猫種

ターキッシュアンゴラの特徴をご紹介!性格、寿命、飼い方は?

nademoコンテンツ内にはPRが含まれます。詳しくは「nademoの運営体制・コンテンツガイドライン」をご確認ください。
ターキッシュアンゴラの特徴をご紹介!性格、寿命、飼い方は?

ターキッシュアンゴラは、そのエレガントな容姿から「トルコの生きる国宝」とも称されています。

フワフワとしたシルキーな被毛の長毛種でありながら、温暖な国生まれのため珍しいシングルコート。

水晶のようなアーモンドアイも吸い込まれそうなほど美しく、まさに貴婦人のような気品と風格にあふれています。

今回は、そんなターキッシュアンゴラの魅力を余すところなくお伝えいたします。

この記事の結論

  • 繊細な性格の持ち主だが、活発で飼い主さんと遊んだり高所に登ることが好き
  • 抜け毛は少ないものの、被毛や皮膚の健康を保つために毎日のブラッシングが必要
  • 好奇心旺盛で賢いので、脱走しないように扉や窓の開け閉めに注意
  • ターキッシュアンゴラの平均販売価格は30万円~40万円ほど

担当執筆者

nademo編集部

nademo編集部

編集部

nademo編集部が調査した愛犬・愛猫に関する情報をお届け。
愛犬・愛猫との新しい生活を応援する、大切な情報や豆知識をご紹介しています。

キャットフードのおすすめ

nademoの公式LINEアカウントでは、お友だちを募集中!

大切なうちの子との生活に役立つ情報や、nademoの最新情報をお届け♪

プレゼント企画やお友だち限定企画も用意してありますので、友だち追加お待ちしております!

もくじ

心を許した人にのみ懐くターキッシュアンゴラの特徴

撫でたくなるほど絹のように艷やかで、豊かな被毛を持つ気位の高いターキッシュアンゴラは、そう簡単に誰にでも心を許しません。

飼い主さんとは信頼関係を結んでも、飼い主さんのご家族に懐くとは限らないのです。ですから、お子さんのいるご家庭や多頭飼育には向きません。

心を許した人には絶大な信頼を寄せ、一緒に過ごすことを好むので、一度懐かれるとその虜になってしまう飼い主さんも多いとか。ただし、束縛を嫌うので、ほどよい距離で見守ることも大切。

まさに執事か乳母のようにお坊っちゃま、お嬢ちゃまを愛し慈しんでお世話できる人向きの猫種です。

とても賢く飼い主に忠実

人懐っこいが気まぐれな一面も

鳴くことは少ない

活発で動くのが好き

 その他情報

原産国トルコ
大きさ中型
平均寿命12歳~18歳
なりやすい病気運動型栄養失調,肥大型心筋症,難聴
参考価格30万円~40万円

体毛

抜け毛少ない
毛質シングルコート
毛色ホワイト,クリーム,シルバー,タビー,ブラック,ブルー,レッド,キャリコ,バイカラー,スモーク
毛の長さ長毛

体高

男の子25cm~40cm
女の子25cm~40cm

体重

男の子3kg~5kg
女の子2.5kg~4kg

ターキッシュアンゴラのサイズ(体高・体重)

猫は体型によって、「コビー、セミコビー、セミフォーリン、フォーリン、オリエンタル、ロング&サブスタンシャル」の6種類のボディタイプに分けられます。

モフモフの毛に覆われているため大きめに見えるターキッシュアンゴラですが、ボディタイプはスレンダーなフォーリン。

ロシアンブルーアビシニアンソマリなども同じ仲間で、「バレリーナ体型」とたとえられるように骨格や胴、四肢も細長く筋肉質です。

体高25cm~40cm
体重2.5kg~5kg

平均体重は男の子で約3kg~5kg、女の子で約2.5kg~4kgですが、食欲旺盛なので太り過ぎには注意が必要です。

ターキッシュアンゴラの毛色・被毛

ターキッシュアンゴラのいちばんのチャームポイントは、その絹のように光沢のある美しい被毛。

胸元には豊かな飾り毛があり、しっぽも長くフサフサしていますが、意外にも上毛のみのシングルコートです。

長毛種でシングルコートなのは、このターキッシュアンゴラのほかにターキッシュバン、メインクーンのみとされています。

毛色はホワイトが有名ですが、世界最大の血統猫公認団体CFA(The Cat Fanciers' Association, Inc.)は自然繁殖による白色しか認めていません。

