犬種

日本スピッツはどんな特徴の犬?適切な飼い方・性格・誕生の歴史

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。

純白の被毛と優雅な外見が特徴の日本スピッツ。

美しい姿と愛らしい表情を兼ね備えた日本スピッツは、近年人気の犬種にもなっており、迎えたいと検討している方やどんな犬種なのか知りたいという方が多いのではないでしょうか。

本記事では、日本スピッツがどんな特徴や性格、習性を持っているのかをそれぞれ細かくご紹介しています。

適切な飼い方についても詳しく解説していますので、新しい家族として日本スピッツを迎えるための参考にしてみてください。

すでに日本スピッツと暮らしている方も、あらためて知識を深められる内容になっていますのでぜひご覧ください。

この記事の結論

  • 日本スピッツは中型犬のなかでも小柄な犬種で純白の被毛を持っている
  • 日本スピッツは皮膚がデリケートなため、こまめなケアが必要
  • かつては良く吠えて神経質な犬種と言われていたが、近年では温和で人懐っこい個体が増えている
  • コミュニケーションと運動が好きなため、室内で共に生活し、頻繁に外に連れ出せる飼い主さん向き

千葉 柊平

担当執筆者

千葉 柊平

マルキーと暮らすWebライター

マルキー(マルチーズ×ヨーキー)と暮らすWebライターです!
彼女と一緒に3人で海外に行ったり、たくさん旅行をしながら暮らしてます。
FP3級の資格を持っており、愛犬と彼女とのより豊かな生活を目指しています。
「愛犬のためならなんでもできる」そんな全国の愛犬家を応援しています!
読者の皆さんのお役に立てれば幸いです。

nademo編集部

担当執筆者

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

ドッグフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

目次

日本スピッツの特徴

日本スピッツはその名の通り、日本を原産国とするスピッツ種で、白い被毛を持つのが特徴的。

体は中型犬サイズであり、ピンと張った耳や長いマズルが印象的と言えるでしょう。

もともとは体の大きなスピッツ種を交配し、少しずつ小さく改良していったという経緯があるようです。

正確なところがわかっていないものの、サモエドにも似たその見た目はとても人気のある犬種です。

とても賢く、好奇心旺盛

家族のみ懐きやすい

ほとんど吠えることはない

スタミナが豊富で、十分な運動が必要

 その他情報

原産国 日本
犬種グループ 5G:原始的な犬・スピッツ
大きさ 中型
平均寿命 12歳~14歳
なりやすい病気 膝蓋骨脱臼,血友病,膿皮症,落葉状天疱瘡,全身性紅斑性狼瘡,アレルギー性皮膚炎
参考価格 20万円~40万円
       

被毛

抜け毛 多い
毛質 ダブルコート
毛色 ホワイト

体高

男の子30cm~38cm
女の子男の子よりやや小さい

体重

男の子5kg~11kg
女の子5kg~11kg

日本スピッツの身体的特徴

日本スピッツは真っ白な長毛に覆われた犬種で、さほど体重が重くない小さめの中型犬です。

名前のとおり日本が原産ではありますが、起源をたどると祖先はシベリア大陸から来ているため、寒さに対応できる身体的特徴を持っています。

その特徴として分厚く小さい三角の耳と被毛があります。

また、アーモンド型のクリッとした目を持っており、愛嬌あふれる顔も人気の理由です。

背中にはふさふさとしたしっぽがあり、全体的に優雅な雰囲気があります。

日本スピッツのサイズ(体高・体重)

体高男の子:30cm~38cm
女の子:男の子よりやや小さい
体重5kg~11kg

日本スピッツは中型犬に分類されますが、小さい個体では体重が5kgほどと小型犬と変わらない体格になることがあり、中型犬としては小さい犬種だと言えます。

さらに、女の子は男の子より少し小さく成長することが多い傾向にあります。

日本スピッツを迎えたいけど家の広さなどが不安という方は、女の子を検討してみるのも良いでしょう。

しかし、あくまで中型犬なので、ある程度の大きさまでは成長します。

体高は、人が立ったときの膝くらいの高さで、体高と体長は10:11の比率です。

体高より体長がやや長いですが、長毛で足の付け根が覆われているので10:11の比率よりやや短足に見えるかもしれません。

日本スピッツの毛色・被毛

日本スピッツの被毛は、「ダブルコート」と呼ばれるまっすぐな上毛(オーバーコート)と柔らかい下毛(アンダーコート)の二重構造でできており、寒さに適応できるようになっています。

