犬種

ローデシアン・リッジバックの特徴・性格・習性・適切な飼い方

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
ローデシアンリッジバックの特徴や性格・習性、適切な飼い方について

獣猟犬として南アフリカなどで親しまれている、大型のローデシアン・リッジバック。

大型犬らしい厳つさと怖さを持ち合わせていますが、実は攻撃的な犬種ではありません。

日本ではなかなか活躍する機会もないですが、とても俊敏で警備犬としても活躍している犬種。

この記事ではそんなローデシアン・リッジバックについて、詳しくご紹介していきます。

この記事の結論

  • ローデシアン・リッジバックとは、南アフリカを原産とする大型犬
  • 毛色は小麦色のウィートンと厳つい見た目であるものの、攻撃性は高くない
  • 賢いが独立心は非常に強いため、徹底したトレーニングが重要になる
  • 激しい運動は必要ないものの、1回1時間ほどの散歩が必要になることも

担当執筆者

nademo編集部

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

ドッグフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

ローデシアン・リッジバックの特徴

ローデシアン・リッジバックは「アフリカンライオンハウンド」「ファンローイェンドッグ」とも呼ばれている、南アフリカ原産の大型犬です。

ウィートンという小麦色の美しい被毛を持ち、獲物を追跡する目的で活躍する獣猟犬の一種。

ライオン・カバ・ゾウなどの猛獣を相手にしてきたこともあり、その体格はがっしりしており、大型犬らしい体格です。

臆病な面は当然ありませんが、特別攻撃的であるというわけでもなく、知的な面も持ち合わせています。

自立心が強く飼い主に忠実

一度懐くと従順

強く吠えることもある

運動能力は高い

 その他情報

原産国南アフリカ
大きさ大型
平均寿命10歳~12歳
なりやすい病気股関節形成不全,類皮腫洞,甲状腺機能低下症,外耳炎
参考価格10万円~30万円

体毛

抜け毛少ない
毛質スムースコート,ショートコート
毛色ウィートン

体高

男の子63cm~69cm
女の子61cm~66cm

体重

男の子36.5kg
女の子32kg

ローデシアン・リッジバックの身体的特徴

とても引き締まった体格をしており、胴と脚がとても長いのが身体的な特徴のひとつです。

マズルは特に長いわけでもなく、耳は垂れ耳になっています。

もっとも特徴的なのはリッジバックという、首から尻尾にかけての毛が逆向きに生えていることでしょう。

ローデシアン・リッジバックのサイズ(体高・体重)

体高男の子:63cm~69cm
女の子:61cm~66cm
体重男の子:36.5kg
女の子:32kg

大型犬らしい体格の大きさで、男の子の場合も女の子の場合も、60cmを超える大きさです。

体重も30kgを超えることが一般的で、上記の体格が理想的だとも言われています。

ローデシアン・リッジバックの性格・習性

見た目の割に攻撃性は高くなく、反対にとても賢いという特徴を持つローデシアン・リッジバック。

大型犬らしい落ち着きも持ち合わせており、良い意味でも悪い意味でも無関心であることが多いです。

飼い主さんや家族に対してはとても従順。普段は吠えることも少ないですが、状況によっては警戒心から強く吠えることもあります。

また、非常に独立心が高いため、最初のしつけでやや苦労することもあるでしょう。

ローデシアン・リッジバックの毛色・被毛

毛色は小麦色という意味を持つウィートン。明るめのライトウィートンから、赤みがかったレッドウィートンまで認められています。

胸元や指趾(しし)の白色は許容されている一方で、その周辺となった場合は望ましくないとされています。

被毛は短くストレートなスムースコートとなっており、特徴的なのは名前にもなっているリッジバックです。

首からしっぽの付け根にかけて背骨に沿って生えており、毛の生えている向きが逆になっているものです。

リッジバックを持っいる犬種は世界的に見ても非常に珍しいので、数種類程度しか存在しません。

ローデシアン・リッジバックの平均寿命

平均寿命は10歳~12歳程度。大型犬なので、平均的な寿命よりもやや短くなっています。

大型犬の場合、特に注意しておきたい病気などもある程度は分かっているため、注意して暮らすことをおすすめします。

ローデシアン・リッジバックの注意したい病気の一例

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)骨が変形したり関節が緩むことで、股関節が異常形成される病気。
甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)甲状腺に異常が起き、甲状腺ホルモンの分泌が減少する病気。
外耳炎耳の穴から鼓膜にかけて炎症が起こる病気。

