犬のお迎え

ゴールデン・レトリーバーの飼い方は?飼育ポイントや注意点を解説

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。

ふわふわの毛と大きな体が美しいゴールデン・レトリーバー。賢く明るい性格で、家庭犬はもちろん警察犬や盲導犬、介助犬などさまざまな分野で活躍していますね。

大型犬ですが、小型犬が人気な日本においても人気の犬種で、一度はお迎えしてみたい犬種ではないでしょうか。

この記事ではゴールデン・レトリーバーの一般的な性質や特徴のほか、かかりやすい病気やお世話の際のポイントについてまとめています。

ゴールデン・レトリーバーをお迎えしたい!という方の参考になれば幸いです。

この記事の結論

  • ゴールデン・レトリーバーは大型犬の中でも、特に飼いやすい犬種
  • 基本的な訓練や社会化はスムーズに行えて、初心者でも困りづらい
  • 飼いやすいとは言っても大型犬であるため、子犬期から適切なしつけが必要
  • 被毛が長い長毛種であるため、夏場の熱中症には注意が必要

nademo編集部

担当執筆者

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

ドッグフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

ゴールデン・レトリーバーは飼いやすい犬種

温和な優しい性格で、知識欲もありしつけに対する理解力が高いといわれるゴールデン・レトリーバー。

基本的な訓練や社会化を比較的スムーズに行える、比較的飼いやすい犬種といえるでしょう。

さまざまな環境に適応し、アクティビティを楽しめるのも魅力。旅行やアウトドア活動などを一緒にエンジョイできます。

被毛が長く密度があるものの、毛の抜けは比較的少ないことが多いです。日々のブラッシングと定期的なトリミングができれば、お手入れは比較的容易でしょう。

ただ、個体によって性格や行動、体質にはばらつきがあります。

ゴールデン・レトリーバーはこんな犬種

ゴールデン・レトリーバーは大型犬で、諸説ありますが、元々は鳥の狩猟犬としてスコットランドで開発された犬種です。

現代ではその温和な性格と優れた能力を活かし、サービス犬や介助犬、盲導犬、聴導犬など、さまざまな役割を果たすサポート犬としても活躍しています。

被毛はやや長く密度があり、ストレートまたはわずかにウェーブがかっています。

色は一般的にはゴールデン(黄金色)ですが、バリエーションがあります。

家族や他の動物との関係を大切にする一方、とても友好的で知らない人にも積極的に接します。子どもや同居のペットとも仲良く過ごせるでしょう。

温厚で知的、気配りもできる

主人に気に入られるよう努力するほど

大人しいためあまり吠えない

能力は高くなく、運動不足になりがち

 その他情報

原産国 スコットランド
犬種グループ 8G:7グループ以外の鳥猟犬
大きさ 大型
平均寿命 10歳〜12歳
なりやすい病気 股関節形成不全,耳血腫,甲状腺機能低下症,悪性リンパ腫
参考価格 10万円~30万円
       

被毛

抜け毛 多い
毛質 ダブルコート
毛色 ゴールド,クリーム

体高

男の子56cm~61cm
女の子51cm~56cm

体重

男の子29kg~34kg
女の子24kg~29kg

ゴールデン・レトリーバー誕生の歴史

ゴールデン・レトリーバーは19世紀のスコットランドで生まれたという説が有力です。

当時、水鳥の狩猟がとても盛んだったことから、狩猟に適した能力を持つ犬のニーズが高まるなか、水中作業を得意とするさまざまな猟犬を交配させてゴールデン・レトリーバーが誕生したそうです。

鳥を狩猟するだけでなく、優しい性格や賢さで家庭犬としても人気を博し、広く知られるようになりました。1903年にはイギリスのケネルクラブに公式登録され、独自の犬種として認められました。

