ドッグフード

【専門家監修】半生ドッグフードのおすすめ6選!無添加や国産を厳選

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
半生ドッグフードのおすすめ15選!選び方や人気の理由を解説

ドライフードに比べて柔らかくにおいが強いため、愛犬の食いつきが良い半生ドッグフード。

この記事ではその他のドッグフードとの細かな違いやメリット・デメリットを詳しく解説しています。

半生ドッグフードの上手な選び方・厳選したおすすめのドッグフードもご紹介しています。

まだ半生ドッグフードを愛犬に与えたことがないという飼い主さんはもちろん、すでにあげている方もぜひ参考にしてみてくださいね。

かわいい愛犬のごはんタイムがもっと楽しく、おいしくなると私たち飼い主もうれしいですね。

この記事の結論

  • 半生ドッグフードとは、ドライフードより柔らかく、ウェットフードより硬いフードのこと
  • 半生ドッグフードは、セミモイストフードやソフトドライフードとも呼ばれる
  • 水分含有量は25%~35%ほどで、どちらかと言えばドライフード寄りになる
  • ドライやウェットと比べて数が非常に少なく、安全に選べるものはより少なくなる

石川 美代子

監修者

石川 美代子

犬の管理栄養士/動物ケアスタッフ/動物医療技術師/犬の美容師

ヤマザキ学園大学(現:ヤマザキ動物看護大学)を卒業後、動物看護師として動物病院に勤務し看護業務をはじめ、ペット保険関連業務等に従事。

nademo編集部

担当執筆者

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

ドッグフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

目次

半生ドッグフードとは?

半生ドッグフードとは、ドライフードよりも水分量が多く粒が柔らかいドッグフードのことです。

ドライフードは「カリカリ」などとも呼ばれるように、水分量が少ないものですが、半生ドッグフードは3割程度の水分量があり、ソフトな質感で犬が噛みやすいという特徴があります。

ウェットフードほどではありませんが、まだ歯が生え揃っていない子犬やシニア犬などでも食べやすいフードです。

ドライフードに比べて水分を含むため嗜好性が高く、食欲が落ちているときなどにも重宝しますし、他のフードと同様に半生ドッグフードもたくさんの種類が販売されています。

愛犬の状態や年齢などを考慮して、適切なドッグフードも取り入れてあげましょう。

半生・ドライ・ウェットの違いは水分量

ペットフードの水分含有量

ドッグフードを水分量で分けると、その種類は3つに分かれています。

ここで表す水分量はあくまで目安なので、実際にはドッグフードごとに異なることも覚えておきましょう。

ドライフード

ドライフードは「カリカリ」などとも呼ぶ方がいるように、水分量が10%程度以下のもののこと。

もっとも一般的なドッグフードとなっており、主食がドライフードであるというご家庭は多いはず。

水分量が少ないために保存もしやすく、平均して他のフードよりは手頃な価格設定なものも多くなっています。

半生ドッグフード

半生ドッグフードは水分量が25%〜35%程度のもの。しっとりとしていて、ソフトな質感です。

さらに「セミモイスト」「ソフトドライ」などのタイプに分かれていますが、さまざまな商品が販売されているため、多様化しているのも特徴です。

各メーカーやブランドによって、それぞれ異なった個性をもつ半生ドッグフードが販売されています。

ウェットフード

ウェットフードは水分が多く含まれており、75%程度とほとんどが水分でもあるため水をあまり飲まない子や、子犬・シニア犬にも適しています。

ドライフードと比べればかなりの水分量が含まれており、半生ドッグフードと比べても水分量はかなり多め。

主に缶詰やアルミトレー、パウチに充填されていますが、水分が多いぶん腐敗しやすいため、開封後は1~2日で使い切りましょう。

半生なら水を飲まない子にも水分を摂らせてあげられる

半生ドッグフードであれば、普段はなかなかお水を飲まない子にも水分補給をさせてあげられます。

ウェットフードと比べれば水分量が多いわけではありませんが、それでもドライフードよりは水分量が多いです。

もちろん、多少の水分が含まれているからと言って過大評価はできません。同時にできる限り、水分補給させてあげられるような工夫が必要です。

ウェットフードは水分を摂取することができるもののコスパも悪く、続けやすいドッグフードだとは言えません。

その点、ドライフードとウェットフードの両方のメリットをあわせ持っているのが、半生ドッグフードだと言えるでしょう。

半生ドッグフードの種類

半生ドッグフードをさらに細かく分けると「セミモイストフード」「ソフトドライフード」という2つのタイプに分けられます。

違いセミモイストソフトドライ
加熱発泡処理なしあり
食感肉に近いカリカリ感が残る
香り強い強い
硬さ指では潰れづらい指で潰れる

簡単にいうと、この2つの違いは加熱発泡処理がされているかどうかです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

