犬種

ミニチュア・プードルはどんな特徴を持つ犬種?性格・飼い方など

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
ミニチュア・プードルはどんな特徴を持つ犬種?性格・飼い方など

ジャパンケネルクラブ(JKC)「2023年(1月~12月)犬種別犬籍登録頭数」によると第1位はプードルで、中でもトイ・プードルは77,908頭とダントツトップ。

日本ではここ15年間ほど首位を独走する人気アイドル犬のトイ・プードルですが、ヨーロッパではミニチュア・プードルのほうが人気者なのだとか。

体高もトイ・プードルが24cm~28cm、ミニチュア・プードル28cm~35cmと、意外にもボディサイズにそんなに大差はありません。

「都会で飼うにはほどよい大きさ」とも言われている、ミニチュア・プードルの魅力についてお伝えします。

この記事の結論

  • ミニチュア・プードルは人気の高いプードル族の中でも国内では最も希少
  • 正式に認定されているプードル族の中で2番目に小さい小型犬
  • 体長と体高がほぼ同じ体型で、スラリと伸びた足、小さめの頭、シングルコートの巻き毛が特徴
  • 非常に運動能力が高く、遊び好きだが、骨折や脱臼に注意が必要
  • ボーダー・コリーに次いでIQが高く、とても賢くしつけやすい

nademo編集部

担当執筆者

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

ドッグフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

目次

ミニチュア・プードルの特徴

純粋犬種の犬籍登録や血統書の発行、ドッグショーの開催などを行うJKCでは、プードルをボディサイズによって4種に分類しています。

JKCやAKC(アメリカンケネルクラブ)FCI(国際畜犬連盟)は、タイニー・プードルやティーカップ・プードルを正式なプードルとは認めていません。

ですから、プードル族を小さい順に並べると、トイ・プードル、ミニチュア・プードル、ミディアム・プードル、スタンダード・プードルとなります。

気品ある美貌と均整の取れたボディ・スタイルに恵まれたミニチュア・プードルは、小顔でスラリと伸びる細い手足が犬界のスーパー・モデルのよう。

ウェーブのかかった被毛もチャーミングで、優れた知性の持ち主でもあり、フレンドリーでキュートな愛されプードルです。

従順で友好的

懐きやすい

吠えづらい

運動能力は高い

 その他情報

原産国 フランス
犬種グループ 9G:愛玩犬
大きさ 小型
平均寿命 13歳~15歳
なりやすい病気 副腎皮質機能低下症,副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群),膝蓋骨脱臼,進行性網膜萎縮症(PRA),骨折
参考価格 10万円~50万円
       

被毛

抜け毛 少ない
毛質 カーリーコート
毛色 ブラック,ホワイト,アプリコット,クリーム,シルバー,グレー,ブルー,レッド,ブラウン

体高

男の子28cm~35cm
女の子28cm~35cm

体重

男の子5kg~8kg
女の子5kg~8kg

ミニチュア・プードルの身体的特徴

ミニチュア・プードルは体長と体高がほぼ同じスクエアな体型で、バランスの良いプロポーションと優雅な佇まい、可愛い容姿も持ち合わせた犬種です。

小型犬の部類に入り、フワフワのカーリーな被毛に覆われた体は意外にも筋肉質。

本来は垂れ耳と長いしっぽがチャーム・ポイントの犬種ですが、猟犬として活躍していた時代はケガ防止のために断尾が行われていました。

ミニチュア・プードルの体高・体重

男の子も女の子も体高は28cm~35cm程度の大きさ。

体重は体の大きさにもよりますが、成長につれて徐々に増え、生後6か月くらいまでに体重4kg~5kg程度になり、1歳で成犬になると5kg~8kgほどになります。

体高28cm~35cm
体重5kg~8kg

ちなみにプードル族で最も大きいスタンダード・プードルは体高45cm~60cm、体重16kg~25kgなのでミニチュア・プードルの倍ぐらいあります。

ミニチュア・プードルの毛色・被毛

被毛は、ぬいぐるみのようなモフモフのカーリーヘアが特徴。シングルコートなので寒いのは苦手です。

毛が伸びてくるのを放っておくとからまってしまうので、トリミングする必要があります。

毛色は、以下のように多彩ですが、単色であることが理想とされています。

  • ブラック
  • ホワイト
  • ブルー
  • グレー
  • ブラウン
  • アプリコット
  • クリーム
  • レッド
  • ベージュ
  • シルバー
  • カフェオレ
  • モカ など