現在もゴールデン・レトリーバーは、家庭犬やサービス犬として広く飼育されています。

ゴールデン・レトリーバーは2種類のタイプが存在する

ゴールデン・レトリーバーにはイギリスタイプ(英国系)とアメリカタイプ(米国系)があります。

犬種の発展とブリーディングの地域的な違いによって形成されました。

英国系ゴールデン・レトリーバーは原種に近い特徴をもち、外見的にはスリムながら筋肉質な体つき。被毛はクリーム色や淡いゴールドが一般的です。

性格は落ち着いており従順で優しく、しばしば愛らしいと称されます。

一方、米国系ゴールデン・レトリーバーはがっしりとした体型で筋肉質で、被毛は明るいゴールドや深いゴールド、赤味を帯びたゴールドなどさまざま。

活動的で、遊び好きな性格であることが多いです。アメリカで発展し、競技会や展示会などでも活躍しています。

ゴールデン・レトリーバーの大きさと体型

ゴールデン・レトリーバーの平均的な大きさ・体型は以下のとおり。

体高男の子:56cm~61cm
女の子:51cm~56cm
体重男の子:29kg~34kg
女の子:24kg~29kg

大型犬ではありますが、まだ日本でも飼いやすいサイズ感です。

男の子の方が女の子より若干、大きめであることが多いです。

ゴールデン・レトリーバーの被毛や毛色

ゴールデン・レトリーバーの被毛は一般的にやや長く、密度があります。

しっとりとして触り心地が良く、直毛またはわずかにウェーブがかっています。まれに、強いカールが見られることもあります。

ゴールデン・レトリーバーの一般的な毛色は、ゴールド(黄金色)です。大きく分けて2つのバリエーションが存在します。

  • クリーム
  • ゴールド

淡いアイボリー色のクリームに対して、ゴールドは明るい金色をしています。陽の光に当たるとより一層輝いて見えるのが特徴です。

ゴールデン・レトリーバーの性格

ゴールデン・レトリーバーは温和で、友好的な性格を持つ犬種として知られています。

忠実で家族との絆を大切にし、常に飼い主の側にいたがる子が多いです。

友好的で、知らない人にも積極的に接します。子どもとの相性もよく、忍耐強く優しい性格のため、子どもたちと楽しく過ごします。

非常に賢く、知識欲が旺盛です。しつけや訓練に対する理解力が高く、素早く学習する傾向があります。

さまざまな訓練や活動に適応しやすいでしょう。

活発でエネルギッシュな一面もあります。遊ぶことや走ること、そして泳ぐことが大好きです。

定期的な運動や散歩に加えて、水辺での活動や水泳の機会があると理想的です。

ゴールデン・レトリーバーの平均寿命

ゴールデン・レトリーバーの平均寿命は一般的に10歳から12歳程度とされています。

遺伝的要因や血統、健康状態、飼育環境、栄養、適切な医療ケア、運動量などは、ゴールデン・レトリーバーの寿命に影響を与える要素です。

健康管理や予防医療の適切な提供、適度な運動、バランスの取れた栄養、定期的な健康チェックなどは、健康と寿命をサポートするために重要といえます。

一般的に健康で活発な犬種です。適切な飼育と健康管理を行うことで、長く健康な生活を送れるでしょう。

ゴールデン・レトリーバーがかかりやすい病気

股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)股関節の骨が変形し、歩行に関するさまざまな症状を引き起こす。
耳血腫(じけっしゅ)耳の軟骨内に血液が溜まることによって腫れ上がり、かゆみを伴う。
甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)代謝を上げる甲状腺ホルモンの分泌が低下し、元気がなくなったり肥満になったりする。
胃拡張捻転症候群(いかくちょうねんてんしょうこうぐん)胃がねじれて血液循環に影響を与え、お腹が張ったり呼吸が荒くなったりする。
リンパ腫リンパ組織ががん化し、リンパの腫れや下痢、嘔吐など様々な症状を引き起こす致死率の高い病気。

大型犬によく見られる股関節形成不全は、特に注意しておきたい病気のひとつです。

歩行不全や歩行時のふらつきなどが見られるようになるため、観察していればすぐに気付けます。

股関節形成不全は肥満によっても悪化していくため、適切な体重管理も重要です。

他にも耳血腫、甲状腺機能低下症、胃拡張捻転症候群などに要注意。悪性リンパ腫を予防する方法はありませんが、できるだけ長く生きてもらえるよう、日々の観察とチェックを忘れないようにしましょう。