長毛の犬種ですが、顔、耳、足の3か所は短い毛になっており、全身長毛の犬種よりは比較的手入れがしやすいでしょう。

しかし、ダブルコートの犬種ではあるため、換毛期の春と秋には抜け毛が増えてしまいます。

長毛ということもあり、ほっておくと毛玉ができてしまうので、こまめなブラッシングは欠かせません。

毛色は、純白の1色で他の毛色はありません。

日本スピッツの運動能力

日本スピッツは、運動能力が高く機敏に動くのが特徴です。

中型犬のなかでも小柄なことから素早く動ける身体能力があります。

運動意欲も高いので十分な散歩に行ったあとでも、おもちゃを持ってきて遊びに誘ってくれることも多いでしょう。

愛犬である日本スピッツの運動意欲がとても高いという場合は、ドッグスポーツを試してみるのもおすすめです。

ドッグスポーツは、フリスビーや障害物競争など種目はさまざまですが、その種目でも対応できる身体能力を持っている犬種です。

試してみることで愛犬の新たな身体能力に気付けるかもしれません。

日本スピッツの平均寿命

日本スピッツの平均寿命は12歳~14歳程度と、他の中型犬の平均寿命は13歳~14歳なので、比較しても日本スピッツは平均寿命と言えます。

しかし、家族として一緒に生活していくともっと長生きしてほしいという気持ちが強くなります。

より長生きして元気に過ごしてもらうためには、日ごろの生活から愛犬に寄り添ってあげることが大切です。

最近では、さまざまな種類の健康フードや医療の発展もあるので、寿命を気にしすぎず愛犬との日々を過ごしてください。

日本スピッツの注意したい病気

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)膝のお皿がずれて脱臼する症状
血友病(けつゆうびょう)血液を固めるタンパク質の一部が先天的に欠損し、血が止まりにくくなる
膿皮症(のうひしょう)皮膚のブドウ球菌が過剰に増殖し、痒みや脱毛などを引き起こす
アレルギー性皮膚炎アレルゲンによって免疫が過剰に反応する

犬には各犬種の身体的特徴によってかかるリスクが高い病気もあります。

日本スピッツにおいて注意すべき病気は、上記表の4つです。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

運動が大好きな日本スピッツは、膝のお皿が正常な位置からずれてしまう「膝蓋骨脱臼」になりやすいと言われています。

高い所からジャンプをしたときなどに起こりやすいので、運動時は注意して見守ってあげましょう。

血友病(けつゆうびょう)

