また、犬用シャンプーは、愛犬の皮膚や被毛のバリア役である皮脂を取り除き過ぎないよう配慮し、調合されています。

人間用のシャンプーを安易に愛犬に使用すると、皮膚病や被毛トラブルの原因になってしまうこともあるのでやめましょう。

犬用シャンプーのおすすめ一覧表

No商品商品名参考価格購入先内容量原産国対象年齢原材料・成分適合種香り形状機能性用途
1A.P.D.C.
ティーツリーシャンプー

2,280円

500mlオーストラリア-ティーツリーオイル、紅藻エキス、ヒアルロン酸ナトリウム、ユーカリオイル、ローズマリーオイル、ラベンダーオイル、アロエベラジェル、シトロネラオイル、コカミドプロピルベタイン、香料、保存料 など全犬種天然ハーブ液体-消臭
2フジタ製薬
薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー

2,029円

200ml日本子犬~成犬、子猫~成猫酢酸クロルヘキシジン全犬種、全猫種-液体--
3ペトラボ
ペット用高機能オーガニックシャンプー

1,980円

300ml日本全年齢‎水、洗浄成分アロエベラ液汁、ソメイヨシノ葉エキス、チャ葉エキス、カキタンニン、グリチルリチン酸ジカリウム カツミレ花エキス、セージ葉エキス 、ツボクサエキス、ローズマリー葉エキス、トウセンカ花エキス全犬種、全猫種-液体低刺激、お手入れ簡単、オーガニック、消臭、抗菌、ノミ・ダニフリー毛玉、毛
4キリカン洋行
ノルバサンシャンプー 0.5

1,995円

200mlアメリカ全年齢クロルヘキシジン酢酸塩全犬種、全猫種-液体-‎消毒
5PAL&I(パルアイ)
ペットシャンプー for dogs

1,683円

300ml日本-水、セージ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ボタンエキス、アルテア根エキス、フユボダイジュ花エキス、アルニカ花エキス、ラベンダー油、オレンジ果皮油、レモン果皮油、パチョリ油、ローマカミツレ花油、コウスイガヤ油、ニオイテンジクアオイ油、グリチルリチン酸2K、アルギニン、コカミドプロピルベタイン、ラウラミノプロピオン酸Na、ラウレス-4カルボン酸Na、コカミドDEA、ポリクオタニウム-7、エチドロン酸、安息香酸Na、BG、香料全犬種カモミール&ラベンダー液体--
6ゾイック(ZOIC)
ゾイックN ホワイトニングシャンプー

1,566円

300ml日本-サルビアエキス、天然アミノ酸系活性剤、ヤシ油由来成分、ヒアルロン酸、コラーゲン、緑茶エキス全犬種、全猫種サルビアの花の香り液体--
7わんちゃんライフ
La Natule for dog

1,680円

300ml日本全年齢‎水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、コカミドメチルMEA、DPG、BG、カキタンニン、シロキクラゲ多糖体、ポリクオタニウム-10、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、セラミドEOP、セージ油、乳酸Na、コレステロール、チャ葉エキス、カルボマー、キサンタンガム、ポリソルベート20、ラウリン酸ポリグリセリル-10、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ラウロイルラクチレートNa、エタノール、クエン酸、ペンテト酸5Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、ティーツリー葉油、ローズマリー葉油全犬種、全猫種ティーツリー液体アレルギーフリー皮膚, 毛
8ゾイック(ZOIC)
ゾイック N パピドール シャンプー

1,566円

300ml日本-天然アミノ酸成分のシャンプーペース(弱酸性)、カチオン化コンデショニング成分配合 、西洋系ハーブエキス配合 、緑茶エキス(ニオイ吸着成分)配合 、UVカット成分、保湿成分子犬・子猫、皮膚の弱い成犬・成猫やさしいグリーンフローラルの香り液体--
9ニチドウ
ミラクル ゼネラルシャンプー

1,323円

400ml日本全年齢-全犬種若草の香り液体アレルギーフリー-
10mofuwa
ペット用入浴シャンプー

3,410円

600ml日本全年齢無香料、無添加、ノンアルコール, 水、コカミドプロピルベタイン、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルグルタミン酸2N、パパイン、ソルビトール、セラミドAP、セラミドNP、イソペンチルジオール、ベタイン、PPG-3カプリリルエーテル、フナバラソウエキス、アラニン、アルギニン、グリシン、セリン、カキタンニン、BG、乳酸、乳酸Na、デキストリン、ダイズタンパク、PEG-60水添ヒマシ油、ペンテト酸5Na全犬種、全猫種無香料液体シリコンフリー、アルコールフリー、パラベンフリー-
11ライオン
ペットキレイ 毎日でも洗えるリンスインシャンプー愛犬用

662円

550ml日本生後3ヶ月以上‎精製水、洗浄剤(ヤシ・パーム由来界面活性剤)、防腐剤(食品添加物)、リンス剤(ミクロシリコーン)、香料、クエン酸、皮ふ・被毛保護剤(スメクタイト)、グリシン、消臭剤(さとうきび抽出エキス)全犬種やさしいマイルドフローラルの香り液体-皮膚、皮膚膜
12ハッピーピーター
犬用シャンプー オーガニックホホバとティーツリー配合

1,300円

250ml日本子犬~成犬水、パーム核脂肪酸アミドDEA(洗浄)、ココイルメチルタウリンNa(洗浄)、ココアンホプロピオン酸Na(洗浄)、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(洗浄)、ラウロイルメチルアラニンNa(洗浄)、コカミドMEA(起泡)、PEG-40水添ヒマシ油(乳化)、ポリクオタニウム-10(帯電防止)、クラドシホンノバエカレドニアエエキス(保湿)、ホホバ油(保湿)、エミュー油(保湿)、ラベンダー油(保湿、香料)、ティーツリー葉油(保湿、香料)、ユーカリシトリオドラ葉油(保湿、香料)、乳酸(ph調整、保湿、香料)、香料、安息香酸ナトリウム(防腐)子犬~成犬ラベンダー液体低刺激‎保湿,消臭
13ゾイック(ZOIC)
ゾイック N ショート シャンプー

1,615円

300ml日本成犬・成猫ハイビスカスエキス、天然アミノ酸系活性剤、ヤシ油由来成分、ヒアルロン酸、コラーゲン、シアバター、緑茶エキス短毛~中毛種華やかなフルーティフローラルの香り液体--
14ゾイック(ZOIC)
ゾイック N ロング シャンプー

1,534円

300ml日本成犬・成猫トウキンセンカエキス、天然アミノ酸系活性剤、ヤシ油由来成分、ヒアルロン酸、コラーゲン、シアバター、緑茶エキス長毛種キンセンカの花の香り液体--
15ライオン
ペットキレイ 低刺激シャンプー 子犬・子猫用

