猫種

トンキニーズってどんな猫種?特徴や性格・習性、適切な飼い方

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
トンキニーズってどんな猫種?特徴や性格・習性、適切な飼い方

トンキニーズ(英:Tonkinese)は、ペットショップであまり見掛けることがない希少な猫種です。

間違えやすいほどシャム猫によく似ていますが、トンキニーズには決定的な3つの違いがあります。

そこで本記事では、トンキニーズとシャム猫の違いや、トンキニーズの性格・習性、寿命などの特徴と基礎知識を詳しく解説します。

お迎えにあたって知っておくべき適切な飼い方や、病気や健康に関する情報もご紹介しますので、どうぞお役立てください。

この記事の結論

  • シャムとバーミーズの交配によって誕生した、カナダ原産の猫種
  • 甘えん坊で社交性が高くほかの動物とも仲良くなれる一方、独占欲が強い一面もある
  • 平均寿命は12歳~15歳ほどで、一般的な猫の平均寿命と同じぐらい
  • お留守番が苦手なのでひとりにすることは極力避け、毎日一緒に遊ぶ時間を設ける

かげさん

執筆・監修

かげさん

ライター、人とペットの終活アドバイザー

人とペットの終活アドバイザー兼ライター。
ライフエンディング業界にて、葬儀・お墓・仏壇・供養・遺品整理・相続など、生前準備から亡くなった後まで、幅広いご相談に対応しています。

キャットフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

トンキニーズの特徴

トンキニーズは、シャムとたいへんよく似ていますが、外見としては「体格」「目」「原産地」の3つが異なります。

はっきりとした顔立ちをしており、薄いブルーの瞳が印象的。毛色のパターンも増えてきており、人気の猫種になりつつあります。

スラッとしている印象ですが、実はしっかりと筋肉質。運動量がとても多いため、室内飼いで嬉しい悲鳴をあげる飼い主さんも多いでしょう。

好奇心旺盛で物怖じしない

社交性がとても高い

警戒感がやや高く、鳴くこともある

活発で運動好き

 その他情報

原産国アメリカ合衆国,カナダ
大きさ中型
平均寿命12歳~15歳
なりやすい病気膝蓋骨脱臼,尿路結石症,低カリウム血症,関節炎,腎不全
参考価格20万円前後
       

被毛

抜け毛少ない
毛質シングルコート
毛色ブルー,ナチュラル,シャンパン,プラチナ
毛の長さ短毛

体高

男の子22cm~25cm
女の子22cm~25cm

体重

男の子3.5kg~5.8kg
女の子2.8kg~3.8kg

トンキニーズの体高・体重

体高22cm~25cm
体重男の子:3.5kg~5.8kg
女の子:2.8kg~3.8kg

トンキニーズは、コビータイプとオリエンタルタイプのちょうど中間のセミフォーリンで、中型サイズです。

筋肉質のため、見た目よりも重量があります。

トンキニーズの毛色・被毛

トンキニーズは、艶やかでシルクのような肌触りの良い短毛種。抜け毛の少ないシングルコートのため、お手入れがしやすさがメリットです。

また、シャムと同じように、顔・耳・四肢・尾尻などに濃い色合いのポイントがあり、次のような被毛の特徴を持ち合わせています。

クロースライイング体に密着したスムーズな毛並み
サイアミーズ遺伝子温度によってポイント部分の毛色が変色する(暖かいと薄く、寒いと濃い色になる)

毛色は、ポイント部分が4色(プラチナ、シャンパン、ナチュラル、ブルー)、パターンが3種(ポイント、ミンク、ソリッド)あり、合計12種類にも及びます。

トンキニーズの平均寿命

トンキニーズの平均寿命は、おおよそ12歳~15歳です。

2022年の「全国犬猫飼育実態調査」によると、一般的な猫の寿命は15.62歳のため、平均的な寿命といえるでしょう。

次にご紹介するような病気に注意し、少しでも長生きしてもらえるようにケアしてあげましょう。

トンキニーズの注意したい病気の一例

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)膝部分にあるお皿状態の骨が脱臼する状態
尿路結石症結石ができることで、膀胱や尿道に詰まる・損傷する
低カリウム血症何らかの原因により、血中のカリウムが濃度が低下する
関節炎関節に炎症が起きることで痛みが生じる
腎不全腎臓の機能が低下し、多飲多尿や食欲不振を引き起こす

