犬種

 オーストラリアン・テリアの特徴をご紹介!性格、寿命、飼い方は?

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
オーストラリアン・テリア

その名前からもわかるように、オーストラリアを原産とするオーストラリアン・テリア。

テリア犬種のひとつで、計画的な交配によって1870年代に誕生した犬種です。

とても長い被毛を持ち、テリア種ならではのやんちゃさも持ち合わせている、人気の長い犬種。

特徴的な見た目でもあるオーストラリアン・テリアの性格や寿命について、詳しくご紹介します。

この記事の結論

  • ヨークシャー・テリアなどの混血により、オーストラリアで誕生した犬種
  • 飼い主さんに対して愛情深く従順で、運動量がとても豊富
  • 見た目が似ているオーストラリアン・シルキー・テリアは別犬種である
  • 毎日の散歩や遊び、定期的なブラッシングは必須

nademo編集部

担当執筆者

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

ドッグフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

オーストラリアン・テリアの特徴

オーストラリアン・テリアはワーキングテリアとして、計画的な交配によって誕生しました。

地中に潜りながら獲物を捉えることを目的とし、当時では畑荒らしであったウサギやヘビを捕らえる目的としても飼われていました。

日本ではまだまだあまり知られていませんが、原産地であるオーストラリアでは非常に人気の高い犬種です。

外見的な特徴としては、「直立した耳、体高より体長が長い、しっぽは断尾」など。

勇敢で自信家、飼い主に愛情深い

従順であり忠誠心が高く、賢さもある

見知らぬ人には吠えやすい

とても活発で運動能力が高い

 その他情報

原産国オーストラリア
大きさ小型
平均寿命12歳~15歳
なりやすい病気レッグ・カルベ・ペルテス病,膝蓋骨脱臼,糖尿病
参考価格30万円~50万円
       

被毛

抜け毛多い
毛質ダブルコート
毛色ブルー&タン,サンディー,レッド,ブルー,スチールブルー,ダークグレーブルー

体高

男の子25cm前後
女の子25cm前後

体重

男の子6.5kg前後
女の子6.5kg前後

オーストラリアン・テリアのサイズ(体高・サイズ)

体高25cm前後
体重6.5kg前後

オーストラリアン・テリアのサイズ感としては、体高が約25cm前後。体重が6.5kg前後という小型犬です。

これが男の子の標準的なサイズ感で、女の子になるとこれよりもやや小さくなります。

オーストラリアン・テリアの毛色・被毛

毛色は「ブルー&タン、サンディー、レッド」などが多く、もっとも人気なのはブルー&タンです。

首の周りや頭頂部の長い毛はやわらかくなっています。

被毛についてはダブルコートで、かなり硬めのコートになっています。

ダブルコートとは、被毛が下毛(アンダーコート)と上毛(オーバーコート)の二重になっていること。

寒い地域で誕生した犬種に多く見られる被毛タイプで、アンダーコートは寒さから体温を保てるようにするための毛。

換毛期が春と秋にあり、この時期になると抜け毛が多くなります。

オーストラリアン・テリアの性格・習性

とても勇敢で自信家。活発な運動を好み、同時に飼い主に対しても深い愛情を持つことができる性格です。

飼い主に対しては従順な面も多く、賢さや忠誠心なども持っているのが特徴的。

ただし、知らない人や他人に対しては非常に警戒心が強く、簡単には心を開きません。

元々、畑荒らしなどの小動物を駆除するために飼われていたこともあり、生まれながらにして狩猟本能を持っています。

オーストラリアン・テリアの平均寿命

オーストラリアン・テリアの平均寿命は約12歳~15歳です。

平均的な犬の寿命が約15歳なので、ほぼ平均的と言って良い寿命です。

運動量がとても豊富で体は丈夫なので、適度に運動できていれば健康的に生きてくれます。

オーストラリアン・テリアの注意したい病気の一例

被毛が非常に長いオーストラリアン・テリアは、定期的なブラッシングが必要になります。

被毛が不衛生になってしまえば、皮膚炎などの原因にもなるため注意が必要。

オーストラリアン・テリアと暮らす上で注意しておきたい病気は次の通りです。

レッグ・カルベ・ペルテス病大腿骨の骨頭が壊死する
膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)ジャンプの着地などで膝関節のお皿が外れる
糖尿病多飲多尿、多食や短時間での白内障など