トリミング・スタイルは、胸元と足の関節部分の毛を残して刈り込む「クリップ」が定番。

全体を丸くカットする「テディベア」や、頭部中央の毛を高く残す「モヒカン」、女の子に似合う両耳をふんわり仕上げる「ツインテール」も人気です。

ミニチュア・プードルの運動能力

エレガントな見た目の印象に反して、ミニチュア・プードルは非常に身体能力の高い犬種です。

プードル・ファミリーはもともと猟犬のルーツがあるため、動き回るのが得意で運動不足になるとストレスから問題行動を起こすこともあります。

ボールやフリスビー遊びも大好きなアスリート犬で、ドッグ・スポーツで活躍するミニチュア・プードルもいます。

そもそも、プードルという名前はドイツ語の「水が跳ねる」意味のPudel(プデル)が由来と言われ、先祖は水辺の猟を得意とする犬だったとされています。

そのため、被毛は水をはじきやすい巻き毛で、水遊びも得意です。

ミニチュア・プードルの平均寿命

愛犬はパートナーであり、家族の一員。健康管理に気をつけて、できる限り長く一緒に暮らしたいですよね。

一般社団法人ペットフード協会「令和5年 全国犬猫飼育実態調査」によると、小型犬の平均寿命は14.05歳。

一般的に小型犬のほうが長寿の傾向があると言われていますが、ミニチュア・プードルも平均寿命は13歳~15歳と比較的長めです。

なお、犬の15歳は人間の76歳に相当すると言われています。

ミニチュア・プードルの注意したい病気

ミニチュア・プードルに限らず、プードル族はクッシング症候群といった副腎系の疾患にかかりやすいとされています。

また、被毛が伸びやすいので目元の毛の刺激による、「流涙症(過剰に涙が出て涙やけすること)」にも気をつけなければいけません。

特にミニチュア・プードルは手足がスレンダーな割に運動量が多いので、高所からの飛び降りやジャンプの際の脱臼、骨折にも注意が必要です。

副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう)免疫系やストレスに作用するホルモンを分泌する副腎の機能が低下し、食欲低下や嘔吐などの症状を引き起こす
副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう)副腎から分泌されるホルモンの過剰な分泌により、多飲や多尿、脱毛などの症状を引き起こす
膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)膝のお皿がずれて脱臼する症状
進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう)網膜に異常が起こり、進行により視力が低下する
骨折(こっせつ)外部からの力によって、骨にヒビが入ったり折れて損傷してしまう

