キャットフード

猫用缶詰キャットフードのおすすめ20選!選び方や注意点

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
猫用缶詰キャットフードのおすすめ20選!選び方や注意点もご紹介

日本で初めて生産されたペットフードはキャット用の缶詰だったとか。ツナ缶で有名なメーカーが、アメリカへの輸出用として1958年に製造したものでした。

国内用としては1969年に最初の缶詰タイプのキャットフードが販売され、長年、日本で猫のごはんとして愛用されてきた猫缶。

そんな猫用缶詰のメリットや選び方、愛猫に与えるときの注意点などについても解説いたします。

この記事の結論

  • 猫用缶詰は、水分量が75%程度のウェットフードに分類される
  • 食事と同時に水分補給ができる、食いつきが良いなどのメリットがある
  • 選ぶ際、使われている原材料や添加物の確認は必ず行う
  • 猫用缶詰が一般食や副食の場合は、総合栄養食と一緒に与える
  • 歯垢が着きやすいので、歯石にならないように歯磨きは必須

担当執筆者

nademo編集部

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

キャットフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

もくじ

猫用缶詰の魅力

 国内初の猫缶が販売された昭和40年代、猫のごはんと言えば、日本の家庭ではまだ残りご飯に鰹節や味噌汁をかけた猫まんまが主流でした。

人間用の鰹節や味噌汁は猫にとっては塩分過多で、腎臓病や尿路結石などの泌尿器系の病気の原因になりかねません。

1970年代にはスーパーマーケットなどの量販店で買える猫缶も次々登場し、家庭にも普及していきました。

2009年、「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」も施行され、今では栄養や含有成分にも配慮した魅力的な猫缶が種類も豊富に販売されています。

ウェットフードとドライフードの違いは水分の含有量

ペットフードの水分含有量

一般社団法人ペットフード協会「令和4年 全国犬猫飼育実態調査」によると、猫の主食用フード購入比は市販のドライタイプ71.3%、市販のウェットタイプ14.1%でした。

猫缶もウェットフードに分類され、ドライフードとウェットフードの違いは水分の含有量によります。

フードの種類水分量
ドライフード10%程度
ウェットフード75%程度
参考:一般社団法人ペットフード協会「ペットフードの種類」

この他にも、犬の場合には半生(セミモイスト、ソフトドライ)などがありますが、猫にはほとんど存在しません。

基本的にはドライフードで、おやつや食いつきが悪いときなどにウェットフードが与えられます。

猫用缶詰を与えるメリット

猫缶は水分含有量の多いウェットフードなので、メリットは何と言っても栄養分と一緒に水分補給もできることです。

離乳食期の子猫やシニア猫にも与えやすく、食の細い子にはドライフードにミックスやトッピングすることもでき、薬やサプリを混ぜて与えるのにも便利。

また、ドライフードよりも食材の自然な持ち味を活かせるので嗜好性が高く、パウチなどに比べて保存性が高いのも利点でしょう。

水分補給をサポートしてくれる

猫はもともと出身が半砂漠や熱帯雨林のため、あまり水を飲む習慣がありません。

けれど、水分が不足すると脱水症のリスクが高まるほか、尿が濃くなって膀胱炎や結石といった尿路系の病気も発症しかねません。

猫が1日に必要とする水分量は、体重1kgあたり40ml~55ml程度が目安とされています。

かと言って、缶詰をあげているから飲水が必要ない訳ではありません。愛猫がいつでも飲めるように新鮮な飲料水を常に用意しておきましょう。

動物性タンパク質が豊富に含まれている

ドライフードは成分を組み合わせる自由度が高いという利点がありますが、水分10%以下にするため、どうしても動物性タンパク質含有量に限りがあります。

その点、缶詰はとれたてや調理したてをそのままパッケージできるので、動物性タンパク質の豊富な肉や魚を食材としてたっぷり用いることができます。

匂いが強いので食いつきが良くなる

猫の嗅覚は人間の数万~数10万倍と言われています。

逆に味覚については、人間は甘み、苦味、酸味、塩味、旨みの5味を感じるのに対して猫は4味。猫の舌には甘みを感じる味蕾(みらい)がありません。

その分、食べ物の匂いには敏感で、好き嫌いの判断は過分に匂いによるところが大きいとされます。

猫の大好きな肉や魚のおいしそうな香りがする缶詰は食いつきも良く、缶を開けた途端に飛んで来る子も多いです。

シニア猫や歯にトラブルがある猫でも食べやすい

水分量が多いので、食べる力が衰えてきたシニア猫や、口内のトラブルで固いものが噛めない子でも食べやすい利点も。

子猫の離乳食としても与えやすく、最近では年齢やステージ別に選べる缶詰もいろいろあります。

食が細い子でも缶詰にしたら食べるようになったというケースも多々あり、ほかのフードと混ぜたりトッピングすることで嗜好性がアップ。

薬やサプリを混ぜて与えるのにも便利で、錠剤を砕いて混ぜて与えることも可能です。ただし、薬を混ぜる場合はあらかじめかかりつけの獣医師にご相談を。

未開封だと長期保存が可能で災害時にも役立つ

密閉度の高い缶詰は保存性に優れ、未開封なら長期保存も可能。水分量の多い猫缶は水道が使えない非常時のストック用としてもおすすめです。

ただし、缶詰に印刷してある賞味期限はこまめにチェックして、それまでに使い切るようにしましょう。

開封後の缶詰に残ったフードは別容器に移して冷蔵庫や冷凍庫で保存し、与える直前に電子レンジで程よく温め、翌日中には使い切りを。

缶詰メーカーのホームページに掲載されている保存方法や保存期間の目安を、必ず確認しましょう。

猫用缶詰の選び方

今や多種多様な猫缶があって迷ってしまいますが、まずは目的を明確にすること。

愛猫の主食として与えるのか、それとも、食いつきを良くするためにいつものごはんにプラスして与えるのか…など。

また、愛猫の年齢、体重、体調によっても選択肢は異なってきます。

フードの目的を最初にチェック

キャットフードの種類と目的

環境省「飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~」では、ペットフードを大きく4種類に分類しています。