488円

220ml日本子犬・子猫水、洗浄剤、粘度調整剤、防腐剤(食品添加物)、pH調整剤、香料、ソルビット、マリンコラーゲン子犬・子猫ベビーせっけんの香り液体--
16The Mate Tokyo
スキンケアシャンプー

2,530円

460ml日本全年齢水、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、酒粕エキス、トウミツ、ポリクオタニウム -10、ポリクオタニウム-50、ポリクオタニウム-7、コカミドメチルMEA、コカミドDEA、ラウリン酸ポリグリセリル- 10、オレンジ油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、BG、クエン酸、クエン酸Na、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na全犬種無香料、オレンジ泡(液体)-
17自然流
自然流トリートメントシャンプー 全犬種用

1,980円

300ml日本成犬・成猫朝鮮人参、霊芝、紅花、椿、ザクロ、アケビ、ヨモギ、桃葉、枇杷・枇杷葉、緑茶、アロエ、ヘチマ、ハトムギプロテイン、ウーロン茶、ハブ茶、ヨクイニン、米糠、オリーブ、ラベンダー、カモミール、ローマカミツレ、ユーカリ、コンブ、ヒジキ、ノリ、ワカメ、ゴボウ、ヤドリギ、紫根、メリッサ、オノニス、甘草、ビロードアオイ、クララ、アンズ、竹、ローズマリー、タチジャコウソウ、オドリコソウ、ハマメリス、大豆、小豆、舞茸、椎茸、柚子、紫蘇、桜、胡桃、胡麻、胡瓜、ノニ果汁、ライチ果汁全犬種、全猫種天然香料液体--
18my organic
犬用ボタニカルシャンプー

2,480円

500ml日本-水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸TEA、ポリクオタニウム-10、クエン酸、フェノキシエタノール、ティーツリー葉油、ローズマリー葉油、ラベンダー油、レモン果皮油、ポリソルベート20、加水分解コラーゲン、BG、セージ葉エキス、ローズマリー葉エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、カミツレ花エキス、合成ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1全犬種ティーツリー液体--
19ORMIO
グルーミングシャンプー

1,980円

300ml-全年齢水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、コカミドMEA、ココイル加水分解ケラチン(羊毛)、ココイルリンゴアミノ酸Na、ラウロイルシルクアミノ酸K、ヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、チャ葉エキス、加水分解シルク、オタネニンジン根エキス、オトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、フユボタイジュ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、ザクロ果実エキス、BG、塩化Na、クエン酸、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料全犬種-液体‎アレルギーフリー‎毛玉, 毛
20THE ANIMAL ORGANICS
シャンプー&トリートメント

2,980円

250ml日本全年齢シャンプー:水、ヤシ脂肪酸K、グリセリン、コカミドDEA、オレンジ果皮油、ラベンダー油、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、セラミドNP、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、クエン酸、ホウケイ酸(Ca/Na)、酸化銀、フェノキシエタノール、コカミドプロピルベタイン、ヒドロキシエチルセルロース、塩化Na、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、o-シメン-5-オール、クエン酸Na、グリチルリチン酸2K、ペンテト酸5Na、BG、パルマローザ油、HEDTA-3Na、水添レシチン、トコフェロール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、スフィンゴ糖脂質、シア脂、アルガニアスピノサ核油全犬種、全猫種植物アロマの香りローション‎低刺激, オーガニック, 消臭, 人工香料不使用, 自然素材
21PETRICO
awawan 犬用シャンプー

1,980円

500ml日本全年齢水、ラウロイルメチル、アラニンナトリウム、メチルタウリンナトリウム、アミドプロピルベタイン、オレンジ油、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸ナトリウム、カキタンニン、チャ葉エキス、セラミド、ニンニク根エキス、ローマカミツレ花エキス、ゴボウ根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウキズタ葉、オドリコソウ花エキス、オランダガラシ葉エキス、セイヨウアカマツエキス、ローズマリーエキス全犬種フルーツ液体‎防腐剤不使用アウトドア, インドア, 毛玉, 寄生虫, 毛
22WIDREAM
WDPドッグシャンプー

1,620円

300ml日本-水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリン Na、 コカミド DEA、DPG、マルチトール、オリーブ油、ヤシ油脂肪酸 PEG-7 グルセリル、ポリクオタニウム-10、 ポリクオタニウム-47、クララ根エキス、ショウガ根エキス、センキュウ根茎エキス、トウキ根エキス、 オタネニンジン根エキス、モモ葉エキス、エチドロン酸、BG、クエン酸、クエン酸 Na、フェノキシエタノー ル、エタノール、アボカド油、ヒマワリ種子油、 ティーツリー油、ラベンダー油、オレンジ油、オレンジ果皮油、ベルガモット果皮油、ローマカミツレ油、ニオイテンジクアオイ油、セージ油、ローズマリー油、香料全犬種すっきり爽やかな香りの中に、少しばかりの奥行きのある香り液体‎BPAフリー‎ペットケア
23ライオン
クイック&リッチ ブラッシングトリートメント フォレストグリーン 愛犬用

533円

200ml日本-‎精製水、エタノール、トリートメント剤(ミクロシリコーン)、シルクプロテイン、ローヤルゼリー、保湿剤、被毛保護剤、クエン酸、香料全犬種やすらぎの森の香り液体‎お手入れ簡単皮膚、皮膚膜
24JOYPET(ジョイペット)
アミノリンスインシャンプー

584円

550ml日本生後3ヶ月以上水、ココイルグルタミン酸K、グリセリン、香料、キサンタンガム、安息香酸Na、EDTA-2Na、パラベン、カキタンニンエキス、ポリクオタニウム-10全犬種やさしいジェントルフローラルの香り液体--

犬用シャンプーのおすすめ24選

今や市場にはバラエティに富んだ犬用シャンプーが溢れ、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

そこでnademo編集部が、数多くのシャンプー剤からおすすめを厳選してご紹介します。

ただし、皮膚病治療中の子やアレルギーのある子は、必ずかかりつけの獣医さんに相談してから使用してくださいね。

No.1A.P.D.Cティーツリーシャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

消臭・消炎効果のあるティーツリー配合

抗菌・抗真菌作用がある上質なエッセンシャルオイルとして知られるティーツリーをはじめ、6つの植物成分と紅藻エキス&植物性ヒアルロン酸などを配合。

愛犬の肌にやさしく洗い上げ、被毛をふんわりしなやか、スルリとなめらかに仕上げます。泡切れ、水切れが良く、使いやすさも抜群。

犬と暮らす経験が豊富なオーナーとオーストラリアの植物科学者が共同開発。1999年の誕生以来、多くの飼い主さんに愛用されているロングセラー商品です。

内容量500ml
原産国オーストラリア
対象年齢-
原材料・成分ティーツリーオイル、紅藻エキス、ヒアルロン酸ナトリウム、ユーカリオイル、ローズマリーオイル、ラベンダーオイル、アロエベラジェル、シトロネラオイル、コカミドプロピルベタイン、香料、保存料 など
適合種全犬種
香り天然ハーブ
形状液体
機能性-
用途消臭