血友病は、日本スピッツの遺伝子が関係している先天的な病気です。

もちろん、すべての個体が血友病の原因になる遺伝子をもっているわけではありませんが、怪我には一層注意しなければいけません。

膿皮症(のうひしょう)・アレルギー性皮膚炎

日本スピッツは膿皮症やアレルギー性皮膚炎など、皮膚関連の疾患を起こしやすい犬種です。

特に夏場は皮膚の通気性が悪くなるので、皮膚病予防としてサマーカットにする飼い主もいます。

日本スピッツの被毛はダブルコートなので、皮膚疾患に気づきにくいことも難点です。

犬は痛みや傷を隠す習性があるので、飼い主がこまめに身体チェックしてあげることが早期発見につながります。

日本スピッツの見分け方

日本スピッツには、数種類似ている犬種がいます。

似ている犬種としてはサモエドとポメラニアンがあげられ、どちらもフワフワしていて顔の特徴がそっくりです。

サモエドとの見分けた方・違い

サモエドとの見分け方としては、まず大きさを見るようにしましょう。

サモエドは平均体重が20kg~30kgと大きい体が特徴で、中型犬の日本スピッツとは10kg以上も違います。

個体にもよりますが日本スピッツは緊張しがちで、サモエドはおおらかという性格の違いもあります。

ポメラニアンとの見分け方・違い

ポメラニアンとの違いも大きさが一番わかりやすいでしょう。

ポメラニアンの平均体重は、1.8kg~3.5kgの小型犬なので区別がつきやすいです。

しかし、ポメラニアンのなかには4kg以上の大きい個体もおり、逆に5kgほどの小さい日本スピッツと比べると、違いがわからなくなってしまいます。

そんな時は、被毛の色を見るようにしましょう。

ポメラニアンの毛色はさまざまで、白い毛色もありますが日本スピッツのような純白はかなりめずらしいので、見分けがつくはずです。

日本スピッツの登録頭数

JKCの2023年(1月~12月)版の犬種別犬籍登録頭数によると、日本スピッツの登録頭数(血統登録・血統証明書の発行)は1,236頭です。

近年では改良の結果からか無駄吠えが少なく人懐っこい性格になっていると言われています。

その変化もあってか、日本スピッツを迎えている人は年々増えてきていることから、人気が再燃するときも近いかもしれません。

日本スピッツの性格・習性

外見から優雅で凛々しいイメージを持つ日本スピッツ。

日本スピッツが愛されている理由は外見だけでなく、特有の習性や行動にもあります。

日本スピッツの内面的な魅力についてさらに詳しく見ていきましょう。

好奇心旺盛で遊ぶことが好き

日本スピッツは、遊び好きで子供のような好奇心を持っています。

キラキラした瞳と笑顔で遊びに誘う姿は愛嬌たっぷりです。

そんな日本スピッツですが、昭和30年頃に人気が急上昇した当時は、よく吠えて騒がしいというイメージがありました。

しかし、その性格が改善されているようで、無駄吠えをしない温和で人懐っこい個体が増えてきています。

賢く物覚えが良い

日本スピッツは知能が高いので、賢く物覚えも良い犬種です。

実際に日本スピッツは、ドッグスポーツの大会によく出場していることから、しつけがしやすく賢いということがわかります。

しかし、しつけを間違うと賢さゆえに悪い方向に知能を発揮してしまうので、しつけの正しい知識を身につけることが大切です。

警戒心が強い一面もある

日本スピッツの特性として、警戒心が強いことがあげられます。

飼い主にはとても従順で甘えてきますが、他人や他の犬には警戒の姿勢をとることがあります。

動物なので多少の警戒心はどの犬種にもありますが、日本スピッツは他の犬種と比べても一層警戒心が強いです。

環境の変化などには注意して生活させてあげましょう。

日本スピッツの誕生の歴史

ここまでご紹介してきた美しくて愛らしい日本スピッツですが、その誕生の歴史には独自の発展と進化があります。

詳しい誕生の歴史はわかっていませんが、起源としてわかっているのは1920年頃です。

その当時、中国東北部から日本に渡来してきたと言われている、白いジャーマン・スピッツという犬種だと言われています。

この翌年、1921年頃には東京の展覧会で見られたと言われていますが、ジャーマン・スピッツと現在の日本スピッツでは体の大きさも異なります。

その後も世界各国から白い被毛を持つスピッツ種を輸入し、改良繁殖が行われてきたことによって、現在の日本スピッツになったと言われているのです。

日本スピッツのスタンダードが確立されたのは1948年で、この頃から今でも見られる日本スピッツの姿が確立されています。

日本スピッツと繋がりのある犬種

ジャーマン・スピッツ

日本スピッツの起源をたどると、1920年頃にシベリアを経由して日本に渡来した「ジャーマン・スピッツ」という犬にたどりつきます。

しかし、ジャーマン・スピッツが祖先という説は確実ではなく、日本スピッツのルーツははっきりしていないのが現状です。

ジャーマンスピッツは日本スピッツとよく似ており、異なる点は毛色の種類が多い以外にないと思えるほどです。

性格も好奇心旺盛という点が一致しており、やはりジャーマン・スピッツは祖先という説が有力でしょう。

明るく活発

飼い主に従順で懐きやすい

警戒心が強く吠えやすい

運動量は多め

 その他情報

原産国 ドイツ
犬種グループ 5G:原始的な犬・スピッツ
大きさ 中型
平均寿命 13歳~15歳
なりやすい病気 皮膚炎,股関節形成不全,進行性網膜萎縮症(PRA),心室中隔欠損症
参考価格 50万円以上
       

