猫の飼育費・値段

アメリカンショートヘアの値段相場は6~40万円でお迎えできる!

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
アメリカンショートヘアの値段相場は?価格が決まる基準や注意点

カラーバリエーションが豊富でスタイルも美しいアメリカンショートヘア。家庭猫としてアメリカで長い間親しまれ、日本でも人気の猫種です。

元気で人懐っこいため、猫を初めて買う人でも親しみやすいのも魅力。

こちらの記事ではアメリカンショートヘアの価格や、飼うときの注意点について解説しています。

元気いっぱいの猫と触れ合いたい人、猫を飼いたいと考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

この記事の結論

  • アメリカンショートヘアの個体価格帯は、6万円~40万円が多い
  • タビー系にプラスしてパターンが見られる子は、価格が高くなる傾向にある
  • ペットショップよりもブリーダーのほうが安くお迎えできる傾向にある
  • アメリカンショートヘアは遺伝的になりやすい病気もあるため、注意が必要

桐谷肇

担当執筆者

桐谷 肇

編集部

2021年の12月に保護猫シェルターからキジトラの男の子をお迎えしました。
猫を飼うのが初めてで戸惑うこともありましたが、今では日常に欠かせない大切な存在になっています。
現在はnademo編集部でペットと過ごす上で大切な知識や情報をご紹介しています。

nademo編集部

担当執筆者

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

キャットフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

アメリカンショートヘアの値段相場は6万円~40万円

アメリカンショートヘアの値段は約6万円~40万円ほど。幅広い価格で取引されています。

ペットショップやブリーダー、保護猫など、お迎え場所によって価格はまちまち。血統書がついている場合は値段が高くなります。

シルバーやレッドなど毛色の違いで多少値段は変わりますが、大きな価格差はありません。

ペットショップやブリーダーからお迎えすると、おおむね15万円~20万円の値がつけられていることが多いです。

毛色ごとの大まかな値段

タビー系6万円~20万円
タビー系+ホワイト30万円~40万円

アメリカンショートヘアの代表的なタビー系ですが、シルバーやブラウン、レッドが中心です。

このタビー系単体での値段であれば、6万円から20万円ほどの価格帯になっていることが多いです。

対してタビー系の色に対して、ホワイトなどのポイントが入ってくると、その値段は大きく変わります。30万円台になることが多いでしょう。

性別ごとの大まかな値段

性別によって大きな差はありませんが、それでも出産することができる女の子はやや高値になりやすいです。

これは他の猫種であっても、女の子の方がやや高値になりがちなので、猫種による大きな差はないでしょう。

どちらかと言えば、前述の通り毛色やポイントによって値段に差が出てくる、というケースが多いです。

アメリカンショートヘアの個体価格に影響を与えるポイント

アメリカンショートヘアは毛色や性別などではあまり価格に差がありません。

一方で、見た目や血統書などでは厳正な基準をもとに値段が決められ、高値がつけられる傾向にあります。

アメリカンショートヘアの値段を決める基準について見ていきましょう。

性別

性別による価格差はほぼありません。

購入する場所や毛色によって男の子の方が高い場合もあれば、女の子の方が高いときもあります。

年齢

基本的には年齢が若い方が値段が高くなります。

生後半年以上経ち、子猫とは言えない大きさになってくると人気も落ち着くため、価格は低くなります。

できる限り費用を抑えてアメリカンショートヘアをお迎えしたい場合は、月齢の高い子を探してみるのもよいでしょう。

見た目

血統書が存在する猫種の場合、血統書に定められたスタンダードという基準によって値段が左右されます。

スタンダードは品種ごとに理想的な基準が決められており、毛並みの良さや、目の形などをさまざまな角度からチェック。

猫の容姿がスタンダードに近いほど高価格に、離れていくほど価格は下がっていきます。

毛色

シルバーやレッド、ブラックなど人気のカラーによって価格は多少前後しますが、基本的には毛色による価格差は大きくありません。

アメリカンショートヘアの毛色は70種類以上もあるため、自分の好みの毛色の子を見つけましょう。

血統

どんな親から生まれた子なのか、血統がはっきりしている猫は価格が高くなります。

血統がはっきりしていないと病気にかかりやすかったり、先天的に障害を持っている可能性があり、後々問題が起きかねません。

血統書には毛色、目の色などといった猫の特徴だけでなく、ブリーダーの名前、家系についても明記されています。

親や祖先にキャットショーでチャンピオンを獲得した猫がいれば、その旨も記載され、遺伝的に優秀な証明になります。

お迎え場所(ペットショップ・ブリーダー・保護等)