No.2フジタ製薬薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

日本の製薬会社製・低刺激の薬用殺菌シャンプー

細菌・真菌・ウイルスなどに幅広い抗菌作用があり、 毒性や刺激性が低く、動物病院でも多く使用されているフェノール系消毒剤クロルヘキシジンを主成分とするシャンプー。 

リンス(コンディショナー)成分も含んでいるため、洗浄後はクシ通りが良く、適度な艶のある被毛に仕上がり、飼い主さんの手にも穏やかです。

皮膚病の予防を目的とした医薬部外品のシャンプーですので、使用に際してはかかりつけ獣医師へのご相談をおすすめします。

内容量200ml
原産国日本
対象年齢子犬~成犬、子猫~成猫
原材料・成分酢酸クロルヘキシジン
適合種全犬種、全猫種
香り-
形状液体
機能性-
用途-

No.3ペトラボペット用高機能オーガニックシャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

参考価格 1,980円(税込)

皮膚トラブルを防ぐオーガニックシャンプー

人間の化粧品にも含まれるアロエベラ液汁、カツミレ葉エキス、トウセンカ花エキスなどを厳選。皮膚・被毛の健康を守るリンスインシャンプー処方です。

皮膚・被毛にリスクのあるシリコン、石油系洗浄剤、鉱物油、着色料、合成香料をはじめ、愛犬たちが苦手な10種類の添加物を一切使用していません。

優れた消臭力と抗菌作用の成分も配合。動物看護士×トリミングサロンが共同開発しました。

内容量300ml
原産国日本
対象年齢全年齢
原材料・成分‎水、洗浄成分アロエベラ液汁、ソメイヨシノ葉エキス、チャ葉エキス、カキタンニン、グリチルリチン酸ジカリウム カツミレ花エキス、セージ葉エキス 、ツボクサエキス、ローズマリー葉エキス、トウセンカ花エキス
適合種全犬種、全猫種
香り-
形状液体
機能性低刺激、お手入れ簡単、オーガニック、消臭、抗菌、ノミ・ダニフリー
用途毛玉、毛

No.4キリカン洋行ノルバサンシャンプー 0.5

出典 :https://www.amazon.co.jp/

子犬にも使える低刺激の薬用シャンプー

皮膚や被毛にやさしい低刺激タイプなので、敏感肌や乾燥肌の愛犬にも使えます。コンディショニング成分配合で、洗い上がりはしっとりフワフワ。

デリケートな皮膚も穏やかに洗い上げながら清潔を保ちます。

皮膚病予防を目的とした医薬部外品のシャンプーですので、使用に際してはかかりつけ獣医師へのご相談をおすすめします。

内容量200ml
原産国アメリカ
対象年齢全年齢
原材料・成分クロルヘキシジン酢酸塩
適合種全犬種、全猫種
香り-
形状液体
機能性-
用途‎消毒

No.5PAL&I(パルアイ)ペットシャンプー for dogs

出典 :https://www.amazon.co.jp/

参考価格 1,683円(税込)

低刺激処方の国産オーガニックシャンプー

愛犬の皮膚や被毛はもちろん、飼い主さんの手にもやさしいオーガニック認証の植物成分を配合し、愛犬が嫌う9種の無添加を実現。

爽やかでリフレッシュ効果が高いラベンダーやカモミールを基調とした強すぎない香りも、愛犬にとってストレスフリーで、消臭効果もあります。

泡立ち・泡切れが良く、低刺激処方なので愛犬に負担をかけません。皮膚のうるおいを保ち、被毛をふんわり仕上げます。

内容量300ml
原産国日本
対象年齢-
原材料・成分水、セージ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ボタンエキス、アルテア根エキス、フユボダイジュ花エキス、アルニカ花エキス、ラベンダー油、オレンジ果皮油、レモン果皮油、パチョリ油、ローマカミツレ花油、コウスイガヤ油、ニオイテンジクアオイ油、グリチルリチン酸2K、アルギニン、コカミドプロピルベタイン、ラウラミノプロピオン酸Na、ラウレス-4カルボン酸Na、コカミドDEA、ポリクオタニウム-7、エチドロン酸、安息香酸Na、BG、香料
適合種全犬種
香りカモミール&ラベンダー
形状液体
機能性-
用途-

No.6ゾイック(ZOIC)ゾイックN ホワイトニングシャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

アミノ酸系ベースで低刺激なのに高い洗浄力

天然由来成分を配合し、皮膚や被毛にやさしく、ガンコな汚れにもアプローチしてくれます。

被毛の1本1本にうるおいをあたえ、本来の美しい色調と毛並みを保ちます。

サルビアエキス、ヒアルロン酸、コラーゲン、緑茶エキスを保湿成分として配合。サルビアの花をイメージしたやさしい香りです。

内容量300ml
原産国日本
対象年齢-
原材料・成分サルビアエキス、天然アミノ酸系活性剤、ヤシ油由来成分、ヒアルロン酸、コラーゲン、緑茶エキス
適合種全犬種、全猫種
香りサルビアの花の香り
形状液体
機能性-
用途-

No.7わんちゃんライフLa Natule for dog

出典 :https://www.amazon.co.jp/

参考価格 1,680円(税込)

敏感肌・乾燥肌向けオーガニックシャンプー

天然由来の保湿成分が、敏感な皮膚・乾燥しやすい皮膚のうるおいをキープ。

また、自然由来のオイル成分が皮膚の健やかさを保ちます。

合成着色料、石油系界面活性剤、シリコン、パラベン、鉱物油、サルフェート、紫外線吸収剤は無添加。日本製のアミノ酸系シャンプーです。

内容量300ml
原産国日本
対象年齢全年齢
原材料・成分‎水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、コカミドメチルMEA、DPG、BG、カキタンニン、シロキクラゲ多糖体、ポリクオタニウム-10、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、セラミドEOP、セージ油、乳酸Na、コレステロール、チャ葉エキス、カルボマー、キサンタンガム、ポリソルベート20、ラウリン酸ポリグリセリル-10、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ラウロイルラクチレートNa、エタノール、クエン酸、ペンテト酸5Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、ティーツリー葉油、ローズマリー葉油
適合種全犬種、全猫種
香りティーツリー
形状液体
機能性アレルギーフリー
用途皮膚, 毛