愛犬に長生きしてもらうには、早期発見・早期治療が肝心です。

通院しやすい場所に信頼できるかかりつけの動物病院を見つけて、子犬や成犬なら年に1回、シニア犬なら半年に1回の定期健診を受けましょう。

ミニチュア・プードルの見分け方

ミニチュア・プードルの体高は28cm~35cm、それよりもひと回り小さいトイ・プードルは体高24cm~28cm。

また、ミニチュア・プードルよりひと回り大きい、ミディアム・プードルは体高35cm~45cm。

プードル族は見た目の印象がほとんど同じで、異なるのは体高・体長の違いぐらいです。特に子犬のうちは見分けが難しいかもしれません。

ただし、日本国内のペットショップやブリーダーで取り扱われているのは、98%がトイ・プードルだと言われています。

ミニチュア・プードルはプードル・ファミリーの中でも国内では最も希少で、お迎えしたくても出会える場所とチャンスは限られます。

なお、血統書付きの純粋犬種の場合は、ミニチュア・プードルであれば犬種記号として「PM」と血統証明書に記載されます。

ミニチュア・プードルの登録頭数

JKCに登録され、血統証明書が発行された犬の頭数を示すデータ「2023年(1月~12月)犬種別犬籍登録頭数」で、No.1の多さはプードル族でした。

その内訳は、トイ・プードル77,908頭、スタンダード・プードル2,182頭、ミディアム・プードル308頭、そして、ミニチュア・プードルは233頭。

日本の圧倒的なプードル人気を支えているのは、トイ・プードルであることがわかります。

それに比べるとやや影の薄いミニチュア・プードルですが、最近では優良ブリーダーも増えていますので、人気の伸びしろは十分にあると言えるでしょう。

ミニチュア・プードルの性格・習性

プードル族は外見だけでなく、性格もほぼ同じ。

もちろん、個体で個性の違いはありますが、ミニチュア・プードルもほかのプードル同様、非常に頭が良くて社交的です。

しつけやすく、しかも、ほどよくコンパクトなボディ・サイズなので、マンションやアパートなどの集合住宅でも飼いやすい犬種とされています。

人懐っこく友好的な性格

介助犬として活躍するミニチュア・プードルもいるほど、人に親しみやすく、温厚でやさしい性格。

明るく陽気で、好奇心も旺盛なので、飼い主さんやご家族、ほかの犬やペットと遊ぶのも大好きです。

飼い主さんへの愛情表現も豊かで甘え上手。ぬいぐるみのように可愛いビジュアルも相まって、飼い主さんの心をとろかしてしまう子も多いようです。

やや神経質な一面もある

スタンダード・プードルに比べてボディが小さい分、臆病なところもあり、警戒心があってやや神経質な面も持ち合わせています。

甘えん坊が高じて、飼い主さんと少しでも離れるとストレスになる分離不安症に陥る子もいますので、甘やかし過ぎないよう気をつけましょう。

また、インターホンなどの音に反応しやすいので、できれば子犬の頃から吠え癖がつかないようにしつけを行うことが大切です。

非常に賢く学習能力が高い

プードル族で特筆すべきは非常に聡明で頭脳明晰な点。中でもミニチュア・プードルは容姿の可愛さも兼ね備えた、まさに才色兼備の犬と言えるでしょう。

知能指数(IQ)はボーダー・コリーに次ぐ高さと言われ、なんと人間の言語を250以上も理解できる子がいるとか。

しかも、訓練好きで飼い主さんに対して忠実なので、しつけや社会化トレーニングがしやすい犬種です。

ミニチュア・プードルの誕生の歴史

長い間、プードル族の発祥については明らかにされておらず、原産国は愛玩犬として大切にされてきたフランスとされ、フランスの国犬にもなりました。

現在では、ロシアまたは中央アジア北部の犬が他の地域犬と交雑しつつヨーロッパを横断し、ドイツやフランスでプードルの原型となった説が有力です。

16世紀まで、現在のスタンダード・プードルと同じくらいの大きさのプードルが、荷車を引く使役犬やカモ狩り水猟犬として活躍していました。

17世紀に入ると、フランス宮廷で小型化されたプードルの人気が急上昇。しかし、トイへと至るミニチュア化の過程は今もって不明なままとなっています。