トンキニーズとして、特有の病気はありませんが、高い所から飛び降りて負傷する場合や、一般的に猫がかかりやすい病気には注意が必要です。

特に尿路結石症を始めとする下部尿路疾患は注意しなければいけないポイントで、適切な水分補給が大切。

その他にも低カリウム血症や関節炎、腎不全などにも注意してあげましょう。

定期的に健康診断を行い、早期発見・早期治療ができれば愛猫の負担も軽減させてあげられます。

トンキニーズの性格・習性

トンキニーズは、無邪気で懐きやすく、飼育しやすい一方で、通好みとも言える性格と習性があります。

好奇心旺盛で活発

好奇心旺盛で活発なトンキニーズは、大人になっても天真爛漫な性格から、遊ぶのが大好きです。

ストレス発散や適度な運動による健康維持のためにも、キャットタワーは必需品。

猫なので飽き性なところもありますが、ぜひお気に入りのおもちゃを見つけて、たくさん遊んであげてください。

社交性が高く、他の動物とも仲良くなれる

社交性が高いトンキニーズは、人に懐きやすく、愛情深い猫種です。他の猫や犬などの動物たちとも仲良くなりやすい傾向にあります。

甘えん坊で、思い通りにならないとイタズラをして注目を浴びようとする賢さも備えた「構ってちゃん」のため、面倒見の良さが必要です。

社交性の高さから仲良くできるものの、独占欲も強いため、嫉妬心が生まれないようにコミュニケーションを取ってあげてください。

おしゃべりすることも多い

高貴でクールに見えるトンキニーズですが、飼い主さんへの欲求やコミュニケーションを求めて、よく鳴く習性があります。

ワガママな一面は魅力のひとつですが、大人しい静かな愛猫を求める方にとっては、お互いがストレスを感じてしまう可能性があるため、ご注意ください。

トンキニーズの誕生の歴史

トンキニーズは、1960年代にシャムとバーミーズを掛け合わせて誕生したカナダ原産の猫種です。

1974年にカナダで初の新猫種登録をされると、1979年にアメリカでもCFAとTICAに登録されました。

発祥に関しては諸説あり、1950年代にアメリカとイギリスでシャムとバーミーズを交配したチョコレートポイントの猫が原型とも言われています。

さらに、1930年代にカリフォルニアへ輸入されたウォンマウという猫を起源とする説もあります。長年かけて繁殖されてきた猫種であることは確かといえるでしょう。

トンキニーズと繋がりのある猫種

トンキニーズの祖先にあたる「シャム」と「バーミーズ」について、詳しくご紹介します。

シャム(サイアミーズ)

トンキニーズとシャムはとても似ていますが、具体的な違いは次の3つです。

トンキニーズシャム
原産地アメリカ、カナダタイ
体格全体的に丸みを帯びた体つきオリエンタルな細長いボディ
瞳の色アクア、イエローグリーン、ブルーなどサファイアブルーのみ

