犬種

ゴールデン・レトリーバーの特徴は?性格・平均寿命・飼い方

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。

大きな体に穏やかな表情が印象的なゴールデン・レトリーバー。人懐っこく、大型犬の中ではトップクラスの人気を誇る犬種です。

本記事では、ゴールデン・レトリーバーの性格や特徴、一緒に暮らす際のポイントなどを詳しく解説しています。

これから新しい家族としてお迎えを検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の結論

  • とても愛情深くて飼い主さんに忠実であると有名なのが、ゴールデン・レトリーバー
  • 家庭犬としてだけではなく、介助犬・盲導犬・セラピー犬としても優秀
  • 原則として認められいる被毛は、ゴールドまたはクリーム色のみ
  • ラブラドール・レトリーバーとの違いは、短毛か長毛か

担当執筆者

nademo編集部

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

ドッグフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

飼い主に忠実で優しい性格のゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーは飼い主に忠実で愛情深く、優しい性格。垂れ耳と可愛らしい目が印象的で、顔つきもとても穏やかです。

人と一緒にいることが大好きで頭のよい犬種なので、介助犬・盲導犬・セラピー犬としても活躍しています。

犬とたくさん触れ合って一緒に遊びたい人には、ぴったりの犬種だといえるでしょう。

同じレトリーバーでもあるラブラドール・レトリーバーとの違いは、被毛の長さです。

ゴールデン・レトリーバーが長毛種、ラブラドール・レトリーバーが短毛種です。

ゴールデン・レトリーバーの特徴

心優しい持ち主のゴールデン・レトリーバーには、優しいだけではない楽しさも持ち合わせています。

体は大柄ですが、非常に優しく、子どもと一緒に育っていくことにも適しています。

日本でお迎えするには少し窮屈だと感じることもあるかもしれませんので、長めの散歩時間でストレスを発散してあげると良いでしょう。

温厚で知的、気配りもできる

主人に気に入られるよう努力するほど

大人しいためあまり吠えない

能力は高くなく、運動不足になりがち

 その他情報

原産国スコットランド
大きさ大型
平均寿命10歳〜12歳
なりやすい病気股関節形成不全,耳血腫,甲状腺機能低下症,悪性リンパ腫
参考価格10万円~30万円

体毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色ゴールド,クリーム

体高

男の子56cm~61cm
女の子51cm~56cm

体重

男の子29kg~34kg
女の子24kg~29kg

ゴールデン・レトリーバーのサイズ

ゴールデン・レトリーバーは大型種に分類されます。成犬時の体高・体重の目安は以下のとおりです。

体高51cm~61cm
体重24kg~34kg

大型犬ではありますが、非常に優しい性格の持ち主なので怖いという印象は持ちづらいでしょう。

また、大型犬の中ではやや小さめであることも、飼いやすいポイントのひとつです。

ゴールデン・レトリーバーの被毛・毛色

ゴールデン・レトリーバーはダブルコートの被毛を持つ長毛種。

色は名前のとおり、光沢のある美しいゴールドまたはクリーム色です。

レッドやマホガニーといった濃い色は認められておらず、胸元にわずかに入るホワイトのみ許容されています。

胸やお腹・尻尾は特にフサフサで、手足に飾り毛がついているのが特徴です。

ゴールデン・レトリーバーの性格・習性

ゴールデン・レトリーバーはとても賢く穏やかで、優しい性格です。

また、非常に人懐っこく活発で、飼い主さんと遊ぶのが大好き。社交的で、人間以外の動物にも友好的に接します。

ほかのレトリーバー種に比べると精神的に幼い一面があり、嬉しいと興奮してはしゃぎまわることも。

きちんとしつけをすれば、子どもの遊び相手にもなってくれますよ。

ゴールデン・レトリーバーの平均寿命

平均寿命は10歳~12歳。犬全体の平均寿命は約15歳なので、比較的短命な犬種です。

7歳を過ぎるとシニア犬に分類され、さまざまな病気にかかりやすくなります。

特にゴールデン・レトリーバーは、がんで命を落とす子が他の犬種に比べて多い傾向にあります。

定期検診を受けるなどして早期発見に努めましょう。

ゴールデン・レトリーバーがかかりやすい病気やケガ

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)股関節がゆるみやすくなり、歩行に異常が出る。
耳血腫(じけっしゅ)耳たぶの内側が大きく腫れる病気。
甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)甲状腺から分泌されるホルモンが減少することで肥満や脱毛などの症状が起こる。
リンパ腫(りんぱしゅ)リンパ組織ががん化し、食欲不振や下痢などの症状が起こる。