セミモイストフード

セミモイストフードは無発泡タイプのフード。粘土のような硬さがあって、密度が比較的高いのが特徴となっています。

食感でいうと、肉本来の弾力に近いため、肉好きの子にもおすすめできるような食べ心地です。

後述のソフトドライフードに比べて、香りはさらに強いというのが特徴的です。

ソフトドライフード

ソフトドライフードは、ドライフードに気泡を入れて柔らかくしたタイプのフード。加熱することで気泡を入れる処理を行なっています。

丸みのある形が一般的で粒が整っており、香りは強いですが肉感のある香りが印象的。

味や食感も良く似ていますが、セミモイストフードのほうが弾力と香りが強く、肉の食感により近い味わいです。

一方、ソフトドライフードは柔らかくふっくらしており、ドライフードのように丸い形の商品が多いという特徴があります。

半生ドッグフードのメリット

半生ドッグフードはその名の通り、ドライフードとウェットフードの中間に位置する硬さだと言えます。

そんな半生ドッグフードには大きく分けて2つのメリットがあります。

匂いが強くなるため食いつきが良くなる

半生ドッグフードは一般的なドライフードと比べて水分が多く含まれていることもあり、ニオイが強いという特徴があります。

そのため愛犬の食欲を刺激し、食いつきが良くなるというメリットがあります。

「ドライフードにトッピングしてみたらよく食べるようになった」ということもあり、ウェットフードより手軽に扱えます。

嗜好性が強いため、食欲が落ちている時やしっかり食べさせたいときなどに重宝します。

子犬やシニア犬にも食べさせやすい

水分が多く含まれている半生ドッグフードは、しっとりとしていて柔らかいという特徴があります。

そのため歯に何らかの問題を抱えている子や、顎が弱ってきたシニア犬・ハイシニア犬でも食べやすいというメリットがあります。

ドライフードの固さでは食べられないような子でも、噛みやすいのはうれしいポイントです。

半生ドッグフードは粒の大きさなどさまざまなタイプがあるため、愛犬の様子をよく観察した上で適切なものを選んであげましょう。

半生ドッグフードのデメリット

嗜好性が高くソフトな質感で食べやすい半生ドッグフードですが、水分が多いためカビが生えやすく腐敗しやすいという特徴があります。

そのため多くのメーカーでは添加物をプラスして、腐りにくい加工を施しています。

しかし、愛犬のためには添加物は少ない方が安心ですし、コストを重視すると人工添加物が使われやすいです。

半生ドッグフードの性質上たくさんの添加物を使ったものが多くはなっているものの、中には控えたもの、使用していないものも販売されています。

また、半生ということもあってドライフードよりも賞味期限が短くなる、という点にも注意しましょう。

硬さや水分量がウェットフードよりはドライフードに近いため、見た目はドライフードに似ています。

見間違って選ばない、賞味期限を勘違いすることのないよう、注意しましょう。

半生ドッグフードが良くないって本当?

半生タイプのドッグフードは、一般的な主食となるドライフードに比べて、水分量がやや多くなっています。

水分量が多くなると香りが強くなり、嗜好性が高くなる、というメリットがある一方でデメリットもあります。

  • 長期保存のために添加物や穀物類が多く使われやすい
  • 開封後は腐食が早い

主にこの2点によって、半生ドッグフードの気をつけるべきポイントが生まれます。

これらはデメリットである一方、選び方や使い方次第ではこうしたデメリットを排除していくことも可能です。

デメリット解決法
保存料が多い不要な添加物(人工的な酸化防止剤、保存料など)を避けたものを選ぶ
穀物類が多い原材料を確認して、良質な動物性タンパク質が多いものを選ぶ
腐食が早い小分けのものを選んで、食べきれなければ捨てる