シャムとは、14世紀から1939年まで600年以上続いたシャム国から名付けられた日本特有の呼び方です。

海外ではサイアミーズ、原産地である現在のタイではウィチアンマートといい、かつては王族など高貴な人たちの愛猫として飼育されていました。

人と触れ合うことが好きな性格

心を開いた相手には懐きやすい

よく鳴く

活発で運動量が多い

 その他情報

原産国タイ
大きさ中型
平均寿命12歳~15歳
なりやすい病気慢性腎臓病,進行性網膜萎縮症(PRA),幽門狭窄,乳び胸
参考価格15万円~25万円前後
       

被毛

抜け毛少ないor多い
毛質シングルコート
毛色ブルー,シール,ライラック,チョコレート,レッド,トーティ
毛の長さ短毛

体高

男の子23cm~25cm
女の子23cm~25cm

体重

男の子3kg〜5kg
女の子3kg〜5kg

バーミーズ

バーミーズはミャンマー(旧ビルマ)原産で、2種類の品種があり、特徴的な違いは体つきです。

アメリカン・バーミーズ全体的に丸みをおびた体型
ヨーロピアン・バーミーズフォーリンタイプに近い細長い体型

毛色は、「ブラウン、シャンパン、ブルー、レッド、ライラック」などのほか、毛色が混ざったトーティーもあり、目色はイエローやゴールドのアンバーカラーです。

バーミーズはトンキニーズよりも筋肉質で四肢が短く、尾尻も短め。トンキニーズは、シャムとバーミーズの良い所を受け継いだハイブリッドと言えるでしょう。

愛情深く、人懐っこい

社交性は平均的で懐く

鳴き声は小さいものの、話し好き

活発ではないものの、遊び好き

 その他情報

原産国ミャンマー
大きさ中型
平均寿命13歳~15歳
なりやすい病気前頭鼻骨異形成,低カリウム血症,糖尿病
参考価格30万円前後
       

被毛

抜け毛少ない
毛質シングルコート
毛色セーブル,シャンパン,ブルー,プラチナ
毛の長さ短毛

体高

男の子20cm~25cm
女の子20cm~25cm

体重

男の子4kg~6kg
女の子3kg~4.5kg

トンキニーズを飼うのに向いている人の特徴

愛猫と一緒にいる時間を確保できる人

トンキニーズは人懐っこく、飼い主さんや家族とのコミュニケーションを好む子が多いです。

そのため、愛猫と一緒にいる時間を積極的に作ってあげられる人が向いているといえるでしょう。

逆によく外出する人や、忙しくて愛猫とスキンシップがしっかりとれない人は飼うのが難しいでしょう。

愛猫と積極的に遊んであげられる人

トンキニーズは活発で、遊ぶことが大好きな猫種です。

愛猫が満足するまで遊びに付き合ってあげられないと、ストレスを溜め込んで問題行動を起こしてしまうことも。

そのため、愛猫のお気に入りのおもちゃなどを使って毎日遊んであげられる人に向いています。

トンキニーズの飼い方

愛猫のトンキニーズに健康的で長生きしてもらうため、7つのポイントをご紹介します。

  • 1日数分でも必ずコミュニケーションをとる
  • 運動量が多いため、事故やケガ対策をしておく
  • 単独でのお留守番はNG
  • 犬のような賢さでしつけは簡単
  • 好奇心旺盛なので脱走には要注意
  • 水場の興味も持つため事故対策をしておく
  • 短毛なのでブラッシングは週に2~3回でOK