大型犬によく見られる股関節形成不全は、ローデシアン・リッジバックと暮らしていく上で特に注意したい病気のひとつです。

骨格形成期において骨が変形すると、股関節が緩みやすくなり、歩行不全などに繋がります。

体が大きいので関節への負担も大きく、食事と合わせて運動量を調節する必要が出てきます。

その他にも甲状腺機能低下症や、耳が垂れていることで注意したい外耳炎などがあります。

ローデシアン・リッジバックの見分け方

ローデシアン・リッジバックと似ている犬種はそう多くなく、体の大きさだけでもある程度の判別は可能です。

またウィートンと言われる毛色、垂れ耳、そしてリッジバックが見分ける際のポイントになります。

ローデシアン・リッジバックの登録頭数

日本国内におけるローデシアン・リッジバックの血統登録・血統証明書が発行された頭数は、ゼロとなっているのがJKCの「2022年(1月~12月)犬種別犬籍登録頭数」からわかります。

アフリカ南部を原産とする犬種であり、特に警備犬として人気のある犬種でもあることから、なかなか日本では見られないでしょう。

ローデシアン・リッジバックの誕生の歴史

ローデシアン・リッジバックの原種は16世紀頃から確認されています。

当時は、南アフリカ共和国からナミビアにかけて住んでいるホッテントット族(現コイコイ人)が飼育していたと考えられており、すでに絶滅してしまったホッテントットドッグとマスティフ系の犬とのミックスで誕生。

作出したのは入植してきたヨーロッパ人だと言われており、元々はホッテントット族を追い出すために生まれた犬種です。

主人を失ってしまったホッテントットドッグは邪魔者扱いされ、命を奪われることも多かったという過去を持っています。

ただ、その後は飼い慣らして猛獣の狩猟などで活躍することがわかり、徐々に評価が高まっていきました。

そして獣猟犬として高い個体は、マスティフ系の犬種と交配が行われ、現在のローデシアン・リッジバックの原型が誕生。

その後もイングリッシュ・マスティフやグレート・デーン、ブラッドハウンドなどと掛け合わせられていき、現在のローデシアン・リッジバックとなりました。

国内では2019年に10匹のローデシアン・リッジバックが確認されているものの、それ以降はJKCの犬種別犬籍登録頭数(血統証明書が発行された犬の頭数)で確認できていません。

ローデシアン・リッジバックと繋がりのある犬種

マスティフ

チベタン・マスティフを祖先とすると考えられている、マスティフの中ではもっとも有名な犬種。

とても古い歴史を持つ犬種のひとつで、軍用犬としての活躍も長く見せてきており、一時期は猛獣との認識もあったほど。

ただ、実際にはとても落ち着きがあり、家族に対して愛情深い面も持っているため、適切なトレーニングにより暮らしていくことができる犬種です。

忠誠心が強く、知能が高い

家族には従順で、番犬向き

本能的に無駄吠えしやすい

適度な運動を必要とする

 その他情報

原産国イギリス
大きさ大型
平均寿命9歳〜11歳
なりやすい病気股関節形成不全,胃拡張胃捻転症候群,眼瞼内反症,眼瞼外反症,外耳炎
参考価格30万円~50万円

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色アプリコット・フォーン,シルバー・フォーン,フォーン,ダーク・フォーン・ブリンドル

