猫の飼育費・値段

猫のスフィンクスの値段相場はかなり高い!おすすめのお迎え場所

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
猫のスフィンクスの値段相場はかなり高い!おすすめのお迎え場所とは?

ミステリアスな容姿が印象的なスフィンクス。毛のない猫として知られる、非常に珍しい猫種です。

そんなスフィンクスをお迎えする際にはどのくらいの費用がかかるのか、また、どこでお迎えできるのかなど、気になる人も多いのではないでしょうか。

今回は、まだ情報が少ないとされるスフィンクスのお迎えについて解説していきます。

この記事の結論

  • スフィンクスは、被毛がほとんど生えていない猫種
  • 映画「E.T.」のモデルとして有名な猫種でもある
  • お迎えする際の価格相場は30万円~50万円
  • お迎え場所はブリーダーを訪ねるのがおすすめ

担当執筆者

nademo編集部

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

キャットフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

スフィンクスの値段相場は30万円~50万円

被毛のない体にミステリアスな雰囲気が魅力のスフィンクス。映画「E.T.」のモデルになった猫としても有名です。

そんなスフィンクスをお迎えする際の価格相場は、30万円~50万円といわれています。

珍しい猫種であり、日本にはスフィンクスを扱うブリーダーさんが少ないため高額になりやすい傾向があります。

もしもペットショップでスフィンクスに出会う機会があれば、非常にレアケースだといえるでしょう。

スフィンクスの値段の決まり方

猫・犬などの動物の価格は、さまざまな要因が重なって決定します。

スフィンクスなどの変わった特徴のある猫は、その猫種ならではの基準がある場合も。

ここではスフィンクスの値段の決まり方について解説します。

珍しい猫種なので基本的に高額

スフィンクスはブリーダーさんが少なく、非常に珍しい猫種です。

希少価値が高いため、そのぶん価格は高額になりがち。

猫をお迎えする際は里親制度を利用する方法もありますが、スフィンクスの場合は里親制度で出会うのはかなり難しいでしょう。

月齢が若い

スフィンクスに限ったことではありませんが、月齢が若い猫ほど高額になる傾向があります。

子猫の可愛らしい時期を楽しめる・成猫と比べるとしつけが入りやすいといった理由から、成猫よりも子猫に人気が集まります。

なるべく費用を抑えてお迎えしたい場合は、ある程度月齢の経った猫や成猫も視野に入れてみるとよいでしょう。

性別は女の子がやや高め

どのような猫種も、女の子は子猫を産んで子孫を反映させられることから高額になりがち。

また、一般的に「女の子の方が大人しそう」「男の子は気性が荒そう」といったイメージを持たれることが多く、こういった点も価格設定に影響していると考えられます。

また、男の子はマーキング行為である「スプレー」を頻繁に行う傾向があり、そういった観点からも「女の子の方が飼いやすい」と人気を集めやすい傾向があります。

色や柄、シワの多さで高騰する

一般的に猫や犬などのペットの価格は、被毛の色や模様によって変動することが多いです。

スフィンクスは無毛ですが、体の色によって価格が変動します。

また、シワの多さや深さも価格設定の基準のひとつ。

スフィンクスの場合はシワが多く、深いほど高額になる傾向があり、希少な色・柄などが合わさると150万円を超えるほどの高値が付けられることもあります。

血統付き

純血種である証の血統証がついている子が、価格が高額になります。

血統証付きの猫は体型や顔つき・模様などがその猫種のスタンダードをクリアしているということです。

