犬の飼育費・値段

ボーダー・コリーの値段相場は?価格が決まる基準と注意点

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。

ボーダー・コリーは、凛々しい顔立ちにバランスのとれた体型が魅力の中型犬。

とても賢く人気の高い犬種のため、新しい家族の一員としてお迎えを検討している人も多いのではないでしょうか。

本記事では、そんなボーダー・コリーの値段相場や価格設定の基準などを紹介しています。

お迎え前の注意点も合わせて解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事の結論

  • 値段相場は20万円~40万円前後で振れ幅が大きく、希少なタイプは高騰傾向に
  • 子犬は基本的に高額で、最も大きく価格に影響が出る要素は顔立ちや毛色・毛質
  • 月齢が増している、バイアイ、片パンダアイなどの場合、安価に設定されることも
  • 保護犬のお迎えよりも、ペットショップやブリーダーでのお迎えのほうが価格が高め

nademo編集部

担当執筆者

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

ドッグフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

ボーダー・コリーの値段相場は20万円~40万円前後

ボーダー・コリーをお迎えする際の相場価格は20万円~40万円と言われています。

どの犬種もある程度値段に振れ幅があり、ボーダー・コリーの場合は毛色や模様によって価格が前後することが多いです。

他の犬種に比べてやや高く感じる方もいると思いますが、ボーダー・コリーはとても人気の犬種です。

反対に値段が安すぎる場合には、低予算で劣悪な環境で育ってきたという可能性があります。

体が弱かったり病気がちである、という可能性もあるため、お迎え前にペットショップやブリーダーへ確認しておきましょう。

希少な毛色や顔が左右対称きれいな柄は高騰しやすい

ボーダー・コリーは毛色のバリエーションが非常に多い犬種です。

中でもブルーマールと呼ばれる大理石のような色は非常に珍しく、価格が高くなります。

しかし、マールという毛色を持つ犬は障がいを引き起こしやすいというリスクも。

顔の模様は真ん中にはフレーズと呼ばれる白い線が入り、そこから左右対称に黒色が広がっているのが理想とされています。

理想の容姿に近ければ近いほど、価格は高騰します。

ボーダー・コリーの値段を決める基準

ボーダー・コリーの値段を決める基準には、以下のような点が挙げられます。

価格高騰の主な理由・子犬
・健康状態が良好
・被毛や瞳が良好
・珍しい毛の色
・親がチャンピオン犬
価格下落の主な理由・月齢が増している
・病気がある
・バイアイ
・片パンダ柄
・スタンダード(犬種標準)ではない