No.8ゾイック(ZOIC)ゾイック N パピドール シャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

皮膚・被毛がデリケートな子犬用シャンプー

低刺激アミノ酸系ベースで、幼時期や成長期の子犬の皮膚と被毛をやさしく洗い上げます。もちろん、肌が敏感な成犬にもOK。

被毛をなめらかに整え、シャンプーのすすぎ中も指通りがスムーズ。

保湿成分のナツメエキス、ヒアルロン酸、コラーゲン、緑茶エキス、うるおい成分のシアバターが乾燥を防ぎ、皮膚のうるおいを守ります。

内容量300ml
原産国日本
対象年齢-
原材料・成分天然アミノ酸成分のシャンプーペース(弱酸性)、カチオン化コンデショニング成分配合 、西洋系ハーブエキス配合 、緑茶エキス(ニオイ吸着成分)配合 、UVカット成分、保湿成分
適合種子犬・子猫、皮膚の弱い成犬・成猫
香りやさしいグリーンフローラルの香り
形状液体
機能性-
用途-

No.9ニチドウミラクル ゼネラルシャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

名前通りのミラクルな泡立ちと泡切れ

植物性天然原料を主体とした全犬種用シャンプー。泡立ちが素晴らしく、皮膚・被毛を傷めることなくすみずみまで汚れを落とし、すっきり洗い流せます。

うるおい成分のミンクオイルとヨークレシチンが皮膚を保護し肌荒れを防いで、被毛をなめらかに保ちます。ハーバルオイルによる若草のほのかな香り。

発売から35年、多くのサロンでも愛用されてきたロングセラー商品です。

内容量400ml
原産国日本
対象年齢全年齢
原材料・成分-
適合種全犬種
香り若草の香り
形状液体
機能性アレルギーフリー
用途-

No.10mofuwaペット用入浴シャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

浸かるだけで洗浄&保湿

バスタブやたらいに36℃~38℃のお湯を張って、シャンプー剤を投入。よくかき混ぜたら、愛犬を5分ほど浸からせ、かけ湯しながらやさしくなで洗い。

肌をいたわりながら汚れを落とす成分で、ゴシゴシ洗いが苦手な子もリラックスしながらシャンプーできます。

保湿成分セラミドが皮膚のうるおいを守り、抗炎症作用のある天然成分が肌荒れを予防。無香料・無添加処方で国内の化粧品工場で製造しています。

内容量600ml
原産国日本
対象年齢全年齢
原材料・成分無香料、無添加、ノンアルコール, 水、コカミドプロピルベタイン、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ココイルグルタミン酸2N、パパイン、ソルビトール、セラミドAP、セラミドNP、イソペンチルジオール、ベタイン、PPG-3カプリリルエーテル、フナバラソウエキス、アラニン、アルギニン、グリシン、セリン、カキタンニン、BG、乳酸、乳酸Na、デキストリン、ダイズタンパク、PEG-60水添ヒマシ油、ペンテト酸5Na
適合種全犬種、全猫種
香り無香料
形状液体
機能性シリコンフリー、アルコールフリー、パラベンフリー
用途-

No.11ライオンペットキレイ 毎日でも洗えるリンスインシャンプー愛犬用

出典 :https://www.amazon.co.jp/

刺激性なし判定済みの リンスインシャンプー

モデル皮ふ刺激性試験により刺激性なし判定を受けた、洗浄成分の100%が植物生まれの低刺激性&アミノ酸系リンスインシャンプーです。

ヤシ・パーム由来の界面活性剤使用。泡立ち豊かで泡切れもよく、デリケートな愛犬の皮膚・被毛を保護しながら、汚れもニオイを洗い流します。

リンス成分配合により、被毛はふんわりなめらかな仕上がり。無着色・微香性で別売りの詰め替え用パックもあり、コスパの良さも魅力。

内容量550ml
原産国日本
対象年齢生後3ヶ月以上
原材料・成分‎精製水、洗浄剤(ヤシ・パーム由来界面活性剤)、防腐剤(食品添加物)、リンス剤(ミクロシリコーン)、香料、クエン酸、皮ふ・被毛保護剤(スメクタイト)、グリシン、消臭剤(さとうきび抽出エキス)
適合種全犬種
香りやさしいマイルドフローラルの香り
形状液体
機能性-
用途皮膚、皮膚膜

No.12ハッピーピーター犬用シャンプー オーガニックホホバとティーツリー配合

出典 :https://www.amazon.co.jp/

サロン仕上げの低刺激オーガニックシャンプー

トリミングサロンの仕上がりを体験できる、シャンプーデビューの子犬や敏感肌の成犬、手荒れが気になる飼い主さんにおすすめのシャンプーです。

オーストラリア政府のオーガニック認定機関ACOが認めたオーガニックホホバオイルをはじめ、8種の天然成分を配合。

皮膚や被毛のキューティクルにうるおいを与えるアミノ酸も配合。着色料無添加&ノンシリコン。粘性のある液体で、薄めて使うこともできます。

内容量250ml
原産国日本
対象年齢子犬~成犬
原材料・成分水、パーム核脂肪酸アミドDEA(洗浄)、ココイルメチルタウリンNa(洗浄)、ココアンホプロピオン酸Na(洗浄)、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na(洗浄)、ラウロイルメチルアラニンNa(洗浄)、コカミドMEA(起泡)、PEG-40水添ヒマシ油(乳化)、ポリクオタニウム-10(帯電防止)、クラドシホンノバエカレドニアエエキス(保湿)、ホホバ油(保湿)、エミュー油(保湿)、ラベンダー油(保湿、香料)、ティーツリー葉油(保湿、香料)、ユーカリシトリオドラ葉油(保湿、香料)、乳酸(ph調整、保湿、香料)、香料、安息香酸ナトリウム(防腐)
適合種子犬~成犬
香りラベンダー
形状液体
機能性低刺激
用途‎保湿,消臭

No.13ゾイック(ZOIC)ゾイック N ショート シャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