こうした選び方や運用方法で、いつでも安心して愛犬に半生ドッグフードをあげることができるようになります。

大事なのはドッグフードの選び方。価格や手軽さで選ぶだけではなく、愛犬の健康を考えた上で重要なポイントを抑え、選ぶことが大切です。

半生ドッグフードの選び方

「愛犬にも半生ドッグフードを試してみたい」と思ったら、まずは何がいいのか選びましょう。

半生ドッグフードはドライフードやウェットフードと比べて種類が多くないものの、限られたものしかないからといって適当に選ぶわけにもいきません。

愛犬にとって負担のないドッグフードを選べるよう、選び方はとても大事です。

愛犬のライフステージに合わせる

犬のライフステージ

半生ドッグフードも他のフード同様に、愛犬のライフステージに合わせて選ぶことが大切です。

これからどんどん成長していく子犬・活発になる成犬・運動量や筋肉が落ちてくるシニア犬とでは必要な食事も当然ながら変化していきますよね。

そのときに合ったフード選びが愛犬の元気・健康につながっていきます。

また、体調など愛犬の状態に合わせてしっかりと選ぶことも心がけていきましょう。

食事に関して獣医師からの指導を受けている場合は、必ずその指示に従うようにしましょう。

成犬用

成犬用の半生ドッグフードも種類豊富に販売されています。

成長期を過ぎた成犬には「成犬用」「全年齢用」と表示されているものを選びましょう。

一般的に成犬の健康維持が期待できるような成分・配合になっています。

成犬で肥満が気になる子のための、脂肪分を控えたフードなどバリエーションも豊富です。

愛犬のタイプや体調などに合うものをチョイスするようにしましょう。

シニア用

小型犬・中型犬の場合は7歳程度、大型犬であれば5~6歳程度で老齢期に入ると一般的に言われています。

シニア犬用の半生ドッグフードはカロリーが低めに作られているものが多く、消化吸収に優れているのが特徴です。

ほかにも関節や皮膚、内臓機能の健康維持にかかわる成分が含まれているものなど、さまざまな商品があります。

「少食が気になるけれど、シニア犬であることや毎日の運動量を考えると食べすぎも心配」という飼い主さんにピッタリの商品が多くラインナップされていますよ。

柔らかくて食べやすい半生タイプのドッグフードを好むシニア犬は多いため、成犬用と同様にシニア犬向け半生フードもたくさん販売されています。

良質な原材料

原材料

多くの飼い主さんが愛犬のフードを選ぶときにチェックすることのひとつに、原材料があるのではないでしょうか。

ヒューマングレードという人間用と同じ原材料を使ったフードや、フレッシュな肉や魚を使ったものなど健康・安全に配慮した半生ドッグフードも多数販売されています。

また低カロリー・高タンパク質なラム肉や、好きな子が多いチキンなどのタンパク質のチェックや、機能性のある材料を使っているかどうかも気になりますよね。

安心な原材料を使用しているかどうかに加えて、植物性タンパク質よりも動物性タンパク質が多い配分になっているものを選ぶ、というのが選び方のポイントです。

粒のサイズと体のサイズ

大型犬・中型犬であれば、ある程度の粒の大きさがあっても問題なく噛み砕くことができます。

しかし、小型犬・超小型犬になると顎はもちろん口が小さいため、粒の大きめなフードは食べられないことも。

食事を拒否する原因になってしまうこともあるので、愛犬の体の大きさ・口のサイズに合った粒のフードなのかも忘れずにチェックしてあげましょう。

小型犬の場合は、小型犬用と記載のあるものを選ぶと良いでしょう。

小分けに包装されたもの

水分量が多く柔らかいという性質を持つ半生ドッグフードは、そのために腐敗しやすくなっています。

新鮮なうちにしっかり食べきれる小分けに包装されたタイプを選ぶとより良いですね。

特に添加物を控えたものはカビが生えやすいので、包装まで考慮された商品を選ぶと良いです。

気づかぬうちにカビが生え、愛犬がそれを口にしてしまうことで健康を損なう、ということも起こりかねません。

管理がしやすい小分け包装のものを選ぶことも上手な選び方のひとつです。

愛犬が食べ切れるサイズ

小分け包装されたものと同様に、フードが劣化したり腐敗したりする前に食べきれるサイズを購入することも大切です。

容量が多いものはお得になっていることもありますが、鮮度を保ったまま食べられる容量であるかどうかを見極めましょう。