ゴールデン・レトリーバーの飼い方

ゴールデン・レトリーバーをお迎えするときにはペット用品の準備に加えて子犬期のしつけ、散歩、日々のお世話などについて予習しておくと安心です。

こちらの章では、お迎え前の準備や心得についてご紹介します。

迎え入れる前に用意しておくもの

一緒に生活する上で必須のものは、事前に揃えておくと安心です。

下記のようなアイテムは快適に生活する上で必要なものなので、事前に用意しておきましょう。

大型犬なので大きめのケージが必要になりますし、ベッドなども体のサイズに合わせる必要が出てきます。

迎え入れてからも必要なものが出てくると思います。必要に応じて都度、追加しましょう。

子犬期からしっかりとしつけを行う

ゴールデン・レトリーバーを子犬でお迎えするとき、まず施したいしつけはこちらの8つです。

基本的なトイレトレーニングはもちろん、噛み癖などはトラブルにもなりやすいので子犬期から重要です。

ゴールデン・レトリーバーは賢い子が多いので、すぐに覚えてくれるでしょう。

これらをマスターしたら、新しいトリックに挑戦してみてもいいと思いますよ。

運動量が多いので毎日の散歩は必須

ゴールデン・レトリーバーはとても活発で、まとまった運動量の必要な犬種です。

目安回数1日2回
目安時間1回1時間
目安距離3km~5km

毎日の十分な散歩で、エネルギーとストレスを発散しましょう。

活発に運動しなければいけないわけではありませんが、その分しっかりと散歩時間を確保しておきます。

関節への負担も考えて、無理な運動はしないようにしましょう。

時間があるときはドッグランに行くのもおすすめ

週末など、時間に余裕があるときは、ドッグランへ連れていきましょう。

安全かつ自由に運動でき、広いスペースで走ったり跳ねたりすることでエネルギーを発散し、健康的な体を維持できます。

他の犬との交流の機会があれば、社会化にも一役買いますよ。

室内温度はしっかり管理する

ゴールデン・レトリーバーは寒さに比較的強いものの、暑さにはやや弱い面があります。

下記の室温を目安に、愛犬に合った温度と湿度を調整してあげましょう。

室温23~26℃
湿度50%前後

長毛種なので、夏場にアンダーコートをそのままにしておくと熱中症になりやすいです。

後述の通り、換毛期は毎日のブラッシングが必要ですし、アンダーコートの除去も忘れないようにしてあげましょう。

毎日のブラッシングが必要

出典:Amazon

ゴールデン・レトリーバーの被毛は豊かで長いため、定期的なブラッシングが重要です。

ピンブラシやスリッカーブラシがふさわしいでしょう。

被毛全体をブラシでとかす際は毛並みに逆らわずに優しく、毛玉や絡みを取り除きます。

胸やお腹、足の下など特に絡みやすい部分は注意してブラッシングしましょう。換毛期は、より念入りに行います。

ブラシの選び方や種類については、専門家のアドバイスを受けるといいでしょう。

定期的なシャンプーが必要

出典:Amazon

シャンプーを行う前に被毛をしっかりブラッシングしましょう。毛の絡みやゴワゴワ感が減り、シャンプー剤が浸透しやすくなります。

そして、体全体をぬるま湯で十分に濡らしてください。耳や目に水が入らないように注意しましょう。

シャンプー剤を手に取り、全身に均等になじませます。首から背中、お腹、足、尾など、全身を優しくマッサージするように洗います。

シャンプー後はリンスで整え、その後はしっかりすすいでください。

すぐにタオルでしっかり水気を拭いて、低温のドライヤーを使って完全に乾かします。

シャンプーは1ヶ月に1回程度が目安です。多すぎると必要な皮脂まで落としてしまうため、適度なペースを守りましょう。

こまめに耳のケアを行う

出典:Amazon

耳のケアを定期的に行いましょう。健康な耳はピンク色です。異常な臭いや腫れ、赤み、大量の耳垢などがないか確認しましょう。

耳の中が汚れている場合は犬用の耳掃除液や耳クリーナーを使い、耳の内側を綿棒で優しく拭きます。

耳の周りの毛を定期的にカットすることも重要です。耳の通気性が良くなり、感染症のリスクが軽減されます。

ゴールデン・レトリーバーは水が好きな犬種ですが、耳の中に水が入ると感染症の危険があります。

水遊びやお風呂の後は、コットンなどで耳の中の水分をとり、タオルやドライヤーを使って耳を乾かしましょう。

コンスタントなケアは病気の早期発見という面からも大切です。かかりつけ医に定期的に健康状態をチェックしてもらいましょう。

歯磨きは毎日行うのが理想

歯磨きは、できれば毎日行うのが理想ですが、一番大事なことは継続することです。

毎日の歯磨きで食べかすや歯垢を取り除けば、歯石を防ぐことができ、歯周病予防になります。

また犬の歯垢が歯石になるスピードは早く3日~5日。毎日の歯磨きが難しい場合は、最低3日に1回は行いましょう。

ケガの予防のために床材は工夫する

出典:Amazon

室内でのケガ予防のために、床材を工夫することも重要です。

歩きやすいようにカーペットやラグ、ラバーマットを敷くといいでしょう。ジャンプしたり走り回ったりする場合はクッション性のある床材を使うと、脚や関節にかかる負担を軽減できます。

床材を全体的に変更できるなら、ラミネートフローリングやビニール床材などが適しています。

床表面の凹凸や段差がなくなるように、定期的に掃除とメンテナンスを行いましょう。

また、転倒しやすい障害物を撤去し、家具の配置や不要なものの整理もしておきたいものです。

個体差や年齢、健康状態によっても必要な対策は変わってくるでしょう。

食事管理を徹底する

犬のボディコンディションスコア

ゴールデン・レトリーバーの食事には、「タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル」などの栄養素がバランス良く含まれていることが重要です。