短毛種の小型犬向け低刺激シャンプー

ミニチュア・ダックスフンド、トイ・プードル、ポメラニアン、といった被毛を短くカットした愛犬などにおすすめ。短毛種のダブルコートやショードッグにもおすすめです。

低刺激アミノ酸系ベースで愛犬のデリケートな肌にやさしく洗い上げ、艶とハリのあるサラふわ被毛を保ちます。

保湿成分ハイビスカスエキス、ヒアルロン酸、コラーゲン、緑茶エキス、うるおい成分シアバター配合。ハイビスカスの花のような微香性です。

内容量300ml
原産国日本
対象年齢成犬・成猫
原材料・成分ハイビスカスエキス、天然アミノ酸系活性剤、ヤシ油由来成分、ヒアルロン酸、コラーゲン、シアバター、緑茶エキス
適合種短毛~中毛種
香り華やかなフルーティフローラルの香り
形状液体
機能性-
用途-

No.14ゾイック(ZOIC)ゾイック N ロング シャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

長毛種の小型犬向け低刺激シャンプー

ヨークシャー・テリア、マルチーズ、シー・ズー、ロングコート・チワワなどに。長毛種のショードッグにもおすすめです。

低刺激アミノ酸系ベースで愛犬のデリケートな肌をやさしく洗い上げ、うるツヤ毛並みに仕上げます。

保湿成分トウキンセンカエキス、ヒアルロン酸、コラーゲン、緑茶エキス、うるおい成分シアバターを配合。キンセンカの花のような微香性なので、負担も少ないです。

内容量300ml
原産国日本
対象年齢成犬・成猫
原材料・成分トウキンセンカエキス、天然アミノ酸系活性剤、ヤシ油由来成分、ヒアルロン酸、コラーゲン、シアバター、緑茶エキス
適合種長毛種
香りキンセンカの花の香り
形状液体
機能性-
用途-

No.15ライオンペットキレイ 低刺激シャンプー 子犬・子猫用

出典 :https://www.amazon.co.jp/

子犬用のマイルドな低刺激シャンプー

モデル皮ふ刺激性試験の結果、刺激性なし判定を受けたシャンプーです。デリケートな子犬の肌と被毛をやさしく洗い上げます。

洗う成分の100%が植物生まれで、植物由来の皮ふマイルド成分ソルビトール、アミノ酸系洗浄成分配合。

泡立ちもふんわりやわらかです。無着色・アルコール無添加で、清潔感のあるベビーせっけんのほのかな香りです。

内容量220ml
原産国日本
対象年齢子犬・子猫
原材料・成分水、洗浄剤、粘度調整剤、防腐剤(食品添加物)、pH調整剤、香料、ソルビット、マリンコラーゲン
適合種子犬・子猫
香りベビーせっけんの香り
形状液体
機能性-
用途-

No.16The Mate Tokyoスキンケアシャンプ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

獣医師&トリマー監修の肌思いシャンプー

ボトルヘッドをプッシュすると泡で出てくるタイプ。保湿成分やトリートメント成分を含んだフワフワの泡が、愛犬の皮膚と被毛をやさしく洗い上げます。

肌のバリア機能を保つ肌フローラに着目。人間のベビーシャンプーにも使用される洗浄成分とアミノ酸系成分で、清潔力と保湿力を両立させました。

管理システム等が信頼に値するISO認証された国内工場で製造。無添加処方で、パッケージやメーカーHPで全成分表示を実行しています。

内容量460ml
原産国日本
対象年齢全年齢
原材料・成分水、ラウロイルアスパラギン酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、酒粕エキス、トウミツ、ポリクオタニウム -10、ポリクオタニウム-50、ポリクオタニウム-7、コカミドメチルMEA、コカミドDEA、ラウリン酸ポリグリセリル- 10、オレンジ油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、BG、クエン酸、クエン酸Na、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール、安息香酸Na
適合種全犬種
香り無香料、オレンジ
形状泡(液体)
機能性-
用途

No.17自然流自然流トリートメントシャンプー 全犬種用

出典 :https://www.amazon.co.jp/

和・漢・洋の成分が肌をいたわりながら洗浄

頑固な汚れが気になる短毛種や体臭の強い犬種にもおすすめの優れた洗浄力。しかも、皮膚と被毛にやさしく、洗い上がりのふんわり感が長持ち。

朝鮮人参、霊芝、紅花、椿、ザクロ、アケビ、ヨモギ、桃葉、枇杷・枇杷葉、緑茶、アロエ…と、和・漢・洋のハーブ成分を惜しげもなく配合しています。

化学合成保存料・香料・着色料、パール剤、石油抽出物、合成陽イオン界面活性剤などの表示指定成分は不使用。希釈タイプであり、日本製です。

内容量300ml
原産国日本
対象年齢成犬・成猫
原材料・成分朝鮮人参、霊芝、紅花、椿、ザクロ、アケビ、ヨモギ、桃葉、枇杷・枇杷葉、緑茶、アロエ、ヘチマ、ハトムギプロテイン、ウーロン茶、ハブ茶、ヨクイニン、米糠、オリーブ、ラベンダー、カモミール、ローマカミツレ、ユーカリ、コンブ、ヒジキ、ノリ、ワカメ、ゴボウ、ヤドリギ、紫根、メリッサ、オノニス、甘草、ビロードアオイ、クララ、アンズ、竹、ローズマリー、タチジャコウソウ、オドリコソウ、ハマメリス、大豆、小豆、舞茸、椎茸、柚子、紫蘇、桜、胡桃、胡麻、胡瓜、ノニ果汁、ライチ果汁
適合種全犬種、全猫種
香り天然香料
形状液体
機能性-
用途-

No.18my organic犬用ボタニカルシャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

参考価格 2,480円(税込)

やさしさにこだわったストレスフリー仕様

敏感肌・乾燥肌をいたわりながら洗い上げるアミノ酸系。万が一、愛犬が舐めたり、目に入ったりしても慌てることのない無添加シャンプーです。

愛犬へのやさしさを第一に考え、植物由来成分が97%で犬が嫌がる成分はすべて不使用です。泡立ち、泡切れが良く、飼い主さんもストレスフリー。

人間のエイジングケアでも最近注目されているEGF(上皮成長因子)配合。ペット専門の研究機関をもつ国内メーカーが製造しています。

内容量500ml
原産国日本
対象年齢-
原材料・成分水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸TEA、ポリクオタニウム-10、クエン酸、フェノキシエタノール、ティーツリー葉油、ローズマリー葉油、ラベンダー油、レモン果皮油、ポリソルベート20、加水分解コラーゲン、BG、セージ葉エキス、ローズマリー葉エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、カミツレ花エキス、合成ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1
適合種全犬種
香りティーツリー
形状液体
機能性-
用途-