オーストラリアン・テリアの歴史

オーストラリアン・テリア

オーストラリアン・テリアは1870年~1880年頃に、オーストラリアのタスマニア島で誕生した犬種です。

ヨークシャー・テリア、スコティッシュ・テリア、アイリッシュ・テリア」などの混血によって誕生。

見た目はオーストラリアン・シルキー・テリアと似ていたこともあり、作業犬としての被毛が硬くされました。

1899年には国際畜犬連盟(FCI)に申請するため、犬種基準の制定を実施。

しかしこのときには、交配によって誕生した経緯もあり、純血犬種だと認められませんでした。

ですが実際には作業犬として非常に人気も高かったため、絶滅を免れ、20世紀頃にかけて純血犬種として認められるようになっています。

元々は”オーストラリア”の名を冠することに批判もありましたが、こうした人気から国際畜犬連盟(FCI)にも認められるようになった、という歴史的背景があります。

オーストラリアン・テリアと繋がりのある犬種

ここからは、オーストラリアン・テリアと繋がりのある犬種をご紹介します。

ヨークシャー・テリア(ヨーキー)

ヨークシャー・テリアは19世紀中ごろ、イギリスのヨークシャー地方で家庭のねずみ取りとして使役されていた犬種です。

1962年に「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャ・テリア」と名付けられました。

しかし名前が長すぎて定着せず、1870年頃に改名され、現在のヨークシャー・テリアと呼ばれるようになりました。

用心深さと勇敢さを持つ

少しずつ懐いていくタイプ

警戒心から吠えやすい

活発だが運動量は多くない

 その他情報

原産国イギリス,イングランド
大きさ超小型
平均寿命13歳~16歳
なりやすい病気門脈シャント,膝蓋骨脱臼,大腿骨頭無菌性壊死,気管虚脱,尿路結石症
参考価格30万円~40万円
       

被毛

抜け毛少ない
毛質シングルコート
毛色ブラック&タン,スチールブルー,ゴールド,シルバー,ブラック&ゴールド,ブルー&タン,ブルー&ゴールド,ダークスチールブルー&タン