特に半生ドッグフードは品質が劣化しやすいこともあるので、容量・サイズをきちんと確認して選ぶことが重要になります。

また半生タイプのドッグフードは、開封後に常温で保存できるものと冷蔵庫で保管が必要なものとがあります。

半生タイプのフードを購入する時は適切な保存方法をよく確認し、正しく保管するようにしましょう。

不要な添加物が少ないもの

添加物の主な種類

半生ドッグフードは水分量が多く柔らかいのが特徴ですが、水分が多いために腐敗しやすく、その防止に添加物を多く加えている商品もたくさんあります。

基本的にペットフードに使用される添加物は安全基準内で使用されているため、過度に心配する必要はありませんが、なるべくなら不要な添加物は摂取させたくないもの。

気になる方は、香料や着色料など保存性を高める添加物以外のものがなるべく含まれていない・安全性が高い天然由来の添加物を使用しているものを選びましょう。

原材料・成分などを確認する際に、添加物についてもしっかりチェックするのが良いですよ。

半生ドッグフードのおすすめ選定基準

ペットフードの評価基準

今回、おすすめの半生ドッグフードを選ぶにあたって、20種類の半生ドッグフードをチェック。

主な選定基準は上記の通りとなっており、選び方でもご紹介した項目を採用しています。

半生ドッグフードおすすめ一覧表

No商品商品名参考価格購入先対象年齢内容量原産国主原料その他原材料注意したい原材料安全性の高い添加物注意したい添加物100gあたりのカロリー1日あたりの価格(体重5kgの場合)定期販売フード目的フードの種類
1ヤムヤムヤム
チキン やわらかドライタイプ

3,770円

全年齢800g日本鶏肉大麦、玄米、カツオ節、ビール酵母、大麦ぬか、えんどう豆タンパク、鶏がらスープ、酵母エキス、米油、卵黄パウダー、にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、フラクトオリゴ糖、発酵調味液、昆布、しいたけ、セレン酵母なしL-トレオニン、ミネラル類(リン酸三カルシウム、卵殻カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)なし280kcal565円/120gAmazon定期便あり総合栄養食半生
2オーブンベイクドトラディション
セミモイスト アダルトフィッシュ

8,800円

1歳以上2.27kgカナダフレッシュフィッシュ、ディハイドレイテッドフィッシュ割麦、ライ麦、エンドウ豆、ココナッツグリセリン、キャノーラオイル、米、ミカンサス草、藻類なしグルコサミン、コンドロイチン、ローズマリーエキスなし321.8kcal349円/90g-総合栄養食半生
3サクラペットフード
半生フード やわらかタイプ

1,628円

全年齢800g(100g×8袋)日本生チキン、ビーフ(コラーゲン含む)糖類、豆類、でん粉類、穀類、油脂類(動物性油脂、亜麻仁油、植物性油脂)、乳酸菌なしグルコサミン、サメ軟骨抽出物(コンドロイチンを含む)、ミネラル類(P、Ca、Na、Cl、Mg、Zn、Fe、Cu、Mn、l)、増粘安定剤(グリセリン、カゼインナトリウム)、酸味料(発酵乳酸)、ビタミン類(コリン、C,E、A、ニコチン酸、パントテン酸、B6、B1、B2、B12、葉酸、D)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブ抽出物)なし250kcal366円/180gAmazon定期便あり総合栄養食半生
4サクラペットフード
プレミアム半生フード グレインフリー

2,178円

生後6ヶ月以上800g(100g×8パック)日本肉類(生チキン、ビーフ(コラーゲン含む))糖類、野菜類(エンドウマメ、エンドウ蛋白)、 いも類(馬鈴薯でん粉)、魚介類(まぐろ)、油脂類(亜麻仁油、DHA含有精製魚油)、食物繊維、 きのこ類なしグルコサミン(カニ由来)、サメ軟骨抽出物(コンドロイチンを含む)殺菌乳酸菌、 ミネラル類(P、Ca、Mg、Fe、Zn、Cu、Mn、I)、増粘安定剤(グリセリン、ガゼインナトリウム)、 酸味料(発酵乳酸)、ビタミン類(コリン、C、E、A、B12、ニコチン酸、パントテン酸、B6、B1、 B2、葉酸、D)、アミノ酸(DL-メチオニン、トリプトファン)、 酸化防止剤(ミックストコフェノール、ハーブ抽出物)なし250kcal490円/180gAmazon定期便あり総合栄養食半生
5華ちゃん犬猫すこやか本舗
やわか ドッグフード