猫缶もこの4種類に分けることができ、パッケージやメーカーサイトにも明示されていますので、よく見て目的に合ったものを選びましょう。

総合栄養食

出典:Amazon

毎日主食として与えるなら、総合栄養食。栄養のバランスを考慮して配合されています。

缶詰のパッケージにも「総合栄養食」と表示。総合栄養食と記載できるのは、ペットフード公正取引協議会の基準をクリアしたものだけです。

栄養基準のガイドラインは、米国飼料検査官協会(AAFCO)や米国科学アカデミーの学術会議(NRC)によって示されており、日本もAAFCOの基準に従っています。

栄養素子猫(妊娠・授乳期)成猫
粗タンパク質30.0%~26.0%~
アルギニン1.25%~1.04%~
ヒスチジン0.31%~0.31%~
イソロイシン0.52%~0.52%~
ロイシン1.25%~1.25%~
リジン1.20%~0.83%~
メチオニン+シスチン1.10%~1.10%~
メチオニン0.62~1.50%0.62~1.50%
フェニルアラニン+チロシン0.88%~0.88%~
フェニルアラニン0.42%~0.42%~
トレオニン0.73%~0.73%~
トリプトファン0.25%~0.16%~
バリン0.62%~0.62%~
タウリン(ウェットフードの場合)0.20%~0.20%~
粗脂肪9.0%~9.0%~
リノール酸0.5%~0.5%~
アラキドン酸0.02%~0.02%~
カルシウム1.0%~0.6%~
リン0.8%~0.5%~
カリウム0.6%~0.6%~
ナトリウム0.2%~0.2%~
塩素0.3%~0.3%~
マグネシウム0.08%~0.04%~
80mg/kg~80mg/kg~
銅(ウェットフードの場合)5.0mg/kg~5.0mg/kg~
マンガン7.5mg/kg~7.5mg/kg~
亜鉛75~2,000mg/kg75~2,000mg/kg
ヨウ素0.35mg/kg~0.35mg/kg~
セレン0.1mg/kg~0.1mg/kg~
ビタミンA9,000~7,500,00IU/kg5,000~750,000IU/kg
ビタミD750~10,000IU/kg500~10,000IU/kg
ビタミンE(トコフェロール)30IU/kg~30IU/kg~
ビタミンK0.1mg/kg~0.1mg/kg~
ビタミンB1(チアミン)5.0mg/kg~5.0mg/kg~
ビタミンB2(リボフラビン)4.0mg/kg~4.0mg/kg~
ビタミンB5(パントテン酸)5.0mg/kg~5.0mg/kg~
ビタミンB3(ナイアシン)60.0mg/kg~60.0mg/kg~
ビタミンB6(ピリドキシン)4.0mg/kg~4.0mg/kg~
葉酸0.8mg/kg~0.8mg/kg~
ビタミンB7(ビオチン)0.07mg/kg~0.07mg/kg~
ビタミンB12(シアノコバラミン)0.02mg/kg~0.02mg/kg~
コリン2400mg/kg~2400mg/kg~

食事療法食

療法食はあくまで特定の疾病や健康状態が低下した際に治療の一環として与える食事ですから、必ず獣医師のアドバイスに従いましょう。

最近ではネット通販でも購入できるようになりましたが、本来、動物病院専用製品(獣医師専用製品)のフードです。

獣医師の診断・指導に基づかない長期に渡る不適切な使用により、腎不全、尿石、栄養失調といった猫の健康被害も報告されています。

日本では、総合栄養食ほど明確に数値化された基準はまだありませんが、一般社団法人 獣医療法食評価センターが療法食ガイドラインを作成しています。

また、ペットフード公正取引協議会により「ペットフード等䛾薬事に関する適切な表記䛾ガイドライン」も定められています。

おやつ・間食

パッケージには、おやつ、スナック、トリーツなどと表示されます。歯磨きや毛玉除去などの目的に特化したものもあります。

ご褒美などに活用できますが、あくまで補助食ですから、カロリーオーバーにならないよう注意しましょう。

おやつを与える場合の適正量の目安は、猫が1日に必要とするエネルギーの20%以内とされています。

1日に必要なエネルギー量は個体によって異なりますが、完全室内飼いや運動量の少ない成猫なら体重1kgに対して約52kcal程度が目安です。

その他の目的食(副食・一般食)

出典:Amazon

パッケージに一般食や副食と表示され、総合栄養食、療法食、間食いずれにも分類できないフードです。トッピング用やサプリメントタイプもあります。

猫の嗜好性を満たす食いつきの良いものが多いですが、毎日これだけをごはんとして与えていると栄養が不足し、愛猫が体調を崩しかねません。

パッケージの表示をよく見て選び、あくまで主食の総合栄養食を補うものとして与えましょう。

フードの形状

人間用の缶詰もいろいろな形状の種類がありますが、猫缶の中身もバラエティに富んでいます。

愛猫の食欲を喚起したいなら素材のおいしさを活かしたフレークタイプ、幼猫や高齢猫なら食べやすいパテタイプ、水分補給ならスープ・シチュータイプ、など。

愛猫の食べやすさや嗜好性に合わせて選んであげましょう。

フレークタイプツナ缶のツナのように素材の形が残っているもの
パテタイプ肉や魚などの素材を細かくして練り上げて押し固めたもの
スープ・シチュータイプ大きめの具材を煮込んで作ったもの

愛猫の年齢に合わせる

猫のライフステージ

猫も犬同様、体重によって小型、中型、大型に大きく区分でき、それぞれ成長速度も異なります。

一般的に成猫で体重約2~3kgが小型猫、約3~5kgが中型猫、体重5kg以上が大型猫とされています。

小型猫の代表例シンガプーラマンチカンミヌエットバンビーノ、 デボンレックス、ラムキン、キンカロー、など
中型猫の代表例アビシニアンアメリカンショートヘア、日本猫、スコティッシュフォールドスフィンクスソマリロシアンブルー、など
大型猫の代表例サイベリアンラグドールラガマフィンノルウェージャンフォレストキャットオシキャットメインクーン、など