見栄えのする愛らしい外貌で、運動能力が高く、物覚えの良いミニチュア・プードルは、サーカスのスターとして人気を博したこともあるとのことです。

ミニチュア・プードルと繋がりのある犬種

プードルの元祖犬には諸説ありますが、プードルがその昔、水辺で活躍するウォーター・ドッグ(水猟犬)だったことは確かなようです。

現在、その名を冠している犬と言えば、スパニッシュ・ウォーター・ドッグ、ポーチュギ-ズ・ウォーター・ドッグ、ロマーニャ・ウォーター・ドッグ。

また、プードルの先祖犬の1種とされるバルビー(Barbet)もフレンチ・ウォーター・ドッグの別名を持ち、いずれもプードル同様、撥水性のある巻き毛です。

なお、純血犬の品種認定などを行うJKCは、ミニチュア・プードル以外に以下の3種を正式なプードル族としています。

スタンダード・プードル

フレンチ・プードルとも呼ばれるプードル族の基礎犬でプードルと言えば、たいていこのスタンダード・プードルを指します。

半数以上の家庭が何かしらの動物と暮らすとされるペット先進国フランスで、プードル族は国犬として大切に扱われています。

そう言えば、1954年公開のオードリー・ヘップバーン主演映画「麗しのサブリナ」で、パリで洗練された主人公が連れていたのもプードルでした。

JKCは体高45cm~60cmをスタンダード・プードルと規定。体重は18kg~30kg程度で、大型犬の部類に入ります。

明るく温厚で有効的

知能が高く、人に懐きやすい

神経質な面もあるため、たまに吠えることも

運動神経がよく、十分な運動を欲する

 その他情報

原産国 フランス
犬種グループ 9G:愛玩犬
大きさ 大型
平均寿命 12歳〜15歳
なりやすい病気 副腎皮質機能低下症,胃拡張捻転症候群,皮膚疾患
参考価格 20万円~30万円
       

被毛

抜け毛 少ない
毛質 シングルコート
毛色 ブラック,ホワイト,レッド,ブルー,グレー,ブラウン,アプリコット,クリーム,シルバー

体高

男の子45cm~62cm
女の子45cm~62cm

体重

男の子10kg~20kg
女の子10kg~20kg

ミディアム・プードル

JKCは2003年までプードル族を3種類としていましたが、2004年からミディアム・プードルを加え、4種類になりました。

JKCの規定による体高は35cm~45cm。体重は8kg~15kg程度で、中型犬の部類に入ります。

ミニチュア・プードルよりひと回り大きく、プロポーションや性格はミニチュア・プードルとほとんど変わりありません。

飼い主に従順で愛情深い

社交性が高く懐きやすい

吠えやすい

運動能力は高い

 その他情報

原産国 フランス
犬種グループ 9G:愛玩犬
大きさ 中型
平均寿命 12歳~14歳
なりやすい病気 副腎皮質機能低下症,膝蓋骨脱臼,骨折
参考価格 約30万円
       

被毛

抜け毛 少ない
毛質 カーリーコート
毛色 ブラック,ホワイト,グレー,ブルー,レッド,アプリコット,ブラウン,クリーム,シルバー

体高

男の子35cm~45cm
女の子35cm~45cm

体重

男の子8kg~15kg
女の子8kg~15kg

トイ・プードル

1949年、アメリカから3頭のトイ・プードルが輸入され、初めて日本に上陸。

JKCの「2008年(1月~12月)犬種別犬籍登録頭数」で85,641頭と首位に躍り出て以来トップを独走し、日本国内では断然人気No.1の犬種です。

JKCの規定による体高は24cm~28cmで理想体高は25cm。体重は3kg~4kg程度で、超小型犬の部類に入ります。

最大のトイ・プードルと最小のミニチュア・プードルは体高がほぼ同じ。外見的にも区別しにくく、個体差はありますが、総じて性格も大差ありません。

好奇心が強く、非常に賢い

他人や犬に対しても懐く

臆病な面もあるため吠えやすい

とにかく体を動かすのが大好き

 その他情報

原産国 ドイツ,フランス
犬種グループ 9G:愛玩犬
大きさ 超小型
平均寿命 12歳~15歳
なりやすい病気 膝蓋骨脱臼,流涙症,白内障,副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群),外耳炎
参考価格 30万円前後
       