No.19ORMIOグルーミングシャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

フワフワ毛並みを目指す敏感肌用シャンプー

アミノ酸タンパク質のケラチン、セリシン配合。さらに植物性トリートメント成分が肌荒れを防ぐ、グルーミング処方のオーガニックシャンプーです。

肌に負担のない濃密な泡立ちで、毛玉レスなふんわり被毛を目指します。保湿成分ホホバオイル配合で、洗っている飼い主さんの手もしっとりすべすべに。

消臭効果のあるカミツレ花エキス、チャ葉エキス配合で体臭も気になりません。獣医師監修のもと、敏感肌の愛犬に配慮して製造された日本製です。

内容量300ml
原産国-
対象年齢全年齢
原材料・成分水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、コカミドプロピルベタイン、グリセリン、コカミドMEA、ココイル加水分解ケラチン(羊毛)、ココイルリンゴアミノ酸Na、ラウロイルシルクアミノ酸K、ヒアルロン酸Na、ホホバ種子油、チャ葉エキス、加水分解シルク、オタネニンジン根エキス、オトギリソウ花/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、フユボタイジュ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、ザクロ果実エキス、BG、塩化Na、クエン酸、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料
適合種全犬種
香り-
形状液体
機能性‎アレルギーフリー
用途‎毛玉, 毛

No.20THE ANIMAL ORGANICSシャンプー&トリートメント

出典 :https://www.amazon.co.jp/

オーガニックなこだわりトリートメント成分配合

抗菌・洗浄効果がある9種のボタニカル成分、保湿力のコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド配合。人間が使っても問題ないほど原材料にこだわっています。

目にしみにくい低刺激処方で、嗅覚が鋭い愛犬のために人工香料不使用。「皮膚にやさしく、ストレスを少なく」がテーマのリンスインシャンプーです。

「愛犬がにおわなくなった!」「ツヤツヤ毛並みになった!」と、飼い主さんからも好評な口コミが多いです。

内容量250ml
原産国日本
対象年齢全年齢
原材料・成分シャンプー:水、ヤシ脂肪酸K、グリセリン、コカミドDEA、オレンジ果皮油、ラベンダー油、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、セラミドNP、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、クエン酸、ホウケイ酸(Ca/Na)、酸化銀、フェノキシエタノール、コカミドプロピルベタイン、ヒドロキシエチルセルロース、塩化Na、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、o-シメン-5-オール、クエン酸Na、グリチルリチン酸2K、ペンテト酸5Na、BG、パルマローザ油、HEDTA-3Na、水添レシチン、トコフェロール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、スフィンゴ糖脂質、シア脂、アルガニアスピノサ核油
適合種全犬種、全猫種
香り植物アロマの香り
形状ローション
機能性‎低刺激, オーガニック, 消臭, 人工香料不使用, 自然素材
用途

No.21PETRICOawawan 犬用シャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

たっぷり洗えるオーガニックシャンプー

乾燥肌や敏感肌の愛犬もストレスなくシャンプーできる低刺激のアミノ酸系。しかも、中・大型犬にもたっぷり使えてコスパの良い大容量500mlです。

有機栽培による植物から抽出したオーガニック認証成分をはじめ、10種の天然成分を配合。

消臭&虫除け対策成分や3種の美容保湿成分も配合し、11種類の合成添加物が無添加。植物由来オイルのほのかな香りです。

内容量500ml
原産国日本
対象年齢全年齢
原材料・成分水、ラウロイルメチル、アラニンナトリウム、メチルタウリンナトリウム、アミドプロピルベタイン、オレンジ油、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸ナトリウム、カキタンニン、チャ葉エキス、セラミド、ニンニク根エキス、ローマカミツレ花エキス、ゴボウ根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウキズタ葉、オドリコソウ花エキス、オランダガラシ葉エキス、セイヨウアカマツエキス、ローズマリーエキス
適合種全犬種
香りフルーツ
形状液体
機能性‎防腐剤不使用
用途アウトドア, インドア, 毛玉, 寄生虫, 毛

No.22WIDREAMWDPドッグシャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

シャンプータイムが極上のリラックスタイムに

3種のオーガニック認証成分をはじめ、15種の天然由来成分を配合した、低刺激性のボタニカルシャンプーです。

ドッグトリマー監修により泡立ちとすすぎのバランスを追求し、アロマセラピスト協力のもと、愛犬がリラックスできる天然精油の香りで仕上げました。

コンディショニング成分配合でリンス要らずなのに、洗い上がりはすっきりフワフワ。低刺激、泡立ち、泡切れ、香りと、トータルバランスで高評価です。

内容量300ml
原産国日本
対象年齢-
原材料・成分水、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、ラウラミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリン Na、 コカミド DEA、DPG、マルチトール、オリーブ油、ヤシ油脂肪酸 PEG-7 グルセリル、ポリクオタニウム-10、 ポリクオタニウム-47、クララ根エキス、ショウガ根エキス、センキュウ根茎エキス、トウキ根エキス、 オタネニンジン根エキス、モモ葉エキス、エチドロン酸、BG、クエン酸、クエン酸 Na、フェノキシエタノー ル、エタノール、アボカド油、ヒマワリ種子油、 ティーツリー油、ラベンダー油、オレンジ油、オレンジ果皮油、ベルガモット果皮油、ローマカミツレ油、ニオイテンジクアオイ油、セージ油、ローズマリー油、香料
適合種全犬種
香りすっきり爽やかな香りの中に、少しばかりの奥行きのある香り
形状液体
機能性‎BPAフリー
用途‎ペットケア

No.23ライオンクイック&リッチ ブラッシングトリートメント フォレストグリーン 愛犬用

出典 :https://www.amazon.co.jp/

スプレーしてブラッシングするだけ

水を使って洗えないときやシャンプー嫌いの愛犬に。シャンプーしたてのような上質な仕上がりが長続きするブラッシングトリートメントです。

被毛が舞い散るのを防いで、余分な抜け毛をすっきり除去。静電気防止効果となめらか効果で、汚れ・ホコリを付きにくくします。

トリートメント成分と美容成分が被毛1本1本に行きわたり、サラサラな手ざわりと輝く毛艶に。刺激の少ない安心シャンプーです。

内容量200ml
原産国日本
対象年齢-
原材料・成分‎精製水、エタノール、トリートメント剤(ミクロシリコーン)、シルクプロテイン、ローヤルゼリー、保湿剤、被毛保護剤、クエン酸、香料
適合種全犬種
香りやすらぎの森の香り
形状液体
機能性‎お手入れ簡単
用途皮膚、皮膚膜

No.24JOYPET(ジョイペット)アミノリンスインシャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