特に注意しておきたい病気やケガは上記の通り。

どんな病気であるのか理解しておくだけでなく、体調の変化に気づけるよう日々チェックしてあげましょう。

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)

股関節がゆるみやすくなり、歩行に異常が出ます。

歩くときにふらついたり、普段と違う座り方をするようであれば様子を見て動物病院に連れていきましょう。

ゴールデン・レトリーバーは遺伝的に股関節形成不全にかかりやすいといわれていますが、近年は繁殖のコントロールのおかげで減少傾向にあります。

しかし、遺伝性だけでなく栄養バランスや運動環境によって引き起こされる場合もあるので注意が必要です。

耳血腫(じけっしゅ)

耳介内の血管が破れることで、耳たぶの内側が大きく腫れてしまう病気です。

外耳炎によるかゆみから耳を引っ掻いてしまったり、頭を激しく降ったりすることで発症します。

ゴールデン・レトリーバーは垂れ耳のため通気性が悪く、外耳炎を起こしやすい犬種です。

耳から悪臭がする、赤みが出るなどの症状が見受けられたら、ひどくなる前に動物病院を受診しましょう。

甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)

甲状腺から十分なホルモンが分泌されなくなり、肥満や脱毛などを引き起こします。

ほかにも元気がなくなったり、皮膚が分厚くなることで悲しそうな顔になるといった症状も。

有効な予防法がない病気のため、早期発見・早期治療が重要です。

定期検診の際に血液検査も行い、甲状腺ホルモン数値もチェックするのがよいでしょう。

リンパ腫(りんぱしゅ)

リンパ組織ががんになり、食欲不振や下痢などの症状が現れます。多くの場合体の各リンパ節が腫れるという症状も。

ゴールデン・レトリーバーに多く見られる病気であり、遺伝的要素が原因であると考えられています。

数ある治療法の中でも抗がん剤療法の効果が研究されており、早く見つけることができれば予後の可能性が高まります。

ゴールデン・レトリーバーの見分け方

ゴールデン・レトリーバーともっともよく似ているのが、同じレトリーバー種であるラブラドール・レトリーバーでしょう。

しかしこの2犬種には明確な違いがあり、ゴールデン・レトリーバーは長毛であるのに対して、ラブラドール・レトリーバーは短毛であるということ。

同じレトリーバーの名を冠しているものの、原産国やルーツもそれぞれ全く異なっています。

ゴールデン・レトリーバーの登録頭数

ジャパンケネルクラブにより血統登録・血統証明書が発行された「2023年(1月~12月)犬種別犬籍登録頭数」によると、日本国内での登録頭数は7,899匹。

全体で見ても10位と、大型犬であるにも関わらず人気であることもわかります。

TOP10は小型犬ばかりなので、大型犬がランクインしてくるのはゴールデン・レトリーバーだからこそとも言えるでしょう。

ゴールデン・レトリーバーの歴史

ゴールデン・レトリバー

ゴールデン・レトリーバーの祖先は、ニューファンドランドとウェイビーコーテッドレトリーバーの交配によって生まれました。

2種の交配よって生まれた黄色い長毛犬にウォータースパニエルを交配し、現在のゴールデン・レトリーバーがほぼ完成。

1903年に、原産国であるイギリスのケネルクラブには「フラットコートゴールデン」という名前で登録されましたが、すでに「フラットコーテッド・レトリーバー」という犬種がいました。