しかし、ペットショーなどに出場させる目的がなく一般家庭でペットとして暮らすぶんには、血統証の有無はそこまで気にする必要はありません。

健康体かつ自分が気に入った子であれば、血統証がなくても特に問題ないでしょう。

スフィンクスのお迎え場所

犬・猫の流通ルート

スフィンクスをお迎えするには、以下のようなルートが挙げられます。

ペットショップお迎えできるケースは極めて稀
ブリーダー(キャッテリー)8万円~35万円程度
譲渡会里親の募集機会は稀

スフィンクスは珍しい猫種ということもあり、ペットショップではなかなか巡り会えません。

里親制募集の譲渡会でも、出会えることはめったにない猫種です。

そのため、専門のブリーダーさんを訪ねるのがもっとも確実な方法といえるでしょう。

販売価格はブリーダーさんによって異なります。

いつでもお迎えできるわけではなく繁殖時期が決まっていたり、人気のブリーダーさんの場合は予約が埋まっていたりするので、早めに問い合わせて相談してみるのがおすすめです。

スフィンクスをお迎えするときにかかる費用

お迎え当日までに用意しておきたいアイテム

スフィンクスに限ったことではありませんが、猫をお迎えする際には色々なアイテムが必要となります。

お迎え当日までに用意しておきたいアイテムと金額の目安は、以下を参考にしてみてください。

ケージ約10,000円
トイレ約3,000円
猫砂約1,000円
給水器約2,000円
キャットフード約4,000円
ベッド約3,000円

フードや猫砂は色々な種類・形状のものがありますが、基本的にはブリーダーさんのもとで与えていたものと同じ商品を選ぶのがおすすめです。

急にフードや砂が変わると、ご飯を食べなかったりトイレを失敗してしまう原因となります。

また、猫は環境の変化を苦手とする動物のため、お迎え直後は警戒心が強くなっています。

安心して落ち着ける居場所として、ケージやベッドなども用意してあげてくださいね。

早めに用意したいもの

お迎え当日にはなくてもかまいませんが、なるべく早めに用意したいアイテムは以下のとおりです。

キャリーバッグ約6,000円
ペット用ボディシート約1,000円
爪とぎ約2,000円
歯ブラシ約1,000円

動物病院に行く際など、抱っこのまま連れて行こうとすると脱走のリスクがあるためキャリーバッグは必須です。

また、猫は爪を研ぐ習性のある動物なので、家の中に数か所爪とぎを設置してあげましょう。

スフィンクスは毛がほとんど生えていないためブラッシングは必要ありませんが、体のシワに皮脂が溜まりやすいのが特徴。

体を拭けるタオルやガーゼ・ペット用のボディタオルなども用意しておくのがおすすめです。

あったら便利なもの

すぐには必要になりませんが、揃えておきたいアイテムは以下のとおりです。

爪切り約1,000円
おもちゃ約1,000円
キャットタワー約10,000円
おやつ約1,000円
消臭グッズ約2,000円

猫は爪とぎをして爪を整えますが、それとは別に爪切りで長さを整える必要があります。

特にスフィンクスは皮膚がむき出しになっているため傷つきやすく、自分の爪が引っかかってケガをしてしまうおそれも。飼い主さんが定期的に爪を切ってあげましょう。

また、猫は上下運動を好む習性がありますが、中でもスフィンクスは活発で人懐っこい猫種です。

運動不足・コミュニケーション不足にならないよう、キャットタワーやおもちゃも少しずつ揃えてあげてくださいね。

スフィンクスと暮らす際の年間費用例

スフィンクスと一緒に暮らす際の年間費用を、以下の表にまとめました。

あくまで一例とはなりますが、ぜひ参考にしてみてください。

キャットフード約50,000円
おやつ約10,000円
猫砂約20,000円
ケアグッズ約10,000円
医療費約30,000円
ペット保険約25,000円
ワクチン約50,000円
ノミダニ駆除・予防薬約10,000円
合計約160,000円