上記はあくまで目安であり、動物の価格を決めるうえでの明確なルールや基準は設けられていません。

そのためペットショップやブリーダーさんの判断によって、価格に差が出ます。

性別

男の子に比べて、女の子のほうが価格が高くなることが多いです。

ボーダー・コリーに限らず、女の子は繁殖能力があるため、ブリーダーさんが手放したがらない場合も。

そのため流通量自体が少ないという傾向があります。

また、買い手側としても子犬を生むことができる女の子のほうが人気が高く、男の子に比べて高額になります。

年齢

年齢も価格を決めるうえでの重要な要素となり、成犬よりも子犬の方が高額となります。

成犬にくらべて子犬のほうがしつけを覚えやすいとされており、これからお迎えを検討している人の中でも子犬のを希望している人はとても多いでしょう。

また、体も小さく可愛らしい子犬の時期を楽しみたいと感じる人も多いことから、価格も高額になります。

顔立ちや容姿

顔立ち・容姿は価格設定に大きく関わる要素となります。犬種の理想の容姿に近ければ近いほど価格は高騰します。

ボーダー・コリーの場合、稀に「バイアイ」と呼ばれる、片目だけが青色の瞳で生まれてくる子がいます。

機能上問題はありませんが、スタンダードではないという理由から価格が低く設定されがちです。

一般家庭でペットとして一緒に暮らすのであれば、犬種としては理想の容姿かどうかよりも気に入った子を選ぶのがよいでしょう。

毛色や毛質

毛色・毛質はボーダー・コリーの価格を決めるうえでもっとも重要視される部分です。

理想といわれる美しい模様である場合に価格が高騰します。

また、ボーダー・コリーは非常に毛色のバリエーションが多い犬種ですが、その中でも希少とされる毛色の子が高額に設定される事が多いです。

片パンダアイと呼ばれる片側の目の周りが黒くなる模様は人気が低く、安価に設定される傾向があります。

血統

両親がドッグショーで入賞するなど優秀な成績を納めている場合、その子どもも美しく育つと予想されます。

そのため、血統がよい犬は価格も高騰するのです。

しかし一般家庭で家族として一緒に暮らすのであれば、血統にはそこまでこだわる必要はないでしょう。

健康面

特に毛色などの容姿に大きなマイナスポイントがないにも関わらず価格が安い場合には、病気を抱えているなど健康上の問題があることも。

あまりにも低価格な場合には、ペットショップの店員さんやブリーダーさんに理由を尋ねてみるとよいでしょう。

お迎え場所(ペットショップ・ブリーダー・保護等)

ペットショップの場合は犬そのものの価格だけでなく、お店の家賃・光熱費といった維持費・人件費・仲介手数料なども加味したうえで価格を設定します。

ブリーダーさんの場合は人件費・仲介手数料はかからないものの、よい血統の親犬を繁殖に用いていたり高級なドッグフードで育てている場合には価格が高くなるといえるでしょう。

保護犬としてお迎えする場合は前者に比べて費用はかかりづらく、譲渡費用やその後のワクチン接種費用などが基本となり、低価格になりやすいです。

お迎え前に知りたいボーダー・コリーの基本情報

ボーダー・コリーは全犬種の中でももっとも賢い犬種といわれており、かつては牧羊犬として活躍していました。

凛々しい顔立ちと美しい被毛が印象的で、世界中で人気のある犬種です。

飼い主さんに従順で仕事好きなのでしっかり者のイメージが強いですが、実は少しおっちょこちょいな一面もありそんなギャップが魅力のひとつでもあります。

明るくて活発な性格

飼い主に忠実で懐きやすい

よく吠える

運動能力が高く、多くの運動量が必要

 その他情報

原産国イギリス
大きさ中型
平均寿命10歳~17歳
なりやすい病気股関節形成不全,コリーアイ症候群(コリー眼異常),水晶体脱臼,白内障,皮膚炎
参考価格20万円〜50万円
       

被毛

抜け毛多い
毛質スムースコート,ロングコート
毛色ブラック&ホワイト,レッド&ホワイト,ブルー&ホワイト,セーブル&ホワイト,クリーム&ホワイト,レッドマール,ブルーマール,チョコレート,トライカラー

体高

男の子48cm~56cm
女の子46cm~53cm

体重

男の子14kg~20kg
女の子12kg~19kg

ボーダー・コリーの歴史

ボーダー・コリーの祖先は、8世紀から11世紀にかけてスコットランドに持ち込まれたトナカイ用の牧羊犬であると言われています。

作業能力を重視してほかのコリーなどと交配が重ねられた後に、現在の姿となりました。

「ボーダー」とは国境を意味しており、これはボーダー・コリーの原産がイングランドとスコットランドの国境あたりであったことに由来しています。

誕生の歴史は古いものの、長くの間牧羊犬としての能力のみ重視されていたため正式に犬種として認められるまでには時間がかかりました。

ボーダー・コリーという名前が付けられたのは1915年、イギリス・ケネルクラブに公認されたのは1976年のことです。

「最も知能が高い犬種」と言われるボーダー・コリーは、運動能力や忍耐の強さから、現在でもその能力を活かし、警察犬や救助犬としても活躍しています。

ボーダー・コリーのサイズ

ボーダー・コリーは、やや大きめの中型犬。

体つきはしっかりとしていながらも滑らかなボディラインであり、バランスのとれた体型といえます。

成犬時の体高・体重の目安は以下のとおりです。

体高男の子:48cm~56cm
女の子:46cm~53cm
体重男の子:14kg~20kg
女の子:12kg~19kg

ボーダー・コリーの体は柔軟性にも優れており、空中で大きく体をひねることもできます。

ボーダー・コリーの被毛・毛色

ボーダー・コリーは毛色のバリエーションが非常に多いのが特徴です。

一般的にはブラック&ホワイトをイメージする人が多いでしょう。

そのほかにも、以下のような毛色が認められています。

  • ブルーマール
  • レッドマール
  • チョコレート
  • トライカラー
  • ブラック&ホワイト
  • レッド&ホワイト
  • ブルー&ホワイト
  • セーブル&ホワイト
  • クリーム&ホワイト