被毛

抜け毛 少ない
毛質 シングルコート
毛色 ブラック,ホワイト,シルバー,グレー,アプリコット,ブラウン,ブルー,カフェ・オ・レ,クリーム

体高

男の子24cm~28cm
女の子24cm~28cm

体重

男の子3kg~4kg
女の子3kg~4kg

ミニチュア・プードルを飼うのに向いている人の特徴

とってもお利口さんで記憶力がよく、飼い主さんに従順なミニチュア・プードル。しつけやすく、初心者にも飼いやすい犬種とされています。

しかも、ほどよくコンパクトなボディ・サイズなので、日本の住宅事情にぴったり。ペット可であれば集合住宅でも快適に一緒に暮らすことができます。

ただし、ミニチュア・プードルとの同居生活をスタートする前に、飼い主さんが心得ておかねばならない注意点もあります。

愛犬と一緒にいる時間を優先して作ってあげられる人

ミニチュア・プードルは人が大好きで、特に飼い主さんへの忠誠心が強く、愛着心が高じて寂しがり屋な一面もあります。

ひとりぽっちのお留守番は苦手で、飼い主さんが長時間外出した日は、夜、一緒のおふとんで寝たがる子もいるほどです。

そのため、愛犬と一緒の時間を優先できる飼い主さん向き。できれば日中は誰かしらご家族がいる家庭のほうが、愛犬にとっては理想的でしょう。

運動や遊ぶ時間をしっかり取ることができる人

ミニチュア・プードルは頭を使うことも得意ですが、いつも元気はつらつな体育会系的側面もある文武両道タイプです。

エネルギッシュなため運動不足はストレスで、無駄吠えやイタズラ、自分の体を執拗に舐めたり噛んだり、人が近づくと唸ったり…という問題行動を起こしがち。

小柄な犬ですが、毎日のお散歩は必須。悪天候などで外に出られないときは、かくれんぼや宝探しなどの室内遊びを工夫できる飼い主さん向きです。

こまめな体のケアを面倒に思わない人

モコモコの縮れ毛が特徴のミニチュア・プードルですが、シングルコートのため意外にも抜け毛は少なめ。その点も、飼いやすいと言われる所以です。

ただし、被毛がどんどん伸びて絡まりやすいので、月1回はトリミングが必要。サロンでのシャンプーを含めたトリミング代は5,000円~10,000円が相場です。

また、ブラッシングをサボると毛がもつれて毛玉ができやすいので、毎日のブラッシングを厭わない飼い主さんに向いています。

ミニチュア・プードルの飼い方

おしゃれな人が常に身奇麗な印象をキープするよう心がけて実践しているように、ミニチュア・プードルの美しさも放ったらかしでは成立しません。

思わず触れたくなる巻き毛も、抜群のプロポーションも、愛想良くごきげんな人懐こさも、飼い主さんが愛犬の健康に気を配り、ケアしてるからこそ。

初心者もパートナーにしやすいと言われるミニチュア・プードルですが、持ち前の魅力を活かすためにも、最低限、以下のことは実行し続けましょう。

1日1回はブラッシングが必要

シングルコートで抜け毛が少ないミニチュア・プードルですが、被毛がすぐ伸びて毛玉ができやすく、皮膚病予防のためにも毎日ブラッシングが必要です。

スリッカーブラシを使って、片手で毛をかき分けながら、毛の流れに逆らうようにブラッシングすると、フワフワの仕上がりになります。

愛犬の肌を傷つけないよう皮膚面と平行にブラシを動かし、背中・腰、ボディ側面、首・胸、お腹、頭、耳・足の順にすると嫌がりにくいようです。

定期的なシャンプーとトリミングは必須

自宅でシャンプーする場合は、10日~14日間おきぐらいが目安。シャンプー前に必ずブラッシングしておくことがポイントです。

ミニチュア・プードルは転んで骨折・脱臼しやすいので、床が滑りやすい浴室やウッドデッキなどで洗う場合は、マットなどを敷いて愛犬の転倒防止策を。

また、ミニチュア・プードルは毛の伸びるスピードが速いため、月1回のトリミングは必須。その際、サロンでシャンプーしてもらうのも良いでしょう。

こまめに耳や目の周りをケアをする

ミニチュア・プードルのように垂れ耳の犬は耳垢や汚れが溜まりやすく、耳掃除しないと外耳炎や中耳炎になる恐れがあります。

とは言っても、慣れない飼い主さんが愛犬の耳奥まで指や綿棒を突っ込むのは、かえって耳内部を傷つけ、炎症を起こしてしまう危険があるので禁止。

飼い主さんご自身で耳掃除するのは、垂れ耳をめくった内側の耳介部分をペット用ウェットティッシュか固く絞ったコットンで拭く程度にしましょう。

週1回は愛犬の耳の状態をチェックするのを兼ねて拭いてあげ、黒い耳垢が出てきたり、赤く炎症を起こしたりしていたら、すぐ動物病院へ。