CFAと並ぶ世界最大の血統登録機関TICA(The International Cat Association)は、すべての毛色とパターンを承認しています。

  • ホワイト
  • クリーム(クリーム色に近い淡い縞模様の入った毛色)
  • シルバー(毛先がシルバーに光って見えるグレー系の毛色)
  • タビー(トラのような縞模様)
  • ブラック
  • ブルー(ブルーに近いグレー系の毛色)
  • レッド(赤褐色の毛色)
  • キャリコ(三毛猫)
  • バイカラー(2色の組み合わせ)
  • スモーク(毛先から中程まで色がついていて根元部分は白色や淡色の毛色)

豊かな被毛に覆われたターキッシュアンゴラですが、シングルコートのため冬の寒さには強くありません。

室内の温度は約20℃~25℃、湿度は40%~60%に保つよう心がけてあげましょう。

ターキッシュアンゴラの運動能力・運動量

とても優雅な見た目をしているターキッシュアンゴラですが、実は運動がとても大好きな猫種です。運動能力も非常に高いと言えるような、上下運動が得意。

実はかなり細身で筋肉によって引き締まっているので、多少の運動では物足りず、しっかりと動き遊びたい派。

遊び回りたいタイプなので、危険なものは先に片付けておき、必要に応じてケージ内での待機時間を作ることも考えなければいけません。

ターキッシュアンゴラの鳴き声

鳴き声はとても甲高い声をしており、猫らしい甘い声も出してくれます。

激しい運動量に対して、非常に大人しい鈴の音色のような鳴き声の子もいるほどで、そのバリエーションはさまざま。

平均的に非常に高い鳴き声をしており、クリアな鳴き声がクセになる人もいるでしょう。

ターキッシュアンゴラの寿命

猫全体の平均寿命は約15歳で、2010年に比べると1.26歳寿命が延びているそう。

ターキッシュアンゴラの平均寿命は15歳前後と言われるので、平均的と言えるでしょう。

純血種としての長い歩みがあるため、遺伝性疾患は比較的少ないとされていますが、毛色や瞳の色によっては気をつけなければいけない病もあります。

ターキッシュアンゴラの注意したい病気やケガの一例

遺伝的な疾患はあまり多くないターキッシュアンゴラですが、運動失調症には気をつけなければいけません。

ターキッシュアンゴラに限らず、猫に最もポピュラーな心臓病の一つとされる肥大型心筋症(HCM)も、幼いうちから発症のリスクがあります。

また、白い毛色の猫には先天性の聴覚障害が多く、片方の瞳が青いオッドアイの子も聴力に異常が出やすいと言われます。

運動型栄養失調(うんどうがたえいようしっちょう)外傷や腫瘍、小脳など原因はさまざまで、歩くなどの正常な動きができなくなり成猫前に命を落とすこともある病気。
肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)心臓の筋肉が厚くなることにより心機能が低下する病気。
難聴加齢や外傷などによって耳の機能に異常が起こり、音が聞こえにくくなる病気。

「愛猫の動作がぎこちない、運動しない、ふらつく」場合は、迷わずすぐ動物病院へ連れて行きましょう。

運動型栄養失調(うんどうがたえいようしっちょう)

運動失調症は英語や医学ラテン語でAtaxia(アタキシア)と綴ります。

原因はさまざまですが、栄養失調によって筋力が衰え、立つ、歩く、座るなどの運動機能が低下することを運動型栄養失調と呼びます。

中でもタンパク質の必要量は発育期の子猫で子犬の約1.5倍、成猫は成犬の約2倍とされています。

タンパク質に含まれるアミノ酸の一つであるアルギニンの摂取が不足し、高アンモニア血症を生じると数時間で死に至るケースも。

やはりアミノ酸の一種であるタウリンが欠乏すると、猫中性心網膜変性(FCRD)や拡張型心筋症(DCM)などの原因となる場合もあります。

肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)

