犬種

ラフ・コリーの特徴をご紹介!性格、寿命、飼い方のポイントも解説

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。

映画「名犬ラッシー」のモデルとして世界中から注目を集めたラフ・コリー。

気品あふれる容姿に優しい性格のラフ・コリーはファンも多く、高い人気を誇ります。

知名度は高いものの街中などで見かける機会は少なく、やや珍しい犬種なので「珍しい犬と暮らしてみたい!」という人はぜひお迎えを検討してみてくださいね。

この記事の結論

  • ラフ・コリーはマズルの長いスマートな顔立ちに、豪華な飾り毛が魅力的
  • とても優しい顔立ちで攻撃性はないので、初心者の方でも飼いやすい犬種
  • シェットランド・シープドッグ(シェルティ)との大きな違いはサイズ、毛色
  • 長毛なので毎日のブラッシング、運動量が多いので毎日の散歩は必須

nademo編集部

担当執筆者

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

ドッグフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

ラフ・コリーの特徴

ラフ・コリーはモフモフした被毛を持っており、大型犬に属する犬種です。

知名度はあるものの日常的に目にすることは少なく、やや珍しい犬種であるといえます。

特徴的なのはマズルや手足の長さと、たっぷりのロングコート。

誰に対しても有効的で、飼い主さんにしっかりと懐いてくれるという特徴を持っています。

優しく穏やかで明るい

飼い主に従順

無駄吠えは少ない

多くの運動量が必要

 その他情報

原産国イギリス
大きさ大型
平均寿命12歳~16歳
なりやすい病気コリーアイ症候群,股関節形成不全,胃腸炎
参考価格24万円~40万円
       

被毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色セーブル&ホワイト,トライカラー,ブルーマール

体高

男の子61cm
女の子56cm

体重

男の子27kg~34kg
女の子22kg~29kg

ラフ・コリーの身体的特徴

マズルが長くスマートな顔立ちで、上品さを感じさせられるラフ・コリー。

長くフサフサした被毛で覆われており、胸元や足元の飾り気がより豪華に印象付けます。

被毛の長さもあって胴回りは大きく見える印象で、耳は立っており、先端が少し折れ曲がっています。

ラフ・コリーのサイズ(体高・体重)

ラフ・コリーは大型犬に分類されます。

成犬時の体高・体重の平均は以下のとおりです。

体高男の子:61cm
女の子:51cm
体重男の子:27kg~34kg
女の子:22kg~29kg

首や尻尾は長すぎず、体高と体長のバランスがよいのが特徴です。

ラフ・コリーの毛色と被毛

ラフ・コリーの被毛は長毛のダブルコート。

ストレートな硬い毛質で、地肌を見るのが困難なほど毛が密集しています。

主な毛色は以下のとおりです。

  • セーブル&ホワイト
  • トライカラー
  • ブルーマール

頭部や体の一部にだけ色が入り全体に白い毛を持つラフ・コリーも存在しますが、ドッグショーなどでは公認されていません。

ラフ・コリーの性格や習性

ラフ・コリーは明るく穏やかで、友好的な性格。

賢くて飼い主さんに従順なので、しつけがしやすい犬種といえます。

人の気持ちを感じ取って寄り添ってくれる、優しい子が多いです。

新しいことを覚えるのが好きなので、芸を覚えたり一緒に遊んだりできますよ。

性別によって性格に若干の違いがあり、男の子には素直で優しく、叱られると落ち込みがち。

女の子は甘えん坊ですがやや気が強く面倒見がよい一面があるので、多頭飼いに向いています。

ラフ・コリーの平均寿命

ラフ・コリーの平均寿命は12~16歳。一般的な犬の平均寿命が14.7歳といわれているため短命の部類に入りますが、大型犬の中では比較的長生きです。

遺伝子疾患が出やすい犬種なので、普段から体調をよくチェックするようにしましょう。

少しでも長く生きられるように、健康管理には気をつけてくださいね。

ラフ・コリーのかかりやすい病気

コリーアイ症候群(コリー眼異常)眼底を包む膜に異常が起こる遺伝性疾患で、失明や死に至ることもある。
股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)関節部分の骨が変形して股関節が噛み合わなくなり、歩行に影響を及ぼす。
胃腸炎(いちょうえん)胃や腸が炎症を起こし嘔吐や下痢の症状が出る。

コリー系の犬種に多いコリーアイ症候群を始め、大型犬によく見られる股関節形成不全など。

かかりやすい病気を知っておくことで、事前の予防を含めて健康に長生きできるよう、対処していきましょう。

コリーアイ症候群(こりーあいしょうこうぐん)