優秀なボーダー・コリーを繁殖しようと品種改良のために交配を重ね、さまざまな毛色・模様が誕生しました。

顔の中心にはフレーズと呼ばれる白く真っ直ぐな線が入り、そこから左右対象に黒色が広がっているのが一般的です。

日本にいるボーダー・コリーのほとんどがフワフワとしたロングコートですが、短毛のスムースコートのボーダー・コリーも存在します。

ボーダー・コリーの性格

「もっとも賢い犬種」といわれるほど聡明なボーダー・コリー。飼い主さんに従順で攻撃性も低く、家族には愛情深く接します。

もともと牧羊犬だったため活発で運動能力が高いのはもちろん、飼い主さんと遊ぶことも大好き。アジリティ競技なども得意です。

そんな賢さとは裏腹にちょっぴりおっちょこちょいな一面もあり、ガラスに映った自分の姿を見て遊ぼうとするなど、やや天然なところも魅力のひとつです。

ボーダー・コリーの平均寿命

ボーダー・コリーの平均寿命は10~17歳と言われています。

中型犬の中では長命の部類に入り、イギリスでは27歳まで生きたボーダー・コリーがギネス記録にも認定されています。

日々適切な食事量・運動量を守り健康を維持しましょう。

特に体重が増加しすぎると関節に異常をきたしたり、病気を引き起こす原因となります。

少しでも長生きできるよう、定期的に検診を受けるなど健康管理に気をつけてあげてくださいね。

ボーダー・コリーがかかりやすい病気の一例

ボーダー・コリーは、以下のような病気にかかりやすいと言われています。

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)股関節の骨が噛み合わなくなり、歩行障害を引き起こす。
コリーアイ症候群(コリー眼異常)目の組織に異常が発生し、視力障害を引き起こし失明に至ることもある病気。
水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう)水晶体を支えるチン小帯がゆるくなることで水晶体が脱臼する病気。
白内障(はくないしょう)水晶体が白く濁ることで視覚に影響が出て、目が見えなくなる病気。