遺伝性によるのではないかと言われていますが、今のところ原因は解明されてはいません。

メインクーンラグドールアメリカンショートヘアブリティッシュショートヘアスフィンクスペルシャも発症しやすいとされています。

初期症状はあまり認められないため見逃しやすく、急な後ろ足の麻痺や突然死に至ってしまうこともあります。

愛猫が最近あまり活動しなくなった、疲れやすい、後ろ足を触ると冷たい、食欲がない、咳をする…などに気づいたらすぐ動物病院へ。

残念ながら決定的な治療法は確立されていませんが、抗血栓などの投薬治療が中心となります。

難聴

全身白色でオッドアイの猫には30~40%の確率で聴覚障害があるとされています。

オッドアイの場合は青い目の側の片耳にのみ、両目ともブルーアイの場合は両耳に聴覚障害が出る可能性があります。

猫は自分の名前に反応しやすいはずなのに呼んでも来ない、目が揺れる、首を傾けながら歩く、クルクル回る…などに気づいたら、すぐ動物病院へ。

猫の難聴に対する治療法は確立されていませんが、最近では猫用の補聴器も開発されています。

愛猫が難聴の場合は、突然後ろから近づいたり触ったりしてビックリさせないよう、ストレスなく暮らせる配慮が必要です。

ターキッシュアンゴラの性格・習性

見た目とは裏腹に、奔放なターキッシュアンゴラの性格について詳しく見てみましょう。

繊細ながら活発

繊細でちょっと神経質なターキッシュアンゴラですが、「歌いながら歩く猫」や「バレリーナのような猫」とも呼ばれ、活発で遊び好きな一面もあります。

信頼する飼い主さんと一緒に遊ぶのも大好き。好奇心旺盛なので、ハンティングの真似事やかくれんぼなども喜びます。

高いところにいるのが好き

高貴な猫にふさわしく、高い所に登って周囲を見下ろすのが好きなので、キャットタワーやキャットウォークを設置してあげましょう。

また、頭を使った遊びも得意で、扉の開け締めを覚えてしまう子もいますので、脱走や逃走には要注意です。

かなり高めのペットゲートを用意しておき、小さい窓であっても用意しておくと安心ですよ。

飼い主さんの肩に乗るのも好き

「そんなに高所が好きなの!?」と思ってしまうほど、高所が大好きなターキッシュアンゴラ。

キャットタワーだけで物足りないときや、飼い主さんと遊んで欲しいときには、肩に乗ってくることも。

自由気ままな性格ではありますが、基本的には飼い主さんに対する愛情が深く、一緒に遊ぶことを好む猫種です。

ターキッシュアンゴラの歴史

中央アジアに現存する最古の野生猫マヌルネコが、ターキッシュアンゴラの祖先ではないかと言われています。

1600年代初期、トルコの首都アンカラ近郊の山岳地帯に生息していた猫を、行商人が「アンカラキャット」という呼び名でフランスへ連れて行ったとのこと。

優雅で美しい姿が上流社会で評判を呼び、中世フランスではルイ15世やマリー・アントワネットの愛猫として知られる存在となりました。

やがてフランスからイギリスへと渡り、アンカラキャットは「ターキッシュアンゴラ」と呼ばれるようになります。

第2次世界対戦で一時は絶滅の危機に瀕しましたが、1960年代、アメリカでオリジナルの猫種としての繁殖計画がスタート。

アンカラの動物園で保護飼育されていたつがいをアメリカのブリーダーが連れ帰り、ターキッシュアンゴラの純血種を守ることに成功しました。

ターキッシュアンゴラを飼うのに向いている人の特徴

ターキッシュアンゴラをお迎えする前に、飼い主さん自身との相性を確認しておきましょう。

一緒にいる時間を積極的に作れる人

ターキッシュアンゴラは人なつっこく、心を許した人と一緒に遊ぶのも大好き。遊んで欲しいときには、肩に乗ってくることもあります。

そのため、一緒にいる時間を積極的に作ってあげられる人や、遊びに付き合ってあげられる人が飼うのに向いています。

愛猫が自由に動ける環境を用意できる人

ターキッシュアンゴラは活発で遊ぶのが大好き。キャットタワーを使って昇り降りができる環境を用意して、ストレス発散させてあげることが大切です。

そのため、キャットタワーやおもちゃなどを置いておける、広めの部屋をもっている人に向いているでしょう。

ターキッシュアンゴラの飼い方

たとえ飼い主さんに大切なパートナーやご家族がいるとしても、気高いターキッシュアンゴラは自分が最優先で扱われないと気が済みません。

小さなお子さんやほかにペットがいる方は、ターキッシュアンゴラの飼い主になることはあきらめたほうが良いでしょう。

ノーブルなこのターキッシュアンゴラと暮らすには、きちんとお世話できることはもちろん、一緒に遊ぶ時間も毎日のスケジュールに組み込まないといけません。

毎日5分~10分は一緒に遊ぶ時間を確保する

出典:Amazon

束縛が嫌いで自由奔放、気ままなターキッシュアンゴラですが、飼い主さんと一緒に遊ぶのは大好き。

信頼関係を結んだ飼い主さんには自分から擦り寄ってきたり、中には飼い主さんの肩に乗るのがお気に入りの子も。