4,378円

全年齢1.2kg(80g×15パック)日本‎鶏肉、玄米、大麦かつお節、大豆、ビール酵母、チキンエキス、米油、卵黄粉末、発酵調味液、フラクトオリゴ糖、りんご、人参、かぼちゃ、昆布、しいたけ、しょうが、ビフィズス菌なしコンドロイチン、グルコサミン、L-トレオニン、ミネラル類(牛骨カルシウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)なし287kcal489円/134gAmazon定期便あり総合栄養食半生
6北の極
EZO(エーゾー)

4,730円

生後6ヶ月以上1kg(100g×10パック)日本‎エゾシカ生肉玄米、大麦、エゾシカレバー(肝臓)かつお削り粉、ビール酵母、さつまいも、大根葉、にんじん、キャベツ、ごぼう、はくさい、大葉、パセリ、高菜、なたね油、卵殻カルシウム、焼き塩なしなしなし259kcal686円/145g-一般食半生

半生ドッグフードのおすすめ6選

No.1 ヤムヤムヤム やわらかドライタイプ

獣医師監修で栄養バランスもしっかり

肉や穀類・野菜はすべて人間用の食品工場と同じ衛生レベルの工場で調理し、品質第一で作られています。

食材が本来持っている美味しさを引き出すため、オイルコーティングなし・着色料・保存料も不使用です。

一般的なドッグフードとは異なり、鰹だしの良い香りが広がるフード。

獣医師が監修しているため栄養バランスに優れた、愛犬の健康をサポートしてくれる商品です。

対象年齢全年齢
内容量800g
原産国日本
主原料鶏肉
その他原材料大麦、玄米、カツオ節、ビール酵母、大麦ぬか、えんどう豆タンパク、鶏がらスープ、酵母エキス、米油、卵黄パウダー、にんじん、かぼちゃ、ブロッコリー、フラクトオリゴ糖、発酵調味液、昆布、しいたけ、セレン酵母
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物L-トレオニン、ミネラル類(リン酸三カルシウム、卵殻カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー280kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)565円/120g
定期販売Amazon定期便あり
フード目的総合栄養食
フードの種類半生

No.2 オーブンベイクドトラディション セミモイスト アダルトフィッシュ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

関節ケアをしてあげたい愛犬におすすめ

弾力がほどよくありながらも、しっとりとして食べやすいタイプのフードです。

グルコサミン・コンドロイチンを多く含有しているため、関節ケアが気になる愛犬におすすめ。

人間の食品基準と同じ、ナチュラルで安心な原材料を使用しています。

シーフードのフレーバーで肉が苦手な愛犬にもおすすめですよ。

対象年齢1歳以上
内容量2.27kg
原産国カナダ
主原料フレッシュフィッシュ、ディハイドレイテッドフィッシュ
その他原材料割麦、ライ麦、エンドウ豆、ココナッツグリセリン、キャノーラオイル、米、ミカンサス草、藻類
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物グルコサミン、コンドロイチン、ローズマリーエキス
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー321.8kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)349円/90g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類半生

No.3 サクラペットフード 半生フード やわらかタイプ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

タンパク質がしっかり摂れる、やわらか食感

原料となる肉にこだわって、しっかりタンパク質が摂れるようなレシピで作られています。

防腐剤や化学保存料を使用していない無添加の商品なので安心して与えることができますね。

関節や皮膚などにも効果が期待できるような配合なのも魅力。国内で製造し、安全にもきちんと配慮されている商品です。

対象年齢全年齢
内容量800g(100g×8袋)
原産国日本
主原料生チキン、ビーフ(コラーゲン含む)
その他原材料糖類、豆類、でん粉類、穀類、油脂類(動物性油脂、亜麻仁油、植物性油脂)、乳酸菌
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物グルコサミン、サメ軟骨抽出物(コンドロイチンを含む)、ミネラル類(P、Ca、Na、Cl、Mg、Zn、Fe、Cu、Mn、l)、増粘安定剤(グリセリン、カゼインナトリウム)、酸味料(発酵乳酸)、ビタミン類(コリン、C,E、A、ニコチン酸、パントテン酸、B6、B1、B2、B12、葉酸、D)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブ抽出物)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー250kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)366円/180g
定期販売Amazon定期便あり
フード目的総合栄養食
フードの種類半生

No.4 サクラペットフード プレミアム半生フード グレインフリー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

