猫の飼育費・値段

ブリティッシュショートヘアの値段相場は6万円~80万円

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。

イギリスを代表する猫種であるブリティッシュショートヘア。愛らしい姿で多くの人を魅了しています。

不思議の国のアリスに登場する「チェシャ猫」のモデルになったことでも知られていますよね。

値段相場は幅広いのですが、その基準などについても詳しく解説しています。

またブリティッシュショートヘアの性格や、お迎えするにあたっての注意点なども詳しくご紹介しています。

ぜひこの記事を参考にして、ブリティッシュショートヘアの魅力に触れてみてくださいね。

この記事の結論

  • ブリティッシュショートヘアの値段は6万円~80万円
  • ブリティッシュショートヘアは、子猫や優良血統の子、人気毛色などは値段が高い
  • 人気猫種なのでペットショップやブリーダー、譲渡会などでお迎え可能
  • お迎えの際は、健康状態や血液型はしっかりと確認

担当執筆者

nademo編集部

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

キャットフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

ブリティッシュショートヘアの値段相場は6万円~80万円

ブリティッシュショートヘアというと、エレガントなブルーの毛並みが有名ですよね。もっとも人気があるのもブルーであり、平均価格は6万円~80万円前後です。

他にもクリーム系・ブラック系・薄い色の三毛であるダイリュートキャリコという毛色も人気があります。

それぞれブルーと同じくらいの価格であり、毛色での多少の差はありますが、それほど大きく変わることはありません。

ただし、ショーに出場する子であれば30万円以上することがあります。チャンピオン猫などは50万円以上の値段に跳ね上がる場合もあります。

また性別でも値段の差があることも。例えばクリーム系では女の子の方が数万円高く、反対にブラック系では男の子の方が高くなるという傾向にあります。

ブリティッシュショートヘアは値段の幅が広い猫種

歴史の古い猫種であることもあり、多種多様な容姿のブリティッシュショートヘアが存在します。

瞳の色や毛色・柄などのバリエーションはかなり豊かでさまざまな組み合わせが見られます。そのため、希少性のある柄や毛色もたくさんあります。

このような点も値段の幅が広いことの理由のひとつになっています。

また他の猫と同様にショーや競技会での成績も値段に関連してきます。チャンピオンになると通常よりも数十万円高い場合も。

歴史がある・人気の猫種であることからブリーダーなども多く、飼育されている数も多いことも値段の幅が広いということにつながっています。

ブリティッシュショートヘアの値段を決める基準

ブリティッシュショートヘアの値段にはいくつかの基準があります。

性別や毛色、血統はもちろんどこでお迎えするかによっても変動がある場合があります。

それぞれを詳しくみていきましょう。

性別

ブリティッシュショートヘアの男の子と女の子では、個体差もありますが性格に違いが出ることがあります。

自立心が強く物静かな猫種であるとされるブリティッシュショートヘアですが、男の子の方がより寂しがり屋で甘えん坊な子が多いとされています。

毛色と性別の組み合わせで値段が変わることが多く、性別については一概にどちらかが高額であるとは言い難いです。

性別のみで判断されるというよりは、他の要素と併せて値段が決まる場合が多いです。

年齢

やはり他の猫とも同様、成猫より子猫の方がやや価格が高くなる傾向にあります。

小さな頃からお迎えすることは当然ですが、家族として過ごす時間も長くなるため、子猫を希望する方が多いということも影響しています。

年齢以外の要素も大いに関係してきますが、子猫と成猫ではおおよそで数万円ほどの値段の差があります。

見た目

丸みがかった顔が愛らしいブリティッシュショートヘア。その見た目をさらに引き立てる毛色の美しさはもちろん、瞳のカラーバリエーションも豊富です。

見た目を構成する要素はさまざまですが、希少性のある毛色や瞳の色などの組み合わせで値段が高くなります。

ブリティッシュショートヘアの瞳の色は、猫に見られるすべての色が確認されています。

どの色が高い、ということはあまりありませんが、左右で瞳の色が違う「オッドアイ」などは高額になる場合が多いとされています。

毛色

ブリティッシュショートヘアを代表する毛色である、青みがかったグレーの毛色はやはり人気があります。

その他の経路では、クリーム・ブラックなどがありますが、やはり人気があるためグレーが値段が高い傾向に。

またダイリュートキャリコの人気がとても高いです。キャリコというのは「三毛猫」のこと。ダイリュートは「薄めた」という意味があるので、簡単に言うと「薄めの三毛猫」です。