眼底を包む膜に異常が起こる遺伝子疾患。失明したり、死に至る場合もあります。

治療法はなく、この病気の素因を持つ犬の繁殖を止める以外に方法はありません。

早期発見するため、生後6~8週のコリーに目に詳しい獣医師による検査を受けさせることが推奨されています。

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)

関節部分の骨が変形して噛み合わなくなる病気。

大型犬に多くみられる疾患であり、歩行に影響を及ぼします。

お尻を左右に振るように歩いたり歩くのを嫌がるような様子があれば、動物病院に相談しましょう。

肥満になると関節に負担がかかりやすくなるため、体重管理には気をつけてくださいね。

胃腸炎(いちょうえん)

胃や腸が炎症を起こし、嘔吐下痢などの症状が出ます。

突然発症する急性胃腸炎と、一週間以上にわたり症状が続く慢性胃腸炎があります。

消化器が弱い子が多く、ストレスなどが原因でお腹を壊してしまう子も多いです。

動物病院で下痢止めや抗生剤を処方してもらいましょう。

ラフ・コリーの登録頭数

JKC(ジャパンケネルクラブ)の「2023年(1月~12月)犬種別犬籍登録頭数」によると、ラフ・コリーの登録頭数(血統証明書が発行された犬の頭数)は136頭。

登録されている134犬種のうち、53位と全体で見ても中盤に位置する犬種です。

「名犬ラッシー」のモデルとして日本でも知名度が高いですが、日本では小さな犬ほど人気が高いため、なかなか見る機会は少ないでしょう。

ラフ・コリーの誕生の歴史

イギリスのスコットランド地方では、ラフ・コリーとよく似たスムース・コリーが牧羊犬として活躍していました。

1860年頃、犬が好きなイギリスのビクトリア女王は、スコットランドで見かけたコリーたちをイギリスへ連れて帰ります。

その時に連れ帰ったのはスムース・コリーでしたが、スムース・コリーに注目が集まると同時に、穏やかで落ち着いているラフ・コリーも広く知られるように。ヨーロッパ全体で一気に人気を集めました。

その後、アメリカへ渡ったコリーは、当初は富裕層のあいだで愛されていました。

1950年代に映画「名犬ラッシー」で起用されてからはそのイメージが一変、一般家庭でも飼える犬として、ラフ・コリーは世界的に人気を集める犬種となりました。

現在ではさすがにこの人気も落ち着いてきましたが、それでもなお、世界的にとても人気のある犬種です。

ラフ・コリーに似ている犬種

シェットランド・シープドッグ(シェルティ)