体高

男の子75cm~
女の子70cm~

体重

男の子75kg~
女の子75kg~

ブラッドハウンド

鹿や猪などを狩る目的で活躍している、セント・ハウンドの一種でもあるブラッドハウンド。

家庭犬ではあるものの猟犬でもあり、現代においても猟犬として活躍している犬種です。

警察犬として人間の捜索において活躍することもあり、非常に優れた嗅覚を有しています。

穏やかで大人しい

家族には懐くが、警戒心は強い

頻繁に吠えることはない

運動はあまり好まない

 その他情報

原産国ベルギー
大きさ大型
平均寿命7歳~12歳
なりやすい病気股関節形成不全,胃拡張捻転症候群,眼瞼内反症,眼瞼外反症,外耳炎
参考価格40万円~60万円

体毛

抜け毛ない
毛質スムースコート
毛色ブラック&タン,レバー&タン,レッド

体高

男の子68cm
女の子62cm

体重

男の子46kg~56kg
女の子40kg~48kg

グレート・デーン

とても大きな体格でありながら、非常に優しい心の持ち主でもあるグレート・デーン。

ドイツを原産国としているため、ジャーマン・マスティフとも呼ばれることがあり、もっとも体高のある犬種でもあります。

トレーニング次第ではとても優しい性格になれるものの、適切な訓練を受けていないと攻撃性が増すこともあります。

穏やかで忠誠心が高い

非常に懐きやすい

ほとんど吠えることはない

スタミナが豊富で、十分な運動が必要

 その他情報

原産国ドイツ
大きさ大型
平均寿命7歳~10歳
なりやすい病気胃拡張捻転症候群,股関節形成不全,拡張型心筋症,先天性心疾患,ウォブラー症候群
参考価格15万円~40万円

体毛

抜け毛多い
毛質シングルコート
毛色フォーン&ブリンドル,ハールクイン&ブラック,ブルー,ブラック,ブリンドル,フォーン

体高

男の子80cm以上
女の子72cm以上

体重

男の子50kg~82kg
女の子50kg~82kg

ローデシアン・リッジバックの飼い方

もし、ローデシアン・リッジバックを迎え入れるとなったら、次の点に注意してみましょう。

ローデシアン・リッジバックの特徴的な独立心の高さは、迎え入れる上で特に理解しておきたいポイントです。

独立心がとても高いため、徹底したしつけが必要

興味のあることには意欲的に取り組んでくれるものの、興味がなければ全くの無関心であるローデシアン・リッジバック。

飼い主さんとの信頼関係を築けていれば早いですが、その前段階でのトレーニングはやや苦労するでしょう。

独立心が高いため、信頼関係がない状態では自己判断で物事を考えてしまうこともあります。

家庭犬としてしつけをする場合には、根気強く徹底したしつけの継続が必要になります。

毎日1時間程度の散歩と運動が必要

大型犬ということもあって、1回の散歩時間は30分ほど必要になります。

激しい運動は必要ありませんが、長いと1時間ほど必要になる場合もあるでしょう。

朝晩の散歩が必要になるため、時間を確保できる飼い主さんが向いていると言えます。

定期的にドッグランなどでストレス発散させてあげる

日常の散歩だけでは運動量に対して、ストレスが溜まりがちになってしまうでしょう。

週末などの少しでも時間があるときには、ドッグランを利用するというのがおすすめ

ワクチン接種や必要なトレーニングを終えて、たまにはストレス発散に連れて行ってみましょう。

抜け毛は少ないので、ブラッシングは週に1回程度でOK

被毛は短毛で換毛期がありませんので、定期的なブラッシングが行えていれば良いです。

皮膚や被毛を傷めなければ毎日、体調確認の一環としても行って良いでしょう。

難しい場合には、最低でも週に1回を目安として行うのがおすすめです。

食事は関節ケアを忘れずに

大型犬全般に言えることですが、体が大きいこともあり、関節ケアが特に重要です。

日常的なケアというよりも、食事や定期的な健診などでケアしてあげるようにしましょう。

関節ケアにはコンドロイチンやグルコサミンが含まれているものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