お腹の健康に配慮したグレインフリー半生フード

サクラペットフードのプレミアム半生フードは、愛犬が効率良く消化出来るように、穀物を使用せずに作らてた半生フードです。

お腹の健康に配慮して、「プロバイオティクス、プレバイオティクス、バイオジェニックス」を配合しています。

衛生管理を徹底した国内工場で作られているので、安全性にこだわりたい方にもおすすめです。

対象年齢生後6ヶ月以上
内容量800g(100g×8パック)
原産国日本
主原料肉類(生チキン、ビーフ(コラーゲン含む))
その他原材料糖類、野菜類(エンドウマメ、エンドウ蛋白)、 いも類(馬鈴薯でん粉)、魚介類(まぐろ)、油脂類(亜麻仁油、DHA含有精製魚油)、食物繊維、 きのこ類
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物グルコサミン(カニ由来)、サメ軟骨抽出物(コンドロイチンを含む)殺菌乳酸菌、 ミネラル類(P、Ca、Mg、Fe、Zn、Cu、Mn、I)、増粘安定剤(グリセリン、ガゼインナトリウム)、 酸味料(発酵乳酸)、ビタミン類(コリン、C、E、A、B12、ニコチン酸、パントテン酸、B6、B1、 B2、葉酸、D)、アミノ酸(DL-メチオニン、トリプトファン)、 酸化防止剤(ミックストコフェノール、ハーブ抽出物)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー250kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)490円/180g
定期販売Amazon定期便あり
フード目的総合栄養食
フードの種類半生

No.5 華ちゃん犬猫すこやか本舗 やわか ドッグフード

出典 :https://www.amazon.co.jp/

九州産華味鳥100%使用のソフトタイプ

九州の自社養鶏場で大切に育てた華味鳥をたっぷり使用した、やわらか食感のドッグフードです。

さらに、腸内環境を整えるビフィズス菌とオリゴ糖、関節の健康をサポートするグルコサミンとコンドロイチンを配合。

愛犬が安心して食べられるように、保存料や着色料など不要な添加物は使われていないので、とてもクオリティの高いフードとなっています。

対象年齢全年齢
内容量1.2kg(80g×15パック)
原産国日本
主原料‎鶏肉、玄米、大麦
その他原材料かつお節、大豆、ビール酵母、チキンエキス、米油、卵黄粉末、発酵調味液、フラクトオリゴ糖、りんご、人参、かぼちゃ、昆布、しいたけ、しょうが、ビフィズス菌
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物コンドロイチン、グルコサミン、L-トレオニン、ミネラル類(牛骨カルシウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー287kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)489円/134g
定期販売Amazon定期便あり
フード目的総合栄養食
フードの種類半生

No.6 北の極 EZO(エーゾー)

出典 :https://www.amazon.co.jp/

北海道のエゾシカ肉を使った無添加ドッグフード

北の極のEZO(エーゾー)は、北海道に生息するエゾシカの生肉を使用した、半生ドッグフードです。

総合栄養食の基準を満たすための添加物を一切使用していない、無添加にこだわった一般食となっています。

原材料はすべて国産の人間でも食べられる新鮮な食材を使用しているので、素材にこだわりたい方にもピッタリです。

対象年齢生後6ヶ月以上
内容量1kg(100g×10パック)
原産国日本
主原料‎エゾシカ生肉
その他原材料玄米、大麦、エゾシカレバー(肝臓)かつお削り粉、ビール酵母、さつまいも、大根葉、にんじん、キャベツ、ごぼう、はくさい、大葉、パセリ、高菜、なたね油、卵殻カルシウム、焼き塩
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物なし
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー259kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)686円/145g
定期販売-
フード目的一般食
フードの種類半生