被毛

抜け毛 少ないor多い
毛質 ダブルコート
毛色 ホワイト,ブラック,ブラウン,オレンジ,グレー,ブラック&タン,オレンジ・セーブル,クリーム

体高

男の子ジャーマン・スピッツ・グロース:40cm以上/ジャーマン・スピッツ・ミッテル:30cm~40cm/ジャーマン・スピッツ・クライン:30cm以下
女の子ジャーマン・スピッツ・グロース:40cm以上/ジャーマン・スピッツ・ミッテル:30cm~40cm/ジャーマン・スピッツ・クライン:30cm以下

体重

男の子ジャーマン・スピッツ・グロース:17kg~18kg/ジャーマン・スピッツ・ミッテル:7kg~11kg/ジャーマン・スピッツ・クライン:4kg~6kg
女の子ジャーマン・スピッツ・グロース:17kg~18kg/ジャーマン・スピッツ・ミッテル:7kg~11kg/ジャーマン・スピッツ・クライン:4kg~6kg

サモエド

サモエドは、先に紹介したジャーマン・スピッツの祖先と言われている犬種です。

サモエドと日本スピッツは姿こそ似ていますが、性格が正反対と言えます。

日本スピッツは警戒心が強く、他人に緊張することが多いですが、サモエドは温和で誰に対してもフレンドリーに接します。

サモエドが日本スピッツの祖先ではないか、という説もありますが、性格の違いからやはりジャーマン・スピッツからの改良説が最有力です。

賢く知的で、穏やかな性格

警戒心はあまりなく、懐きやすい

あまり吠えない

活発なため、やや多めの運動が必要

 その他情報

原産国 ロシア
犬種グループ 5G:原始的な犬・スピッツ
大きさ 大型
平均寿命 12歳~14歳
なりやすい病気 白内障,緑内障,股関節形成不全,関節炎,糖尿病
参考価格 50万円~130万円
       

被毛

抜け毛 多い
毛質 ダブルコート
毛色 ピュア・ホワイト,クリーム,ビスケット

体高

男の子54cm~60cm
女の子50cm~56cm

体重

男の子16kg~30kg
女の子16kg~30kg

日本スピッツを飼うのに向いている人の特徴

日本スピッツのお迎えを検討している方は、自分が日本スピッツに適しているかどうかを知ることは大切です。

日本スピッツの環境や生活スタイルに合わせた暮らしができるのかをぜひ参考にしながら判断してみてください。

愛犬の運動欲求を満たしてあげられる人

日本スピッツは小柄といっても中型犬なので、小型犬と同じように考えてはいけません。

運動欲求は高い犬種なので、毎日の散歩はもちろん、ドッグランやお出かけに頻繁に連れていけるようなアウトドアを一緒に楽しめる方が理想です。

普段は仕事で日中、家をあけていたとしても、散歩時間をきちんと確保してストレス発散の時間を作ってあげられる人が向いています。

愛犬と一緒にいる時間を積極的に取れる人

日本スピッツは、先述したように警戒心が高い犬種ではありますが、飼い主には心を開いて甘えてくれます。

基本的に飼い主のことが好きでコミュニケーションが欠かせない犬種なので、屋外飼育はNGです。

また、室内で飼育していても留守番が多くなってしまうとストレスから吠えやすくなってしまうので、なるべく一緒に過ごすようにしましょう。

お手入れをこまめにしてあげられる人

日本スピッツの被毛は、長毛かつダブルコートで毛玉や抜け毛が多いため、こまめなお手入れは必須です。

ブラッシングは毎日欠かさず行うようにしましょう。

また、毛色は純白なので散歩に行くだけで汚れが目立ってしまいます。

汚れをそのままにしておくと皮膚疾患のリスクがあがるため、なるべくすぐに自宅でシャンプーするように心がけなければいけません。

日本スピッツの飼い方

日本スピッツを健康に育てるためには、正しい飼い方を理解することが必須です。

日本スピッツをお迎えする前に基本的な知識や注意点、日常のケア方法についての理解を深めておきましょう。

子犬の頃から色々な人や環境に慣れさせる

近年、温厚で人懐っこくなってきたと言われる日本スピッツですが、もともとの習性で警戒心が強く神経質な一面も持っています。

社交性を身につけずに育ってしまうと、他人に危害を加えてしまう可能性があります。

社交性を身につけるのに大事な時期と言われている子犬のころから、飼い主以外の人や他犬に慣れさせておくことで、愛犬自身もストレスを感じずに平和な日々を送れるでしょう。