2種を区別するために、ゴールデン・レトリーバーまたはイエロー・レトリーバーと名称変更された後、1920年にゴールデン・レトリーバーに統一。

ラブラドール・レトリーバーの長毛版と思われがちですが、成り立ち・原産種は異なります。

ゴールデン・レトリーバーを飼うのに向いている人の特徴

ゴールデン・レトリーバーは大型犬ですが、特別飼うのが難しいというわけでもありません。

ですが、大型犬は大型犬。その特徴を理解してから、お迎えするかどうかを見極めるのが必要になるでしょう。

大型犬をしっかり制御できる人

大型犬に分類されるゴールデン・レトリーバーは、非常に力が強いです。

ある程度の力や体力がないと、突然引っ張られた際に転倒してケガをしてしまうことも。

子犬期からしつけをすることも大切ですが、成犬になったときにしっかり制御できる人に向いています。

一緒にいられる時間を作れる人

ゴールデン・レトリーバーは人懐っこく、飼い主さんと一緒にいることが大好きな犬種です。

運動量も非常に多いので、十分に散歩の時間を確保する必要があります。

遊ぶ時間や散歩する時間がないとストレスがたまり、問題行動を起こしたり、体調不良になる可能性があるため、愛犬と一緒にいられる時間を作れる人に向いているでしょう。

ゴールデン・レトリーバーの飼い方

ゴールデン・レトリーバーと一緒に暮らすポイントをご紹介します。

賢く飼い主に従順な性格のためしつけにそれほど苦労はありませんが、お迎えする前に注意点等を押さえておくのがよいでしょう。

子犬のころからきちんとしつけておく

ゴールデン・レトリーバーはとても賢く飼い主に従順なため、しつけは比較的ラクだといえるでしょう。

社交的な性格は長所ではありますが、その反面コミュニケーションが不足していると人やほかの動物に吠える・飛びかかるなどの問題行動を起こす場合があります。

ゴールデン・レトリーバーは体が大きいので、飛びかかると相手にケガをさせてしまうなど思わぬトラブルに繋がることも。

飼い主さんがしっかり遊んであげたり散歩中にほかの犬と触れ合ったり、子犬のうちから社会性を身に付けさせることが重要です。

こまめなブラッシングが必要

出典:Amazon

ゴールデン・レトリーバーの美しい被毛を保つためには、こまめなブラッシングが欠かせません。

ダブルコートのため、換毛期は特に抜け毛が多くなります。

毛が長いためお尻・尻尾・耳まわりや脇の下など、毛が擦れやすい部分には毛玉ができてしまいます。

毛玉を放置すると皮膚の炎症にも繋がるので、毎日ブラッシングをして毛玉や毛の絡まりを取り除いてあげましょう。

クッション性のあるブラシを使うとマッサージ効果にも期待できますよ。

シャンプーやトリミングは月1~2回を目安に

月に1~2回を目安にシャンプーやトリミングをしてあげましょう。

ゴールデン・レトリーバーは皮膚疾患にかかりやすい傾向があるので、適切な頻度でのシャンプー・トリミングが必要です。

湿度の高い梅雨や夏の暑い時期など皮膚や被毛のベタつきが気になるときには、シャンプーなどの回数を増やしてみるのもよいでしょう。

ですがシャンプーのしすぎは必要な皮脂まで取り除いてしまうので注意してくださいね。

定期的に体重を量り適切な体型・体重を保つ

犬のボディコンディションスコア

大型犬なので食べる量は多く見られますが、太りすぎも痩せすぎも避けられるように調整しましょう。

上記のボディコンディションスコア(BCS)をもとにして、理想的とされる体型を確認します。

ブラッシングの際に体全身に触れ、太りすぎ・痩せすぎではないかチェックしてあげてください。

ゴールデン・レトリーバーは関節に異常が出やすいため、肥満には特に注意が必要です。

毎日2時間は散歩に連れて行く

ゴールデン・レトリーバーは活発で運動量も多いので、十分に散歩の時間を確保する必要があります。

1日の適切な散歩の時間・距離などは以下のとおりです。

時間1回につき1時間ほど
回数1日2回
距離約3km~5km

ゴールデン・レトリーバーは好奇心旺盛な性格であり、毎日単調な散歩を繰り返すだけでは飽きてしまって満足しない場合も。

もともと狩猟犬だった背景もあり、散歩のほかにボール投げ・ロープの引っ張り合いなどの遊びや服従関係の要素を入れてあげるとストレス解消に繋がるでしょう。

暑い日は室内温度に気をつける

梅雨や夏などの温度・湿度の高い時期は、室内温度に注意しましょう。

ゴールデン・レトリーバーはダブルコートの被毛を持つため寒さには強いですが、暑さにはとても弱いです。

適切な室温・湿度は以下のとおりです。

快適な室温23~26℃
快適な湿度50%前後

夏場の室温コントロールはもちろんですが、冬場も暖房を強くしすぎると室内が暑くなってしまうので注意が必要です。

ケガをしにくい環境を整えておく

出典:Amazon

ゴールデン・レトリーバーは関節トラブルが起こりやすい犬種です。

体の大きいゴールデン・レトリーバーがツルツルと滑るフローリングの床を駆け回っていると、関節に大きな負担がかかります。

歳をとってくると筋力が落ち、より関節への負担が大きくなります。

愛犬の足腰への負担を軽減するために、生活スペースには滑りにくいようカーペットを敷いてあげるのがおすすめです。

ゴールデン・レトリーバーにおすすめのドッグフード3選

ゴールデン・レトリーバーにおすすめのフードをご紹介します。

日常的に与える主食には、バランスのよい総合栄養食がよいでしょう。

アカナ(ACANA)アダルトラージブリードレシピ

新鮮な鶏肉・ニシン・カレイなどを使用しており、タンパク質が豊富に含まれる成犬用フード。

エネルギー消費量が多い子に適した高タンパク・カロリーとなっており、血糖値や関節にも配慮された成分です。

グレインフリーのため、アレルギー対策にもおすすめですよ。

対象年齢1歳以上
内容量11.4kg
原産国カナダ
主原料新鮮鶏肉、鶏肉ミール、七面鳥肉ミール