プードル族は耳内部にも毛が生えていて汚れやすいので、気になる場合は動物病院で抜いてもらいましょう。飼い主さん自ら抜くのはおすすめできません。

歯磨きは毎日行う

犬も人間と同じく歯磨きが必要です。歯磨きを行うことで、歯周病や歯肉炎を防ぐことができます。

愛犬の健康維持のためにも歯磨きはできるだけ毎日、最低でも3日に1回は行いましょう。

また口周りを触られることを嫌がる犬は多いので、新しい体験を受け入れやすい子犬のうちから少しずつ歯磨きの練習するのがおすすめです。

散歩は1日1時間程度が理想

1日2回・合計1時間を目安に、1回20分~30分、距離にして1km~2km程度は歩かせましょう。

体高が低く、運転席から見づらいので、なるべく車通りの少ない道を選び、夏は焼けたアスファルトで火傷や熱射病にならないよう涼しい時間帯にお出かけを。

賢くトレーニング好きなので、「待て」「お座り」などのコマンドを覚えさせながらお散歩するのもいいですね。

悪天候で外出できない日は、タオルやロープの引っ張りっこ、おやつやおもちゃを隠す宝探しなどでストレス発散させます。

週末はドッグランで思いっきり走らせてあげる

可愛い容姿を持つ小型の愛玩犬でありながら、あり余るエネルギーと冒険心を内に秘めたミニチュア・プードル。

時々ドッグランで思いっきり走り回らせてあげましょう。ただし、骨折・脱臼しやすいので、転倒やほかの子とぶつかってケガしないよう注意。

ドッグランデビューは生後6ヶ月以降が目安です。愛犬をコントロールできるよう、それまでに最低限のコマンド・トレーニングはしておきましょう。

また、たいていワクチン接種済み証明書の提示を求められるのでご用意を。ワクチンの効果が出るのに1週間~2週間はかかるのでそれ以降にしましょう。

賢いからこそ、しつけはなるべく早く行う

知能が高いミニチュア・プードルは聡明なだけに自己判断しやすいので、人間社会で安全かつ快適に暮らすためのルールは早めに習得してもらいましょう。

特にお散歩中、交通事故やほかのペットとのトラブルを回避し、愛犬の身を守るための「待て」「ストップ」などのコマンド・トレーニングは重要です。

生後2ヶ月~3ヶ月以降であれば、トイレや寝床の場所を覚えるしつけは、おうちにお迎えしたその日から早速始めましょう。

フードは粒が小さく食べやすいものを選ぶ

子犬は生後3週間ぐらいから乳歯が生えてくると、乳離れして離乳食を食べ始めます。

生後3か月~4か月頃に永久歯が生え始めたら少しずつドライフードにして、永久歯が生え揃う生後7か月~1歳頃までに移行を完了します。

小型犬のミニチュア・プードルはあごも小さいので、ドライフードは小粒のほうが咀嚼(そしゃく)しやすく食べやすいでしょう。

事故や怪我のリスクを減らす生活環境を心がける

かけっこや飛んだり跳ねたりが得意なミニチュア・プードルですが、足の骨が細いため脱臼や骨折には注意が必要です。

お散歩や外出先での事故はもちろん、室内でも勢い余って転んだりイスから飛び降りたりして怪我しないよう対策を打っておきましょう。

滑りやすいフローリングなどの床には滑り止め付きのマットやカーペットを。ソファやベッドにはペット用ステップを設置するのも良いでしょう。

また、誤飲・誤食にも要注意で、犬が中毒を起こしやすいタマネギやチョコレートのかけら、異物などが床に落ちていないか常にチェックを。

室内温度や湿度の調整をする

モコモコの毛が生えてはいますが、ミニチュア・プードルはシングルコートなので寒さに弱く、寒暖差の激しい場所が苦手です。

ミニチュア・プードルにとって快適な温湿度は以下が目安ですので、外出中や就寝中もエアコンを点けて一定に保ちましょう。

快適な室温夏:23℃~26℃
冬:21℃~24℃
快適な湿度40%~50%

室内と室外の気温差があるときも対策が必要です。外が寒い日は外出の際、防寒ウエアを着せてあげるのも良いでしょう。

ドッグカフェに愛犬を同伴する際、毛が飛び散らないようドッグウエアの着用を求めるお店も多いので、日頃からお散歩の際に慣れておくのもいいですね。

ミニチュア・プードルにおすすめのドッグフード3選

nademo編集部厳選!ミニチュア・プードルの健康維持や嗜好性を考慮した、おすすめのドッグフードをご紹介します。

コノコトトモニ このこのごはん

出典 :https://www.amazon.co.jp/

ヒューマングレードの自然素材たっぷり

袋を開封した途端、鰹だしのやさしい香り。動物性油脂を吹きかけるオイルコーティングは一切行わず、素材そのものの香りが食欲を刺激します。