お迎え場所によっても値段は変わります。ブリーダーからお迎えするほうが中間費用がかからないため、費用を安く抑えられるでしょう。

ペットショップを利用する場合は費用が高くなるかもしれませんが、育て方やしつけについて相談しやすいというメリットがあります。

保護猫として引き取ることもできますが、アメリカンショートヘアは人気のある猫種なため、運やタイミングに恵まれないと引き受けるのは難しいかもしれません。

アメリカンショートヘアのお迎え場所を比較

アメリカンショートヘアをお迎えするとなると、一般的にはペットショップやブリーダーを利用することになります。

それぞれの価格帯についてまとめましたので、ペットショップとブリーダーで比較して確認してみましょう。

お迎え場所個体価格(税込)
ペットショップのコジマ140,800円~382,800円
犬の家&猫の里99,000円~264,000円
みんなの子猫ブリーダー80,000円~370,000円
子猫ブリーダーナビ32,000円~298,000円
※2024年5月 nademo調べ

ペットショップからお迎えすると、平均的にブリーダーより高くなる傾向にありますが、個体価格は幅広いことも同時にわかるでしょう。

最低価格が約3万円となり、ここからさらに安くなることは少ないです。平均的に20万円前後が価格帯となっています。

対してブリーダーの場合、値段はペットショップと比べて安くなる傾向にあり、安ければ約3万円。平均的に15万円が価格帯です。

血統付きの子(チャンピオン親猫を持つ子)などもいますので、最高価格は高くなることもあります。

どちらも平均的に価格を見てみれば大きな違いはありませんが、ペットショップよりもブリーダーの方が安くお迎えすることができるでしょう。

残念ながら譲渡会などで出会える機会は非常に少なく、お迎え場所には限りがあるでしょう。

アメリカンショートヘアの基本情報

大きなしま模様や筋肉質で頑丈な体格が特徴です。穏やかで遊び好きな性格で、人や他の動物ともすぐに仲良く慣れる人懐っこさが人気。

色のバリエーションが数十種類もあり、見た目も美しいのも魅力です。

ここではアメリカンショートヘアのルーツや特徴、かかりやすい病気についてご説明します。

活発でフレンドリーな性格

適応力が高く人懐こい

鳴き声は基本的に小さい

すぐれた運動能力を持つ

 その他情報

原産国アメリカ合衆国
大きさ中型
平均寿命12歳~13歳
なりやすい病気肥大型心筋症,尿路結石症,糖尿病
参考価格6万円~40万円
       

被毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色シルバータビー,ブラウンタビー,レッドタビー,ブルータビー,クリームタビー,カメオタビー,パッチドタビー,バイカラー,トッティー
毛の長さ短毛

体高

男の子24cm~25cm
女の子24cm~25cm

体重

男の子4kg~7kg
女の子3kg~6kg

アメリカンショートヘアの歴史

アメリカンショートヘアは、イギリスで飼われていたブリティッシュショートヘアのルーツを持ちます。

1620年代にアメリカに渡り、頑丈な体格を活かしてネズミ捕り用の猫として活躍しました。

アメリカの開拓時代から家族の一員として生活していたため、人懐っこい性格が育まれていったと言われています。

ネズミを捕獲する役割を終えてからも家庭猫として親しまれ、1966年にはアメリカンショートヘアという名前が正式に登録されました。

日本では90年代後半ごろから認知され、人気の猫として多くの人に愛されています。

アメリカンショートヘアのサイズ(体高・体重)