1日5分~10分の短い時間でもいいので、毎日必ず一緒に遊んだりスキンシップする時間を取りましょう。

上下運動できる環境を作ってあげる

出典:Amazon

山岳地帯出身のターキッシュアンゴラは、上下運動が得意で運動量も多めです。部屋中を大運動会するようなことも多いと考えておきましょう。

高い所から飼い主さんを眺めたりお昼寝したりも好きなので、キャットタワーを設置してあげると良いでしょう。

頭を使う遊びも得意なので、箱の隠れ家やハンモックにオモチャを隠して探させるなどの遊びも大喜びします。

こまめにブラッシングする

出典:Amazon

長毛種ながらシングルコートなので、ダブルコートの猫種ほどは抜け毛が多くありません。

とは言え、被毛の美しさを保ち、皮膚病予防のためにも1日1回はブラッシングしてあげましょう。

長い毛を引っ張って丈夫な毛まで抜いてしまったり、肌を傷つけたりしないよう、毛の流れに沿って優しく丁寧にブラッシングします。

年齢に応じたフードを与える

猫のライフステージ

年齢によって必要なカロリーや栄養バランスも変わってくるので、愛猫の年齢とフードのパッケージ表示を照らし合わせて選びましょう。

毎日の主食には総合栄養食を選択し、たっぷりの水と一緒にあげましょう。副食や一般食はおやつやトッピング用で、基本的には必要ありません。

療法食は治療のサポート用なので、必ず獣医師のアドバイスを受けましょう。自己判断であげてしまうと、予期せぬ病気を引き起こしてしまう可能性もあります。

肥満には気を付ける

スレンダーな体型のターキッシュアンゴラはけっして大食漢ではありませんが、食べることは大好き

また、去勢・避妊後は太りやすい傾向にあるので、肥満には気をつけましょう。

下のボディコンディションスコア(BCS)を参考に、太り気味かな?と思ったら食事量をコントロール。

猫のボディコンディションスコア

毛がフワフワしているターキッシュアンゴラは見た目ではわかりにくいのですが、スキンシップした際に腰のくびれなどを確かめてみましょう。

また、月に1回は体重測定を。飼い主さんが抱っこして体重計に乗り、飼い主さんの体重を差し引けば愛猫の体重がわかります。

食事の回数を減らすと愛猫がストレスを感じるので、低カロリーのフードに切り替えると良いでしょう。

戸締まりは十分注意する

好奇心の強いターキッシュアンゴラは、扉や窓を開け放しておくと外へ飛び出して行ってしまいます。

また賢いためドアの開け方を覚えてしまう子もいますので、愛猫が開け閉めしたがるドアには鍵をかけておきましょう。

愛猫が迷子になったり事故に遭ったりしないためにも、脱走や逃亡には十分注意が必要です。

多頭飼いは避けたほうが無難

繊細で神経の細いターキッシュアンゴラは、自分のテリトリーに見知らぬものが立ち入るのを嫌います。

できれば1対1で濃密な関係を築ける飼い主さん向きで、お子さんのいるご家庭や多頭飼いには向いていません。

ただし、親子や兄弟など、生まれた時から一緒のターキッシュアンゴラの場合は例外もあるようです。

ターキッシュアンゴラにおすすめのキャットフード3選

筋肉質で活動量も多いターキッシュアンゴラには、良質なタンパク質が豊富なキャットフードを選んであげましょう。

適切な体重管理で肥満予防できるよう、カロリーもしっかりチェック。

ヒルズサイエンス・ダイエット 室内猫の毛玉・体重ケア アダルト チキン

出典 :https://www.amazon.co.jp/

体内の毛を無理なく排泄して毛玉を軽減する、長毛種の猫種にうれしい食物繊維入り。

しかも、運動不足になりがちな室内飼いの子のために、体重管理しやすいようカロリーは抑えてあります。

適切なミネラルバランスで下部尿路の健康を維持する、着色料・合成香料不使用の総合栄養食です。

対象年齢1歳~6歳
内容量1.8kg
原産国チェコ
主原料鶏肉(チキン、ターキー)
その他原材料トウモロコシ、米、コーングルテン、チキンエキス、植物性油脂、動物性油脂、小麦
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物セルロース、ミネラル類(カルシウム、ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、イオウ、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン、メチオニン)、L-カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー315kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)82円/75g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