多くのメーカーが年齢やライフステージに合わせた猫缶を用意しています。

年代ごとに栄養バランスを変えたり、不足しがちな栄養を強化したりと工夫していますので、愛猫の年齢に合ったものを選んであげましょう。

子猫(キトン)用

出典:Amazon

子猫用であれば、キトン用、生後○ヶ月まで、生後1年まで、あるいはさらに詳しく、離乳期用、幼猫用などとパッケージに記載されています。

乳歯が生えそろっていない離乳期の子猫なら、パテタイプ(ペーストタイプ)が食べやすいでしょう。

子猫と成猫で必要な栄養素の違いは基本的にありません。むしろ重要なのはその量で、子猫には発育するための十分な栄養量とカロリー量が必要です。

成猫用

出典:Amazon

生後12ヶ月以上、生後1年以上、アダルトキャット向けなどと表示されていれば成猫用です。

子猫用のフードはカロリーが高いため、成猫になっても与え続けていると肥満してしまう可能性が。

生後10ヶ月~12ヶ月くらいから成猫用フードに切り替えますが、成猫用10%くらいから始め、20%、30%…と徐々に増やしていきます。

ドライフードに切り替える場合も、子猫用の缶詰をトッピングやミックスしてあげるとスムーズに移行できるでしょう。

シニア用

出典:Amazon

中高年向け缶詰には、○歳以上、中高齢猫用、シニア用、老齢猫用などと記載されています。最近では7歳以上、12歳以上などに分けているものも。

年齢を重ねて7歳頃になると、運動量が減り、代謝量も低下しますので、カロリーオーバーにならないよう注意が必要です。

また、腸の働きが衰え、便秘しやすくなるので消化性に優れ、十分なタンパク質が摂取できて、腎臓病や歯周病のリスクにも配慮したフード選びを。

以前に比べてあまり遊ばなくなった、寝てばかりいる、毛艶がなくなってきた…などの変化に気づいたら、中高齢用やシニア用のフードに切り替えましょう。

全年齢(オールステージ)用

出典:Amazon

子猫から高齢猫まで与えられる缶詰には、全年齢対応、オールステージ向けなどの表示があります。

成長段階が異なる猫を多頭飼育している飼い主さんにとっては、非常に便利なフードと言えるでしょう。

基本的に子猫と成猫で必要とする栄養素は同じ、栄養量とカロリー量が異なるだけなので、それぞれの年齢に応じて与える量や回数を調整すればOK。

また、気に入ったものしか食べない、変化を嫌うという子にも適したフードと言えるでしょう。

原材料は特に重要なポイント

出典:Amazon

ペットフードのパッケージには以下5項目を日本語で表示することが、ペットフード安全法で義務づけられています。

  1. 名称
  2. 賞味期限
  3. 原材料名
  4. 原産国名
  5. 事業者名及び住所

特に原材料のチェックは、愛猫の健康に直結することなので重要です。

原材料名の表示は使用量の多い順に記載することが、「ペットフードの表示に関する公正競争規約・施行規則」により定められています。

最近では、人間用の食品と同品質であるヒューマングレードの原材料を用いた猫缶も増えています。

アレルギー対策としてのグレイン・グルテンフリー

グレインフリーとは、米、麦、トウモロコシ、キビなどの穀物全般を使用していないという意味。

猫はもともと肉食動物なので、多量の穀物が入ったフードを与えると消化不良を起こし、下痢や嘔吐する場合があります。

動物病院で穀物を原因とするアレルギーがあると診断された子には、グレインフリーの猫缶を選んであげましょう。

グレインフリーのフードは穀類を用いない分、肉や豆などの配合量が多くなるため高タンパクです。

ただし、タンパク質分解の役割を担う肝臓や腎臓に疾患のある猫、肝臓や腎臓の機能が低下したシニア猫には必ずしもおすすめできません。

不要な添加物は含まれていない方が好ましい

添加物の主な種類

ペットフードに添加物が使用される目的は、大きく分けて品質維持のためと栄養補助のためです。

また、添加物には天然由来の添加物と合成添加物とがありますが、合成添加物の中には発癌性が認められるものもあって注意が必要です。

ペットフード安全法により、以下の物質の含有量に関しては定める量以下にしなければならないとされています。

分類物質等定める量(μg/g)
添加物エトキシキン、BHA、BHT

150(合計量)
犬用エトキシキンは75以下

亜硝酸ナトリウム100
農薬グリホサート15
クロルピリホスメチル10
ピリミホスメチル2
マラチオン10
メタミドホス0.2

汚染物質
(環境中に存する物質で、意図せず愛玩動物用飼料中に含まれるもの)

アフラトキシンB10.02
デオキシニバレノール

2(犬用)
1(猫用)

カドミウム1
3
無機砒素2
BHC(α-BHC、β-BHC、γ-BHC及びδ-BHC、の総和)0.01
DDT(DDDおよびDDEを含む)0.1
アルドリンおよびディルドリン(総和)0.01
エンドリン0.01
ヘプタクロルおよびヘプタクロルエポキシド(総和)0.01
その他メラミン2.5
参考:環境省「ペットフード安全法 ~基準規格等」

これらの添加物が含まれているものについては、注意して選ぶべきだと言えますね。

無理なく続けやすい価格かどうかも大切

当然ながら猫缶も高品質になればなるほど、価格も高価になります。

療法食の場合はクオリティ優先としても、主食となる総合栄養食、おやつや副食、その他の場合は毎日続けられる価格かどうかも大切なポイント。

缶詰はドライフードよりやや高価な傾向がありますが、品質と価格がバランスの取れたコストパフォーマンスの良いものを選びたいものです。

ちなみに、一般社団法人ペットフード協会「令和4年 全国犬猫飼育実態調査」によると、1ヶ月あたり主食用キャットフード平均支出金額は3,709円でした。

猫用缶詰のおすすめ一覧表

No商品商品名参考価格購入先対象年齢内容量原産国主原料その他原材料注意したい原材料安全性の高い添加物注意したい添加物100gあたりのカロリー1日あたりの価格(体重5kgの場合)定期販売フード目的フードの種類
1三洋食品
何も入れないまぐろだけのたまの伝説

4,650円

全年齢1.68kg日本まぐろなしなしビタミンEなし71.5kcal546円-栄養補完食ウェット
2いなば
チャオ ホワイティ かつお&おかか

129円

-85g日本かつおかつお節なし増粘多糖類、ビタミンE、緑茶エキスなし65kcal209円-一般食ウェット
3レティシアン
カナガンキャットフード チキン&サーモン ウェットタイプ

6,358円

全年齢900g(75g×12缶)タイチキン生肉水、サーモン、タピオカ、ヒマワリオイルなし増粘安定剤(キサンタンガム)、ミネラル類、タウリン、ビタミン類なし93kcal1,060円/150g1個:1個あたり5,722円(税込)/2個~3個:1個あたり5,404円(税込)/4個以上:1個あたり5,086円(税込)一般食(FEDIAF基準)ウェット
4AIXIA(アイシア)
純缶ミニ3P しらす入りまぐろ

8,280円

1歳~10歳4.68kg((65g×3缶)×24個)タイマグロ、しらすオリゴ糖なし増粘多糖類、ビタミンEなし43kcal358円-一般食ウェット
5シシア
ツナ&サーモン

360円

-70gタイツナ、サーモンタピオカデンプンなしビタミンA、ビタミンE、タウリンなし55kcal864円-一般食ウェット
6ティキキャット
アフターダーク チキン&うずらたまご

396円

全年齢80gタイチキン、チキンブイヨン、うずらたまごチキンレバー、鶏砂肝、鶏心臓、食塩、ツナオイルなしタウリン、アミノ酸類、ビタミン類、ミネラル類なし82.5kcal945円-総合栄養食ウェット
7ピュリナ
モンプチ ゴールド缶 極上たい添えまぐろ

2,267円

1歳以上1.68kg(70g×24缶)タイかつお、まぐろ、たいなしなし増粘多糖類、ビタミンEなし50kcal103円Amazon定期便あり一般食ウェット
8NAMA
ゼリー仕立て マグロ&ホタテ

3,950円

全年齢1.92kg(80g×24缶)タイ‎マグロ(骨なし)、スモークカツオフレーク、マグロエキスホタテ、フラクトオリゴ糖、水なし増粘剤(グアーガム)、タウリン、ビタミンEなし55kcal165円/80gAmazon定期便あり一般食ウェット
9デビフペット
ご用達まぐろ白身 成猫用

1,665円

1歳以上480g(80g×6個)日本まぐろ(白身、血合い)鰹節、オリゴ糖、魚介エキス、食物繊維、ミルクCaなし増粘多糖類なし60kcal277円-栄養補完食ウェット
10ジウィ
キャット缶 マッカロー&ラム