時短シャンプーでニオイすっきりが持続

消臭・抗菌作用に優れた柿タンニンエキス配合で、愛犬の気になるニオイをすっきり除去します。

化粧品グレードのアミノ酸系洗浄成分を100%使用。泥汚れもしっかり落とせて、愛犬の皮膚と被毛にやさしい低刺激処方です。

すばやい泡立ち&リンスインなのでシャンプー時間を短縮でき、愛犬も飼い主さんもストレスフリー。

別売りの詰め替え用もあり、微香性なので愛犬の負担も少ないでしょう。

内容量550ml
原産国日本
対象年齢生後3ヶ月以上
原材料・成分水、ココイルグルタミン酸K、グリセリン、香料、キサンタンガム、安息香酸Na、EDTA-2Na、パラベン、カキタンニンエキス、ポリクオタニウム-10
適合種全犬種
香りやさしいジェントルフローラルの香り
形状液体
機能性-
用途-

犬用シャンプーの売れ筋ランキングはこちら

ご参考として、犬用シャンプーの売れ筋ランキングをこちらからご確認いただけます。

Amazonの売れ筋ランキング

楽天市場の売れ筋ランキング

Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

犬のシャンプーのやり方

シャンプーは子犬の頃から慣れさせておきましょう。はじめは37℃前後のシャワーをかける程度のことからスタートし、10分以内に済ませます。

シャンプーデビューは生後3ヶ月~4ヶ月以上が経過し、3回の混合ワクチンの3回目の接種日から10日~2週間経った頃が目安です。

成犬の場合も、直近のワクチン接種から1週間程度空けてからシャンプーを。最低でも2日~3日空けることをおすすめします。

それでは、基本的な愛犬のシャンプーのやり方についてご紹介しましょう。

ステップ1. 全身をブラッシングをする

シャンプー前には必ずブラッシングをして、被毛のからみをほどき、毛についたホコリや汚れを取り除いておきます。

ダブルコートの子で特に抜け毛が多い場合は、ブラッシングで丹念に取り除いておきましょう。

長毛種の子で毛玉がほどけない場合は、毛玉の部分をハサミでカットしておきます。

ただし、ブラッシングで愛犬の皮膚を傷つけないよう気をつけなければいけません。ブラッシングはやさしく丁寧に行いましょう。

ステップ2. 洗面器にシャンプーを泡立てておく

シャンプー剤はしっかり泡立てておくのがコツです。泡が汚れを包み取り、また愛犬の被毛や皮膚を傷つけにくいクッション材となってくれます。

希釈するタイプのシャンプー剤は洗面器を用意して先にシャンプー剤を入れ、シャワーのお湯を勢いよく注ぐと細かな泡が立ちます。

さらに、泡立てネットやスポンジを使い、揉み込むようにしてよく泡立てます。

ステップ3. 体をしっかり濡らす

36℃~38℃のぬるま湯のシャワーで、あらかじめ愛犬の体全体を濡らしておきます。

弱めの水流で、シャワーヘッドを体にやさしく押しあてるようにして、お尻や後ろ足のほうからお湯をかけてあげると、愛犬が不安を感じにくいでしょう。

顔周りは、ぬるま湯を含ませたスポンジやタオル、ガーゼなどを絞って濡らします。愛犬の耳にお湯が入らないよう注意しましょう。

犬は頭を振ることで耳に入った水を外に出すことができますが、耳に水が残ったままだと、外耳炎などの原因になることがあります。

ステップ4. 泡立てたシャンプーで洗う

愛犬のシャンプーは、一度では汚れが落ちにくいので二度洗いが原則です。予洗い用のシャンプーも市販されているので、使ってみるのも良いでしょう。

ステップ2で洗面器で立てた泡を飼い主さんの手に取り、愛犬の体全体にたっぷりと付けていきます。

このときも、愛犬のお尻や後ろ足から洗っていってあげるのが良いでしょう。親指の腹を使ってやさしくマッサージするように洗います。

パグやブルドッグなど、シワのある犬種はシワやたるみの間も丁寧に洗ってあげましょう。

シャワーでいったん洗い流したら、もう一度繰り返します。

ステップ5. シャンプーを洗い流す

37℃前後のシャワーで丁寧に洗い流します。特にダブルコートの子は、アンダーコートにシャンプーが残らないよう念入りに。

洗い流す際も、指の腹を使って撫でるように行い、愛犬の肌を傷つけないよう気をつけましょう。

洗い流しは洗うときとは逆に、顔周りから順々にお尻方向へ、つまり高い方から低い方へと洗い流していきます。

顔周りは、目や耳に入らないよう気をつけて。小型犬の場合は顔が小さいので、ぬるま湯を含ませたスポンジを絞って洗い流す方法もおすすめです。

必要に応じてコンディショナーやトリートメントを行いますが、こちらも流し残しがないよう気をつけましょう。

ステップ6. タオルドライで水気を拭き取る

まずは、タオルで十分に水気を拭き取ってあげます。愛犬が風邪を引かないよう、手早く行いましょう。

ドライヤーを嫌がる子が多いので、できるだけタオルドライの段階で乾かすようにします。

最近では、ペット用の超吸水タオルやクイックドライタオルといったものも市販されていますので、活用するのもいいでしょう。

ステップ7. ドライヤーでしっかり乾かす

仕上げに、ドライヤーでブローします。愛犬の体を部分部分で区切って、生乾きがないか確かめながら少しずつ乾かしていきます。

一気に全体を乾かすと、乾かし残しが出やすいためです。特に長毛種やダブルコートの子は、毛の根元が湿っていないか確かめましょう。

犬は聴覚が発達しているため、ドライヤーの音を怖がる子が多いので、静音タイプのドライヤーを使用するのがおすすめです。

ドライヤー断固拒否の子には、市販のハウス型ペット用ドライヤーを使用したり、布団乾燥機を工夫して活用したりという飼い主さんもいらっしゃいます。

愛犬がシャンプーを嫌がるときの対処法

好奇心旺盛で何にでも興味を持ち、何事にも積極的な子も中にはいますが、多くの愛犬は初めての体験に不安や恐怖を感じるものです。

飼い主さんご自身もおうちで愛犬をシャンプーするのが初めてだと緊張してしまい、その緊張感が愛犬に伝わってしまうということもあるかもしれません。

初めてのシャンプーは、まずは飼い主さんご自身が愛犬をシャンプーすることを楽しみ、できるだけ愛犬にも安心してリラックスしてもらいましょう。

歯磨きやブラッシングもそうですが、これをすると良いことがあると愛犬に記憶してもらうことも大切です。

おやつを活用しながら行う

シャンプーに取り掛かる前に、シャンプー剤、洗面器やスポンジ、タオル、ドライヤーを準備すると同時に、愛犬の好きなおやつも用意しましょう。

犬が少し前に起きた出来事を覚えていられる短期記憶力の時間は、数秒~10秒間程度と言われています。