子犬用、成犬用、シニア犬用など、ライフステージに応じたフードを選びましょう。特定の疾患がある場合は、それに即した食事が必要な場合もあります。

常に新鮮な水を用意し、食事は一定の時間に行います。1日2回の食事が一般的ですが、年齢や個体差に応じて適量を調整し、正しい生活リズムを維持しましょう。

関節への負担を軽減するため、上記のBCSを基準として、太り過ぎにも痩せ過ぎにも注意しましょう。

ゴールデン・レトリーバーの飼い方で注意すること

見た目の大きなゴールデン・レトリーバーですが、実際に迎え入れてみると、とても可愛らしい犬種です。

ただ、体が大きいために大型犬をコントロールするための知識が必要。

何に気をつけるべきなのか、お迎え時の注意点をまとめました。

赤ちゃんや子供と接触するときは十分気をつける

ゴールデン・レトリーバーと人間の赤ちゃんや子どもが接触する際には常に、目を離さず監視しましょう。

特に初めての接触や犬と子どもとの相性がわからない場合は、近くで見守りながら安全な状況を確保しましょう。

いずれかがストレスや不快感を示したら、すぐに接触を制限してください。

あわせて、ゴールデン・レトリーバーには正しい訓練と社会化が必要です。

基本的な従順さや社交性を身につけることで、子供との接触時に予測可能な行動が期待できます。

トレーニングには専門家の指導を受けることをおすすめします。

また子ども側にも、穏やかに触れることやゆっくりとした動作を教えましょう。おもちゃや安全な遊び方にも気配りが必要です。

夏の屋外飼育は熱中症のリスクがある

ゴールデン・レトリーバーは長い毛並みを持ち、暑さに対して敏感です。他の犬種と同様、夏季の屋外飼育は熱中症のリスクがあります。

できるだけ、屋内で過ごす時間を長めに取れるようにしましょう。

気温・湿度の高い時期は涼しい時間帯や日陰で運動し、体温上昇を防ぎましょう。運動後には十分な休息を与えることも重要です。

屋外で過ごす場合、涼しい風が通り抜ける場所を選びましょう。

シェードや日除けのある場所に犬舎やテントを設置し、風通しの良い環境で過ごせるといいでしょう。

冷却マットや散水システムなどを使って、体温を下げる手段も考えたいところです。

いきなり留守番はさせない

ゴールデン・レトリーバーを飼い始めて、すぐに留守番をさせることはNGです。

いきなりのお留守番は、愛犬に大きなストレスをかけてしまいます。

また犬がお留守番できる時間は、「健康な成犬で一般的に約6~8時間、最大で12時間」までといわれていますが、これはお留守番の訓練をした場合です。

愛犬にお留守番をしてもらうためには、お留守番中でも安心できる場所を作り、短い時間から少しずつ慣れてもらう必要があるのです。

フードの切り替えは10日間を目安に行う

新しいフードに切り替えるときは、10日間くらいかけてゆっくり行うことが大切です。

現在のフードの割合新しいフードの割合
1日目90%10%
2日目80%20%
9日目10%90%
10日目0100%

急に新しいフードに切り替えてしまうと消化吸収がうまくできず、吐いてしまったり便がゆるくなってしまうこともあります。

フードを切り替えるときは愛犬の体調や便の状態を確認しながら、愛犬のペースに合わせて切り替えていきましょう。