858円

全年齢185gニュージーランド‎マッカロー(サバ)、ラム生肉、ラムラング生肉、ラムトライプ生肉、ラムハート生肉、ラムキドニー生肉、ラムレバー生肉ニュージーランド緑イ貝、ラムボーン、DLメチオニン、乾燥海草なしDL-メチオニン、ミネラル類(硫酸マグネシウム、亜鉛アミノ酸複合体、マンガンアミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体)、タウリン、ビタミン類(E、チアミン硝酸塩、塩酸ピリドキシン、D3、葉酸)なし120kcal1,136円/245g-総合栄養食ウェット
11いなば
前浜の魚 細かめフレーク まぐろ

3,925円

1歳以上2.76kg(115g×24個)タイかつお、まぐろまぐろエキス、オリゴ糖なし増粘多糖類なし65kcal116円Amazon定期便あり一般食ウェット
12アーテミス
オソピュア グレインフリー ツナ&チキン缶

2,112円

全年齢510g(85g×6缶)タイツナ、ツナブイヨン、チキンぶどう糖、タピオカ、セロリエキスなしグリシン、リン酸三カルシウム、グァーガム、硫酸カルシウム、硫酸マグネシウム、セロリエキス、ビタミンE、硫酸第一鉄、塩、酸化亜鉛、タウリン、ナイアシン、チアミン硝酸塩(ビタミンB1)、ビタミンA、硫酸マンガン、ビタミンB12、ビタミンD3、パントテン酸カルシウム、銅グリシン、リボフラビン(ビタミンB2)、亜セレン酸ナトリウム、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ビオチン、葉酸、メナジオン重亜硫酸ナトリウム(ビタミンK源)、ヨウ化カリウムなし76kcal1,955円/472g-総合栄養食ウェット
13イトウアンドカンパニーリミテッド
NEKONIWA 猫缶 カツオマグロかつおぶし入り

313円

-400gタイ魚介類(かつお、まぐろ等)かつおぶしなし増粘多糖類、ビタミンEなし52kcal63円/80g-一般食ウェット
14NAMA
ゼリー仕立て チキン

3,950円

全年齢1.92kg(80g×24缶)タイ‎チキン(骨なし)フラクトオリゴ糖、水なし増粘剤(グアーガム)、タウリン、ビタミンEなし62.5kcal165円/80gAmazon定期便あり一般食ウェット
15ペットライン
キャネット 魚正 かつお

1,713円

-1.44kg(480g×3セット)タイ魚介類(かつお、フィッシュエキス)なしなし増粘多糖類なし53kcal190円-間食ウェット
16三洋食品
何も入れないささみだけのたまの伝説

4,279円

-1.68kg日本鶏ささみなしなしなしなし78.4kcal178円-栄養補完食ウェット
17デビフペット
愛猫の介護食 ささみ

1,500円

全年齢510g(85g×6個)日本鶏ささみ、鶏肉、鶏レバー鶏卵、食塩なしグルコサミン塩酸塩、コンドロイチン蛋白複合体、増粘安定剤(加工でんぷん、増粘多糖類)、ミネラル類、タウリン、ビタミン類なし85kcal1,376円/468g-総合栄養食ウェット
18ジウィ
キャット缶 フリーレンジチキン

858円

全年齢185gニュージーランドチキン生肉、チキンレバー生肉、チキンハート生肉ニュージーランド緑イ貝、チキンボーン、乾燥海草なしDL-メチオニン、ミネラル類(硫酸マグネシウム、亜鉛アミノ酸複合体、マンガンアミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体)、ビタミン類(塩化コリン、E、チアミン硝酸塩、ナイアシン、塩酸ピリドキシン、リボフラビン、D3、葉酸)、タウリンなし132.5kcal1,030円/222g-総合栄養食ウェット
19デビフペット
カロリーエースプラス 猫用離乳食 ささみペースト

1,500円

生後20日頃以上の幼猫、妊娠・授乳期255g(85g×3個)日本鶏肉、鶏ささみ、鶏レバー人参、乳等を主要原料とする食品、砂糖、鶏卵、オリゴ糖、食塩、EPA・DHA含有精製魚油、ラクトフェリンなし増粘安定剤(加工でんぷん、増粘多糖類)なし90kcal2,500円/425g-総合栄養食ウェット
20いなば
わがまま猫 まぐろ しらす入り

1,272円

1歳以上520g(140g×3缶)タイかつお、まぐろ、しらすかつお節エキスなし増粘安定剤(加工でん粉、増粘多糖類)、ビタミンE、緑茶エキスなし50kcal342円/140g-一般食ウェット

猫用缶詰のおすすめ20選

No.1三洋食品何も入れないまぐろだけのたまの伝説

出典 :https://www.amazon.co.jp/

余計な添加物を用いないシンプル素材

入っているのは、新鮮なまぐろとビタミンEだけ。まぐろの白身を贅沢に使用した国産缶詰で、抗酸化作用のあるビタミンE以外は無添加です。

アレルギーのある猫や、お水を飲むのが苦手な子の飼い主さんに大好評。

まぐろのほかに、同シリーズにはかつお、ささみ、燻製かつお粒入りがあります。総合栄養食と併用して与えましょう。

対象年齢全年齢
内容量1.68kg
原産国日本
主原料まぐろ
その他原材料なし
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ビタミンE
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー71.5kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)546円
定期販売-
フード目的栄養補完食
フードの種類ウェット

No.2 いなばチャオ ホワイティ かつお&おかか

出典 :https://www.amazon.co.jp/

口臭や排泄物のニオイを抑える緑茶エキス配合

ゼリー仕立てのかつお白身に、猫が大好きな香ばしいかつお節、鶏ささみを加えた国産缶詰です。

緑茶エキス配合により腸管内で内容物のニオイを吸着するので、口臭やウンチ臭、オシッコ臭が気になる室内飼いの子におすすめ。

標準サイズの成猫には1回1缶、1日2回を目安に、総合栄養食と一緒に与えましょう。

対象年齢-
内容量85g
原産国日本
主原料かつお
その他原材料かつお節
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物増粘多糖類、ビタミンE、緑茶エキス
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー65kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)209円
定期販売-
フード目的一般食
フードの種類ウェット

No.3レティシアンカナガンキャットフード チキン&サーモン ウェットタイプ

グレインフリー&全年齢対応の総合栄養食

猫が必要とする栄養をバランスよく配合。主食として与えられるフレークタイプのフードです。

とろけるスープにはチキンとサーモンの旨みをぎゅっと詰め込み、猫の食欲を刺激するナチュラルな香りで、水分補給もバッチリ。

穀物アレルギーがある子の毎日のごはんに選びたいグレインフリーで、香料・着色料も不使用の全猫種・全年齢対応。

対象年齢全年齢
内容量900g(75g×12缶)
原産国タイ
主原料チキン生肉
その他原材料水、サーモン、タピオカ、ヒマワリオイル
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物増粘安定剤(キサンタンガム)、ミネラル類、タウリン、ビタミン類
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー93kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)1,060円/150g
定期販売1個:1個あたり5,722円(税込)/2個~3個:1個あたり5,404円(税込)/4個以上:1個あたり5,086円(税込)
フード目的一般食(FEDIAF基準)
フードの種類ウェット