人間はおよそ数十秒~数十分間だそうなので、それに比べると愛犬たちの短期記憶力はあまり優れているとは言えませんね。

ですから、シャンプーをしたら良いことがあると記憶してもらうためのおやつは、シャンプー後すぐにあげるのが効果的です。

できれば、ブラッシングしたらおやつ、洗い流したらおやつ、タオルドライしたらおやつ、ドライヤーブローしたらおやつ…と、ステップごとに与えましょう。

濡れることを嫌がるなら少しずつ濡らして慣れてもらう

中には水中作業を得意とする犬種や犬かきで起用に泳ぐ子もいますが、実は本能的に犬は水に濡れるのが嫌いです。

水を怖がる子には、まず濡れたタオルで体を拭くことから始めましょう。

シャワーをかけるときは、いきなり顔からかけると怖がりやすいので、最初は足先だけ、次にお尻、背中やお腹…と、徐々に慣れていってもらいます。

お湯の温度も熱すぎず冷たすぎない37℃前後を保ち、目や耳にお湯やシャンプーが入らないように気をつけて、恐怖心を抱かせないことです。

やさしく声を掛けながら行う

シャンプーしている間は、「○○ちゃん、いい子だね」「おりこうさんだね」「気持ちいいね」など、飼い主さんがやさしく声を掛けてあげること。

愛犬が恐怖でブルブル震えているときは、首や顔にそっと手のひらをあてて落ち着かせてあげましょう。

シャンプー後や乾かした後も、思いきり褒めてあげることが大切です。

水を使わないドライシャンプーを試してみる

水を怖がったり、水に濡れるのを嫌がる子には、ドライシャンプーを使用してみるという方法もあります。

水を使わないで済むだけでなく、汚れた部分のみを洗うこともでき、シャンプーの工程や時間も短くて済むので、愛犬のストレスが軽減できます。

泡立てるシャンプー剤に比べて洗浄力が弱く、頑固な汚れを落としにくいのがデメリットですが、愛犬の皮膚や被毛を傷めにくいメリットもあります。

愛犬が病気やケガでシャンプーできなくなったときや、年老いてシャンプーする体力が衰えたときにも重宝します。

できるだけ短時間で終わらせる

シャンプー時間は、子犬なら約10分間、成犬でも15分~20分間ほどで終わらせるのが目安です。

シャンプーを短時間で済ませるためには、シャンプー前のブラッシングを丁寧に行うこと、汚れている部分を確認してから洗うことです。

特に汚れやすいのは、肛門周り、肉球の間など。汚れやすくデリケートな耳の内側や目の周りは、あらかじめウェットタオルなどで拭いておきましょう。

シャンプー後のドライ時間も時短を意識して吸水性の高いタオルを使い、内臓が冷えないようお腹から丁寧に乾かしていきましょう。

嫌がったら無理に続行せず中止する

愛犬がシャンプーを嫌がる場合、無理強いしてはいけません。逃げ回る子を捕まえて無理やり洗うと、ますますシャンプー嫌いになります。

どうしてもシャンプーしたがらないときは、また別の日に。

最初は濡れタオルで体を拭いたり、飼い主さんと一緒に水遊びをしたりということから始め、徐々に慣らしていきましょう。

慣れてきたら、一気に全身くまなく洗おうとせずに、様子を見ながら部分的に特に汚れているところだけシャンプーします。

また、無理に押さえつけてシャンプーするより、逃げ出さないようリードを装着して行ったほうが飼い主さんも両手が使え、愛犬もかえって安心できます。

トリミングサロンに依頼する

最初は飼い主さんも慣れないようであれば、トリミングサロンや動物病院にシャンプーをお願いするという方法もあります。

プロのコツを伝授してもらってからシャンプーすると、愛犬も飼い主さんもより落ち着いて行えるはずです。

長毛種で定期的なカットが必要な子なら、トリミングのときに一緒にシャンプーもお願いしましょう。

犬がシャンプーを舐めても大丈夫?

シャンプーを積極的に舐めるということはあまり考えられませんが、口周りを洗っているときにペロッと舐めてしまうことがあります。

基本的に犬用のシャンプーは人間用のものより低刺激で安全性も高いため、少量であれば問題ないことが多いです。

しかし大量に舐めてしまうと、吐いてしまったり下痢をしたりと、体調不良を引き起こすことになります。

また、以下のような成分は舐めてしまうと危険なため注意が必要です。

  • 合成界面活性剤
  • 合成防腐剤
  • アルコール
  • 鉱物油
  • 合成保存料
  • 合成殺菌剤

シャンプー中に舐めるクセがある子については、上記のような成分が含まれていないシャンプーを使うのがおすすめです。

犬用シャンプーのよくある質問

犬用シャンプーは目に入っても大丈夫?

気をつけているつもりでも、シャンプーが愛犬の目に入ってしまうことはあります。慌てずに、弱流のシャワーで洗い流してあげましょう。

シャンプー後、刺激の少ないペット用目薬を点眼してあげるなら、防腐剤の入っていない涙の成分に近い人工涙液点眼薬がおすすめです。

ただし、目に傷があったり、目の赤みが引かない場合は、動物病院で診てもらいましょう。

犬用シャンプーと人間用シャンプーの違いは?

犬の皮膚は人間の皮膚よりも薄く、人間用のシャンプーやボディシャンプーを使用すると洗浄力が強すぎて肌を傷める可能性があります。

また、人間の肌は弱酸性ですが、犬の皮膚は中性~弱アルカリ性ですから、人間のシャンプーが犬の肌に合うとは限りません。

では、犬は中性や弱アルカリ性の洗浄剤なら安心・安全かと言うと、一概にそうとは言えません。

なぜなら、犬の被毛は弱酸性に保たれていたほうが引き締まって丈夫になり、艶も出るとされているからです。

犬用のシャンプーはこうした犬の皮膚と被毛の健やかなバランスを考えて、配合成分や処方が工夫されています。

犬のシャンプーは何日おきにするのがいい?

犬のシャンプーは、子犬や成犬なら月1回~2回が目安です。長毛やダブルコートの犬は月2回、シニア犬は2ヶ月に1回を目安にしましょう。

人間の皮膚の新陳代謝は約28日周期ですが、犬は約20日周期と言われています。前回のシャンプーから20日前後にするのが効率的との考え方もあります。

ただし、砂遊びや泥遊びでひどく汚れたら、その都度、洗ってあげましょう。

シャンプータイムが、あなたと愛犬の信頼関係を深める良いコミュニケーションタイムになりますように!

この記事の執筆者

nademo編集部

執筆者情報

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

ドッグフードのおすすめ


※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-犬のアイテム・グッズ
-