散歩は1日2回、各30分以上が目安

日本スピッツは中型犬としては小柄ですが、運動量は他の中型犬と同程度です。

そのため、散歩は最低でも1日2回30分以上はするように心がけましょう。

散歩を怠るとストレスを感じてしまい、吠えたり物を壊すなどの問題行動を引き起こしてしまいます。

散歩時間は愛犬との大切なコミュニケーション時間にもなるので、ぜひ時間を確保してあげてください。

ブラッシングは最低でも週3回~4回、換毛期は毎日

日本スピッツはダブルコートの被毛を持っており、毛の量が非常に多い犬種です。

基本的にダブルコートの換毛期は春と秋ですが、1年中毛が抜ける犬種なのでその時期だけ注意すれば良いというわけではありません。

さらに、長毛種のため毛玉ができやすく、ほっておくと皮膚が引っ張られ痛い思いをさせるだけでなく、皮膚疾患の原因にもなります。

そのため、ブラッシングは最低でも週3回~4回、可能であれば毎日してあげましょう。

シャンプーは月1回~2回を目安に行う

日本スピッツの毛色は純白なので、汚れが目立ちやすく、そのままにしておくと皮膚疾患のリスクがあります。

そのため、トリミングサロン以外でも汚れたら自宅でシャンプーをしてあげましょう。

しかし、日本スピッツの皮膚は敏感なので過剰なシャンプーは禁物です。

少しの汚れであれば濡らしたタオルで拭くかドライシャンプーで対応してください。

定期的な耳掃除とチェックが必要

日本スピッツは耳の中にも毛がびっしりと生えているので通気性が悪く、耳垢がよく溜まってしまいます。

耳掃除はトリミングサロンでもやってくれますが、自宅でのケアも定期的に行いましょう。

また、外耳炎にもなりやすい犬種なので、痒がっていないか、ニオイがしていないかなどのチェックが必要です。

目や口周りが汚れていたら拭いてあげる

被毛が白い犬種は、涙やけやよだれやけになりやすく、純白の毛を持つ日本スピッツも例外ではありません。

涙やけやよだれやけの原因は、涙の分泌と雑菌が含まれているよだれなどにあります。

どちらも仕方のない原因なので、こまめに拭き取ってあげることが予防になります。

せっかくの美しい白い毛が赤茶色にやけてしまう前に日頃から顔周りのケアを徹底しましょう。

フードは年齢と目的に合わせたものを選ぶ

ドッグフードの種類と目的

日本スピッツに限らず、年齢によって必要な栄養素は異なります。

また、それぞれの愛犬によって必要としているものや悩みも違います。

そのため、中型犬のフードという選び方ではなく、愛犬の年齢と目的を考慮したフードをあたえるようにしてください。

たとえば、アレルギー性皮膚炎を発症している日本スピッツの場合は、スキンケアの栄養素が入っているフードを。

偏食がある場合は、必要な栄養素があるフードに好みの味のトッピングをするなどの工夫が必要です。

ケガ予防のために床材は工夫する

日本スピッツは運動好きなこともあり、ジャンプをしたりソファなどから飛び降りることも容易にします。

そのため、膝蓋骨脱臼などの怪我をしやすい犬種です。

床が滑って着地に失敗などの原因で怪我をする前に、床材は滑りにくくグリップが効いているものを選んで敷いてあげましょう。

怪我防止の他にも将来の足腰の健全さにもつながるので、床材は重要です。

暑さに弱いので熱中症対策は徹底する

日本スピッツの被毛は、上毛と下毛の二重構造でできているダブルコートです。

ダブルコートは毛がぎっしり生えているので寒さには強いですが、逆に暑さには弱い弱点があります。

暑い日には、水分補給をこまめにさせたり、なるべく日陰を歩かせるなどの熱中症対策を徹底しましょう。

日本スピッツにおすすめのドッグフード3選

アカナ(ACANA) アダルトラージブリードレシピ

アカナのアダルトラージブリードレシピは、大型犬に適しているフードではありますが、粒が小さいので運動量の多い中型犬の日本スピッツにも適しています。

また、原材料には新鮮な鶏肉が多く使われており、30%以上のタンパク質を含む栄養素が高いフードです。

「他のフードと混ぜてあたえても他のフードをよけてアカナのフードだけ食べます」という口コミもあったので、個体差はあると思いますが食いつきも良いようです。

対象年齢 1歳以上
内容量 11.4kg
原産国 カナダ
主原料 新鮮鶏肉、鶏肉ミール、七面鳥肉ミール