ゴールデン・レトリーバーの価格相場は10万円~30万円

ゴールデン・レトリーバーの価格相場は10万円から30万円程度ですが、さまざまな要素によって異なります。

地域やブリーダー、血統、用途(ペットとして飼うのか、ショードッグとして飼うのか)などによって変動します。

信頼できるブリーダーやペットショップ、里親団体を選び、健康状態や血統書、犬種に関する情報をくわしく調べることが重要です。

主な迎え入れ方は3つ

ゴールデン・レトリーバーは人気のある犬種です。

ブリーダーやペットショップのほか、保護施設や里親募集の団体から譲渡を受けられる機会もあるでしょう。

ペットショップから迎え入れる

ペットショップからお迎えするときは評判や口コミを調べ、信頼できるショップを選ぶことが重要です。

健康な犬を提供しているか、正しい環境で飼育しているかを確認しましょう。

獣医師の健康チェックの有無について訪ね、犬の目や鼻、耳、被毛の状態を実際に確かめるのも大事です。

必要なワクチン接種が行われていることを確認し、健康な状態でお迎えすることが大切です。

健康保証や返品ポリシーについても、一通り確認しましょう。

ブリーダーから迎え入れる

ゴールデン・レトリーバーをブリーダーから迎える際には、一定のレピュテーションがあるブリーダーを選びましょう。

犬種の専門知識を持ち、長期にわたり正しい飼育と繁殖を行っているブリーダーが安心です。

実際に施設を訪問し、どのような環境か確認し、お迎えしたいパピーに出会えたら、健康状態を確認し、予防接種や健康診断の記録を見せてもらいましょう。

それらの確認が済んだら契約を交わし、お迎え後の保証(健康保障や遺伝性疾患に関わる保証など)についても確認しましょう。

保護犬の里親になる

里親希望の場合は、お近くの保護犬施設や動物保護団体を調べてみましょう。

施設を訪ね、ゴールデントリーバーに面会しましょう。施設のスタッフに、その子の性格や過去の出来事について聞いてみてください。

成犬の場合は相性も重要です。十分な時間を過ごして、性格や行動を観察しましょう。

ゴールデン・レトリーバーは一般的に友好的で人懐っこい性格ですが、やはり個体差はあります。特に保護犬の場合は、心に問題を抱えている子もいるため、自分や家族との相性を考えることが大切です。

保護犬は健康問題を抱えている可能性もあります。獣医師の診断についてもくわしく訊ねてください。

契約内容とお迎え後のアフターケアについても確認が取れたら、お迎えしましょう。

この記事の執筆者

nademo編集部

執筆者情報

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

ドッグフードのおすすめ


※ 当コンテンツで紹介する商品は、実際に社内で利用した経験と、ECサイトにおける売れ筋商品・口コミ・商品情報等を基にして、nademo編集部が独自にまとめています。
※ 本記事はnademoが独自に制作しており、メーカー等から商品提供を受けることもありますが、記事内容や紹介する商品の意思決定には一切関与していません。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-犬のお迎え
-