ブルー(グレー)・白・クリームの3色のまだら模様で、「パステル三毛猫」と呼ばれることもあります。

珍しい色というだけあって、価格も上がっています。

まためったに生まれないという男の子の場合は、数百万円という値段がつくこともあります。

血統

血統書は一般的な飼い主さんには特に必要なものではありませんよね。ただし、血統はその子の親などの素性がわかるということがあります。

キャットショーや競技会などで受賞歴がある猫である、または親などがそうである場合は優良な血統をもつ猫として値段が高くなります。

チャンピオンなどになると通常のブリティッシュショートヘアと比較して、数十万円の値段の差があります。

ブリティッシュショートヘアのお迎え場所と個体価格

お迎え場所がどのような運営なのか、というのも値段に影響します。

お迎え場所個体価格(税込)
ペットショップのコジマ140,800円~393,800円
犬の家&猫の里77,000円~319,000円
ペッツファースト198,000円~770,000円
みんなの子猫ブリーダー60,000円~550,000円
譲渡会数万円(譲渡費用)
2024年2月時点

一般的なのはペットショップですが、専門のブリーダーからになるとより優良な血統な子・希少性の高い子を飼育しているため値段が高い傾向にあります。

キャッテリーと呼ばれる認可を受けた特別なブリーダーはさらに高額である場合も。

一方、保護された子を里親などでお迎えする場合は猫自体の価格、というよりはワクチンや不妊・去勢手術などでかかった費用を支払うということが多いです。

ブリティッシュショートヘアと暮らす際の年間費用例

キャットフード約50,000円
おやつ約10,000円
猫砂約20,000円
ケアグッズ約10,000円
医療費約30,000円
ペット保険約25,000円
ワクチン約5,000円
ノミダニ駆除・予防薬約10,000円
合計約160,000円

ブリティッシュショートヘアと一緒に生活するうえで、必要となる年間の費用は上記の通り。

あくまで目安ではありますが、年間で15万円前後はかかると考えておきましょう。

特に注意したいのが医療費。普通に生活していても、いつ愛猫が病気やケガをしてしまうかは分かりません。

万が一に備えて、あらかじめ資金を準備しておくとともに、ペット保険の加入も検討しておくことをおすすめします。

ブリティッシュショートヘアの基本情報

常に人気の猫種として挙げられるブリティッシュショートヘアですが、どのような猫なのかを詳しくみていきましょう。

歴史がある猫種であり、魅力的な点がとても多いのも特徴です。

また寿命やかかりやすい病気などについても解説します。

ブリティッシュショートヘアの歴史

アメリカン・ショートヘアも日本では有名ですが、その元となる猫種がブリティッシュショートヘアです。

ブリティッシュショトヘアの歴史はとても古く、イギリスにこの猫の祖先を運んできたのは紀元前55年に始まったローマ帝国の軍隊であったとされています。

備蓄品や食料をネズミの害から守るため、猫を海外遠征に連れて行ったローマ軍。この時期にイタリアからイギリスを含むヨーロッパ全域に猫が広まったとされています。

ブリティッシュショトヘアーが品種として確立されたのは、19世紀にキャットショーが盛んになってからです。1910年までのキャットショーで最も多くの賞をとったのはブリティッシュショートヘアでした。