その他原材料 赤レンズ豆、丸ごとグリンピース、そら豆、新鮮鶏臓器(レバー、ハツ、腎臓)、ニシンミール、新鮮全卵、新鮮丸ごとカレイ、ニシン油、鶏脂肪、日干しアルファルファ、緑レンズ豆、丸ごとイエローピース、エンドウ豆繊維、新鮮鶏軟骨、乾燥ブラウンケルプ、新鮮丸ごとカボチャ、新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ、新鮮丸ごとパースニップ、新鮮ケール、新鮮ほうれん草、新鮮カラシ菜、新鮮カブラ菜、新鮮丸ごとニンジン、新鮮レッドデリシャスリンゴ、新鮮バートレット梨、フリーズドライ鶏レバー、フリーズドライ七面鳥レバー、新鮮丸ごとクランベリー、新鮮丸ごとブルーベリー、チコリー根、ターメリック、オオアザミ、ゴボウ、ラベンダー、マシュマロルート、ローズヒップ
注意したい原材料 なし
安全性の高い添加物 亜鉛キレート
注意したい添加物 なし
100gあたりのカロリー 337.5kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合) 28円/125g
定期販売 Amazon定期便あり
フード目的 総合栄養食
フードの種類 ドライ

華ちゃん犬猫すこやか本舗 うまか ドッグフード

出典 :https://www.amazon.co.jp/

うまか ドッグフードは、数年前から愛犬家の間で食いつきが良いと話題のフードです。

実際に筆者の愛犬も偏食気味なことから購入した経験がありますが、人間が嗅いでも良い匂いと感じる鰹節の匂いで、食いつきも良く、ものの数分で完食していました。

食いつきが良い理由は、水分量の多い生の肉だけを使っていることにあります。

獣医師もおすすめするほどのヒューマングレード品質なので、愛犬にも安心して食べさせられるでしょう。

対象年齢 全年齢
内容量 1.5kg
原産国 日本
主原料 ‎鶏肉、玄米、大麦
その他原材料 かつお節、大豆、ビール酵母、チキンエキス、米油、卵黄粉末、発行調味液、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、かぼちゃ、昆布、しいたけ、セレン酵母、しょうが、ビフィズス菌
注意したい原材料 なし
安全性の高い添加物 コンドロイチン、グルコサミン、L-トレオニン、ミネラル類(牛骨カルシウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)
注意したい添加物 なし
100gあたりのカロリー 350kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合) 400円/110g
定期販売 Amazon定期便あり
フード目的 総合栄養食
フードの種類 ドライ

レティシアン ネルソンズドッグフード 中・大型犬向け

出典 :https://www.amazon.co.jp/

レティシアンのネルソンズドッグフードは、穀物を使わない「グレインフリー」で作っています。

中、大型犬は体の大きさに比べ消化器官の割合が少なく、消化する際に穀物は負担になってしまいます。

そのため、胃腸を気遣ったグレインフリー(穀物不使用)のフードが愛犬家の間で好評を得ています。

口コミでも「お腹の調子が良い」「体の匂いが軽減した」という声がありました。

対象年齢 全年齢
内容量 5kg
原産国 イギリス
主原料 チキン生肉、乾燥チキン
その他原材料 サツマイモ、バターナッツスカッシュ、チキンオイル、エンドウ豆、チキングレイビー、エンドウ豆繊維、サーモンオイル、海藻、チコリ(フラクトオリゴ糖)、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖)、ニンジン、パースニップ、リンゴ、カボチャ、スペアミント、インゲン豆、ブロッコリー、ローズマリー、パセリ、マリーゴールド、フェンネル、ショウガ、ユッカ、クランベリー、ナシ
注意したい原材料 なし
安全性の高い添加物 グルコサミン、コンドロイチン、タウリン、ビタミン類(E、A、D3、B12、ナイアシン、パントテン酸、B2、B1、B6)、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)
注意したい添加物 なし
100gあたりのカロリー 365.7kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合) 193円/105g
定期販売 1~2個:1個あたり7,816円(税込)/3個以上:1個あたり7,356円(税込)
フード目的 一般食(FEDIAF基準)
フードの種類 ドライ