半生ドッグフードの売れ筋ランキングはこちら

ご参考として、半生ドッグフードの売れ筋ランキングをこちらからご確認いただけます。

Amazonの売れ筋ランキング

楽天市場の売れ筋ランキング

Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキング

半生ドッグフードを与える際の注意点

では実際に愛犬へ半生ドッグフードを与える時の注意したいポイントをみていきましょう。

愛犬の健康を損なってしまう、などのことが起こらないようにしっかりとチェックしておきたいですね。

半生フードはドライフードとはまた違う、気をつけたいポイントがあります。

噛む力のある愛犬には毎日食べさせない

しっかりと噛むことのできる愛犬に半生ドッグフードをメインで与えることは、あまり好ましくありません。

きちんと噛む力をつけることは愛犬の健康にも繋がりますし、柔らかなドッグフードを食べ続けることは顎の力を弱める原因にもなります。

犬は基本的に食べ物を良く噛まず飲み込む動物ですが、歯の健康や噛む力を維持させるためには、半生フードよりドライフードが最適です。

歯がない、歯が弱っているなどの場合は別ですが、特に歯に問題がない愛犬にはトッピングなどで半生フードを使用するのが良いでしょう。

また、半生ドッグフードはドライフードに比べて歯が汚れやすい、歯垢がつきやすいということもあります。

ドライフードでも歯磨きは大事ですが、半生フードではよりしっかりとしたデンタルケアが必要です。

開封後は冷蔵庫で保存し、なるべく早く食べ切る

水分が多いという性質上、ソフトで食べやすい半生フードですが、添加物が控えめのタイプは特に腐敗しやすくなっています。

開封後は冷蔵庫に保存をして、品質が変わらないうちに食べ切るようにしましょう。

環境省飼い主のためのペットフード・ガイドライン」によると、使用期限は開封後2週間程度が目安です。

またフードが小分けされていない場合は、小分けパックに1食分ずつ移し替えることで、フードが空気に触れる回数を減らすことができます。

愛犬の健康のためにもフードの品質には常に注意を払うことが大切です。

食べ残したフードは捨てる

場合によってはドッグフードを食べきってくれないこともあり、飼い主さんとしてはもったいないと感じてしまうでしょう。

ですが半生タイプのドッグフードに限らず、食べ残したフードは捨てるようにしましょう。

食べ残したフードを保存して再度与えてしまうと、嘔吐や下痢などの体調不良の原因に繋がってしまいます。

食べ残したフードは勿体ないと感じてしまうかもしれませんが、愛犬の健康のためにも破棄しましょう。

半生ドッグフードには歯磨きグッズもあわせて用意

半生ドッグフードは柔らかい特性上、愛犬の口内に食べかすが残りやすくなってしまいます。

これは歯垢や歯石の原因に繋がります。また歯石が増えると歯周病や歯槽膿漏に繋がり、内臓の病気になってしまうこともあります。

もちろんドライフードでも起こりうることですが、柔らかい半生フードを与える場合は特に気をつけてあげましょう。

デンタルケアは愛犬の寿命にも関わると言われる大切なお手入れです。

ジェルタイプの歯磨きやガム・スティックなど、さまざまな商品が揃っているので、愛犬のタイプや性格に合ったものを選んであげましょう。

半生ドッグフードのよくある質問

半生ドッグフードとは?

半生ドッグフードとはドライフードよりも水分が多く、しっとりとして柔らかなタイプのドッグフードのこと。

ドライフードの水分量は10%程度ですが、半生ドッグフードは25%~35%程度です。

ドライフードよりも嗜好性が高く食いつきの良い商品が多く揃います。

半生ドッグフードのメリットは?

ニオイが強いため、食いつきが良い子が多いということ。

歯の悪い子や子犬、顎の力が弱ってきたシニア犬でも食べやすいことが、主なメリットとして挙げられます。

半生ドッグフードの賞味期限は?

多くの場合、未開封であれば賞味期限は製造から約1~2年です。

開封後はなるべく早く、1週間ほどを目安にして消費しましょう。

この記事の執筆者・監修者

石川 美代子

監修者情報

石川 美代子

犬の管理栄養士/動物ケアスタッフ/動物医療技術師/犬の美容師

ヤマザキ学園大学(現:ヤマザキ動物看護大学)を卒業後、動物看護師として動物病院に勤務し看護業務をはじめ、ペット保険関連業務等に従事。
犬の管理栄養士、動物ケアスタッフ、動物医療技術師、犬の美容師(トリマー)の経験と知識を活かし、現在はwebライターとして主にペット関連記事の執筆、ペット用品・記事の監修などを行う。

nademo編集部

執筆者情報

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

ドッグフードのおすすめ


※ 当コンテンツで紹介する商品は、実際に社内で利用した経験と、ECサイトにおける売れ筋商品・口コミ・商品情報等を基にして、nademo編集部が独自にまとめています。
※ 本記事はnademoが独自に制作しており、メーカー等から商品提供を受けることもありますが、記事内容や紹介する商品の意思決定には一切関与していません。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-ドッグフード
-,