いずれも特に注意したいポイントをまとめましたので、お迎えする際には参考にしてみてください。

1日数分でも必ずコミュニケーションをとる

寂しがり屋なトンキニーズには、飼い主さんの愛情が不可欠です。忙しい時こそ、撫でたり話し掛けることを意識して、コミュニケーションの時間を作りましょう。

1日数分程度でも良いですし、ブラッシングの時間をコミュニケーションの時間とすることもできます。

いずれにしてもしっかりと愛猫との時間を作る、ということが一緒に暮らしていく上でとても大事なポイントです。

運動量が多いため、事故やケガ対策をしておく

トンキニーズは運動量が多く、高い場所を好むため、キャットタワーを設置することになるでしょう。

キャットタワーなどの下にはマットを敷き、床は滑り止めを施して、ケガをしないよう安全対策を行ってください。

できる限り足腰への負担を減らしてあげることで、いつまでも元気に運動してくれますよ。

単独でのお留守番はNG

子猫のうちからお留守番に慣れていて、他の犬猫などのペットがいれば安心ですが、基本的にトンキニーズは単独でのお留守番が苦手です。

不安や寂しさから鳴き続けると、ストレスから病気になる可能性があるほか、近所迷惑にもなりかねないためご注意ください。

短時間であれば一般的には大丈夫ですが、その分、しっかりとコミュニケーション時間を作ってあげてください。

犬のような賢さでしつけは簡単

トンキニーズは賢い猫として知られているシャムの血を受け継いでいます。個体差もありますが、お手やお座りなどの芸を覚える子もいるようです。

飼い主さんの喜怒哀楽に対する感受性も豊かで、まるで犬と接するように飼育することもできるでしょう。

猫なのでしっかりとしたしつけは必要ありませんが、こうしたトレーニングはコミュニケーション手段としても活躍してくれますよ。

好奇心旺盛なので脱走には要注意

トンキニーズは好奇心が旺盛で身体能力も高いため、玄関やベランダなどからの脱走には注意し、次のような脱走対策を施しましょう。

  • 戸締りをしてロックをかける
  • 脱走対策ゲートを設置する
  • 屋外のベランダや柵にネットを張る
  • マイクロチップを装置する
  • 首輪に迷子札を装置する

気付きやすいところは対策しやすいですが、気付きづらいところから脱走することも多々あります。

小さな窓であってもしっかりと施錠しておき、脱走対策を心がけることで安心してお迎えできます。

水場の興味も持つため事故対策をしておく

トンキニーズは好奇心から水場で遊ぶケースがありますが、思わぬ事故になりかねないため、次のような安全対策を行ってください。

  • 水飲み用の容器は倒れにくいタイプを使用する。
  • 飲み物の入ったコップを置いたままにしない。
  • 水槽や花瓶を置かない。
  • キッチンへ出入りできないようゲートを設置する。
  • お風呂場の戸締りはしっかりとして、お湯をためた浴槽には必ず蓋をする。

興味を持つということは悪いことではありませんが、飼い主さんの目が届く範囲内で行動させましょう。

短毛なのでブラッシングは週に2~3回でOK

トンキニーズの毛並みはお手入れのしやすい短毛なため、ブラッシングは週2~3回で構いません。

室内の環境にもよりますが、一般的に春・秋は換毛期として抜け毛が増えるため、通常より多めにブラッシングしてください。

ブラッシングが必要ない日には、代わりにマッサージをしてあげるときっと喜んでくれますよ。

寒さに弱いので室温管理を徹底する

トンキニーズは被毛がシングルコートなので、寒さに弱い猫種です。

特に冬場は病気にならないためにも室温管理や湿度に注意しましょう。猫が快適に過ごせる室温は25℃前後、湿度は50~60%と言われています。

また夏場は体が冷えすぎないよう、室温は28℃前後をキープするようにしましょう。

トンキニーズにおすすめのキャットフード3選

トンキニーズにおすすめのキャットフード3種類をご紹介します。

レティシアンアランズナチュラルキャットフード チキン&ターキー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

レティシアンのアランズナチュラルキャットフード チキン&ターキーは、動物愛護国のイギリスのペットフード専門工場で製造されています。

  • グレインフリー(穀物・乳製品・豚牛不使用)
  • 全年齢対応
  • 香料、着色料、人工添加物不使用
  • 高タンパクなチキン&ターキー使用
  • ビタミン&ミネラル&食物繊維が豊富
  • DHA、EPA、オメガ3脂肪酸配合

10種類の原材料だけに絞ることで、何が使われているか明確になり、フード選びの際も簡単です。

人工添加物を使っているキャットフードなので、優先的に選びたいフードになっています。

対象年齢全年齢
内容量1.5kg
原産国イギリス
主原料乾燥チキン、ターキー、ターキー油脂、チキングレイビー
その他原材料じゃがいも、野菜類、果実類、えんどう豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビーツ繊維、サーモンオイル
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物なし
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー381kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)207円/57g
定期販売1個:1個あたり4,910円(税込)/2~4個:1個あたり4,637円(税込)/5個以上:1個あたり4,364円(税込)
フード目的一般食(FEDIAF基準)
フードの種類ドライ