ローデシアン・リッジバックにおすすめのドッグフード3選

レティシアンネルソンズドッグフード 中・大型犬向け

出典 :https://www.amazon.co.jp/

中型犬や大型犬は食べる量も多く、飼い主さんの負担も考えてコスパも重要視しなければいけません。

ネルソンズドッグフードは、体に良くしっかりと食べてもらえる、というフードを実現。

胃腸がデリケートな子にも安心なグレインフリーで、体内から改善するオリゴ糖なども配合しています。

食べごたえのある大粒サイズになっており、コンドロイチン・グルコサミンも配合されていますよ。

対象年齢全年齢
内容量5kg
原産国イギリス
主原料乾燥チキン28%、チキン生肉22%
その他原材料サツマイモ、バターナッツスカッシュ、チキンオイル、エンドウ豆、チキングレイビー、エンドウ豆繊維、サーモンオイル、海藻パウダー、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、ニンジン、パースニップ、リンゴ、カボチャ、ミドリハッカ、インゲン豆、ブロッコリー、パセリ、マリーゴールド、フェンネル、ショウガ、ナシ
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物グルコサミン、ユッカ抽出物、クランベリー抽出物、コンドロイチン、ビタミン類(A、D3、E)、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、パルミチン酸アスコルビル、クエン酸)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー368kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)193円/105g
定期販売1~2個:1個あたり7,816円(税込)/3個以上:1個あたり7,356円(税込)
フード目的一般食(FEDIAF基準)
フードの種類ドライ

ニュートロナチュラルチョイス 中型犬~大型犬用 成犬用 チキン&玄米

体の大きい子にとって、消化吸収の良さと皮膚被毛の健康維持などは重要なポイント。

これに加えて関節の健康維持をサポートしてもらえる、グルコサミン・コンドロイチンを含むチキンを採用しています。

消化吸収の良質なタンパク質と、皮膚被毛の健康維持にはオメガ3脂肪酸&オメガ6脂肪酸が使われています。

対象年齢1歳以上
内容量3kg
原産国アメリカ
主原料チキン(肉)、玄米(食物繊維源)
その他原材料モロコシ、粗挽き米、チキンミール(グルコサミン、コンドロイチン源)、エンドウマメ、オートミール、鶏脂(オメガ6脂肪酸源)、タンパク加水分解物、亜麻仁(オメガ3脂肪酸源)、ビートパルプ、大麦、チアシード、ココナッツ、トマト(βカロテン源)、乾燥卵、パンプキン、ケール、ホウレンソウ
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー360kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)226円/117g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

アカナ(ACANA)アダルトラージブリードレシピ

運動量が多く、日常的にエネルギー消費量が多い子におすすめのアダルトラージブリードレシピ。

AAFCOの基準に基づいた総合栄養食となっており、鶏肉をベースとした原材料の配合となっています。

穀物・とうもろこし・じゃがいもなどは不使用なので、低GIで血糖値や体重が気になる子にもおすすめできます。

対象年齢1歳以上
内容量11.4kg
原産国カナダ
主原料新鮮鶏肉、鶏肉ミール、七面鳥肉ミール
その他原材料赤レンズ豆、丸ごとグリンピース、そら豆、新鮮鶏臓器(レバー、ハツ、腎臓)、ニシンミール、新鮮全卵、新鮮丸ごとカレイ、ニシン油、鶏脂肪、日干しアルファルファ、緑レンズ豆、丸ごとイエローピース、エンドウ豆繊維、新鮮鶏軟骨、乾燥ブラウンケルプ、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮丸ごとパースニップ、新鮮ケール、新鮮ほうれん草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、新鮮丸ごとクランベリー、新鮮丸ごとブルーベリー、チコリー根、ターメリック、オオアザミ、ゴボウ、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物亜鉛キレート
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー337.5kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)28円/125g
定期販売Amazon定期便あり
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

ローデシアン・リッジバックの価格

現在の日本でローデシアン・リッジバックに出会える機会はあまり多くありません。

そのため、個体価格だけならば10万円~30万円程度であるものの、海外からの輸入が基本となると諸経費によって50万円近くなりやすいです。

ブリーダーさんを見つけるのも難易度が高いので、迎え入れがもっとも大変かもしれませんね。

この記事の執筆者

執筆者情報

nademo編集部

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

ドッグフードのおすすめ


nademo編集部の日常

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-犬種
-