No.4AIXIA(アイシア)純缶ミニ3P しらす入りまぐろ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

ベース素材はまぐろ100%、全猫種・全年齢対応

まぐろの白身肉と赤身肉のコンビネーションに、カルシウムやミネラル豊富なしらすをミックス。

ジューシーなゼリー状のスープで素材を包み込んだ、フレークタイプのウェットフードです。

便秘しがちな猫のお腹にうれしいオリゴ糖配合。成猫には1日1缶を目安に、総合栄養食と一緒に与えましょう。

対象年齢1歳~10歳
内容量4.68kg((65g×3缶)×24個)
原産国タイ
主原料マグロ、しらす
その他原材料オリゴ糖
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物増粘多糖類、ビタミンE
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー43kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)358円
定期販売-
フード目的一般食
フードの種類ウェット

No.5シシアツナ&サーモン

出典 :https://www.amazon.co.jp/

素材の旨み香る絶品プレミアムフード

HACCP認証を取得した厳しい衛生管理のもと、イタリアンレシピに従って100%ナチュラル原材料を使用して作られたフードです。

ビタミンやミネラル、健康に良いとされるDHAやEPAといった不飽和脂肪酸を豊富に含むツナが57.4%。

グレインフリー、無添加・無着色・化学防腐剤フリー、遺伝子組み換えでないGMOフリー、ホルモンフリーの一般食缶詰です。

対象年齢-
内容量70g
原産国タイ
主原料ツナ、サーモン
その他原材料タピオカデンプン
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ビタミンA、ビタミンE、タウリン
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー55kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)864円
定期販売-
フード目的一般食
フードの種類ウェット

No.6ティキキャットアフターダーク チキン&うずらたまご

出典 :https://www.amazon.co.jp/

免疫力を強化したい愛猫に捧げる総合栄養食

鶏肉をベースにアミノ酸、ミネラル、タウリンが豊富なチキンのレバー、砂肝、心臓等をプラスして、猫本来の食事に近づけてあります。

さらに、ビタミンA、B1、B2、カルシウム、鉄を含む栄養豊かなうずらたまごをプラスして、成長促進、筋肉強化、体力向上、免疫力向上をサポート。

チキンは食べやすいフレーク状で、ナチュラルな食材のおいしそうな香りが愛猫の食欲をそそる、毎日の主食にできる総合栄養食です。

対象年齢全年齢
内容量80g
原産国タイ
主原料チキン、チキンブイヨン、うずらたまご
その他原材料チキンレバー、鶏砂肝、鶏心臓、食塩、ツナオイル
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物タウリン、アミノ酸類、ビタミン類、ミネラル類
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー82.5kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)945円
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ウェット

No.7AIXIA(アイシア)黒缶 ささみ入りかつお

出典 :https://www.amazon.co.jp/

信頼され続けるロングセラーの総合栄養食

猫缶の代名詞とも言える「黒缶」。1977年の発売以来、猫と飼い主さんに支持され続けてきた長年のノウハウが詰まっています。

DHA、EPA、鉄分、タウリン、ビタミンEを含むかつおの赤身肉に、かつおの白身肉をプラス。

鶏ささみ、オリゴ糖、ミネラル類、ビタミン類をバランスよく配合した主食になる総合栄養食です。体重3kgの子で1日 1缶が目安。

対象年齢1歳以上
内容量480g(160g×3缶)
原産国韓国
主原料魚介類(カツオ等)、鶏ささみ
その他原材料オリゴ糖
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ミネラル類(Ca、Mn、Zn)、ビタミン類(A、E、K、B1)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー80kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)975円/240g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ウェット

No.8NAMAゼリー仕立て マグロ&ホタテ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

食いつきアップ!トッピングアイテムにおすすめ

EPAやDHAが豊富で、体内で合成できないビタミンも多く含むまぐろとホタテがベース。フレーク状のゼリー仕立てです。

さらに必須アミノ酸の一つタウリン、毛玉ケアに配慮したフラクトオリゴ糖、白血球のバランスを整えるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸もプラス。

国際規格のISO14001(環境マネジメントシステム)、HACCPやGMP、BRCを取得した工場で、厳しい衛生管理のもと製造されています。

対象年齢全年齢
内容量1.92kg(80g×24缶)
原産国タイ
主原料‎マグロ(骨なし)、スモークカツオフレーク、マグロエキス
その他原材料ホタテ、フラクトオリゴ糖、水
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物増粘剤(グアーガム)、タウリン、ビタミンE
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー55kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)165円/80g
定期販売Amazon定期便あり
フード目的一般食
フードの種類ウェット

No.9デビフペットご用達まぐろ白身 成猫用

出典 :https://www.amazon.co.jp/

食べ応えある大きめフレークの栄養補完食

タウリン、ミネラル、DHやEPAを含むまぐろの刺身切り落とし肉に、香り高い鰹節をプラス。

毛玉ケアに配慮した食物繊維やオリゴ糖、消化吸収性に優れたミルクカルシウムに加え、魚介エキスを配合しています。

食の細い子もこれをトッピングするとよく食べてくれると、飼い主さんの評判も上々です。

対象年齢1歳以上
内容量480g(80g×6個)
原産国日本
主原料まぐろ(白身、血合い)
その他原材料鰹節、オリゴ糖、魚介エキス、食物繊維、ミルクCa
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物増粘多糖類
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー60kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)277円
定期販売-
フード目的栄養補完食
フードの種類ウェット

No.10ジウィキャット缶 マッカロー&ラム

出典 :https://www.amazon.co.jp/

究極を目指した全ライフステージ対応の総合栄養食

マッカロー(サバ)とラム肉を主材料に、グリーントライプ、鶏の心臓、ニュージーランド産緑イ貝、オーガニックケルプといったスーパーフードを10%以上配合。

猫が消化しにくい植物性タンパク質、穀類やジャガイモ、タピオカでん粉などの高GI炭水化物は不使用のグレインフリーです。

世界のペット先進国の中でもペット飼育率が高いニュージーランド原産。

対象年齢全年齢
内容量185g
原産国ニュージーランド
主原料‎マッカロー(サバ)、ラム生肉、ラムラング生肉、ラムトライプ生肉、ラムハート生肉、ラムキドニー生肉、ラムレバー生肉
その他原材料ニュージーランド緑イ貝、ラムボーン、DLメチオニン、乾燥海草
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物DL-メチオニン、ミネラル類(硫酸マグネシウム、亜鉛アミノ酸複合体、マンガンアミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体)、タウリン、ビタミン類(E、チアミン硝酸塩、塩酸ピリドキシン、D3、葉酸)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー120kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)1,136円/245g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ウェット