ピュリナピュリナ ワン メタボリック エネルギーコントロール

出典 :https://www.amazon.co.jp/

太りやすい子のために脂肪とカロリーを減らし、代謝エネルギーをコントロールしてダイエットをサポート。

高食物繊維設計なので満腹感をキープでき、免疫力を維持するための栄養素をバランスよく配合しています。

健康な代謝をサポートするL-カルニチンも配合した総合栄養食です。

対象年齢1歳以上
内容量2kg(500g×4袋)
原産国オーストラリア
主原料チキン、コーングルテン、チキンミール
その他原材料コーングルテン、チキンミール、小麦、食物繊維(ビートパルプ、ライスファイバー、可溶性繊維、セルロース)、米、小麦たんぱく、脱脂大豆、大麦、フィッシュミール(オメガ3脂肪酸源)、鶏脂(オメガ6脂肪酸源)、たんぱく加水分解物、酵母(βグルカン源)
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ミネラル類(カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、クロライド、マグネシウム、鉄、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素、セレン)、カラメル色素、ビタミン類(A、D、E、K、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン、C)、アミノ酸類(メチオニン、タウリン、L-カルニチン)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー340kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)93円/85g
定期販売-
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

ロイヤルカナンライトウェイトケア(減量したい猫専用フード 成猫用)

出典 :https://www.amazon.co.jp/

高タンパク、低カロリーのチキンとターキーが主原料。最適に調整された栄養バランスで健康的な体重管理をサポートします。

コレステロールや血糖値の上昇抑制、腸内環境改善にも役立つとされるサイリウムを含む食物繊維が、お腹を満たして食べ過ぎを抑制。

健康的な脂肪代謝のためにL-カルニチンを配合し、健康な泌尿器を維持するためにミネラルバランスを調整した総合栄養食です。

対象年齢1歳以上
内容量3kg
原産国フランス
主原料肉類(鶏、七面鳥)
その他原材料植物性繊維、超高消化性小麦タンパク、コーン、コーングルテン、米、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、コーンフラワー、小麦、動物性油脂、酵母および酵母エキス、魚油、大豆油
注意したい原材料なし
安全性の高い添加物ビートパルプ、サイリウム、アミノ酸類(タウリン、L-カルニチン)、ミネラル類(Cl、K、Ca、Na、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、E、C、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、B2、B6、B1、葉酸、ビオチン、B12)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)
注意したい添加物なし
100gあたりのカロリー335kcal
1日あたりの価格(体重5kgの場合)180円/73g
定期販売400g:1,280円(税込)/2kg:5,254円(税込)/3.5kg:8,369円(税込)/8kg:18,600円(税込)
フード目的総合栄養食
フードの種類ドライ

ターキッシュアンゴラの価格相場

ターキッシュアンゴラの価格相場は30万円~40万円と、ちょっとお高め。

譲渡会や里親募集では滅多にお目見えすることはなく、ペットショップやブリーダーからのお迎えとなります。

ただし、原産国のトルコで国宝級の猫として大切に保護されているため、ペットショップやブリーダーでもなかなかお目にかかれない希少な猫種です。

原産国から個人輸入することも可能ですが、諸経費を含め50万円ぐらいは要し、手続きもかなり複雑。

見かけ通りのやんごとない高嶺の花ですが、運良くお迎えできたら、まさに宝石を手に入れたようなものかもしれません。

じっくり信頼関係を育んで、末長く大切に一緒に暮らしてくださいね。

ターキッシュアンゴラの理解度チェック

ターキッシュアンゴラの理解度チェックで、深く理解しよう!

この記事の執筆者

執筆者情報

nademo編集部

nademo編集部

編集部

新しい家族を迎えるペットファミリーにとって、欲しい情報をnademo編集部がお届けします。
「いつまでも どこまでも」必要な情報を理解するだけではなく、心もお腹も満たされるような日々のために。
&nademo(アンドナデモ)のコンセプトをもとに、飼い主さんとペットが安堵できる時間を演出します。

キャットフードのおすすめ


nademo編集部の日常

※ 当コンテンツで紹介する商品は、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピング等のECサイトにおける、売れ筋商品・口コミ・商品情報・価格情報等を基にしてnademo編集部がまとめています。
※ 記事内で紹介した商品を購入すると、売上の一部がnademoに還元されることがあります。
※ 監修者は掲載情報についての監修のみを行っており、掲載している商品の選定はnademo編集部で行っております。
※ 掲載している商品の順番に意図はなく、掲載の順番によってランク付けしているものではありません。

-猫種
-