股関節形成不全・コリーアイ症候群など遺伝子的要因で発病する疾患が多いのが特徴です。

こういった病気は予防するのが難しいため、早期発見し進行を食い止めるための早期治療が重要となります。

定期的に検診を受け、早期発見に努めましょう。

ボーダー・コリーと一緒に暮らすための飼い方ポイント

ボーダー・コリーと一緒に暮らす際のポイントを紹介します。

運動量の多いボーダー・コリーがストレスを溜めず安全に過ごせるよう、快適な環境を整えてあげてくださいね。

しつけはメリハリを付けて行う

ボーダー・コリーは知能が高く賢い犬種ですが、飼い主を主人と認めない場合にはコマンド(合図)に従わないこともあります。

賢さに任せて放置してしまうことのないよう、しっかりとしつけを行いましょう。

また、叱るときには低めの声で厳しめに叱りましょう。

いけないことをしたときに笑ってしまったり、中途半端な対応をすると「喜んでくれている」と勘違いさせてしまう恐れがあります。

怒鳴ったり体罰をしたりするのはいけませんが、メリハリをもってしつけることが重要です。

運動不足にならないように毎日散歩する

ボーダー・コリーはスタミナが豊富なので、1日2回、1回につき30~60分が目安です。

特に若いうちには体力があり余っているので、十分な運動量が必要です。

また、ボーダー・コリーの知的好奇心を満たすには毎日の散歩に加え、フリスビーやボールを使用した遊びもおすすめです。

頭と体の両方を使えるような遊びをさせてあげてくださいね。

毎日のブラッシングが必要

出典:Amazon

特にロングコートの場合は抜け毛が多く、毛が絡まって毛玉ができてしまうのでこまめなお手入れが必要です。

スムースコートの場合も定期的にブラッシングをし、余分な抜け毛を取り除いてあげてくださいね。

針の細いスリッカーブラシは、根本付近の毛までしっかりと梳かせます。

シャンプーは月1回を目安に行う

出典:Amazon

月に1回を目安に、定期的にシャンプーを行いましょう。シャンプーで体を洗うことで、不要な毛を一気に落とせます。

無添加のシャンプーならデリケートな犬の皮膚にも優しく、安心して使用できます。

毛量が多いため、シャンプーの後は湿り気が残らないようしっかりと乾かしてあげてくださいね。

定期的に耳のケアを行う

ボーダーコリーはたれ耳のため、耳の中が蒸れやすく外耳炎を引き起こす恐れがあります。

週1回を目安に耳のチェックを行い汚れが気になったらその都度、濡らしたガーゼやペット用のウェットティッシュなどでケアしましょう。

また耳からイヤなニオイがしたり、赤く炎症しているような様子があれば動物病院を受診してください。

ケガをしないよう滑りにくい床材を敷く

出典:Amazon

ツルツルと滑るフローリングを歩き回っていると、関節に負担がかかります。

ボーダー・コリーは関節に異常が出やすいため、少しでも負担を減らすことが大切です。

転倒防止のために、愛犬が生活するスペースにはジョイントマットなどを床に敷いてあげるとよいでしょう。

カーペットが衝撃を吸収してくれるので、足音などの騒音対策にも繋がります。

暑さに弱いので熱中症対策は必須

ボーダー・コリーは被毛が豊かなため、暑さに弱い犬種です。

暑い夏場は熱中症にならないよう、エアコンを活用して愛犬が快適に過ごせるよう環境を整えましょう。

また暑い日のお散歩は気温が低くなりやすい早朝や日没後の時間帯を選び、地面の温度を確認してから連れていくことが大切です。

ボーダー・コリーに合うドッグフードを与える

フード選びの際に意識したいポイントは以下のとおりです。

  • 高タンパク質
  • 運動量に見合ったカロリー
  • オメガ6脂肪酸&オメガ3脂肪酸を含有
  • 関節サポート成分を含有
  • カルシウムとミネラルのバランスがいい

ボーダー・コリーのしっかりとした体を作るには、豊富なタンパク質が必要です。

また、運動量が多いためカロリーもたくさん消費します。

関節に疾患がでやすい犬種のため、グルコサミン・コンドロイチンといった成分が含まれているフードがおすすめです。

ボーダー・コリーを迎える前の注意点

ボーダー・コリーをお迎えする前の注意点を紹介します。

お迎え前にチェックしておきたいことを詳しく説明しているので、ぜひ目を通してみてくださいね。

健康状態を確認しておく

健康状態をよく確認してからお迎えしましょう。

スタンダードな容姿の子犬にも関わらず極端に価格が安く設定されている場合は、なにか病気を抱えている場合もあります。

以下のような点を確認してみてくださいね。

  • 皮膚や被毛は綺麗か
  • 口内や歯は綺麗か
  • 鼻は適度に湿っているか
  • 耳や耳の中は綺麗でニオイがしないか
  • 元気に体を動かしているか

病気を抱えている子の場合、その後も長く生きられなかったりこまめに病院へ連れて行く必要があります。

性格を確認しておく

可能な限り、性格も確認しておくのがおすすめです。

犬の性格を把握するのはもちろん、飼い主さんとの相性も重要となります。

性格を判断するのは難しいことではありますが、何度か抱っこをさせてもらって様子をチェックしてみるのもおすすめです。

もしくは、ペットショップの店員さんやブリーダーさんにどのような性格の子なのかを尋ねてみましょう。

お迎え後のアフターフォローの有無を確認

お迎え後のアフターフォローがあるかどうかも、重要なポイントです。

実際に一緒に暮らしはじめると、お迎え前には思いつかなかったようなことが心配になったり思わぬトラブルが発生したりもします。

なにか心配ごとがあるときに相談できる相手がいると、とても心強いですよね。

中にはお迎え後も提携の動物病院を紹介してくれるペットショップや、電話・メールで相談に乗ってくれるブリーダーさんもいます。

アフターフォローがしっかりしているところからお迎えするのが、その後の安心に繋がるため、事前にしっかり調べてからお迎え場所を決めましょう。

この記事の執筆者

nademo編集部

執筆者情報

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

ドッグフードのおすすめ


※ 当コンテンツで紹介する商品は、実際に社内で利用した経験と、ECサイトにおける売れ筋商品・口コミ・商品情報等を基にして、nademo編集部が独自にまとめています。
※ 本記事はnademoが独自に制作しており、メーカー等から商品提供を受けることもありますが、記事内容や紹介する商品の意思決定には一切関与していません。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-犬の飼育費・値段
-