No.11いなば前浜の魚 細かめフレーク まぐろ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

お魚好きの成猫向けトッピングフレーク

まぐろとかつおを丸ごと細かなフレークにした、いつもの主食にトッピングやミックスがしやすいソフトゼリー形状です。

猫のお腹に配慮したオリゴ糖、目や心臓の健康を守るタウリン、緑茶消臭成分も配合し、酸化防止作用のあるビタミンEを強化。

標準的なボディサイズの成猫なら1日1缶を目安に、総合栄養食と一緒に与えましょう。

対象年齢1歳以上
内容量2.76kg(115g×24個)
原産国タイ
主原料かつお、まぐろ
その他原材料まぐろエキス、オリゴ糖
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物増粘多糖類
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー65kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)116円
定期販売Amazon定期便あり
フード目的一般食
フードの種類ウェット

No.12アーテミスオソピュア グレインフリー ツナ&チキン缶

出典 :https://www.amazon.co.jp/

ヒューマングレード素材の総合栄養食

冷凍ではない新鮮な食材にこだわり、人間の食品基準で素材を厳選。ツナをメインにスープをプラスした風味豊かなウェットフードです。

米国農務省(USDA)・米国飼料検査官協会(AAFCO)・米国食品医薬局(FDA)の基準に厳密に基づいて生産されています。

米・麦類などの穀物を一切使用しないグレインフリーで、副産物や保存料・着色料などの人工添加物は不使用。

対象年齢全年齢
内容量510g(85g×6缶)
原産国タイ
主原料ツナ、ツナブイヨン、チキン
その他原材料ぶどう糖、タピオカ、セロリエキス
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物グリシン、リン酸三カルシウム、グァーガム、硫酸カルシウム、硫酸マグネシウム、セロリエキス、ビタミンE、硫酸第一鉄、塩、酸化亜鉛、タウリン、ナイアシン、チアミン硝酸塩(ビタミンB1)、ビタミンA、硫酸マンガン、ビタミンB12、ビタミンD3、パントテン酸カルシウム、銅グリシン、リボフラビン(ビタミンB2)、亜セレン酸ナトリウム、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ビオチン、葉酸、メナジオン重亜硫酸ナトリウム(ビタミンK源)、ヨウ化カリウム
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー76kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)1,955円/472g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ウェット

No.13イトウアンドカンパニーリミテッドNEKONIWA 猫缶 カツオマグロかつおぶし入り

出典 :https://www.amazon.co.jp/

保護猫活動の「猫庭」とのコラボ猫缶

ビタミンや鉄分が豊富に含まれるカツオやマグロの血合い肉に、香り豊かな鰹節をプラス。

いつもの総合栄養食にトッピングやミックスすると、飽きっぽい猫の食いつきが断然良くなると評判です。

売り上げの一部が保護猫活動に充当されます。

対象年齢-
内容量400g
原産国タイ
主原料魚介類(かつお、まぐろ等)
その他原材料かつおぶし
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物増粘多糖類、ビタミンE
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー52kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)63円/80g
定期販売-
フード目的一般食
フードの種類ウェット

No.14NAMAゼリー仕立て チキン

出典 :https://www.amazon.co.jp/

チキン好き垂涎のトッピングアイテム

身がしっかりして食べ応えのあるアミノ酸豊富な骨なし鶏肉を主原料に、タウリン、フラクトオリゴ糖、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸をプラス。

風味を加えるのではなく、素材そのもののフレーバーを活かしているので、チキン好きの子の食いつきが良く、楽しく食べてくれます。

グレインフリー、人工防腐剤や猫が消化しにくい豚肉・ラードは不使用。全年齢・全猫種対応の一般食(副食)です。

対象年齢全年齢
内容量1.92kg(80g×24缶)
原産国タイ
主原料‎チキン(骨なし)
その他原材料フラクトオリゴ糖、水
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物増粘剤(グアーガム)、タウリン、ビタミンE
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー62.5kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)165円/80g
定期販売Amazon定期便あり
フード目的一般食
フードの種類ウェット

No.15ペットラインキャネット 魚正 かつお

出典 :https://www.amazon.co.jp/

お魚好きの愛猫を魅了するシンプル食材

カツオをたっぷり使用し、旨みを閉じ込めただし入りゼリー仕立て。魚肉がぎっしり入っていて、食感も食べごたえがあります。

魚好きの猫が魅せられるシンプル素材。大容量でコスパが良いと飼い主さんにも好評です。

体重3~4kgの成猫なら1日1缶を目安に、総合栄養食と一緒に与えましょう。

対象年齢-
内容量1.44kg(480g×3セット)
原産国タイ
主原料魚介類(かつお、フィッシュエキス)
その他原材料なし
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物増粘多糖類
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー53kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)190円
定期販売-
フード目的間食
フードの種類ウェット

No.16三洋食品何も入れないささみだけのたまの伝説

出典 :https://www.amazon.co.jp/

ささみ本来のクセのない香りと味わい

余計なものは何も入れない国産猫缶シリーズのささみバージョン。原材料は新鮮なささみとビタミンEのみのシンプルさです。

缶を開けるとミルクのようなささみ本来の香りがして、チキン好き猫の食欲をそそります。

総合栄養食にミックスやトッピングしやすい、ほどよく水分のある細かなフレーク状です。

対象年齢-
内容量1.68kg
原産国日本
主原料鶏ささみ
その他原材料なし
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物なし
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー78.4kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)178円
定期販売-
フード目的栄養補完食
フードの種類ウェット

No.17デビフペット愛猫の介護食 ささみ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

食べやすく消化しやすいシニア向け

噛む力が弱くなった老猫も食べやすいよう、やわらかく消化しやすく仕上げた総合栄養食です。

食品用の鶏ささみ、鶏肉、鶏レバーを主原料に、目や心臓の健康を守るタウリン、関節の健やかさをサポートするグルコサミンやコンドロイチンを配合。

老齢期の猫だけでなく、幅広い年齢の主食として使用できます。

対象年齢全年齢
内容量510g(85g×6個)
原産国日本
主原料鶏ささみ、鶏肉、鶏レバー
その他原材料鶏卵、食塩
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン蛋白複合体、増粘安定剤(加工でんぷん、増粘多糖類)、ミネラル類、タウリン、ビタミン類
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー85kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)1,376円/468g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ウェット

No.18ジウィキャット缶 フリーレンジチキン

出典 :https://www.amazon.co.jp/

放し飼いの鶏が主原料の総合栄養食

世界最高品質の呼び声も高いニュージーランド産のフリーレンジチキン(放し飼いの鶏)を贅沢に使用。

猫が消化しにくい植物性タンパク質、穀類やジャガイモ、タピオカでん粉などの高GI炭水化物は不使用のグレインフリーです。

体重4kgの成猫なら1日1缶を目安に、主食として与えられます。全猫種・全年齢対応。

対象年齢全年齢
内容量185g
原産国ニュージーランド
主原料チキン生肉、チキンレバー生肉、チキンハート生肉
その他原材料ニュージーランド緑イ貝、チキンボーン、乾燥海草
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物DL-メチオニン、ミネラル類(硫酸マグネシウム、亜鉛アミノ酸複合体、マンガンアミノ酸複合体、銅アミノ酸複合体)、ビタミン類(塩化コリン、E、チアミン硝酸塩、ナイアシン、塩酸ピリドキシン、リボフラビン、D3、葉酸)、タウリン
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー132.5kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)1,030円/222g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ウェット