小型犬の健康を考え、タンパク質豊富な肉と消化吸収を助ける果物をバランス良くミックス。カリウムや食物繊維、善玉菌を増やす乳酸菌もたっぷりです。

国内工場で人間の食品と同等の衛生・管理基準により生産。小麦グルテンフリー、香料・着色料・保存料・防カビ剤・増粘剤・発色剤・酸化防腐剤は不使用。

対象年齢 全年齢
内容量 1kg
原産国 日本
主原料 鶏ささみ、鶏むね肉、鶏レバー
その他原材料 玄米、大麦、ビール酵母、鰹節、米油、乾燥卵黄、鹿肉、まぐろ、青パパイヤ末、モリンガ、さつまいも、わかめ、昆布、乳酸菌、セレン酵母
注意したい原材料 なし
安全性の高い添加物 L-トレオニン、ミネラル類(牛骨未焼成カルシウム、卵殻未焼成カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸鉄)、ビタミン(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)
注意したい添加物 なし
100gあたりのカロリー 341.8kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合) 413円/126g
定期販売 初回:1袋3,278円(税込)/2回目:2袋6,556円(税込)/3回目以降:2袋6,556円(税込)
フード目的 総合栄養食
フードの種類 ドライ

ニュートロ シュプレモ 小型犬用

自然素材の栄養価をバランスよく

自然素材を最適な栄養バランスになるように組み合わせる、ニュートロ™独自のブレンド製法「ホリスティック・ブレンド」が小型犬の健康をサポート。

小型犬用 [成犬用]は自然飼育されたチキンが第一主原料で、低カロリーで愛犬の体に必要なアミノ酸をバランスよく含む総合栄養食です。

小型犬が食べやすく、消化に良い小粒。穀物フリー、着色料不使用。原産国はアメリカ合衆国。

対象年齢 生後8ヶ月~7歳
内容量 3kg
原産国 アメリカ
主原料 チキン(肉)、チキンミール
その他原材料 トウモロコシ、オーツ麦、玄米、鶏脂、タンパク加水分解物、ラムミール、サーモンミール、粗挽き米、ビートパルプ、大麦、亜麻仁、チアシード、ココナッツ、乾燥卵、トマト、ケール、パンプキン、ホウレン草、ブルーベリー、リンゴ、ニンジン
注意したい原材料 なし
安全性の高い添加物 ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)
注意したい添加物 なし
100gあたりのカロリー 375kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合) 191円/90g
定期販売 1kg:2,548円(税込)/3kg:6,380円(税込)/6kg:12,508円(税込)
フード目的 総合栄養食
フードの種類 ドライ

レティシアン モグワンドッグフード

動物性タンパク源50%以上の主原料

放し飼いチキンの生肉と 生サーモンをふんだんに使用。人間が食べられる高品質な肉と魚を主原料に、厳選された野菜とフルーツをブレンドしています。

肉類はヒューマングレードの食品工場から仕入れ、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアした工場で生産。

愛犬が消化しにくい穀物は使用しないグレインフリー。香料も不使用。原産国はペット先進国として知られるイギリスです。

対象年齢 全年齢
内容量 1.8kg
原産国 イギリス
主原料 放し飼いチキン生肉、生サーモン、乾燥チキン、乾燥サーモン
その他原材料 チキングレイビー 、サーモンオイル 、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、メチルスルフォニルメタン( MSM)、乳酸菌
注意したい原材料 なし
安全性の高い添加物 コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類 (A、 D3、E)
注意したい添加物 なし
100gあたりのカロリー 361.5kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合) 240円/86g
定期販売 1個:1個あたり4,534円(税込)/2~4個:1個あたり4,282円(税込)/5個以上:1個あたり4,030円(税込)
フード目的 一般食(FEDIAF基準)
フードの種類 ドライ