その後、第一次世界大戦により絶滅寸前までに個体数が激減しますが、ペルシャと交配することで回復しています。

さらに第二次世界大戦後にも頭数が減少し、ロシアンブルーなどと交配することでブルー(グレー)のブリティッシュショートヘアが増えました。

人気の「ブリティッシュブルー」の毛並みはこの頃から広まっていきます。

ブリティッシュショートヘアのサイズ

体高23cm〜25cm程度
体重3kg~7kg程度

平均体重は3kg~7kg。力強くがっしりとした体格をしており、筋肉質であることも特徴です。

成猫になるまで3年ほど要するといわれており、個体差はありますが比較的大きくなる猫といえます。

体高はそれほどありません。骨太で短めの脚、尾も太く先端が丸くなっているのが特徴です。

丸みのある体つきとふんわりとした毛並みを持っているため、あまりそうは見えませんがしっかりとした体つきをしている猫です。

ブリティッシュショートヘアの被毛・毛色

ブリティッシュブルーとも呼ばれる、ブルーがかったグレーの毛並みが最も代表的です。その他にもクリーム・黒・チョコレート・シナモンなどがあります。

また柄もさまざまであり、三毛のダイリュートキャリコは特に人気があります。

例えばバイカラーや、縞模様のタビー・渦巻き模様のマーブル・水玉模様のスポッテッド・靴下なども。

それぞれカラー・柄にたくさんのバリエーションがあるのも、ブリティッシュショートヘアの魅力のひとつです。

また、ブリティッシュショートヘアと長毛種へと改良して誕生したのが、ブリティッシュロングヘアです。

ブリティッシュショートヘアの性格

穏やかな性格をしており、知的で賢いのがブリティッシュショートヘアです。

自立心が高く、プライドが高い面もありますが飼い主さんへの忠誠心が高く愛情深いのも魅力です。甘えん坊な子も多いですよ。

ただし、自立心が高いために抱っこが少し苦手な子も少なくありません。

また性別によって違いがあるとされ、男の子の方が甘えん坊で怖がりな性格をしています。

女の子は知的でクールなタイプが多いのも特徴です。

ブリティッシュショートヘアの寿命・病気

ブリティッシュショートヘアの平均寿命は、14歳~17歳くらいと言われています。

猫全体の平均寿命が14~15歳くらいと言われていますので、比較的長生きができる猫種だと言えますね。

成猫になるまで3年ほどを要するため、成長がゆっくりなことも関連しています。

また丈夫な猫種ではありますが、ブリティッシュショートヘアがかかりやすい病気も存在するため、注意してあげることも必要です。

ブリティッシュショートヘアがかかりやすい病気の一例

肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)心筋が厚くなることで心室が狭くなり、十分な血液を送ることができなくなる
尿路結石症(にょうろけっせきしょう)腎臓から尿管、膀胱、尿道の中に結晶や結石ができる
糖尿病(とうにょうびょう)飲水量が増え、それにともない尿量が増える

肥大型心筋症の症状は初期は無症状です。しかし、わずかな心雑音などで重症化すると、元気がなくなる・食欲がなくなる・呼吸困難や血栓症・舌が青紫になる・後ろ足の麻痺などが起こります。症状が出た場合は緊急事態なので直ちに受診しましょう。