No.19デビフペットカロリーエースプラス 猫用離乳食 ささみペースト

出典 :https://www.amazon.co.jp/

離乳期の子猫向けペースト状の総合栄養食

鶏ささみ、鶏胸肉、鶏レバー、人参、乳などを主要原料に、離乳期の子猫に必要な栄養をバランス良く配合。

生後20日頃から与えられる、乳歯が生えそろう前の幼猫でも食べやすいやわらかいペースト状です。

妊娠・授乳期の母猫ちゃんにも主食として与えられます。

対象年齢生後20日頃以上の幼猫、妊娠・授乳期
内容量255g(85g×3個)
原産国日本
主原料鶏肉、鶏ささみ、鶏レバー
その他原材料人参、乳等を主要原料とする食品、砂糖、鶏卵、オリゴ糖、食塩、EPA・DHA含有精製魚油、ラクトフェリン
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物増粘安定剤(加工でんぷん、増粘多糖類)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー90kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)2,500円/425g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ウェット

No.20いなばわがまま猫 まぐろ しらす入り

出典 :https://www.amazon.co.jp/

気まぐれ猫もお墨付きの嗜好性

「わがまま猫」のネーミング通り、好き嫌いの激しい子も食いつきが良くなると飼い主さんたちに評判です。

カツオ、マグロ、フィッシュエキス、しらすなどの主原料の旨みをゼリーでコーティング。着色料不使用なので、素材の持ち味が生かされています。

気になる口臭や糞尿臭を和らげる緑茶エキス配合。一般食なので総合栄養食と併用して与えましょう。

対象年齢1歳以上
内容量520g(140g×3缶)
原産国タイ
主原料かつお、まぐろ、しらす
その他原材料かつお節エキス
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物増粘安定剤(加工でん粉、増粘多糖類)、ビタミンE、緑茶エキス
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー50kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)342円/140g
定期販売-
フード目的一般食
フードの種類ウェット

ウェットキャットフードの売れ筋ランキングはこちら

ご参考として、ウェットキャットフードの売れ筋ランキングをこちらからご確認いただけます。

Amazonの売れ筋ランキング

楽天市場の売れ筋ランキング

Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

猫用缶詰の与え方

栄養分と水分が同時に補給できる、食いつきが良い、口腔トラブルがある猫でも食べやすい…など、メリットの多い猫缶ですが、注意点もあります。

缶詰は加熱殺菌&空気を抜いて密封されるので、保存料などを用いなくても中身の腐敗や酸化を防止でき、常温で長期保存可能なのが利点です。

その反面、いったん開缶すると再度密封できず、空気に触れることで劣化が始まり、缶の変質や中身が腐食する可能性があるという欠点もあります。

愛猫の健康を守るためにも、デメリットも含めて缶詰の特性を理解して与えるようにしましょう。

1日に必要なご飯の量は商品ごとの給与量を目安に

愛猫へ1日に与える量の目安は、たいてい缶の外側やラベル、メーカーサイトにも記載されています。

ただし、ドライフードや複数のウェットフードと併用する場合など、もっと詳しく知りたいときもありますよね。

猫1日の食事量(給与量)は以下の計算式で算出できます。

  • 安静時のエネルギー要求量(RER)kcal=体重kg×30+70
  • 1日あたりのエネルギー要求量(DER)kcal=安静時のエネルギー要求量(RER)kcal×活動係数
  • 1日あたりの食事量=1日あたりのエネルギー要求量(DER)kcal÷キャットフードのパッケージに表示された代謝エネルギー(ME)kcal×100
成長段階活動係数
子猫(4ヶ月未満)3.5
子猫(4ヶ月~6ヶ月未満)2.5
子猫(7ヶ月~12ヶ月)2.0
成猫(妊娠中)2.0
成猫(授乳中)2.0~6.0
成猫(去勢・避妊なし)1.4
成猫(去勢・避妊済み)1.2
成猫(肥満気味)1.0
高齢猫1.1

…ちょっと複雑ですね。

一般的に成猫なら1日に必要なエネルギー量は体重1kgに対して約64kcal、完全室内飼いや運動量少なめなら体重1kgに対して約52kcalが目安とされています。

以下の給餌計算機なら手軽に給餌量と回数が算出できるので、ご活用ください。

   

■活動係数

計算

愛犬1日あたりのフードの量

g

2回に分けて与える場合…g

3回に分けて与える場合…g

4回に分けて与える場合…g

愛犬1日あたりに必要なカロリー

kcal

一般食や栄養補完食は総合栄養食と一緒に与える

一般食や副食と表示されているものだけを主食として与えていると、栄養不足による発育不全や疾病を発症してしまう可能性があります。

主食にできるのは、総合栄養食のみ。一般食や副食は総合栄養食と一緒に与えましょう。

逆に言えば、毎日適量の総合栄養食と水さえ与えていれば、愛猫の健康維持や成長に必要な栄養素を過不足なく摂取できるはずです。

また、おやつやスナック、栄養補完食を与えている場合は、主食からその分のカロリーを差し引き、カロリーオーバーによる肥満に気をつけなければいけません。

猫用缶詰を与える際の注意点

猫用缶詰を与えるときは、いくつか注意点があります。

注意点をしっかり理解した上で、愛猫に缶詰を与えるようにしましょう。

缶詰に慣れるとドライフードを食べなくなる場合がある

フレッシュな作りたてのおいしさが密閉されているため、猫の嗜好性が高いというのも缶詰の大きなメリットです。

ところが、このメリット故に愛猫が缶詰しか食べなくなってしまうというデメリットも…。

通勤や通学、また急な法事などで留守にするときも、飼い主さんにとってはやはりドライフードは便利です。

ドライフードに慣れさせるには以下の方法があります。

  • ドライフードに缶詰のウェットフードをトッピングまたはミックスする
  • ドライフードに猫用の鰹節やふりかけなどをトッピングする
  • ドライフードを密閉容器に保存して与えてみる
  • ドライフードを38℃くらいの人肌に温めて与えてみる(電子レンジを使用する場合は温めムラや温め過ぎに注意)