ラフ・コリーと見た目が似ている犬種に、シェットランド・シープドッグ(シェルティ)がいます。

毛色や顔が似ているため同じ犬種だと思われがちですが、血統書上ではまったく別の犬種として登録されています。

快活でとても賢く、感受性が高い

家族が大好きでとても懐く

警戒心から吠えやすい

頭と体の両方使う運動を好む

 その他情報

原産国スコットランド
大きさ小型
平均寿命12歳~13歳
なりやすい病気膝蓋骨脱臼,コリーアイ症候群,皮膚疾患,白内障,てんかん
参考価格30万円前後
       

被毛

抜け毛少ない
毛質ダブルコート
毛色ブルーマール,セーブル,ブラック&タン,ブラック&ホワイト,トライカラー

体高

男の子37cm
女の子35.5cm

体重

男の子10kg前後
女の子10kg前後

ラフ・コリーとにシェットランド・シープドッグ(シェルティ)の違い

ラフ・コリーとにシェットランド・シープドッグ(シェルティ)は、主に以下のような違いがあります。

ラフ・コリーシェットランド・シープドッグ(シェルティ)
大きさ大型犬小型犬
毛色3色7色
性格友好的警戒心が強い

体の大きさだけでなく、毛色や性格にも違いがあります。

また、シェルティはマズルと目のあいだに額段(がくだん)と呼ばれる段差がありますが、ラフ・コリーは額まで真っ直ぐに繋がっています。

ラフ・コリーを飼うのに向いている人の特徴

ラフ・コリーはどんな人にも向いていますが、中でも特に飼うのに向いている人についてまとめました。

特に元気いっぱいなラフ・コリーは、体力があって運動できるスペースがある人の方が良いでしょう。

体力に自信がある人

ラフ・コリーはもともと牧羊犬として活躍していたため、運動量はとても多い犬種です。

毎日ある程度の運動をさせてあげないと、運動不足になったりストレスを溜め込んでしまいます。

まあ運動中は早く歩いたりして運動量を確保する必要があるので、体力に自信がある人に向いている犬種といえます。

大型犬が自由に動き回れるスペースを確保できる人

ラフ・コリーは体が大きく、大型犬に分類されています。

飼育スペースが狭いと、ストレスが溜まる原因になり、体調不良や問題行動を起こしてしまう可能性も。

そのため、大型犬でもストレスを感じずに生活できるスペースを確保できる人に向いているでしょう。

ラフ・コリーの飼い方

ラフ・コリーは聡明で穏やかな性格のため、飼いやすい犬種だといえます。

一緒に暮らす際のポイントを紹介します。

賢いのでしつけはしやすい

ラフ・コリーは非常に賢く物覚えがよいため、しつけにはさほど心配はいりません。

洞察力に優れており、長く一緒に暮らしていると飼い主さんの指示を先回りして判断できるほど。

新しいことを覚えるのが好きなので、しっかりと教えればものを持ってきてくれたり芸を覚えることもできますよ。

社交的で辛抱強いので、小さな子どもやほかの動物とも友好的に接します。

1日2回、1回1時間の散歩が必要

目安回数1日2回
目安時間1回あたり1時間程度
目安距離2~4km程度

1日2回以上かつ、1回あたり1時間を目安に散歩に連れていきましょう。

もともと牧羊犬であったこともあり、ラフ・コリーの運動量は非常に多いです。

特に1~2歳ころまでの若いうちは遊び盛りな時期でもあるので、1時間では足りないこともあります。

運動不足によってストレスを溜めないように毎日散歩をさせてあげてくださいね。

ドッグランで思いっきり遊ぶのもおすすめ

ラフ・コリーは非常に運動量の多い犬種のため、普段から庭などの自由に動き回れるスペースがある家に向いています。

時間があるときには、ドッグランで思いっきり遊ばせてあげるのもおすすめ。

思い切り走り回れるのでストレス発散になり、ほかの犬や人と接することで社会性も養えます。

長毛ダブルコートなので毎日ブラッシングする

長毛・ダブルコートのラフ・コリーは、抜け毛が多いため、日々のブラッシングが欠かせません。

毛が絡まったり毛玉になったりしないように、毎日丁寧にブラッシングをしてあげましょう。特に換毛期には大量の毛が抜けます。

針の細いスリッカーブラシを使うと地肌付近の毛まで梳かすことができ、余分な毛をしっかりと取り除けます。

また、ファーミネーターなどの抜け毛とり用のブラシもおすすめです。

シャンプーはプロに任せるのがおすすめ

美しく健康的な皮膚・被毛を保つには、月1回程度のシャンプーが必要です。

ですが、ラフ・コリーは体が大きく毛量もかなり多いため、自宅で行うのはかなりの負担になります。

プロにお任せすれば飼い主さんの負担も軽減できますよ。

暑さに弱いので、熱中症予防・対策は必須

被毛が長く多いラフ・コリーは、暑さに弱い犬種です。

そのため、愛犬が快適に過ごせるように室内の温度や湿度を設定し、熱中症にならないようにすることが大切。

また夏場など暑い日のお散歩は、なるべく涼しい時間帯に連れて行くようにしましょう。

肥満予防のためにも体重管理は重要

犬のボディコンディションスコア

肥満は様々な病気のリスクをあげてしまうため、愛犬の体重管理はとても重要です。

基本的には上記のBCS(ボディ・コンディション・スコア)という表を基にして、理想的な体型を目指しましょう。

食事に関しては獣医師などの専門家に相談し、適切な食事量を決めるのもおすすめです。

   

活動係数

   
計算

愛犬の1日あたりのフードの量

g

       

2回に分けて与える場合 g/1回

3回に分けて与える場合 g/1回

4回に分けて与える場合 g/1回

   

愛犬の1日あたりに必要なカロリー

kcal

ラフ・コリーにおすすめのドッグフード3選

胃腸に問題を抱えやすいラフ・コリーには、新鮮な食材を使用した、消化に優しく添加物の少ない総合栄養食や栄養基準をクリアしたドッグフードを選ぶのがおすすめです。

レティシアンモグワンドッグフード

乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを、肉・魚はヒューマングレードの食品工場から仕入れたものを使用。