体高24cm~27cm
体重3kg~7kg

アメリカンショートヘアは平均的なサイズの猫で体高は24cm~27cm、体重は3kg~7kgです。

胴や脚の長さ、尻尾が長めでバランスの良い引き締まった体形。

もともとネズミ捕り用の猫として飼育されていたことから、肩や脚がしっかりしています。

アメリカンショートヘアの被毛・毛色

アメリカンショートヘアは短毛種の猫で毛色の種類が豊富な猫です。

体全体に広がる縞柄が特徴的で、目尻から顔の横の部分に伸びる濃いめの模様はクレオパトララインと呼ばれ、アメリカンショートヘアのトレードマークのひとつ。

シルバーが代表的ですが、シルバー・クラシックタビーなど、複数の色が縞柄になった毛色も見られます。

毛は短いですが、春と秋に毛が生え替わるダブルコートの猫なので、換毛期にはブラッシングを丁寧にするなど、お手入れが必要です。

アメリカンショートヘアの性格・習性

フレンドリーで愛嬌のある性格なため、家庭で飼育する猫に向いていると言われています。

活発で適応力が高いので、人や他の猫とも打ち解けやすいでしょう。

多頭飼いのご家庭にも馴染むことができますので、子猫のうちから同じ環境であればより安心できるでしょう。

一方で、遊ぶことが好きで好奇心が強いため、運動できる空間を確保したり、脱走しないように注意してあげることが大切です。

アメリカンショートヘアの寿命

アメリカンショートヘアの平均寿命は13歳~15歳です。

一般的な猫の寿命が15歳ほどなので、平均か、少し短い寿命の猫と言えるでしょう。

元気で活発なアメリカンショートヘアですが、できるだけ長い時間を一緒に過ごすには、かかりやすい病気をきちんと把握して健康管理してあげることが重要です。

ここからはアメリカンショートヘアがかかりやすい病気やケガについて解説していきます。

アメリカンショートヘアがかかりやすい病気

注意しなければいけないアメリカンショートヘアがかかりやすい病気やケガは、遺伝や体質が原因のものや、好奇心の強い性格ゆえに大ケガにつながりかねないものがあります。

主にかかりやすい病気は以下の通り。

肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)心筋が厚くなり体に十分な血液が送られなくなる病気。
多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)腎臓にできた嚢胞が組織を圧迫して腎不全などを引き起こす。
尿路結石症(にょうろけっせきしょう)膀胱や尿道に結石ができて詰まってしまう病気。
糖尿病(とうにょうびょう)インスリンが十分に分泌せず血中に糖が増えてさまざまな症状を引き起こす病気。
異物誤飲(いぶつごいん)異物を誤飲してしまい嘔吐や下痢などを引き起こす。

肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)

心臓の筋肉が肥大化し、血液の循環がうまくいかなくなる病気です。

体に酸素が供給されなくなることで呼吸が荒くなり、運動量が低下していきます。重篤化すると、突然死に繋がるケースも。

アメリカンショートヘアの祖先であるブリティッシュショートヘアもよく発症する病気です。

多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん)

腎臓の中に液体の入った袋状の嚢胞(のうほう)ができて腎臓の機能が衰えていく病気です。

遺伝性の病気と考えられており、アメリカンショートヘアやペルシャ系の猫に多く見られます。

元気がなく、食欲が落ちていたり、多飲多尿の症状が見られた場合は動物病院に診察してもらったほうが良いかもしれません。

若い猫でも発症してしまうことがあるため、定期的に健康診断してあげることをおすすめします。

尿路結石症

猫全般によく見られる病気です。尿道や膀胱に結石ができてしまい、排尿を妨げてしまいます。

比較的よくある病気ですが、重症化すると膀胱炎や腎臓疾患に繋がるので予防と早期発見が大切。

普段から水をよく飲ませたり、尿路結石症に配慮されたフードを与えてあげるとよいでしょう。

もしも、愛猫がおしっこしづらそうにしていたら早めに病院に連れて行ってあげましょう。

糖尿病

糖尿病は肥満の猫がかかりやすい病気です。

アメリカンショートヘアは食欲旺盛なため、運動不足だとすぐに太ってしまいます。

肥満の猫は太っていない猫よりも4倍も糖尿病になりやすいという統計もあるので、日頃から体重管理に気を配ってあげましょう。

異物誤飲

好奇心旺盛なアメリカンショートヘアは色んなものに触ったり、口に入れたりします。

気にならないようなものであっても、小さく口に含んでしまいそうなものは誤飲に繋がるため、事前に片付けておきましょう。

台所など、猫にとって危険なものが多いスペースには仕切りを付けて入れなくしておくと安心です。

場合によっては開腹手術などが必要になることもあるため、愛猫自身への負担も飼い主さんの負担も大きくなります。

アメリカンショートヘアの飼い方

アメリカンショートヘアは猫初心者でも飼いやすい猫種ですが、体重・運動量の管理やブラッシングなどいくつか注意するべき点があります。

アメリカンショートヘアを飼うときのポイントについて解説します。

体重管理をしっかり行う

アメリカンショートヘアは太りやすい体質です。活発な性格なので、毎日十分に運動していれば問題ありませんが、家で買う場合は難しいこともあるでしょう。

十分な運動時間が取れない場合は餌の量を減らしてあげたり、脂質やカロリーをカットしたものに変えてあげるとよいでしょう。

肥満をそのままにしておくと、糖尿病や肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)にかかりやすくなります。