食べた後は必ず歯磨きをする

出典:Amazon

缶詰のウェットフードは水分が多くて柔らかい分、歯に付着しやすいという短所があります。

歯に付いた食べカスは歯垢と言い、歯垢は3日~5日ほどで歯石になり、歯石になると取り除くのが困難で内臓疾患の引き金になってしまう場合もあります。

愛猫の歯磨きは乳歯が永久歯に生え変わる3ヶ月~6ヶ月頃からスタートし、できれば毎日、最低でも2日~3日に1回は習慣にしたいものです。

食器に入れた缶詰の食べ残しは破棄する

缶詰は長期保存が可能ですが、保管は直射日光が当たらず、温湿度の変化がない場所を選びましょう。

開封して缶詰に残ったフードは、できれば清潔な密閉容器に移して冷蔵庫に保存し、翌日中には使い切ること。

缶詰から食器に移した後の愛猫の食べ残しは酸化や腐敗しやすいので、目安として20分ほど経過したら廃棄することをおすすめします。

参考:環境省「ペットフードの保存方法」

愛猫が缶詰を食べない場合の対処法

愛猫の成長段階や栄養バランスを考えて購入した缶詰なのに、期待に反してちっとも食べてくれない。昨日まで喜んでいたのに、急に食べなくなった。

…こんなこともありますよね。

飼い主さんとしてはガッカリしますが、叱ったり無理やり食べさせようとしてはいけません。

まずは以下の方法を試してみましょう。

他のフードを試してみる

猫も年齢や体調によって食の好みが変化する場合もあります。

また、猫は毛玉を排出するためによく吐きますが、ガツガツと勢いよく食べた直後に吐いてビックリさせられることもありますね。

吐いた後も元気でケロリとしているようなら、フードが合わないという可能性もありますので、他のフードを試してみましょう。

缶詰のウェットフードはお腹の中で急激に膨張しにくいのですが、少量ずつ回数を分けて与えてみるのも吐き戻し対策として良いかもしれません。

フードを温めてから与える

猫に与えるフードは、人肌の38℃くらいが胃腸に負担をかけにくいと言われています。

また、フードを温めることで香りが立ち、食いつきが良くなることもあります。

特に冷蔵庫に保存しておいたフードは、必ず温めてから与えてあげましょう。

電子レンジを使用した場合は愛猫が火傷しないように、必ず触って熱すぎないか確認してくださいね。

おやつの量を減らす

愛猫がご飯を食べない原因のひとつとして、すでにお腹がいっぱいで缶詰を食べない可能性もあります。

食事前におやつを与えていたり、1日に何回も与えている場合は注意が必要。

おやつでお腹を満たしてしまうと、1日に必要な栄養素を十分に摂取することができなくなります。

おやつはあくまでご褒美として与えるものなので、おやつの量や与える時間帯もしっかりと調整しましょう。

食欲不振が続く場合は動物病院へ

他の缶詰に変えたり、温めてみたりしても食欲が出ない場合は、体調不良や病気が原因しているのかもしれません。

動物病院で一度診察してもらうことをおすすめします。

また、療法食を与えている場合も、簡単にフードを変える訳にはいきませんから、食べてくれない場合はかかりつけの獣医師に相談してみましょう。

猫用缶詰の正しい保存方法

猫缶も人間用の缶詰と同じで、保管や保存方法が鮮度保持の決め手になります。

水分と栄養分が摂れる猫缶は水道が使用不能な非常時にも重宝しますから、愛猫の非常持ち出し用リストにも必ず入れておきたいひとつです。

買い置きしてある猫缶は、以下のような保管・保存方法を心がけましょう。

未開封は直射日光、高温多湿を避けて保管

未開封の猫缶は、 日差しが直接当たらない温湿度の変化が少ない場所で保存し、賞味期限内に使い切りましょう。

ところで、突然ですが、毎月20日はペットフードの日ってご存じでした?

非常用に長期保存している猫缶は毎月20日の賞味期限チェックを習慣にすると、うっかり賞味期限切れを防止できますよ。

最近では食品ロス防止のためにも、災害用備蓄食料を賞味期限の古いものから普段の食材として活用する「ローリングストック法」が推奨されています。

猫缶もローリングストックで上手に使いまわしていきたいですね。

開封後は密閉容器に入れて冷蔵庫で保管

缶に残ったフードは、1回分ずつ小分けして耐熱・耐冷性のフリーザーバッグやラップに包んで冷蔵庫に保存しましょう。

与えるときは人肌の38℃を目安に温めますが、電子レンジは温度ムラや熱くなり過ぎに要注意。湯煎やドライヤーを使うという飼い主さんもいます。

ペットフードメーカーによっては冷凍保存を推奨するところもありますので、保存方法についてもメーカーのホームページをお確かめください。

密閉して冷蔵保存や冷凍保存したフードも次第に鮮度が落ちますから、できるだけ翌日中には使い切るようにしましょう。

賞味期限が切れたものは与えない

賞味期限とは風味を損なわずにおいしく食べられる限界の目安、消費期限とは安全に食べられる限界の目安のこと。

ただし、いずれも未開封で記載された保存方法を守っている場合に限られます。

猫缶の多くに賞味期限が記載されていますが、ニオイに敏感な子は風味の落ちたフードに見向きもしないことも。

また、最近では缶内側に腐食防止コーティングがされていることもありますが、アルミ缶にせよ、スチール缶にせよ、開缶した途端に酸化が始まります。

酸化したキャットフードを愛猫に与えると食いつきが悪いだけでなく、下痢や嘔吐をして体調不良になり、最悪の場合、動脈硬化や癌の原因にもなリます。

猫用缶詰のよくある質問

日本ではキャットフードとしての歴史が長い猫缶ですが、今ではドライフードの愛用者のほうが増えています。

けれど、愛猫の体調や食欲を考慮すると、缶詰への切り替えや取り入れることを検討中の飼い主さんもいらっしゃるはず。

そこで、猫用缶詰に関する飼い主さんのよくあるご質問を集めてみました。

猫用缶詰は主食として与えても大丈夫?

ドライフードにせよ、猫缶にせよ、毎日の主食として愛猫に与えられるのは栄養のバランスに配慮された「総合栄養食」のみです。

「総合栄養食」と表示された猫用缶詰なら、愛猫に毎日の主食として与えられます。

一般食や副食と表示されたフードを主食として与えると栄養不足になってしまいますので、必ず総合栄養食と併用しましょう。

猫の缶詰を開けてから何日間もつ?

猫缶を開けたら中身は密閉容器に移して、冷蔵庫や冷凍庫に保存し、できれば翌日中には使い切ることをおすすめします。

缶詰は未開封の間は長期保存が可能ですが、開缶して空気に触れた途端に酸化や腐敗が始まると覚えておきましょう。

保存方法や食べ切りの目安については、各メーカーによって推奨が異なりますのでメーカーの公式サイトもご参考になさってください。

缶詰キャットフードの1日の量は?

1日に与える量は、猫の年齢や体重によって異なり、また主食となる総合栄養食か、栄養補助食かでも目安は異なります。

健康な成猫なら、副食やおやつを与えなくとも総合栄養食だけで十分なので、体重1kgに対して約52kcal~64kcal程度というのが一つの目安となります。

成猫の場合、1日1缶を目安とするメーカーが多いのですが、内容量にもよりますので、こちらも各メーカーの公式サイトをご参考になさってください。

この記事の執筆者

執筆者情報

nademo編集部

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

キャットフードのおすすめ


nademo編集部の日常

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-キャットフード
-