キャットフードやおやつの品質やおもちゃの性能によって金額は前後します。

また、室温管理のためにエアコンを稼働させる時間が増えることにより、電気代が通常より高くなることも。

お迎えする前に必要経費を計算し、必要な出費を惜しむことなく育ててあげられるか確認してみましょう。

スフィンクスをお迎えするときの注意点

新しい家族を迎えるときは、これからの生活に期待で胸がいっぱいですよね。

お迎えした愛猫と快適に暮らすため、事前に確認しておきたいポイントなどを解説します。

スフィンクスのお迎えを検討している人は、ぜひ目を通してみてください。

健康状態を確認する

お迎えする際には、猫の健康状態をきちんと確認しておきましょう。

目ヤニや鼻水など気になる症状はないか、皮膚がかぶれたり炎症している部分がないかなどをチェックしおくのがおすすめです。

体調や持病については、ブリーダーさんやペットショップの店員さんに尋ねてみるのもよいでしょう。

生まれつき疾患があったり体が弱かったりする場合、お迎え後も頻繁に動物病院に通わなければなりません。

お迎えする猫の健康状態は、あらかじめよく把握しておきましょう。

信頼できるブリーダーからお迎えする

ブリーダーの中には利益だけを目的とし無理な繁殖を繰り返す、悪質な業者も存在します。

質の低いブリーダーとの取引はトラブルの原因にもなるため、必ず信頼できるブリーダーさんから猫をお迎えしましょう。

実際に飼育スペースを見学させてもらったり、親猫を見せてもらうと飼育環境が分かり、ブリーダーの良し悪しも判断しやすくなります。

しかし、良質なブリーダーさんであっても、衛生管理の観点から見学は不可としている場合もあり、「見せてくれない業者は悪質」というわけではありません。

しっかり情報収集をして、安全な取引を心がけましょう。

年間を通して室内の温度管理は徹底する

スフィンクスは無毛であることから、暑さ・寒さにとても弱い猫種です。

年間を通して、室内の温度管理には気をつけるようにしましょう。

夏は熱中症を防ぐためにエアコンで部屋を冷やし、しっかりと水を飲めるように水飲み場を多めに設置してあげるのがおすすめです。

冬場は暖房をつけるのはもちろん、ペット用ヒーターを設置したり洋服を着させてあげるのもよいでしょう。

スフィンクスの基本情報

「スフィンクス」という名前からエジプトを連想しますが、カナダ生まれの猫種です。

被毛が産毛程度しか生えておらず、大きな目と耳がチャームポイント。

映画「E.T.」のモデルとなった猫として一躍有名になりました。

ミステリアスな見た目から物静かで大人しそうな印象がありますが、実は好奇心旺盛で甘えん坊。

遊ぶことが大好きで社交的なので、ほかの動物とも仲良くできます。

体のシワに皮脂が溜まりやすく汚れてしまうので、蒸しタオルなどでこまめにお手入れしてあげる必要があります。

皮膚がむき出しな分ケガをしやすいので、十分に注意してあげてくださいね。

元気で甘えん坊な性格

好奇心旺盛で人懐っこい

それなりに鳴くことがある

運動神経が抜群

 その他情報

原産国カナダ
大きさ中型
平均寿命12歳〜14歳
なりやすい病気耳疥癬症,皮膚病,肥大型心筋症
参考価格30万円〜50万円

体毛

抜け毛ない
毛質被毛なし
毛色ホワイト,ブラック,ブルー,キャリコ,タビー,ブルークリーム&ホワイト,ブラック&ホワイト
毛の長さ被毛なし

体高

男の子24cm~26cm
女の子24cm~26cm

体重

男の子3kg~6kg
女の子2.5kg~4kg

まとめ

日本ではまだまだ見かける機会の少ないスフィンクス。

ミステリアスな容姿とは裏腹に甘えん坊で可愛らしく、毛が飛び散らないことから猫アレルギー対策もしやすいといわれています。

猫らしい猫という容姿ではありませんが、この違いこそがスフィンクスの可愛らしさでもあります。

新しい家族の一案として、ぜひ検討してみてくださいね。

この記事の執筆者

執筆者情報

nademo編集部

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

キャットフードのおすすめ


nademo編集部の日常

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-猫の飼育費・値段
-