生活習慣を整えて猫の健康を守りましょう。

トイレのしつけは簡単

アメリカンショートヘアは賢い猫なので、比較的早めにトイレを覚えてくれることが多いです。

静かで安心して用を足せるスペースにトイレを設置してあげましょう。

床をクンクンしたり、お尻をムズムズさせたらトイレに行きたいサインかも知れません。

自分でできるようになるまでトイレまで導いてあげましょう。上手にできたらたくさん褒めてあげることも大切です。

十分に運動できる環境を整える

もともとネズミのハンターとして活躍していた猫種なので、アメリカンショートヘアは活動的です。

そのため、家の中でも十分に体を動かせるスペースを確保してあげることが大事。

高いところが好きなため、キャットタワーや背の高い家具などを設置して上下運動ができるようにしましょう。足腰が鍛えられて体が引き締まります。

また、家の中をパトロールするのも好きなので、人が家にいる時間はドアを開け放して家の中を自由に歩き回れるようにしてあげると喜びます。猫専用のドアを付けるのも効果的。

週2~3日、換毛期は毎日ブラッシングをする

短毛種なので長毛種の猫ほど手間はかかりませんが、地肌を傷つけないように軽くブラッシングしてください。

毎日やる場合は軽くで問題なく、週2~3日程度で行う場合はしっかりとブラッシングしてあげてください。

換毛期のある猫なので、春と秋の毛が生え変わる時期は毎日ブラッシングするようにしましょう。

毎日5~10分は遊ぶようにする

元気で人懐っこいため一緒に遊んであげると喜びます。少なくとも毎日5~10分は時間を確保してあげると良いです。

遊ぶときには飼い主さんの手足を使わず、専用のおもちゃを使うほうが良いです。

手足を使って遊んでいると、手足=獲物だと認識してしまうようになり、ひっかかれたり噛まれたりすることが多くなります。

キャットタワーや家具を利用して、上下運動をとり入れながら遊びましょう。

人とスキンシップを取るのも好きなので、ながら遊びではなく集中して遊んであげると愛猫との絆も深まっていくでしょう。

アメリカンショートヘアを迎える前の注意点

猫をお迎えする前に確認しておきたい注意点があります。

お迎えした後のトラブルを防ぐために事前に確認しておきたいポイントについてお話しします。

健康状態を確認しておく

まずは外見よりも健康状態を確認するようにしましょう。

アメリカンショートヘアは毛色のバリエーションが豊富で美しい猫種なため、ついつい見た目の可愛さで猫を選んでしまいがちです。

しかし、見た目が可愛くても遺伝的に病気になりやすい可能性や体が弱い猫もいます。

一緒に過ごしてから病気になりやすいことが分かると、飼い主さんにとっても負担になってしまいかねません。

事前に猫の健康状態をしっかり確認してからお迎えすることが大切です。

猫の性格を確認しておく

猫をお迎えするときに親猫や兄弟猫の性格などを確認して、あらかじめ猫の性格を確かめておくことも重要です。

アメリカンショートヘアは人懐っこい性格の猫ですが、独立心の強い一面もあります。

猫によっては必要以上にスキンシップされるのが苦手なことも。

事前に性格を聞いておくと、猫との接し方が理解できてコミュニケーションが楽になりますよ。

迎え入れた後のアフターフォローの有無を確認しておく

猫を飼うことに慣れていないときは分からないことばかりで不安も大きいと思います。

トイレのしつけがなかなかうまくいかず、どうしたら良いか分からない。

夜泣きがやまないけれど大丈夫なのかな?など、誰かに相談したくなることもありますよね。

お迎え場所によってはお迎えした後も相談にのってくれる場合もあります。

あらかじめペットショップやブリーダーさんにアフターフォローがあるかを確認しておきましょう。

ペットのプロに育て方を聞くことで、余計な不安を抱え込まずに愛情をもって猫を育てることができますよ。

この記事の執筆者

桐谷肇

執筆者情報

桐谷 肇

編集部

2021年の12月に保護猫シェルターからキジトラの男の子をお迎えしました。
猫を飼うのが初めてで戸惑うこともありましたが、今では日常に欠かせない大切な存在になっています。

nademo編集部

執筆者情報

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

キャットフードのおすすめ


※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-猫の飼育費・値段
-,