ミニチュア・プードルにおすすめのアイテム・グッズ

ミニチュア・プードルの魅力を最大限に引き出すお手入れグッズのご紹介です。

SanMori ペット用ブラシ

出典 :https://www.amazon.co.jp/

お手入れ簡単&痛くないスリッカーブラシ

60度曲がったステンレス針が愛犬の体にぴったりフィット。しかも、愛犬の肌を傷つけないよう、ピンの先にプラスチック製の丸頭ニードルビーズ付き。

静電気が起きにくく、毎日ブラッシングすることでもつれや毛玉を防げます。ブラッシングでかき取った抜け毛はワンタッチで除去。

人間工学に基づいてデザインされた天然ゴム素材のハンドルは、省力で滑りにくく、快適な握り心地で、飼い主さんにもやさしい設計です。

本体サイズ 20cm×10.5cm
本体重量 170g
種類 スリッカーブラシ
毛・ピンの長さ -
対象年齢 -
素材 ステンレススチール
適合種 短毛~長毛種

A.P.D.C. ティーツリーシャンプー

出典 :https://www.amazon.co.jp/

愛犬を抱きしめたくなるふわツヤな仕上がり

ティーツリーをはじめとした6つの植物成分、紅藻エキス&植物性ヒアルロン酸が、愛犬の被毛をふんわりしなやかに仕上げるシャンプーです。

長年、犬とともに暮らしてきた経験豊富なドッグオーナーとオーストラリアの植物科学者が共同開発し、1999年に誕生。

以来、多くの飼い主さんに愛用され、2014年には新成分配合でさらにグレードアップし、よりなめらかなしっとり感が実感できるようになりました。

内容量 500ml
原産国 オーストラリア
対象年齢 -
原材料・成分 ティーツリーオイル、紅藻エキス、ヒアルロン酸ナトリウム、ユーカリオイル、ローズマリーオイル、ラベンダーオイル、アロエベラジェル、シトロネラオイル、コカミドプロピルベタイン、香料、保存料 など
適合種 全犬種
香り 天然ハーブ
形状 液体
機能性 -
用途 消臭

JOYPET(ジョイペット) ウェットティッシュ お口・耳・目のまわり用

出典 :https://www.amazon.co.jp/

デリケートな口・耳・目のまわりの汚れ拭きに

ごはんの後のお口拭き、耳介拭き、涙や目やに拭き用として、汚れが巻き毛に付着しやすい愛犬のために常備しておきたいウェットティッシュです。

愛犬がなめても安心な成分配合。天然消臭成分を配合しているから、ニオイまですっきり拭き取れます。愛犬の被毛と肉球をケアするヒアルロン酸も配合。

無香料、ノンアルコール。飼い主さんの手にもやさしいジェントルタッチの厚手シート&弱酸性処方。90枚入×3個パックなので、たっぷり使えます。

本体サイズ 13cm×10.5cm×21cm
本体重量 -
原産国 日本
対象年齢 全年齢
素材 レーヨン系不織布
成分 精製水、保湿剤、ヒアルロン酸ナトリウム、除菌剤、緑茶乾留エキス
適合種 全犬種
内容量 90枚(1パック)

ミニチュア・プードルの価格

ミニチュア・プードルは日本では数少ない犬種なので、ペットショップで出会えることは稀です。

とは言え、日本でも専門ブリーダーが少しずつ増えてきていますから、15万円~38万円ぐらいの範囲でお迎えすることができます(2024年3月現在)。

また、時折、何らかの事情で飼い主さんを失ったり、飼育放棄されたりした子の里親募集がありますので、ネットでチェックしてみると良いでしょう。

ミニチュア・プードルの理解度チェック

ミニチュア・プードルの理解度チェックで、深く理解しよう!

この記事の執筆者

nademo編集部

執筆者情報

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

ドッグフードのおすすめ


※ 当コンテンツで紹介する商品は、実際に社内で利用した経験と、ECサイトにおける売れ筋商品・口コミ・商品情報等を基にして、nademo編集部が独自にまとめています。
※ 本記事はnademoが独自に制作しており、メーカー等から商品提供を受けることもありますが、記事内容や紹介する商品の意思決定には一切関与していません。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-犬種
-