その他原材料赤レンズ豆、丸ごとグリンピース、そら豆、新鮮鶏臓器(レバー、ハツ、腎臓)、ニシンミール、新鮮全卵、新鮮丸ごとカレイ、ニシン油、鶏脂肪、日干しアルファルファ、緑レンズ豆、丸ごとイエローピース、エンドウ豆繊維、新鮮鶏軟骨、乾燥ブラウンケルプ、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮丸ごとパースニップ、新鮮ケール、新鮮ほうれん草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、新鮮丸ごとクランベリー、新鮮丸ごとブルーベリー、チコリー根、ターメリック、オオアザミ、ゴボウ、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物亜鉛キレート
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー337.5kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)28円/125g
定期販売Amazon定期便あり
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

レティシアンネルソンズドッグフード 中・大型犬向け

出典 :https://www.amazon.co.jp/

原材料の50%がチキンでできた、グレインフリー(穀物不使用)のドッグフード。

タンパク質が豊富に含まれ、子犬からシニア犬まで幅広く食べられます。

中粒サイズなので、お口の大きい大型犬でも噛みごたえ抜群。

大容量のためコストパフォーマンスが高いのも、嬉しいポイントです。

対象年齢全年齢
内容量5kg
原産国イギリス
主原料乾燥チキン28%、チキン生肉22%
その他原材料サツマイモ、バターナッツスカッシュ、チキンオイル、エンドウ豆、チキングレイビー、エンドウ豆繊維、サーモンオイル、海藻パウダー、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、ニンジン、パースニップ、リンゴ、カボチャ、ミドリハッカ、インゲン豆、ブロッコリー、パセリ、マリーゴールド、フェンネル、ショウガ、ナシ
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物グルコサミン、ユッカ抽出物、クランベリー抽出物、コンドロイチン、ビタミン類(A、D3、E)、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、パルミチン酸アスコルビル、クエン酸)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー368kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)193円/105g
定期販売1~2個:1個あたり7,816円(税込)/3個以上:1個あたり7,356円(税込)
フード目的一般食(FEDIAF基準)
フードの種類ドライ

オリジンオリジナル

動物性タンパク質を85%配合しているドッグフード。七面鳥・天然魚・平飼い卵といった、高品質の動物性タンパク質となっています。

肉類の3分の2は生肉を使用しており、新鮮な素材にこだわって作られています。

食いつきに期待できる肉類の多さだけでなく、大粒のフードなのでしっかりと食べ応えがありますよ。

対象年齢全年齢
内容量2kg
原産国アメリカ
主原料新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉、新鮮鶏内臓 (レバー、心臓)
その他原材料生の丸ごとニシン、生の丸ごとヘイク、新鮮卵、生七面鳥レバー、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレートサバ、ディハイドレートイワシ、ディハイドレートニシン、丸ごと赤レンズ豆、丸ごとヒヨコ豆、丸ごとエンドウ豆、鶏脂肪、丸ごと緑レンズ豆、丸ごとピント豆、丸ごと白インゲン豆、レンズ豆繊維、ポロック油、エンドウ豆スターチ、乾燥ケルプ、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮丸ごとズッキーニ、新鮮丸ごとニンジン、新鮮丸ごとリンゴ、新鮮丸ごと洋梨、乾燥チコリールート、新鮮ケール、新鮮ホウレン草、新鮮ビートの葉、新鮮カブラ菜、丸ごとクランベリー、丸ごとブルーベリー、丸ごとサスカトゥーンベリー、ターメリック、オオアザミ、ゴボウ、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物酸化防止剤(トコフェロール)、亜鉛キレート、亜鉛、銅、ビタミンB1、ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー386kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)330円/75g
定期販売Amazon定期便あり
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

ゴールデン・レトリーバーの価格相場

ゴールデン・レトリーバーの価格相場は平均40万円前後。最低価格は約20万円、最高価格は約70万円と振れ幅が広いです。

性別やどこで出会うかによっても価格は変動しますが、血統によって大きく価格が異なります。

ゴールデン・レトリーバーは大きく分けて、ペットタイプとショータイプの2種がいます。

ショータイプはドッグショーでのチャンピオンの血を継いでおり、価格も高くなることが多いです。

血統にこだわらず、家族として暮らすペットタイプであれば、20万円から30万円でお迎えできる場合もありますよ。

この記事の執筆者

執筆者情報

nademo編集部

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

ドッグフードのおすすめ


nademo編集部の日常

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-犬種
-