ロイヤルカナンユリナリーケア ドライ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

ロイヤルカナンのユリナリーケア ドライは、ストルバイト結石症などの尿路結石や膀胱炎など、猫がかりやすい下部尿路疾患を配慮した成猫のためのフードです。

  • 1歳以上
  • 尿中のミネラルバランスを調整し尿量を増量
  • 低い尿pHを維持&低マグネシウム
  • 尿路結石の形成を抑制
  • オメガ3脂肪酸&オメガ6脂肪酸配合

下部尿路疾患は優先的に気を付けたいポイントなので、食事から対策できると尚良し。

ただし、食事だけで完璧に対策できるわけでもありませんので、日頃から体調の変化を見逃さないようにしましょう。

対象年齢1歳以上
内容量2kg
原産国フランス
主原料超高消化性小麦タンパク、コーン、肉類(鶏、七面鳥)
その他原材料米、小麦、動物性油脂、植物性繊維、コーングルテン、加水分解タンパク(鶏、七面鳥、魚)、コーンフラワー、ビートパルプ、酵母および酵母エキス、大豆油、魚油(オメガ3系不飽和脂肪酸源)、マリーゴールド(ルテイン源)
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、タウリン)、ミネラル類(Cl、Ca、Na、K、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー376kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)143円/65g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

ピュリナピュリナワンキャット 下部尿路の健康維持F.L.U.T.H.ケア 1歳以上 サーモン&ツナ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

ピュリナワンキャットの下部尿路の健康維持F.L.U.T.H.ケア サーモン&ツナは、独自の健康免疫システムにより、愛猫の健康を保ち、体の内と外から免疫力を維持します。

  • 1歳以上
  • 合成着色料・香料不使用の無添加
  • ミネラルバランスを調整
  • 低い尿pHを維持
  • 尿路結石の形成を抑制
  • オメガ3脂肪酸配合

コスパの高いキャットフードでもあるピュリナは、下部尿路疾患のケアとして選びたいフード。

こちらはサーモンやツナなどのタンパク質を使用してくれています。

対象年齢全年齢
内容量2kg(500g×4袋)
原産国オーストラリア
主原料フィッシュ(サーモン、ツナ)、チキンミール
その他原材料コーングルテン、小麦、米、脱脂大豆、大麦、鶏脂(オメガ6脂肪酸源)、フィッシュミール、とうもろこし、小麦たんぱく、たんぱく加水分解物、可溶性繊維、魚油(オメガ3脂肪酸源)、酵母(βグルカン源)
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、マグネシウム、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、C)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー370kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)82円/75g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

トンキニーズの価格

トンキニーズの相場価格は、15万円~20万円前後です。

CFAやTICAのチャンピオン直子など血統が良いと、40万円前後と高額になるケースもあります。

決して高額というわけではありませんので、ペットショップやブリーダーからお迎えするのも難しくないでしょう。

保護猫としてお迎えできればもっとも安価にお迎えできますが、雑種が多くなりがちなので出会える機会は多くないかもしれませんね。

トンキニーズの理解度チェック

トンキニーズの理解度チェックで、深く理解しよう!

この記事の執筆者

かげさん

執筆者情報

かげさん

ライター、人とペットの終活アドバイザー

人とペットの終活アドバイザー兼ライター。
ライフエンディング業界にて、葬儀・お墓・仏壇・供養・遺品整理・相続など、生前準備から亡くなった後まで、幅広いご相談に対応しています。
多くの経験を生かして、皆さまのお困りごとを即解決できるよう、便利で役立つ情報を沢山お届けできたら嬉しいです。

キャットフードのおすすめ


※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-猫種
-