遺伝的な病気のため予防法は現在のところありませんが、心雑音や症状がある場合はすぐにかかりつけの動物病院へ。

尿石症は細菌感染・体質・ミネラルの多い食べ物・水分不足・ストレスなどが原因となります。

頻尿、血尿、尿が出なくなる、排尿時に痛がるなどの症状が見られます。治療法は、薬で石を溶かしたり手術で石を摘出します。

糖尿病の症状としては、沢山水を飲み大量のおしっこをする、嘔吐、痩せてくるなどがあります。

糖尿病は遺伝やストレスも関係していると言いますが、肥満の猫は糖尿病にかかるリスクが非常に高くなります。日頃から体重管理はしっかりしてあげましょう。

普段から様子をしっかりと観察して、早期に発見できるように心がけておくことが大切です。

ブリティッシュショートヘアの飼い方

では実際にブリティッシュショートヘアをお迎えした時について考えましょう。

飼い方のコツを知っておくと、スムーズに接してあげることができますね。

性格や特徴に合った接し方をして、快適に過ごしてもらえるように心がけてあげることがとても重要です。

できるだけ褒めてしつける

ブリティッシュショートヘアはとても頭が良い猫であるため、しつけにはあまり困りません。

褒められるのが大好きな性格なのでトイレなどがしっかりできたとき、おもちゃを上手にキャッチできたときなどたくさん褒めてあげるようにしましょう。

叱られるとストレスを溜めやすくなってしまうため、できるだけ褒めて育てるのがいいですよ。

褒めながら耳のうしろやあごを優しく撫でてあげると喜びます。

自由に運動できるスペースを確保する

ブリティッシュショートヘアは1人遊びがとても上手です。ゆったり遊べるスペースを確保し、また1人遊びが十分に楽しめるようなキャットタワーがあるとより良いでしょう。

また比較的大型であり筋肉質であるため、食事量が増える傾向にあります。そのため運動をしないと肥満になってしまうことも。

肥満は病気の原因になります。健康のためにも自由な運動スペースを作ってあげましょう。キャットタワーの上下運動は肥満防止にも◎ですよ。

1日1回は軽くブラッシングをする

ブリティッシュショートヘアは毛が短く絡まりにくいので、コームを使う必要はそれほどありません。

ただし 1日1回、軽く獣毛ブラシなどで毛並みをしっかりと整えてあげましょう。抜け毛を丁寧に取り除くことが大切です。

特に換毛期と言われる生え変わりの季節は、普段よりも時間をかけてブラッシングしてあげてください。

普段のお手入れは軽くブラッシングするだけで十分ですが、抜け毛がひどくなる換毛期に1度はシャンプーをしてあげるものおすすめです。

成猫になってから行うよりも、子猫の頃から慣らしておくとストレスになりにくいのでおすすめですよ。

ブリティッシュショートヘアを迎える前の注意点

実際にお迎えするにあたっての注意点をまとめています。

ブリティッシュショートヘアとの生活が楽しく素敵なものになるように大切な点ばかりです。

新しい家族を迎える前にしっかりとポイントをおさえておき、安心してお迎えをできるようにしておきたいですね。

健康状態を確認しておく

お迎えしたいブリティッシュショートヘアの健康状態はとても気になりますよね。病気などの有無はしっかりと確認しましょう。

古くから存在する猫種のため、丈夫で遺伝性疾患も少ないと言われていますが、チェックはきちんとしておきましょう。

お迎えする場所にもよりますが、気になる点があればしっかり対応することが命を守ることにも繋がります。

よく状態を観察して健康状態を確認しておくことはとても重要です。

血液型を確認しておく

猫の血液型というのはほとんどがA型です。しかし、ブリティッシュショートヘアに関しては全体の半数近くがB型だと言われています。

これはとても珍しいことで、病気やケガの治療や妊娠・出産のときに輸血が必要になる可能性もあります。

いざというときに慌てないためにも、血液型を確認しておきましょう。

猫の性格を確認しておく

お迎えしたいブリティッシュショートヘアがどんな性格の子か、とても気になりますよね。他の動物などにも優しく接することができる性格ですが、やはり個体差があります。

また性別でも性格が違うとされているため、事前にどんな子なのかを確認しましょう。小さな子が苦手なブリティッシュショートヘアもいるので、家族との相性も考慮したいですね。

また性格を知ることでしつけや普段の接し方をきちんと考えることもできます。

直接会って確認することはもちろんですが、事前にペットショップやブリーダーなどに問い合わせておくことも良いでしょう。

迎え入れた後のアフターフォローの有無を確認しておく

これまでも猫の飼育経験があるという方はあまり心配いらないかもしれませんが、初めての方は不安な点も多いでしょう。

お迎えした後もさまざまなアフターフォローがあると安心ですね。

ワクチン接種の目安や育て方・しつけ・食事などをサポートしているペットショップも多くあります。

獣医師と提携をおこなっていたりと、かなり手厚いサービスを提供しているところもあるので、心配であればそういったお店を利用するのも良いでしょう。

ブリーダーさんや保護・里親制度をおこなっている方からお迎えした場合も、相談ができるかどうか事前に確認しておくと安心ですよ。

この記事の執筆者

執筆者情報

nademo編集部

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

キャットフードのおすすめ


nademo編集部の日常

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-猫の飼育費・値段
-