体に優しいドッグフードで、着色料・香料も一切使用していません。

原材料にチキンやサーモンを含み、良質なタンパク質を摂取できますよ。

対象年齢全年齢
内容量1.8kg
原産国イギリス
主原料放し飼いチキン生肉、生サーモン、乾燥チキン、乾燥サーモン
その他原材料チキングレイビー 、サーモンオイル 、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、メチルスルフォニルメタン( MSM)、乳酸菌
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類 (A、 D3、E)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー361.5kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)240円/86g
定期販売1個:1個あたり4,534円(税込)/2~4個:1個あたり4,282円(税込)/5個以上:1個あたり4,030円(税込)
フード目的一般食(FEDIAF基準)
フードの種類ドライ

アーテミスアガリクス I/S 小粒

出典 :https://www.amazon.co.jp/

犬が本来持っている免疫力・自己治癒力に配慮したシニア犬用フード。

新鮮さにこだわっており、冷凍の肉や野菜は使わず冷蔵保存された食材を使用しています。

グルコサミン・コンドロイチンを含み、関節の健康をサポートします。

対象年齢全年齢
内容量3kg
原産国アメリカ
主原料フレッシュチキン、ドライチキン、フレッシュターキー
その他原材料大麦、玄米、オーツ麦、黍、えんどう豆、えんどう豆粉、ドライターキー、鶏脂肪、トマト絞り粕(リコピン)、チキンスープ(天然風味料)、フレッシュダック、フレッシュサーモン、卵、フラックスシード、サーモンオイル(DHA 源)、ドライ魚肉、乾燥チコリ根、ケルプ、人参、リンゴ、トマト、ブルーベリー、ほうれん草、クランベリー、ローズマリーエキス、パセリフレーク、ラクトバチルスアシドフィルス菌、ビフィドバクテリウム ラクティス、ラクトバチルスロイテリ、エンテロコッカスフェカリス EF2001、アガリクス
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物塩化コリン、グルコサミン塩酸塩、Lカルニチン、ビタミン E、キレート鉄、キレート亜鉛、キレート銅、硫酸第一鉄、硫酸亜鉛、硫酸銅、コンドロイチン硫酸、ヨウ化カリウム、チアミン硝酸塩、キレートマンガン、酸化マンガン、アスコルビン酸、ビタミンA、ビオチン、パントテン酸カルシウム、硫酸マンガン、亜セレン酸ナトリウム、ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)、ビタミンB12、リボフラビン、ビタミンD、葉酸
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー359kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)186円/113g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

レティシアンピッコロドッグフード チキン&サーモン シニア

出典 :https://www.amazon.co.jp/

低カロリー・低脂肪でヘルシーなシニア犬用フード。

食物繊維が豊富で消化に優しく、胃腸への負担を軽減できます。

原材料の70%にチキン・サーモンを使用し、おいしさも抜群。

年齢を重ねても食べる喜びを感じられます。

対象年齢7歳以上
内容量1.5kg
原産国イギリス
主原料骨抜きチキン生肉、骨抜き生サーモン、乾燥チキン
その他原材料サツマイモ、ジャガイモ、エンドウ豆、乾燥サーモン、チキングレイビー、鶏脂、アルファルファ、乾燥卵、メチルスルフォニルメタン、リンゴ、ニンジン、オオバコ、海藻、フラクトオリゴ糖、ホウレンソウ、クランベリー、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、アニスの実、コロハ
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(II)五水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD)、グルコサミン、コンドロイチン硫酸
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー355kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)168円/50g
定期販売1個:1個あたり4,534円(税込)/2~4個:1個あたり4,282円(税込)/5個以上:1個あたり4,030円(税込)
フード目的一般食(FEDIAF基準)
フードの種類ドライ

ラフ・コリーの価格相場

ラフ・コリーをお迎えする際の相場価格は24万円~40万円といわれています。

ですが、この価格はあくまで目安であり、血統や毛色などによって前後します。

希少なブルーマールの犬や、すべての毛色と交配可能なトライカラーの女の子は価格が高くなる傾向があります。

ラフ・コリーは有名な犬種ですが、ペットショップで見かけることはあまりありません。

お迎えを検討している人は、ブリーダーさんを訪ねてみてくださいね。

ラフ・コリーの理解度チェック

ラフ・コリーの理解度チェックで、深く理解しよう!

この記事の執筆者

nademo編集部

執筆者情報

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

ドッグフードのおすすめ


※ 当コンテンツで紹介する商品は、実際に社内で利用した経験と、ECサイトにおける売れ筋商品・口コミ・商品情報等を基にして、nademo編集部が独自にまとめています。
※ 本記事はnademoが独自に制作しており、メーカー等から商品提供を受けることもありますが、記事内容や紹介する商品の意思決定には一切関与していません。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-犬種
-