日本スピッツにおすすめのアイテム・グッズ

ドギーマン 角型スリッカーブラシ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

ドギーマンの角型スリッカーブラシは、ダブルコートの抜け毛を絡めとりながらブラッシングするのに最適です。

ブラシの先には、肌に優しい丸ピン加工が施してあるため、皮膚が繊細な日本スピッツには特におすすめのブラシです。

ブラシは複数種類を持っておくと便利なので、用途にあわせて使い分けをするようにしましょう。

本体サイズ ミニ:幅5.8cm×奥行3.7cm×高さ10.3cm/S:10.3cm×奥行3.7cm×高さ13.5cm
本体重量 ミニ:26g/S:56g
種類 スリッカーブラシ
毛・ピンの長さ -
毛先のやわらかさ -
対象年齢 全年齢
素材 ‎ABS樹脂、合成ゴム、ステンレス、エポキシ樹脂
適合種 短毛~長毛種

ペトラボ ペット用高機能オーガニックシャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

参考価格 1,980円(税込)

このオーガニックシャンプーは、動物看護師とトリミングサロンが共同開発したペットの皮膚被毛のケアに特化しているシャンプーです。

人間の化粧品にも使われているオーガニック成分を5種類配合しているので、皮膚が敏感な日本スピッツにも安心して使えます。

また、飼い主の使いやすさも考えられており、泡立ちや香りも評判です。

内容量 300ml
原産国 日本
対象年齢 全年齢
原材料・成分 ‎水、洗浄成分アロエベラ液汁、ソメイヨシノ葉エキス、チャ葉エキス、カキタンニン、グリチルリチン酸ジカリウム カツミレ花エキス、セージ葉エキス 、ツボクサエキス、ローズマリー葉エキス、トウセンカ花エキス
適合種 全犬種、全猫種
香り -
形状 液体
機能性 低刺激、お手入れ簡単、オーガニック、消臭、抗菌、ノミ・ダニフリー
用途 毛玉、毛

JOYPET(ジョイペット) ウェットティッシュ お口・耳・目のまわり用

出典 :https://www.amazon.co.jp/

純白の被毛を持っている日本スピッツは、涙やけやよだれやけを防ぐため、顔周りの拭き取りは必須です。

ジョイペットのウェットティッシュは、大容量でお得なだけではなく、天然消臭成分やヒアルロン酸を配合しています。

皮膚のケアをしながら消臭、拭き取りができる優れものです。

本体サイズ 13cm×10.5cm×21cm
本体重量 -
原産国 日本
対象年齢 全年齢
素材 レーヨン系不織布
成分 精製水、保湿剤、ヒアルロン酸ナトリウム、除菌剤、緑茶乾留エキス
適合種 全犬種
内容量 90枚(1パック)

日本スピッツの価格

日本スピッツの平均価格は20万円~40万円です。

性別や購入場所などによって価格は変動しますが、あまりにも安い販売場所は悪徳業者の可能性もあるので要注意です。

お迎えする場合は、日本スピッツの知識があり、信頼のおけるブリーダーなどからお迎えしてください。

お迎えを検討中の方は、日本スピッツの平均価格にケージやフードなどの必須費用を足して計算してみましょう。

日本スピッツの理解度チェック

日本スピッツの理解度チェックで、深く理解しよう!

この記事の執筆者

千葉 柊平

執筆者情報

千葉 柊平

マルキーと暮らすWebライター

マルキー(マルチーズ×ヨーキー)と暮らすWebライターです!
彼女と一緒に3人で海外に行ったり、たくさん旅行をしながら暮らしてます。

nademo編集部

執筆者情報

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

ドッグフードのおすすめ


※ 当コンテンツで紹介する商品は、実際に社内で利用した経験と、ECサイトにおける売れ筋商品・口コミ・商品情報等を基にして、nademo編集部が独自にまとめています。
※ 本記事はnademoが独自に制作しており、メーカー等から商品提供を受けることもありますが、記事内容や紹介する商品の意思決定には一切関与していません。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-犬種
-,