体高

男の子15cm~23cm
女の子15cm~23cm

体重

男の子2kg~3kg
女の子2kg~3kg

オーストラリアン・シルキー・テリア

オーストラリアン・シルキー・テリアは、オーストラリアン・テリアを元にして誕生した犬種です。

誕生したのは19世紀頃で、愛玩用として作出されていたものの、ネズミ狩りでも活躍していました。

1950年代に入るとアメリカに輸入されていき、1959年にアメリカンケネルクラブ公認となりました。

好奇心旺盛でとても活発

簡単には懐いてくれない

吠えやすい

運動能力は高く運動量も多い

 その他情報

原産国オーストラリア
大きさ小型
平均寿命12歳~15歳
なりやすい病気気管虚脱,外耳炎,水頭症,糖尿病
参考価格30万円~50万円
       

被毛

抜け毛少ない
毛質ロングコート
毛色ブルー&タン,グレーブルー&タン,シルバーブルー

体高

男の子およそ23cm
女の子およそ23cm

体重

男の子3.5kg~4.5kg
女の子3.5kg~4.5kg

オーストラリアン・テリアの飼い方

オーストラリアン・テリア

オーストラリアン・テリアを飼うとなったら、次のポイントには注意しておきましょう。

テリア種の特徴をしっかりと理解してから、迎え入れるということも非常に大切です。

早めにしっかりしつけをしておく

オーストラリアン・テリアはしつけをしやすい犬種なので、善悪の判断やトイレについては特に早めにしつけておきましょう。

子犬の頃からしっかりとしつけをしておけば忠実に従ってくれますし、ダメなものはダメだと判断できるようにしておくことが大事。

室内飼いの場合には、ケージに慣れさせておくことも重要なので、食事やトイレがケージの中でできるようになればお留守番もできるようになってくれます。

番犬として活躍していた犬種であるため、知らない人には特に吠えやすい犬種。

縄張り意識もかなり強めなので、早めにしつけをしておきましょう。

毎日1時間程度の十分な運動

活発で冒険家のような一面を見せるオーストラリアン・テリアは、運動が好きな犬種です。

毎日の散歩はもちろんのこと、適度に遊んであげることも大事です。

小型犬ですが体力はたっぷりあるので、ボール遊びやドッグランはとても喜んでくれます。

運動不足になってしまうと攻撃的な性格にもなりやすいので、定期的にしっかり遊ばせてあげましょう。

また、元々地面を掘ることも得意な犬種なので、自宅の庭などで遊ばせるときには注意してみておいてあげることが大事です。

室内で飼うような場合では、関節に負担がかかりやすいフローリングには注意。走っても滑りにくいマットなどを敷いておきましょう。

被毛は週に1度のブラッシング

被毛は頻繁に抜けることがないものの、長毛であることから毛玉になりやすい脇や内股をしっかりブラッシングしてあげましょう。

毛玉になる前に解いておいてあげる、というのも大事。

ダブルコートでもあることから換毛期には抜け毛が多くなります。この時期は特に、しっかりとブラッシングしてあげてください。

犬独特のニオイは少ない犬種ですが、定期的なブラッシングを怠ると臭うようになることもあります。

フードは愛犬の年齢と目的に応じたものを選ぶ

犬のライフステージ

愛犬の健康維持のためにはドッグフード選びも大切です。

主食として与える場合は、そのフードと水のみで十分な栄養がとれる「総合栄養食」を選びましょう。

また犬は「子犬期・成犬期・シニア期」などライフステージによって必要な栄養素やカロリーが異なります。

そのため愛犬の年齢にも合わせて、フードを切り替えていく必要があるのです。

他の動物との共生は難しい

オーストラリアン・テリアは非常に警戒心が強い犬種であるため、他の動物と一緒に暮らしていくことは難易度がやや高め。

子犬の頃から一緒に生活して慣れさせていけば可能ですが、突然の共生は難易度が高いものだと覚えておきましょう。

少しずつ慣れてもらうことが重要で、警戒心から襲ってしまわないように注意しておくことが大事です。

床を掘る習性がある

元々、地中に潜っていた獲物を捕らえるために活躍していたという経歴を持ち、その本能は今も健在です。

室内飼いをしていても、ふとした瞬間に床を掘ってしまっていたり、クッションを傷つけるといったことが見られるケースもあります。

本能的なものなので仕方ありませんが、本能的に掘ってしまっても大丈夫なように環境を整えてあげましょう。

穴掘りをしてもよい場所を決めておき、そうした行動が見られるときには誘導してあげることで、徐々に場所を覚えてくれます。

また、一緒におもちゃなどで遊んであげれば、他のことに興味が出てくることで穴掘りをやめてくれるケースもありますよ。

オーストラリアン・テリアのおすすめドッグフード3選

レティシアンカナガンドッグフード チキン

食べやすさと栄養面で選ばれ続けているのが、このカナガンというドッグフードです。

小型犬でも食べやすいようなサイズ感になっており、噛み砕きやすい作り。丸呑みしないようなサイズ感でもあるので、安心して食事させてあげられます。

良質なタンパク質をたっぷり使い、チキンを中心としたビタミンやリンが豊富な構成になっています。

また、グレインフリー(穀物不使用)で必須脂肪酸も豊富に含まれているため、必要な栄養素をたっぷり摂ることができます。

対象年齢全年齢
内容量2kg
原産国イギリス
主原料チキン生肉26%、乾燥チキン25%
その他原材料サツマイモ、エンドウ豆、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、アルファルファ、チキンオイル、乾燥卵、チキングレイビー、サーモンオイル、メチルスルフォニルメタン、リンゴ、ニンジン、ホウレンソウ、オオバコ、海藻、カモミール、セイヨウハッカ、マリーゴールド、クランベリー、アニス、コロハ
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ミネラル類(鉄、亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン)、ビタミン類(A、D3、E)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー376kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)202円/80g
定期販売1個:1個あたり4,534円(税込)/2~4個:1個あたり4,282円(税込)/5個以上:1個あたり4,030円(税込)
フード目的一般食(FEDIAF基準)
フードの種類ドライ

トライバルフレッシュサーモン ドッグフード

出典 :https://www.amazon.co.jp/

低温・低圧で製造するフレッシュプレスという製法により、熱による栄養素の破壊を極力抑えることができています。安全性を重視する上でもミートミールは使っておらず、栄養と安全性を両立した作りに。

原材料にもかなりこだわっており、新鮮なサーモンを中心としてスイートポテトやタラ、サーモンオイルによるオメガ3脂肪酸など栄養もたっぷり。

肉派の子が多い中で、魚派だという場合にはぜひこのトライバル フレッシュサーモンを試してみてください。

対象年齢-
内容量2.5kg
原産国オランダ
主原料フレッシュサーモン、スイートポテト
その他原材料加水分解タラ、全卵、ビートファイバー、ビール酵母、リグノスルホン酸塩、サンフラワーオイル、サーモンオイル、ハーブブレンド(パセリ、ローズマリー、イラクサ、カモミール、セージ、タイム、コリアンダーの葉、タンポポの葉、カンゾウ)、緑イ貝
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物トコフェロール抽出物、グルコサミン、コンドロイチン硫酸、ビタミンA、ビタミンD3、硫酸第一鉄一水和物、酸化マンガン、硫酸銅Ⅱ五水和物、硫酸亜鉛一水和物、無水ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー393.9kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)334円/95g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

ブルーウィルダネスドッグフード 成犬用 チキン

出典 :https://www.amazon.co.jp/

骨抜きチキンを中心とした良質なタンパク質をたっぷり含んでおり、子犬期から成犬期まで喜んで食べてもらえるブルーウィルダネス。

合成酸化防止剤や人工添加物など、不要な添加物を含んでいないというのも大きなポイント。

やや値段は高めなものの、食いつきも非常によいドッグフードとして人気です。

対象年齢1歳以上
内容量2.04kg
原産国アメリカ
主原料骨抜き鶏肉、乾燥チキン(グルコサミン源)
その他原材料エンドウマメ、エンドウタンパク、タピオカでんぷん、乾燥ニシン(オメガ-3脂肪酸源)、乾燥トマトポマス、鶏脂(混合トコフェロールにて酸化防止)、亜麻仁(オメガ-6脂肪酸源)、エンドウでんぷん、タンパク加水分解物、乾燥卵、乾燥アルファルファミール、馬鈴薯、乾燥チコリ根、エンドウ繊維、アルファルファ抽出物、サツマイモ、人参、野菜ジュース、ブルーベリー、クランベリー、大麦若葉、パセリ、ターメリック、乾燥ケルプ、ユッカ抽出物、乾燥酵母、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵産物、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵産物、乾燥黒麹菌発酵産物、乾燥トリコデルマ・ロンギブラキアタム発酵産物、乾燥バチルス・サブチルス発酵産物、ローズマリーオイル
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物アミノ酸類(DL-メチオニン、L-カルニチン、L-リジン、タウリン)、ミネラル類(炭酸カルシウム、食塩、塩化カリウム、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、硫酸第一鉄、鉄アミノ酸キレート、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(塩化コリン、E、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸、ビオチン、A、B1、B2、D3、B12、B6、葉酸)、酸化防止剤(混合トコフェロール)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー362kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)782円
定期販売-
フード目的-
フードの種類ドライ

オーストラリアン・テリアの価格相場

オーストラリアン・テリア

オーストラリアン・テリアはペットショップなどでのお迎えが難しく、一般的にはブリーダーを通してお迎えすることになります。

その他にも里親制度や海外からの輸入も可能ですが、数としては非常に少ないです。

また、価格相場としては大体30万円~50万円ほどを見ておきましょう。

血筋によってはこれ以上になることもありますが、遺伝疾患などにも注意して探すのをおすすめします。

オーストラリアン・テリアの理解度チェック

オーストラリアン・テリアの理解度チェックで、深く理解しよう!

この記事の執筆者

nademo編集部

執筆者情報

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

ドッグフードのおすすめ


※ 当コンテンツで紹介する商品は、実際に社内で利用した経験と、ECサイトにおける売れ筋商品・口コミ・商品情報等を基にして、nademo編集部が独自にまとめています。
※ 本記事はnademoが独自に制作しており、メーカー等から商品提供を受けることもありますが、記事内容や紹介する商品の意思決定には一切関与していません。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-犬種
-